科学主義的リスク言説が置き去るもの

事実、規範、実存、をめぐる、らら美さんと平川先生のツイートをまとめました。
平川秀幸
kei_sadalsuud 15624view 49コメント
76
ログインして広告を非表示にする
  • らら美 @risashim 2012-11-22 01:31:47
    1.健康被害はあり得ない、という事実認定の否定。2.責任追及を言っても仕方ないという規範的次元の否定。3.被害により奪われ、傷つけられた実存の否定…という3つのレベル(ダンナ談)。福島人権宣言は実存のレベルに深く根ざしているから、12だけで話を済ませたい人には困るのか?
  • らら美 @risashim 2012-11-22 01:49:27
    事実、規範、実存、という構造は、あちこちで起こるコミュニケーションの破綻の共通要因なのかもなぁ。往々にして、事実に関する見解の相違に留まらない、規範と実存の否定を含む言説に、私はムカッと来る。
  • らら美 @risashim 2012-11-22 02:00:15
    原発事故の被害を巡る場合の「事実」がどの程度社会構成的か。事故の責任を問う正当性をどのようにどの程度認める社会で生きていきたいか。他者の実存をいかに尊重する(又は切り捨てる)主体として立つか。そして、それら3つのレベルを一体に受け止めるか別問題と切り捨てるか。
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:27:47
    ↓以下の件、先週末の学会でも誰かと話してて改めて思ったのだけど、人間の「リスク認知」には大雑把にいって1.被害の程度・発生確率に関する「事実的次元」、2.公平性・自己決定性・責任等に関わる「規範的次元」、3.傷つけられた我が身の承認という「実存的次元」がある。
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:31:36
    続)リスクについての科学的理解というのは1.の事実的次元に属するが、それはあくまでも、リスク認知の複合次元から「敢えて」2と3を捨象した操作的定義だという認識を伴わないといけない。さもないと容易く2、3を(「敢えて捨象」ではなく)否定する科学主義的リスク理解に横滑りする。
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:35:16
    続)これについては昔、『現代思想』』2003年7月号に「リスク、不確実性、悲劇性 ― 科学主義的リスク言説が置き去るもの」というのを書いたことがある。ちょっと長いが、以下連ツイで結論部分をコピペしておく。
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:37:00
    引用1)『結局、人間にとってリスクは、常に誰かの行為に伴うものである。いいかえればリスクは、不正義や不道徳の現象であり、不信や失望、憎しみや怒り、あるいは赦しや購い、償いという行為の対象である。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:38:49
    引用2)『そこで恐れられるのは、予期せぬ、取り返しのつかない、赦しがたい被害が降りかかる怖れや、被害を受け声をあげているのに振り向かれず、傷つけられたわが身の存在を確証してもらえないことの苦しみ・・・』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:39:22
    引用3)『・・・そして「被害を受けたのは、なぜ自分であって他ではないのか」――あるいは自分の大切な者が被害を受けたときには「なぜこの人であって自分ではないのか」――という、より根源的で答えのない偶有性の苦しみ であろう。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:40:36
    引用4)『そこで求められているのは、そうした苦しみからの救済や、受け入れがたい現実との和解なのであ。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:43:00
    引用5)『あるいは、求められているのは、意思決定に参加し、自ら、テクノロジーの目的や必要性、リスクと便益を吟味するという政治的機会でもあることをPABEの調査は明かしている。』(PABEについてはこちら参照:http://t.co/GfIiLQPD
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:43:48
    引用6)『そこにあるのは、そのテクノロジーのリスクを受け入れるにしても、納得して受け入れたいという道理を通すことへの欲求であろう。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:44:06
    引用7)『結果が完全には予見できないのならば、せめて目的や動機は正統なもの、同意・受け入れ可能なものであってほしい、それならば悪い結果も赦すことができるかもしれない、ということでもあるかもしれない。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:44:41
    引用8)『とはいえ、これらは所詮は、不確定な未来を前にした現在でのことである。これらの求めが仮にすべて満たされ、テクノロジーの利用を「許し」たとしても、その結果を「赦し」受け容れることができるかは、結果が訪れてみなければわからない。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:46:00
    引用9)『リスクを引き受けるかいなかも常に賭けでありリスクなのであり、怖れはなくならない。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:48:18
    引用10)『現在と未来のあいだに横たわる解消不可能な不確実性というリスクの時間性に由来する苦難と恐れ、予め答が用意できない問い。それらが示す人間の生の「悲劇性」は、決して科学的な予測や制御、説明によっては救えず、科学主義的リスク言説の蔓延は、この事実をどこかに置き忘れてしまう。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:49:50
