カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

「進行上の手違い」で講談社発行の小説にフランス書院発行小説の文章が20ページも混ざっていた

同作者の作品ですが、レーベルだけではなく出版社も別ということで話題になりました。 フランス書院・・・ティアラ文庫 講談社・・・ホワイトハート 11月14日、更にもう一冊分が発覚。 続きを読む
書籍 文学 プランタン出版 氷高園子 フランス書院 ゆきの飛鷹 柚月ことり 講談社
113
ゆきの飛鷹 @yukinohidaka
本屋さんに行ったら、もう並んでました。『愛し姫艶戯 春嵐の王子に攫われて (講談社X文庫ホワイトハート)』(ゆきの飛鷹/ill.天野ちぎりさま/講談社)http://t.co/3Q0Zd3Xu よろしくお願いします(*^_^*)
ゆきの飛鷹 @yukinohidaka
緊急重版が決定しました! ありがとうございます! 品切れの本屋さんも、近日中には重版ぶんが並ぶと思いますので、よろしくお願いいたします(*^_^*) 『愛し姫艶戯 春嵐の王子に攫われて (講談社X文庫―ホワイトハート)』(ゆきの飛鷹/ill.天野ちぎりさま/講談社)
ゆきの飛鷹 @yukinohidaka
重版お知らせのお電話をもらったとき、コールが鳴って出たら「いつもながらにお元気なお声ですね」と言われてしまった(笑) 元気だけが取り柄ですから!(笑)

リンク t.co ホワイトハート X文庫. | TOPページ ホワイトハート

※11月14日付けで更新されました
【お詫び】

ホワイトハート11月刊、拙著「愛し姫艶戯 春嵐の王子に攫われて」の本文の一部に、自身の作品であれ、他社からの既刊本と同じ表現を使ってしまい、ホワイトハートの読者の皆様、ティアラ文庫の読者の皆様に、ご不快・ご迷惑をおかけし、心よりのお詫びを申し上げます。
読者様の信頼を裏切ってしまったこと、このうえなく忸怩たる思いです。今まで、ゆきの飛鷹の作品を読んで下さった皆様、心より御礼申し上げます。このような形で裏切ってしまったこと、本当に申し訳ありませんでした。

ゆきの飛鷹

11月刊「愛し姫艶戯 春嵐の王子に攫われて」にティアラ文庫、ゆきの飛鷹/著「韓なる花の恋がたり 暗行御史の花嫁」「マリーナ・ロマンス 巫女と海賊」、さらなる検証の結果「後宮恋夜 皇帝の溺愛」と同じ表現があることが分かり、読者の皆様にはご不快な思いをさせてしまいお詫び申し上げます。
ただいま、著者加筆修正の重版を鋭意制作中です。
お手持ちの本との交換をご希望のお客様には、2刷修正版との引きかえをさせていただきます。
<問い合わせ先>
講談社 業務部
〒112-8001 東京都文京区音羽2-12-21
TEL:03-5395-3615
※ご購入された商品を、上記宛先に着払いでお送りください。その際、お送り先のご住所、お名前の明記されたものを同封してください。重版出来しだい、交換本を発送させていただきます。

講談社ホワイトハート編集部


【お詫び】※11月13日

11月刊「愛し姫艶戯 春嵐の王子に攫われて」に進行上の手違いがあり、ティアラ文庫「韓なる花の恋がたり 暗行御史の花嫁」「マリーナ・ロマンス 巫女と海賊」と一部同じ表現がありました。
お手持ちの本との交換をご希望のお客さまには、2刷修正版との引きかえをさせていただきます。
<問い合わせ先>
講談社 業務部
〒112-8001 東京都文京区音羽2-12-21
TEL:03-5395-3615
※ご購入された商品を、上記宛先に着払いでお送りください。その際、お送り先のご住所、お名前の明記されたものを同封してください。重版出来しだい、交換本を発送させていただきます。

講談社ホワイトハート編集部


『韓なる花の恋がたり 暗行御史の花嫁』2010年11月発売
『マリーナ・ロマンス 巫女と海賊』2011年9月発売
『後宮恋夜 皇帝の溺愛』2011年12月発売
出版社:フランス書院

