「面白い作品と面白くない作品」「批評家と批評文」の話

「面白さを理解するために批評という翻訳が必須な作品」は面白いのか?面白くないのか? 「批評家の批評文」とはどうあるべきか? などなどのお話。 続くかも、続かないかも。 御意見、御感想、お待ちしています。
26
ウナム日月 @unamuhiduki

経験上、面白くない映画でも4回くらい(強制されて)繰り返し観たらどんな映画でも面白くなってくるよ。何というか癖になってきて、面白い気がしてくる。ちなみにこれは友人が作った自主制作映画で経験したこと。

2012-11-24 14:41:39
ウナム日月 @unamuhiduki

面白くない作品って、「面白がり方がわかってない」だけのパターンがあるんだよねぇ。

2012-11-24 14:43:42
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart

それを作品を発信してる側が言うのは問題外としても、面白がり方の提示も含めて「面白い作品」だと思いますけどね。 RT @unamuhiduki: 面白くない作品って、「面白がり方がわかってない」だけのパターンがあるんだよねぇ。

2012-11-24 14:50:33
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart

「本当は面白いかもしれなくても多くの人が面白がり方がわからない、理解できない」作品というのはそれだけで致命的で、それなら「なんだかよくわからなかった、理解できなかったけど、でも、面白かった」のほうが当然遥かにマシなのであります。

2012-11-24 14:56:23
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart

「マシ」という表現ではなかったな。むしろ「面白い」ということはただそれだけで評価されるべき指標だ。

2012-11-24 15:00:27
ウナム日月 @unamuhiduki

面白がり方の提示をするのが批評ですようRT @g616blackheart:それを作品を発信してる側が言うのは問題外としても、面白がり方の提示も含めて「面白い作品」だと思いますけどね。 RT 面白くない作品って、「面白がり方がわかってない」だけのパターンがあるんだよねぇ。

2012-11-24 16:21:52
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart

面白さを理解するために批評という翻訳が必須な作品って、自分はどうかと思いますけどね。 RT @unamuhiduki: 面白がり方の提示をするのが批評ですよう

2012-11-24 16:28:33
ウナム日月 @unamuhiduki

必須というか、批評無くてもわかる人はわかるんですよ。それが読み取れる見出せる人が批評家な訳で。RT @g616blackheart: 面白さを理解するために批評という翻訳が必須な作品って、自分はどうかと思いますけどね。 RT面白がり方の提示をするのが批評ですよう

2012-11-24 16:30:51
ウナム日月 @unamuhiduki

というより批評なくても三、四回観たら面白さは見出せますよーRT @g616blackheart: 面白さを理解するために批評という翻訳が必須な作品って、自分はどうかと思いますけどね。 RT @unamuhiduki: 面白がり方の提示をするのが批評ですよう

2012-11-24 16:32:23
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart

批評によって別の確度の面白さを提案するということならともかく、批評による翻訳をしないとそもそも面白さが伝わらないのは、作品自体が面白くなくて、批評した人間のセンスがずれてるだけだと思うんだけど(;´Д`)

2012-11-24 16:32:27
ウナム日月 @unamuhiduki

正確には、面白さ等を見出して言語化できる人が批評できる人だ。

2012-11-24 16:36:59
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart

(順番前後しますがまずこちらから)レギュラーサイズの映画の話だとして、普通の人は、一回目で面白くなかった作品を「三、四回観たら面白くなる」と言われても三、四回も見ないですよ。 RT @unamuhiduki: というより批評なくても三、四回観たら面白さは見出せますよー

2012-11-24 16:39:12
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart

個人的には「わかる人にはわかる」っていう考えは好きじゃないです。批評家ってそんな大仰なものでもないと思いますし。 RT @unamuhiduki: 必須というか、批評無くてもわかる人はわかるんですよ。それが読み取れる見出せる人が批評家な訳で。

2012-11-24 16:40:42
ウナム日月 @unamuhiduki

いやぁ例えば年食わないとわかんない、なんて事は山ほどありますよRT @g616blackheart:個人的には「わかる人にはわかる」っていう考えは好きじゃないです。批評家ってそんな大仰なものでもないと思いますし。 RT必須というか、批評無くてもわかる人はわかるんですよ

2012-11-24 16:42:55
ウナム日月 @unamuhiduki

それは正論ではありますが小さい頃観てよくわからんないモノでも数年後観たら感動した、なんて事はザラなわけで。 RT @g616blackheart:レギュラーサイズの映画の話だとして、普通の人は、一回目で面白くなかった作品を「三、四回観たら面白くなる」と言われても三、四回も見ない

2012-11-24 16:44:32
ウナム日月 @unamuhiduki

単純に楽しむだけの前提知識や教養が無かっただけかもしれない。「幼年期の終わり」とか読んでない人が『2001年宇宙の旅』を観て話を理解できるかというと疑問符がつきます。RT @g616blackheart:個人的には「わかる人にはわかる」っていう考えは好きじゃないです

2012-11-24 16:48:20
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart

.@unamuhiduki そういう年齢や経験を必要とする作品の中で「本当に面白いもの」って、年齢や経験がなくても第一印象は「何だかよくわからなかった、理解できなかったけど面白かった(あるいは、すごかった)」になるものであって「面白くなかった」にはならないと思いますけどね。(続)

2012-11-24 16:58:22
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart

.@unamuhiduki (続)理解できるかどうかと面白いかどうかは別ですよ。映画「2001年宇宙の旅」は「幼年期の終わり」を読んでない人にも幅広く評価されていますし、クラークやキューブリック以外のケースでも、面白さのために他の知識、経験の前提を必要とするのは変だと思います。

2012-11-24 17:05:49
ウナム日月 @unamuhiduki

@g616blackheart 例えばパロディや風刺は元ネタを茶化すモノですが、元ネタを知ってればすげー面白いけど、元ネタを知らない人間が見て面白いとは限らないと思いますよ。もちろん元ネタ知らない人でも楽しめるように作ってあるケースもありますが。

2012-11-24 17:09:40
ウナム日月 @unamuhiduki

@g616blackheart 例えばモンティパイソンがキリスト教をバカにしたパロディをやったりしますが、キリスト教圏に住んでない人が見たらピンとこないケースは多いでしょう。

2012-11-24 17:10:43
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart

「面白い」という表現だからダメなのか。「すごい」あるいはもっと言えば「すごそう」という第一印象を批評家などの「翻訳」を介さずに与えることができるのが良い作品だと思うので「面白くない」「すごくない」「すごそうに見えない」という印象を多くの人が受ける作品は良い作品だとは思わない。

2012-11-24 17:12:18
ウナム日月 @unamuhiduki

@g616blackheart 文脈依存……ハイコンテクストなモノってのはやはりありますよ。例えば日本産ゲームの珍訳を茶化した「All Your Base Are Belong To Us」というネタが米国で大流行りしましたけど、ネイティブじゃないと何が面白いのかわからない、的な

2012-11-24 17:14:35
ウナム日月 @unamuhiduki

@g616blackheart 仰ることは同意できる部分もあるんですが、私が今すげー面白いと思うものでも小学生の自分に見せてすげーと思うかどうかは怪しい部分があると思います。最近だとピンドグラムをある友人に見せて不評でしたが、多くもの見てないとわかりにくい凄さというものもあります

2012-11-24 17:27:17
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart

.@unamuhiduki パロディの話にしてもキリスト教ネタの話にしても、予めターゲットを明確に極端に限定したジャンルの中でのたとえですよねー。前提知識を知らない人からは評価されるつもりがないジャンルの話をしてもしかたがないと思うのですが。

2012-11-24 17:29:04
ウナム日月 @unamuhiduki

@g616blackheart 絵画とかも傑作と誉れ高い作品を美術館で見て「何がすごいのかわかんねー」ってなってる人はいっぱいいると思うんですよ。由緒正しい寺社だって歴史をロクに知らない子供が見て楽しめるかというと疑問符ですし。

2012-11-24 17:29:28
残りを読む(5)

コメント

黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart 2012年11月25日
一晩経って引き続き「批評家と批評」について考えている。自分は「人類総批評家時代」的な世界を望んでいるのかもしれんなーと考えたり。
0
社会と人間が大好き @neupon08 2012年12月7日
批評者が権威を振りかざし、自身の批評を絶対のものとして押し付ける構図こそが問題では。 そういった権威による批評を絶対のものとして盲目的に信じてしまうことこそが、芸術を鑑賞し美を見出す妨げとなっているように思います。
3
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart 2012年12月7日
作品の批評家というのは作品の良い点悪い点含めた構造を言語化できるという意味では秀でていても、その「翻訳」が正解かというと違うのだけど、どうしても批評家の評価で自分の中の評価を上書きしてしまう人が多くて、そういう意味で自分は「人類総批評家時代」的なものを望んでいるのです。
1
天一号艦これACおじさん@チェキ空 @ten1gou 2012年12月7日
つまり逆も然りで、評論家が「(俺の好きだった時代)と違う。面白くなかった」と言ってる作品がとんでもない興行を叩き出したり、面白いと言ったりする人が多かったりする事がありますね。ええ、その映画はヱヴァンゲリヲン:Qと呼び、評論家は東○紀で。
2
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart 2012年12月7日
はてブ方面で盛り上がっているようなので話し合いにはならないが逆にみんな好き勝手言っててこれはこれで面白いね(;´Д`)
0
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart 2012年12月7日
まとめ中でも書いたように「面白い」という表現自体が良くなかったかもしれないなー。単純に「評価を決めるのは選ばれた批評家ではなく大衆だ」と言いたいだけなのだけど。
1
tocoma/Sグリ二次創作継続中 @tocoma110 2012年12月8日
どちらも一面においては正しいことな気がするけど、結局視点の違いな気がするなぁ。万人受けっていうか、そういうのを考えるなら青文字の意見は正当な気がするけど…うーん
2
竹渕瑛一 @GRGSIBERIA 2012年12月9日
批評家の面白いと一般的な面白いは直行している。まどマギとかエヴァの考察とかそうだけれども、考えたり理解する楽しさが批評であって、作品の根本的な面白さはどこか知らないところへ置いてある。批評家の面白い=一般的な面白いが同じであれば、AVGNがなぜああしてまでクソゲーをプレイし続ける理由がわからない。能動的な面白さと受動的な面白さはそもそも分けて考えないと。
1
固有名 @tuitanix 2012年12月9日
青文字さんが言っているのは「普遍的なすごさ」があるかどうか、だろうか。それと「面白い」ということにはズレがあると思うのだけど。
2
固有名 @tuitanix 2012年12月9日
「面白い」を快楽と捉えるなら一発で了解可能な作品より、消化が難しい作品のほうが例え得られる快楽量は少なくとも、レアかつ本当に欲しい種類の快楽が得られるんじゃないか。そういった快楽については批評家が翻訳できるとは思えないが手助けはできるかも。
1
固有名 @tuitanix 2012年12月9日
直観的にすごい、と論理的にすごい、は別だと思う。さらにそのどっちも間違ってる場合があるし。論理は間違うけどセンスや感覚は間違わないってのは幻想だよなあ。
1
黒井真三@このあと滅茶苦茶ワインダーした @g616blackheart 2012年12月9日
「面白い」「面白くない」という指標から話が始まったものの実際はもっと広い視点での考え方が必要だったのと、自分の不自由な文章力のせいで考えをまとめられないですが、上手く言葉が紡げたら続きをツイートするかもしれません(;´Д`)引き続き意見、感想お待ちしています。
0
うそこばん @usokoban 2012年12月10日
単に本質を見失っているだけでは? 普遍的な面白さなど存在しない。共通となる基盤(なんだったら文化と呼べばよい)があって始めて「作品」は成立し、それを楽しんだり解釈したり批評したりできる。基盤は極めて多様で、「未就学児童」でも「キリスト教の知識」でも「日本人の大半」でもなんでもよい。基盤が「全人類」ならとりあえずは普遍的だと錯覚できるが、そんな作品は普通は存在しないし、実際に普遍的なわけではない。
5
うそこばん @usokoban 2012年12月10日
「面白くない映画でも4回くらい」みるってのはその基盤を強制的に構築する作業。優れた批評というのも然り。当然、「基盤を構築する力」が弱い人が批評を書いたとしてもつまらないだろうし、そういう人は何回見てもつまらない作品を面白がることはできないだろう。そのぐらいのスケール感の話であって、普遍的とかなんとかそういう考えを持ち出す必要はないと思う
5
ɐɥuıɥsnoʇʇɐɥ @hattoushinha 2017年5月22日
赤い人は「どんな作品だって面白がる人はいる。四回ぐらいみればほとんどの人はポイントがわかってくる」ってことで、 青い人は「面白い作品というのは一見見ただけでわかる。何回も見なきゃわからない作品はそれだけでダメ」ってことかな 「メジャーに売り出す」というのであれば青い人が正しいけど、「面白い作品を作る」だったら必ずしもメジャー趣味に合わせる必要はないんだよね 俺らがヒンドゥー教の凄い人が凄い映画見たって、初見一発解説なしで理解できる自信ないもん
1
ɐɥuıɥsnoʇʇɐɥ @hattoushinha 2017年5月22日
逆に「ヒンドゥー教ではこれが大切なものなんだ」って最初の一、二回で知って、次の三、四回で「なるほどここがすごいのか」ってわかる そういうことだと思うよ
0
ɐɥuıɥsnoʇʇɐɥ @hattoushinha 2017年5月22日
でもだからと言って「一発でわからないからその映画はダメ」ってわけじゃないんだよな だって一発で理解出来ない俺らに向けた映画じゃないもの
0