    引用11)『特に「なぜ~であって他ではないのか」という根源的な偶有性の苦しみの経験や予感は、科学主義的リスク言説のなかで人々に「理解」を迫る「リスクの確率論的理解」と徹底して敵対し、決して癒されることはない。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:50:04
    引用12)『リスクに関する言説や実践は常に、人間にとってのリスクという経験の根源から出発しなければならない。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:54:00
    続)同じ話はチェルノ20周年で毎日新聞に書いたこともある(「21世紀を読む―チェルノブイリ事故20年:悲劇から何を学んだか」,『毎日新聞』2006年4月23日朝刊)。以下引用。
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:56:24
    引用13)『チェルノブイリの記憶の最たるもの。それは、どんなに最善の知識と技術を集めても備えきれず贖うこともできない悲劇は起こりうるということではないか。事故の発生確率として科学的に見積もり、技術で制御可能な「リスク」ではなく、不意をついて襲ってくる正体不明の不幸に対する恐れ。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:58:15
    引用14)『ここで忘れてはならないのは、科学技術・・の問題といえども、常に誰かの意思や行為の結果であり、怒りや憎しみ、あるいは赦しや償いという感情や行為の対象だということだ。そこには、赦しがたい被害が降りかかる怖れや、誰かを憎み、自らもそれに囚われてしまうことの苦しみがある。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:58:56
    引用15)『傷つけられたわが身の存在を誰にも確証してもらえず、償われもしないことの苦しみや、「被害を受けたのは、なぜ自分であって他ではないのか」、あるいは自分の大切な者が被害を受けたときには「なぜこの人であって自分ではないのか」という答えようのない問いの苦しみもある。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 02:59:35
    引用16)『こうした苦しみに対して科学や技術は無力だ。それらが予測や制御によって、いわば未来を現在の意志に従わせる行為であるのに対し、赦したり、受け入れがたい運命を受け入れたりする「和解」は、他人はもちろん当人ですら、意志の力ではたぐり寄せられない「奇跡」に属することだからだ。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 03:01:08
    引用17)『この二〇年、科学技術も政治も経済も、問題の解決に向けて大きく前進してきた。しかし私たちの社会の「悲劇との和解」の力はどうだろうか。』
  • Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2012-11-22 03:01:31
    引用18)『日本国内を見ても、水俣病など何十年も前の事件で、十分な救済も、被害者としての認定すらも得られず苦しむ人は数多い。チェルノブイリからの二〇年、私たちは何を学んできたのだろうか。』(引用終)

コメント

  • じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2012-11-22 16:03:53
    結局、やり場のない不安や怒りなどの矛先を誰かが受け止めろと言ってるだけにしか感じられない。確かにこの様な現状で政府や自治体側にもメンタル面でのケアが必要だし、それが十分に行われていないという事実は有るが、憂さ晴らしのために客観的事実を真正面から見ることを拒否していないだろうか?
  • Susanna Yukari Oseki @niigatamama 2012-11-22 16:29:10
    不安や怒りの元となっているものが、政府や自治体による政策という見方もできると思います。同様に被害を受けた地域であっても、都道府県市町村の線引きにより、住民への支援やヒアリングの度合いが全く異なります。
  • Susanna Yukari Oseki @niigatamama 2012-11-22 16:34:14
    水俣病、新潟水俣病のときも、まったく科学的実証のともなわない線引きによる救済の有無によって、住民の中に大きな不安や怒りが生じてきた。「救済されないリスク」を感じて、政府・行政に「救済を求める権利」を提示したのではないかと思っています。
  • A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2012-11-22 17:09:44
    「気に入らんから気に入らんのじゃウワー」って駄々こねて人に聞いてもらえると思うな、ガキ。
  • 中敏悟 @shiwazanin 2012-11-22 17:56:55
    「放射能こわい、助けて下さい、なんで私がこんな目に」という悩みは精神科に相談すべき問題であって、放射線医学とか畑違いの科学者を攻撃するのは不毛だしお互いにとって不幸だよね。
  • アイゼン(ごはん党)@神奈川14区 @vitan_vitan 2012-11-22 18:10:14
    niigatamama 震災時、パニック回避のために情報発信を数週間単位で見送ったことがありましたが、それって行政が国民を信頼していないという事の表れであるから、行政が国民に対して理解を求めても説得力がなくなっちゃうんですよね。
  • mllnkenjinnno @mllnkenjinnno 2012-11-22 18:33:03
    で、その規範的次元と実存的次元とやらのために、いったい何兆円の国富をドブに捨てるんですかね?