『愛し姫艶戯 春嵐の王子に攫われて』2012年11月発売
出版社:講談社


七奈 @nnmyll
どうやったらホワイトハートの作品に「進行上の手違い」でティアラの作品と同じ表現が混じるんだよ…って思ったら同じ作者さんか。
Stella @Stella_NF
“11月刊「愛し姫艶戯 春嵐の皇子に攫われて」に進行上の手違いがあり、ティアラ文庫「韓なる花の恋がたり 暗行御史の花嫁」「マリーナ・ロマンス 巫女と海賊」と一部同じ表現がありました。” http://t.co/E50Ck8MP データが混ざっちゃったんかい(著者は同じ)
さわ子(NAVER・アフィ使用禁止) @you_know_misawa
「講談社ホワイトハート編集部のお詫び」一番下までスクロールhttp://t.co/aFFFXtqe ティアラ文庫はフランス書院のレーベルなのにおかしいなあ(棒読み)
みにゃお @y9kona_375
フランス書院て講談社の傘下かなんかだっけ?(・ω・)ぱくっといて釈然とせんホワイトハートのお詫び文。示談でもしたのかね
バニー@Captain・bookseller @bunny0521
講談社X文庫―ホワイトハートの新レーベル最初の作品で他社で出した自作品のセルフコピペが発覚。 サイトでお詫びと交換のお知らせをUP中。 在庫がある書店さんはご注意ください。 http://t.co/TtmOiDj8
そらち @h_sorachi
WHのお詫びにある、進行上の手違いってなんだ……
三崎尚人 @nmisaki
講談社ホワイトハートのお詫び。会社違うのに、どんな手違いが? 「「愛し姫艶戯 春嵐の王子に攫われて」に進行上の手違いがあり、ティアラ文庫「韓なる花の恋がたり 暗行御史の花嫁」「マリーナ・ロマンス 巫女と海賊」と一部同じ表現がありました。」 http://t.co/YPMkRgaT
斧ノ井 猛虎 @ononoymoko
@10child @nmisaki 編集さんに渡すデータで何か混ざったとか?(作者さんが同じ方らしいので)
三崎尚人 @nmisaki
講談社もティアラ文庫も作者が同じなので、テキストデータが紛れた? でも、そうすると、編集も本人も、校正してないで刊行された? えーーーー。謎が深まるばかりでございます。
和泉桂@3月GUSH文庫&4月L文庫 @izumi_k
@nmisaki 作業中に紛れたのかなあと思いますが、ティアラ文庫のは1、2年前に出版済みの作品なんですよね。謎です…
ぱるこ @palco87
@nmisaki こういうことみたいですね。覚悟してやらかしてバレて鎮火に回ってるというか。http://t.co/CFHfIDoy
創胡🍶お酒フレンズ🍷(´ρ`) @nnp_souko
@nmisaki 著者が同じ方なので、ホワイトハート編集にティアラ文庫の原稿を混ぜて送ったとか…?
三崎尚人 @nmisaki
@palco87 情報ありがとうございます。ギャフン。
三崎尚人 @nmisaki
ポリシーとして、普段2ちゃんから、直接情報を引っ張らないようにしているのですが、発信源ぽいので貼ります。予想の斜め上を越えていたよ……。「遂にラノベでコピペ発覚!人の名前だけ変えて20ページほど自分の文章丸々コピペ、読者もデジャヴに陥る」 http://t.co/5rviuW61
ryo🐧🐦🐤 @ura_rin
ちなみにティアラ文庫とはフランス書院の文庫本レーベル。著者が同一人物でなんらかの「進行上の手違い」があり、登場人物の名前と口調を変えただけのページができてしまった…?たしかになにこれこわい、だ。

問題になっている三冊全てを購入されていた方のツイート

結維2/17コミティアぬ20b @dragoonyouie
まぁこの三冊とも持ってたりしますけどね。これのこのページがあっちのあのページだなとか見比べるのも面倒なんでほっておきますが。
残りを読む(18)

