2012年11月17日

【愛する思い】福間健二 2factory16

愛する思い。テレビで見たペルーのおばちゃんたちの歌からもらいました。愛する思いは隠せない。そう歌っていました。愛する思いがあると、思いをもつ人のまわりの空気、雰囲気、どうなるのか。毎日、そこから書きはじめたのですが、だいぶ脱線しました。食べものとヨーロッパの空気出したいというサイドラインでも遊んでます。でも、最後の二回は、かなり気合いが入って、「言ってる」感じになっていると思います。「兄ちゃん、告白しなくていいのかよ。」は、11月13日に見た楽しい映画、前田弘二監督『太陽は待ってくれない』からのイタダキ。さて、今回の音楽は、ペルーのおばちゃんに負けない存在感のブーグ・ブラウン。これは、彼女が本気で太陽になってます。 http://www.youtube.com/watch?v=Lxqg-AhKcVY
0
福間健二 @acasaazul

窓、どの山、どの野に、だれの科学の、やさしい目が、飛ぶ影をつかまえたのだろう。手から動いた人体。ゆっくりとその顔があらわれて、雲は流れる。ガラスは光る。枯葉は理解する。愛する思い。コーヒーを飲む。甘いパンを食べる。心臓が打っている。(愛する思い1) #2factory16

2012-11-07 09:17:14
福間健二 @acasaazul

愛する思いは、わかってしまう。片足だけの底辺でも。おいしそうにパスタを食べるゴンちゃんたち。耳と目、別々に遊ばせて、毎日、冒険。毎日、失敗。風が吹いて、日が暮れる。キスしていない唇が乾く。ルーマニア時代のこと、だれがおぼえているだろう。(愛する思い2) #2factory16

2012-11-08 06:47:11
福間健二 @acasaazul

船。姿勢、かたち、模様、つまり作品になって船に乗った者たち。帰ってこない。でも、記憶を運ぶ川が流れ、道には孔雀の羽が落ちている。この世のもの、きれいなものも、きたないものも、そのままにして、だれかを好きになる。クリームシチューください。(愛する思い3) #2factory16

2012-11-09 10:59:12
福間健二 @acasaazul

そのころは、普通の女の子で、たいしてモテなかったです。隠しても、川に流しても、ベルが鳴って、爆破。橋。月見草。中二階。愛する思い。一緒に焼いたグリーントマトをこの皿に。一九九〇年のサーカスの夜。白馬に乗った、ドナじゃない、彼女の叔母たちだ。(愛する思い4) #2factory16

2012-11-10 09:42:39
福間健二 @acasaazul

苦悩する人間。天と地から何も受けとろうとしない。生乾きの木のテーブルの上の、だれかの忘れていった「鑑賞と注解」に帰ってきた。深い読み。気づいてくれるのは枯葉たちだけ。キノコの入ったオムレツ、冷めてしまって、新しい機械の使い方がわからない。(愛する思い5) #2factory16

2012-11-11 09:37:54
福間健二 @acasaazul

それがあるから、むらさきに染まった空の下を歩く物語は、つぎつぎに生徒が出発し、分断、ダンス、擦り傷いつもひりひりして、湖畔の教師の「それを正しく書く」に反発したかわいい人、きょうのお昼もハルミチーズとほうれん草、パンに挟んで食べるのかな。(愛する思い6) #2factory16

2012-11-12 10:18:55
福間健二 @acasaazul

「酒と仕事でメチャクチャな」十一月の背後にも、抒情的な、触れるすべてを発熱させる動物が。最後まで大きさがよくわからない。鍵、かかってなかったけど、無事だったのだ。フライドポテトにカレーかけて。B級の日没、はやい。波と希望注射はおことわりだ。(愛する思い7) #2factory16

2012-11-13 06:39:30
福間健二 @acasaazul

顔にも態度にも出さないのに、空気を揺さぶっている。遠くの草原まで。そこに抱きしめたい「実験」がある。人の体とは別なもの。こわれやすさ。こわしてわかるのでは、だめだろう。たべっ子どうぶつ、種類が増えた。死んでる相手と将棋ができるんだよ。(愛する思い8) #2factory16

2012-11-14 10:19:56
福間健二 @acasaazul

はじまって終わるのは、人間の考えたゲームだけだ。気がつくと途中の風がうなり、途中の雨が窓を叩いている。そのときもう特徴を記憶できない死体を踏み越えるぼくをだれが招く? 床下の収納庫のからっぽの缶たちが言う。兄ちゃん、告白しなくていいのかよ。(愛する思い9) #2factory16

2012-11-15 06:52:56
福間健二 @acasaazul

また焦がした。亡命料理。失敗から学ばないキッチン。旧世界からもあの世からも持って帰ったのは、挽肉に混ぜ込む何種類かのハーブと影。ぼくの科学は、この途中の家でとくに役立つことがない。いま、きみはどうしているか。それを思ってドキドキするだけ。(愛する思い10) #2factory16

2012-11-16 08:37:19

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?