  • NiKe @fnord_jp 2012-11-22 19:30:45
    水俣病ねえ。この手の騒ぎのおかげで、えらく認識が変わりましたよ。
  • arabiannightbreed @a_nightbreed 2012-11-22 19:37:59
    震災時、細かい情報ばっかり出て全体像がつかめずに、結果として「東京は人が住めない」みたいなデマが広がったのを見ると、情報公開のタイミングを計るのもやむをえないかと思えた。
  • arabiannightbreed @a_nightbreed 2012-11-22 19:39:32
    震災直後で情報が集まらない→「情報の隠蔽!」→速報値を出すが、混乱が続いているので誤った数字も多い。随時訂正する→「改竄!」→間違いを指摘され、情報を出すのに慎重に検証してから公開→「情報の隠蔽だ!」こんなパターンが飽きもせずに繰り返されている
  • neologcutter @neologcut_er 2012-11-22 19:52:43
    平川秀幸さんってSTSの学者?それにしてはリスク評価が二転三転するような印象を受けるんだけどねえ。 (http://p.tl/on6P を「平川」で検索)
  • 月日は百代の過客6号 @rokugatsuyu 2012-11-22 19:56:12
    平川先生は三点リーダーもまともに使えないのか。
  • PlatoonLeader @442ndCombatTeam 2012-11-22 20:06:07
    責任を問うのは簡単、認めて金を払うのも簡単・・・だけど、国が払うお金は所詮みんなから集めた税金だからねぇ・・・特に健康面の場合、原発事故の被害かどうかは悪魔の証明だし、より多くの人間が幸福でいられる線引きを上手にするしかないねぇ。
  • 宮崎勝巳 @kmtlc33100 2012-11-22 20:19:11
    で、お気に入りにチェックした居並ぶアイコンはお馴染みの面々と…
  • デビット・ライス @DavitRice 2012-11-22 20:59:02
    『科学主義的リスク言説だけじゃ扱えないもの(感情や規範)があるから、他の言説やリスク以外の見方も忘れないようにしましょうね』という程度の話じゃないの、これは?なんでこれが叩かれているの?
  • フジタ @detaeku 2012-11-22 21:16:25
    平川センセはいつも通り安心と信頼の「他人事」w
  • ねこつかわれ @sunaoh 2012-11-22 21:20:05
    ここで勢い良くdisってるひとって「そうやって私は抑圧されてきたんです」という告白になっているということに気づいてみようか^^
  • ねこつかわれ @sunaoh 2012-11-22 21:34:07
    ちょっと違うか。「私が受け入れ(させられ)てきた抑圧はこういうものです」という告白かな。
  • 哲学的ゾンビ @deadcatbouncepn 2012-11-22 22:52:51
    お気に入りに盗撮の青谷がおるなぁ・・・
  • じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2012-11-22 23:20:44
    不安感がある人には大雑把には次の3パターンがあると思う。1.科学的知見による物の見方は理解できるが不安感が残る人、2.科学的な物の見方をしようととはしたがうまく理解できずに不安の残る人、3.全く科学的な物の見方を理解しようともせずただ不安を募らせる人。まずこれをごっちゃにして「我々は理解されない迫害されている」的な見方をすることがおかしいと思うし、その対応も異なるのでは? 更に3のグループに属する人達が1.2のグループの不安感を増強させている事には気づくべきではないだろうか?
