Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

ライスのアニメ感想:#191 serial experiments lain (6)

serial experiments lainの6話感想です。 ワイヤードの世界にどっぷり浸かる玲音。 そんな中、子供たちが空に玲音とよく似た神の姿を顕現させる。 そんな事件の背景にはホジスン博士とKIDSというシステムが関係していた。 物語が胎動してゆく。
3
テリー・ライス @terry_rice88

serial experiments lain:Layer:6「Kids」完全に配線ジャングルと化した玲音の部屋にて、名前だけ出ていたハッカー集団?のナイツと会話する玲音。そしてチャネリングして、玲音に似た神を顕現させる子供たち。その影にはホジスン博士が手掛けたKIDに関わりが。

2012-11-15 00:37:57
テリー・ライス @terry_rice88

ナイツと神を呼ぶ子供たち、ホジスン博士の証言。電脳に半ば生きる玲音を呼び覚ます何かが胎動してきたなあというお話だった。裏で尾を引いている存在がいるのかいないのか。それを含めて情報が小出しにしていて、謎が保たれたまま物語が進行していくのが面白いな。蠢くもので話がエスカレートしていく

2012-11-15 00:41:45
テリー・ライス @terry_rice88

やはり、というか元々13話で一つの大きな物語なのだなというのを強く感じる作品だなあ。一話一話の情報が断片に出しかなくて、それらの意味を把握できるのは話の全容がきっと明らかになってからなんだろうな。これまでの話に結構端々に気になる描写が見え隠れしているのもそういうことなんだろう。

2012-11-15 00:46:17
テリー・ライス @terry_rice88

今回、空に顕現した(子供たちが呼び寄せた?)神もまたそういう描写の一つでもあるし、前回の姉の美香の精神みたいなものが消滅してしまうのもそうなんだろう。それこそ、今回三度出てきた、謎のサーチライト男二人とかも。謎はごろごろ転がっているんだけど、提示だけで説明は後回しっぽいな。

2012-11-15 00:51:16
テリー・ライス @terry_rice88

なんというか無形の存在に人間が踊らされているようにも見えるし、集団意識の中で作り出しているイメージなのかもしれない。ホジスン博士のケンジントン実験もまたそのような趣旨で行われた実験で、その集積&増幅装置として作られたのがKIDSシステムだと。なんだか厄介な代物だなあと印象しかない

2012-11-15 00:57:31
テリー・ライス @terry_rice88

この場合、多分子供たちにもホジスン博士にもまた罪(の意識も)はなく、ただ人々の思考の中に存在するイメージの具現化orその先をただ見たかっただけのような気がする。その思いは純粋なのだが、そのホジスン博士の成果を悪用する輩が出てきた。これがハッカー達と戦いの日々の始まりなのだろうか

2012-11-15 06:49:49
テリー・ライス @terry_rice88

まあ、ナイツが本当に集団なのか?という疑問点を含めて、集合意識から「何か」が生み出される、というのがこの作品の骨子に近い物として形成されているのは興味深い。そこに浮かび上がってくる存在として玲音があてがわれるというのもなにか祭り上げられていく様が不思議な感じではある。

2012-11-16 01:00:48
テリー・ライス @terry_rice88

ワイヤードという第二の世界に広がる無限の可能性、あるいは肉体というリミッターの外れた精神の世界、情報の海だと捉えると、たしかに集合意識の末に神が生み出されたりするのかもしれない、確固たる形が固まらない世界だからこそ、形ある偶像が信仰されるのかもなあという気にもなってくる。

2012-11-16 01:04:40
テリー・ライス @terry_rice88

実際、玲音のようにワイヤードで自我と肉体を保てている人物というのはごく少数だという事。よっぽどワイヤード環境に精通していないと、常人にできる芸当ではなさそう。玲音の変貌もまたそういったワイアードの環境に入れ込む事で、自我に芯通ったからこその変化なのだろうなあ。どんどん粗野になる。

2012-11-16 01:10:35
テリー・ライス @terry_rice88

粗野というか粗暴というか、ワイヤードに足を踏み入れた事で本性というか感情が剥き出しになっているのを非常に感じる。それがリアルに伝播して、初回と比べても格段に外向きになっている。おしゃれな格好して、唇にリップまで塗っておめかしした姿だったのに、ぐいっと手の甲で強引にふき取る様とか。

2012-11-16 01:22:48
テリー・ライス @terry_rice88

玲音がNAVIを始め、ワイヤードの海で類まれな能力を発揮する事で、現実とワイヤードの境界が揺らぐのが前々から示されていたが、それらの手ほどきをしていたナイツが今度は危険分子として排除しようとする。彼女の存在がワイヤードで強大にであるのを示しているはずだが一体何の為に、とは思う。

2012-11-16 01:29:16
テリー・ライス @terry_rice88

それこそ、それらを監視する謎のサーチライトの男二人組もなんなのかということにあるし、謎が深まっていく。そして玲音もまた何が起きているのか全く把握できない状況の中、ただ事態だけは一人歩きしていく。その渦に翻弄されていく玲音はこれから何を目の当たりにしていくのだろうか、気になるなあ。

2012-11-16 01:32:53
テリー・ライス @terry_rice88

玲音のパーソナリティが描かれている物語と今の所、関わりがない、或いは接点がないので非常に特異に思えるかもしれないが、わりと小説とかだと別媒体だとよくあるので、それをアニメでやるのかという感じではあるなあ。毎回のサブタイトルに入る前のシークエンスなんかそれを意識してるっぽく思う。

2012-11-16 01:42:38
テリー・ライス @terry_rice88

といった所で、今回の感想は以上ですかね。前回で壊れてしまった美香など、注目する所は多いけど、それら作内で起こった事象がどう説明付いていくのか楽しみですね。玲音の行く末も含めて。そんな感じです。それではまた次回に。どうもありがとうございました。

2012-11-16 01:46:25

前回

まとめ ライスのアニメ感想:#190 serial experiments lain (5) serial experiments lainの5話感想です。 玲音は知らず知らずのうちに何者かとの対話を繰り返す。 一方で姉の美香は独り現実とワイアードの境目を彷徨うのだった。 物語を解する要素がどんどん散りばめられていっている印象を持ったエピソードでした。 10209 pv 2

次回

まとめ ライスのアニメ感想:#192 serial experiments lain (7) serial experiments lainの7話感想です。 徐々に明らかになっていくナイツの存在と玲音とレインの関係。 現実感の曖昧さを増す世界で物語が蠢きだす内容でした。 これからどうなるのか。 5286 pv 2

コメント

菊地研一郎 KIKUTI , Kenitiro @kenitirokikuti 2012年11月16日
レインのリマスター版をという思いがある反面、でもブラウン管のテレビでと気持ちも。
0
ハワード・P(探索者見習い) @Howard_P_L 2012年11月16日
ブラウン管で、というのは同意。でもやっぱりハイビジョンリマスターも観てみたい。
0