コメント

後藤寿庵 @juangotoh 2012年11月14日
筒井康隆先生の作品で、夫を殺してしまった妻のサスペンスがいつのまにか料理解説文にすりかわって、「原稿が混ざってしまいました」ってお詫びがつくのがあったなあ
鴨子 @nobukam9 2012年11月14日
「愛し姫艶戯」96p~107p→「韓なる花の恋がたり」181p~190p 「愛し姫艶戯」107p~109p三行目→「マリーナ・ロマンス巫女と海賊」100p~101p 「愛し姫艶戯」109p~113p→「韓なる花の恋がたり」190p~194p 持ってるので見てみた、話が不自然にならないように上手く繋ぎ合わせてある。
鴨子 @nobukam9 2012年11月14日
ほぼ丸ままコピペだけど 「苦痛が、少しでも和らぐように」→「これで、痛いのが少しはなくなるようにな」 少し書き換えられた一文が混じってたりする。小人さんの仕業かな
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2012年11月14日
作者の人生の「進行上の手違い」だろwwこの作者多分他にもやってると思うぞ、ってか同じような内容の物ばかり書かされるからめんどくさくなったんだろうなwwお前らもたまには違うジャンルのエロ小説も読めよww
KAMO nang-bang @dead_san 2012年11月14日
前の原稿のデータをベースにして新作を書く人なんだろうなー。そういう時代なのか。
ぼる @b0box 2012年11月14日
dead_san かえって消したり行間整えたりするのが面倒だとしか思えない私は重力に魂を縛られたオールドタイプなのだと実感しました。
ぼる @b0box 2012年11月14日
まあ、文章屋が魂削って書く事だけは痛いだけわかっているので、今後も書けるんだったら書いて貰いたいなあ。
reesia @reesia_T 2012年11月14日
小説もリサイクルの時代。新しいエコロジーの方法を見せてくれたんだよ。
誤ロン @dara2goron 2012年11月14日
自分の文章の使いまわしなら、権利的な問題は発生していないんだろうか?それとも、先に出た方の出版社の権利は侵害されているのだろうか?道義的な問題はともかく、ちょっと面白い話ですね。
y.🍀 @yabtter 2012年11月14日
タイトル見て、印刷所がやらかしたのかと思って読んでみたら驚いた……。
FX-702P @fx702p 2012年11月14日
比較するために両方買う人が出て人気作品になるな。
goya4 @goya4 2012年11月14日
これは広義のステマなのか?
hanami6821 @h3789123 2012年11月14日
「頑張っても……結局挫折したのは、小野不由美の「屍鬼」。情感で挫折しました。なんであんなにつまらなかったのか……! 「十二国記」はあんなに面白いのに。」ゆきの飛鷹(氷高園子)氏HPより引用。マズイと思ったのか先ほどページごと削除された。小野不由美もコピペ作家に言われたくないわなw
heniha.ai @heniha 2012年11月14日
なんでこんな作家生命断つようなことをするんだろう…
くまこ @kumacot 2012年11月14日
村上春樹の短編「蛍」(新潮社)が「ノルウェイの森」(講談社)の中にほぼそっくり入ってたりしますが、 別に何ら気にせず問題にされず堂々と売られてますけどね。
くまこ @kumacot 2012年11月14日
村上春樹ですよ村上春樹。(だめおし)
hanami6821 @h3789123 2012年11月14日
kumacot あれは短編を長編化したもんだろ
たけ爺 @take_ji 2012年11月14日
「似たような」ストーリー展開を、繰り返してやっているハードボイルド小説も結構あるから、何とも言えんな。
誤ロン @dara2goron 2012年11月14日
自分の文章を一部使いまわすと職業作家終了みたいな決まりはいつ出来たんだろう?権利者間で話が付けば、両方の本を買った以外の人にはほぼ影響の無い話だろうに。己の正義感が強い人が多いなぁ…
稲羽 @xatu_178 2012年11月14日
露骨な使い回しをそのまま長々とされたんでは、読む方としてはたまったものじゃない、という気が。どんなに短くても使い回しそのものがダメ、というんじゃなくてね。
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2012年11月14日
@h3789123 屍鬼はマンガ版が一番オススメですよ~。ドラマとしても小説よりずっとしっくりしてます。小説、アニメ版、マンガ版の三種類の中で何を一番にするかと聞かれれば、マンガ版ですね。
さわ子(NAVER・アフィ使用禁止) @you_know_misawa 2012年11月14日
ホワイトハート編集部のお詫びなどを更新しました。
pappy(ぱぴー) @pappyhiro 2012年11月14日
元文章があって書き換える、というのは1から文章作るより遥かに楽。 だから元稿として過去作を使っていじる、という手抜き手段は理解できなくもない。 もちろんそのまんまってのはファンに見つかること確実。 この作品の進行スケジュールがどうだったのかを確認したら大体のとこわかるんじゃないだろうか。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2012年11月14日
juangotoh 筒井康隆「亭主料理法」ですね。今回の件は印刷所・出版社の手違いではないと思う。自分の作品の一部を別の作品に使うことは違法ではないんですが、普通はあまりしないね。
卍ザビ山★怒頭流卍 @dozre 2012年11月14日
大藪春彦の「餓狼の弾痕」が許されるのだからこれだって許される。
2nd_Stain @2nd_Stain 2012年11月15日
たしかに違法ではないけど、延々と使い回す・何のひねりもなく焼き直す作家は、「引き出しが少ない」と判断されることもあるだろうね。
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2012年11月15日
いやぁ、同じ事やってるシーンだからって言っても流石に「コピペして改変」を堂々と使っちゃダメでしょ(笑) 
あかみ@長らくありがとうございました @akami_orihime 2012年11月15日
作家本人のオペミスと考えるのが妥当だろうなぁ。/同じ作者の過去作品で同様の転用があるかないか、特定班の仕事結果はどう出てるだろう。
稲葉振一郎 @shinichiroinaba 2012年11月15日
京極高宣先生についてこのセルフコピペ疑惑は業界内でまことしやかにささやかれていたがそれどころかついに(以下略)
秋津 @kazi5151 2012年11月15日
20ページコピペかぁ。さすがにそりゃー気づく人も出てくるよ。プロならそこを上手くごまかす技術をだな…
ヘビクイワシ @hebikuiwasi 2012年11月16日
1度2度なら非難の対象となってしまう行為であろうが、開き直ってあと10冊ぐらいこの手法を続ければ芸風として昇華出来るのではないだろうか。例えば漫画でもコピーの多用が様式美にまでなっている場合などもあるし。
こんぽた @cornpt 2012年11月17日
こういうことを期に創作のハードルがむやみに上がってしまわないことを、祈る。あと小野不由美氏の作品に対する感想は感想の範疇だと思うので、(不義理かもしれないが)不法行為でもない氏を責め立てる道具にしようとする輩は好かない。そもそも注目されなければ、小野不由美氏に言及した部分単体では、叩かないんだろう?
こんぽた @cornpt 2012年11月17日
もし問題があるとしたら出版社との契約問題になるのかなぁ。こういうのってちゃんと契約書交わしているんだろうか。そもそも。
@maryallyman 2012年11月19日
天丼は二回まで?三回まで?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする