【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

X68k版「イース」音楽制作秘話

電波新聞社のX68000版「イース」音楽制作の様子を、担当者の一人であるGORRYさんが語ってくださいました。
ゲーム音楽 磯田重晴 磯田健一郎 gorry イース x68000 電波新聞社
16476view 5コメント
43
ログインして広告を非表示にする
うすい @usui_y 2010-08-08 23:29:59
このfirst stepは、X68K版かな… 初めて聞いたかも。
tk_nz@仙台 @tk_nz 2010-08-08 23:33:00
@usui_y X68K版ですね。編曲は一応古代さんの後輩にあたる人だったはずです。
本名荒井 @psyzans 2010-08-08 23:35:52
なぞいちけんけんさんか@gorry5 さんですね。RT @usui_y X68K版ですね。編曲は一応古代さんの後輩にあたる人だったはずです。
本名荒井 @psyzans 2010-08-08 23:37:44
.@tk_nz なぞいちけんけんさんはX68k版の脚本アレンジも担当しているんですが、どういう人物かを伝える資料がさっぱりありません。あのような大幅アレンジを加えた理由や事情が気になります。
tk_nz@仙台 @tk_nz 2010-08-08 23:38:44
@psyzans 確かに、なぞいちさんの事は私もほとんど知りません。Gorryさんはライターとして活躍してたので、ある程度は分かるんですけどね。
後藤 浩昭 / GORRY @gorry5 2010-08-09 00:03:49
@psyzans リツイート元が見つからないですがX68イースの話かな?
本名荒井 @psyzans 2010-08-09 00:13:33
@gorry5 そこで恐れながら質問なのですが、X68k版イースの編曲作業はどのようなものだったのでしょうか? よろしければお話を伺いたいのですが。
tk_nz@仙台 @tk_nz 2010-08-09 00:23:29
@gorry5 こんばんは。初めまして。X68版のイース興味深いですね。と言うことは、X68K版イースの音楽は二人ではなく、三人で作られていたって事なんでしょうか?
後藤 浩昭 / GORRY @gorry5 2010-08-09 00:16:57
@psyzans まず、「なぞいちけんけん」氏は、他作品では磯田健一郎と名乗っています。あの頃の別名のひとつでしたが、経緯などはよく聞いていません
後藤 浩昭 / GORRY @gorry5 2010-08-09 00:21:16
@psyzans イースX68000版の音楽は、磯田健一郎氏プロデュースのもと、弟の磯田重晴氏が途中まで作成し、それを当方が引き継いだというかたちになります
本名荒井 @psyzans 2010-08-09 00:26:18
@gorry5 おぉ! お二人はご兄弟だったのですか! 取説にはサブプログラムとして磯田重晴さんの名前が確認できます。その後セガでもいくつか作品を作っていらしたようですね。
後藤 浩昭 / GORRY @gorry5 2010-08-09 00:23:42
@psyzans なお、磯田健一郎&重晴氏のX68作品としては、他にもファンタジーゾーンのアレンジ版や、書籍「ナムコ・ビデオゲーム・ミュージック・ライブラリ」などがあります
後藤 浩昭 / GORRY @gorry5 2010-08-09 00:25:39
@psyzans イースに戻って、仕事を請けたときのオーダーは「PC88版とは違うものにしてほしい」ということでした。「違うもの」の解釈については、改めて説明する必要もないと思います
本名荒井 @psyzans 2010-08-09 00:28:03
@gorry5 貴重な証言ありがとうございます。遊んだかんじでは当初からイースIIを作る予定がなかったのではという印象を受けます。「制作者はイースが嫌いだった」という噂がありますが、真相はどうだったのでしょうか? 
後藤 浩昭 / GORRY @gorry5 2010-08-09 00:32:44
@psyzans オリジナルが嫌いという話については、「違うもの」の解釈次第だと思います。それを「果敢な挑戦」とみるか「無謀な所業」とみるかは、評価するものの自由でよいのではないかと
後藤 浩昭 / GORRY @gorry5 2010-08-09 00:34:11
@psyzans イース音楽作業の話に戻ります。まず、X68版オリジナル曲については、音色やリズムセットの調整くらいで、ほぼそのまま引き継いでいます
本名荒井 @psyzans 2010-08-09 00:35:56
@gorry5 オリジナル曲の作曲は磯田さんで、GORRYさんは音色周りを担当したと。
後藤 浩昭 / GORRY @gorry5 2010-08-09 00:35:49
@psyzans なお、X68オリジナル曲については、同じ曲のピアノアレンジ版が存在します。「ねこはとってもピアニスト」(小原孝)を参照。ちなみにファンタジーゾーンのX68版ローディング曲もこれに入っています
後藤 浩昭 / GORRY @gorry5 2010-08-09 00:40:43
@psyzans 続いて、エンディング2曲以外のPC88版由来曲は、引き継いだ時点で存在していた打ち込みデータと88版の両方をもとにして当方がまとめ直し、磯田氏の指導をもとに調整して仕上げています
後藤 浩昭 / GORRY @gorry5 2010-08-09 00:41:13
@psyzans 最終的なデータ作成は当方ですが、編曲は皆で行ったというかたちになると思います
後藤 浩昭 / GORRY @gorry5 2010-08-09 00:42:51
@psyzans なお、データ作成は「ギャラガ'88」などで使われた当方作のGMDというシステムで作成し、それをイース用のサウンドシステムにコンバートしたものをゲームでは使用しています
後藤 浩昭 / GORRY @gorry5 2010-08-09 00:44:18
@psyzans そして、最後の2曲は、磯田氏が編曲してスコア化、それを当方がデータに仕上げています
後藤 浩昭 / GORRY @gorry5 2010-08-09 00:50:05
@psyzans もう20年近くも前の仕事ですが、今思うとよくやったと思いつつも無茶でやんちゃをやらかしたとも思います
本名荒井 @psyzans 2010-08-09 00:46:56
@gorry5 複数人数で一つのゲームの曲を用意するとなると、統一感を出すのに苦心したことと思います。磯田さんが音楽監督的な役割に立ち、皆さんで曲を仕上げていったかんじでしょうか?
残りを読む(23)