  • NiKe @fnord_jp 2012-11-22 23:34:19
    「科学主義」ってのは社会学関係の専門用語なのか、それとも気分で言ってるのか。
  • はみんぐばーど @kei_sadalsuud 2012-11-22 23:59:21
    「不安」についてのまとめです。/ 「不安」とは?(4つの不) http://togetter.com/li/251097
  • 山下238 @Yamashita238 2012-11-23 00:18:05
    理科と数学を勉強しないと余計な不安をしょい込むという反面教師だな。数学だけで年収100万円の差が出るらしいが…
  • 欠点’s @weakpoints 2012-11-23 00:23:53
    3の「実存の否定」という悲劇(悲劇性)に対して科学が無力であり、「和解」に向かう為の解決方法とは正に「奇跡」に他ならない。と(難しすぎるわ~><)
  • bra-ketくん @mac_wac 2012-11-23 00:28:25
    一方で、科学的理解が置き去りにされてる様も多々見る。被害を受容するかどうかは別問題に、とりあえず科学的理解を求めることは無理筋なのか。受容を拒否する理由を科学に求める必要はないのでないか。
  • 哲学的ゾンビ @deadcatbouncepn 2012-11-23 00:28:44
    平川先生の言うことはごもっともだが、そのレイヤーの「リスク」(?)を科学で解決しようと主張する人(科学万能論者?)は最初からいないと思うけど。ここからトンデモ全肯定に飛躍するのはなぜなんだぜ?平川先生ご自身は決してやらんけどね。うまいなぁ。
  • hanswurst @klammer_affe 2012-11-23 00:29:00
    例えば「科学主義的リスク言説が置き去るもの」があるとして、それを救い上げる言説とは実践レベルにおいてどのようなものなのでしょうか? 関西以西に原発事故によって「我が身を傷つけられた」と感じる方々がいたとして(実際いらっしゃるようですが)、そうした方々に対し「苦しみからの救済」「現実との和解」をもたらす「言説」とは?
  • hanswurst @klammer_affe 2012-11-23 00:37:14
    そのような方々に対しても健康被害の可能性を認め、責任を追求するよう後押しし、あなたは傷つけられたのだ、と言うべきなのか。それとも「そのリスクは受け入れ可能なものだ」と科学の領域に立ち入らず納得させる「言説」を平川さんはお持ちなのか。
  • hanswurst @klammer_affe 2012-11-23 00:44:49
    これは極端な話をしているのだが、どこまでが極端でどこまでがそうでないのかという線引きを科学に頼らずにする方便を少なくとも私は知らない。
  • hanswurst @klammer_affe 2012-11-23 01:07:19
    難しい問題なのは承知の上で、不当な極論をもうひとつ許してもらうなら、限界を設けずに被害を認め、責任追求を後押しする言説は正義の名の元に復讐を唆すエリーニュスのそれに似てきます。曰く「お前は呪われているのだ、数十年経っても安心はできない、東電と政府に復讐を」。しかし実際は呪われてないどいないとしたら? オレステイアはいかにして救われるのでしょう?
  • 山下238 @Yamashita238 2012-11-23 01:09:43
    こいつの言う「科学」ってのは自然科学の事か? たまに「化学」と区別がつかないバカがいます。そういうバカを見かけたら警察に通報して下さい。
  • 欠点’s @weakpoints 2012-11-23 01:24:10
    klammer_affe ここで問題なのは「情で問われたのに科学と法律で説き伏せようとする輩が多くてどうにもならん」ということだと思うぞ
  • 山下238 @Yamashita238 2012-11-23 01:41:27
    情もへったくれもなく、ウチのカーチャン(放射線科勤務)の「私が普段患者に投与する放射性物質は2億ベクレルです」でたいていの人は放射能なんかどうでもよくなります。
  • hanswurst @klammer_affe 2012-11-23 01:51:16
    weakpoints 一応理解してるつもりです。その上で「情」から生まれた不安なり問いなりに応え得る「言説」とはどのようなものだろう?と。上に言ったような極端な例に当て嵌まる人も平川さんに寄り添うでしょう。そういう人達を「置き去り」にしない科学の領域外の「言説」がどのようにして実践されるのか、これは皆他意なく知りたいところだと思います。
  • ケアあひる・あひるっくす @yotayotaahiru 2012-11-23 02:15:33
    さまざまな「情」が何に由来するのかも検証する必要があるのではないでしょうか。
  • ねこつかわれ @sunaoh 2012-11-23 02:35:28
    何名かに於かれましては「ググレカス」ですよ。
  • 三月レイ@ヨコちん中将 @mitsukirei 2012-11-23 02:40:25
    ファボアイコンの中にうんこのおっさん見つけたから、その手のまとめかと思ったらそうだった・・・
  • ♪てぃ・りり@矢沢美琳™ @joulli 2012-11-23 02:44:40
    事が、個々の方々それぞれが感情ある人間として、そしてどうすべきか、そのためになにができるか、ということなので、難しいとは思います。確かに何か解決がもたらされているかというとそうじゃないですし。ところで、科学と"科学主義'的'"はまた違うのでしょうか…
  • kartis56 @kartis56 2012-11-23 02:50:23
    祖父が亡くなったあと、叔父が宗教にハマっちゃたのを見てきたけど、ある意味そういう話だよなぁ。その人個人は安心感なり得られるけど、周囲の人にとっては傍迷惑でしか無い。そもそも誰も実存なんて否定してないし、そんな感情を科学にどうしろと。
  • Susanna Yukari Oseki @niigatamama 2012-11-23 05:31:07
    @vitan_vitan 行政側も科学的理解によってではなく、政治・経済的都合により政策決定し現場での適応がうまくいっていない例が多くあると思います。特に東北・北関東で現地を見ずに、住民からの聞き取りもなく政策決定したために実情にあっていない。
  • Susanna Yukari Oseki @niigatamama 2012-11-23 05:38:05
    @vitan_vitan この点は、先日新潟・福島県民が多く参加したとあるシンポで会場から「自治体の首長にしっかりと勉強してもらうにはどうしたらいいか」という質問に多くの賛同があったことでも明らかだと思います。「わかっていない」人が政策決定するという不安・不満は大きい。
  • Susanna Yukari Oseki @niigatamama 2012-11-23 05:58:09
    極端な危険論で煽るようなことを言う人はまだいるけれど、不安を感じる人たちが必ずしもそういった人を支持しているわけでもなく、かえって自分で決めた「こうすれば自分はある程度の安心感をもって生活できる」というリスク許容度を表明した、または表明していないが確認している人も多いと感じる。
  • mori-yoshiro @mori_yoshiro 2012-11-23 07:57:33
    ゴミ拾いは誰かにやらせてしかもそのゴミの拾い方に難癖付けつつ自分は大上段から抽象論ぶつのはさぞかし気持ちのよい事でしょうなwww
  • kartis56 @kartis56 2012-11-23 13:02:36
    ちなみにその叔父がハマったのは「幸福の科学」だったり…
  • Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012-11-23 18:03:55
    さっきこんなこと https://twitter.com/Kontan_Bigcat/status/271837332922060801 を思ったけど、似たようなことを考えてるなぁと思った。
  • 地下猫 @tikani_nemuru_M 2012-11-23 18:07:53
    自然科学的事実の他に、規範的な事実、実存的な事実、があるというのは大切。この意味で平川氏の言論を揶揄するのはよろしくないと思う。ただ、規範的あるいは実存的な事実をもって自然科学的な事実をねじ曲げることはできない。逆も真だが。
  • arabiannightbreed @a_nightbreed 2012-11-24 02:13:37
    「『科学主義的リスク言説が置き去るもの』という見方が置き去るもの」反対意見の持ち主と合意を作り上げるための方法。状況が変化した時に対応を変える判断基準。
  • NiKe @fnord_jp 2012-11-24 18:45:42
    しかしなんですな。イマドキは左っぽく見えても、唯物論者ではないってことなんでしょうかね。唯物論的には、客観的実在のなかにある「自然科学的事実」が、「規範的事実」や「実存的事実」とかによって変えられることなどありえない、ということになるはずなんだが。
  • NiKe @fnord_jp 2012-11-24 19:20:48
    リスクが必ず憎悪や後悔と関わるかのように言っているけど、リスクは危険や損害の_可能性_なんだから、実際には被害を受けていないこともあれば極度の低リスクなので気にもしないってこともありますよね。それを除外するのは「ゼロリスク」ってやつ?

カテゴリーからまとめを探す

「政治」に関連するカテゴリー