コメント

ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2016-09-12 20:37:10
ペケロク版イース! あの、全国のフィーナ・ファンが泣いたという……(コラ あの「誰がここまでやれと言った」な、気合い入りまくりの移植は、今なお脳裏に焼き付いてる。デモ観ただけで未プレイなんだけど(コラコラ レトロパソコンもゲームも、「もう一度プレイしたい」と思っても、簡単にはいかないのが辛いところだなぁ……
mi1000RR @m2SX_SE 2017-06-22 01:25:17
ああ、古代色を消したのね。だから曲に対して厳しい評をされてるのは68音源によるグレードアップした古代曲を望みだったんじゃないかな?個人的な感想としてはハンドクラップ使い過ぎで煩わしかったのは当時から思ってた。 グラフィックは写実的な人物画以外なら自分は良いと思いましたね。
PEPSIMAN (Ask mona) @pepsiman_askmon 2018-06-18 20:23:10
Roland SC-55ぽいドラムやRoland TR-808的なパーカッションのサンプリングが特徴的なys1ですが SC-55とTR-808じゃなくて、Rolandの別プロジェクトであるBossのリズムマシンのDR-550だったとは驚きです。 X68のゲームのADPCMドラムはKORG M1からの拝借が多いと思っていたので尚更の事です。 (X68で始めてADPCMを本格的にドラムに使用したゲームのボスコニアンもメインがKORG M1でタムタムのみYAMAHAのリズムマシンを使っていましたね。)
PEPSIMAN (Ask mona) @pepsiman_askmon 2018-06-18 20:23:46
確かにBossのDR-550は同社の様々な機材のドラムサンプルが入っているようなのでX68のADPCMの音質ならば、理想的な機材ですよね。 一点気になったのはKORG M1の非パワー系ゲートリバーブ風スネアの音がX68 ys1から聞こえてくるのですが、このスネアもDR-550に収録されているのですかね。他のスネアと質感が違うのでこの音だけはKORG M1もしくはKORG T1の実機からのサンプリングのような気がしてならないのですが。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする