記事「福島のがんリスク、明らかな増加見えず WHO予測報告」20121125

震災 原発 被曝 福島第一原発事故 リスク WHO 甲状腺癌 予測
69
記事(これしか載ってないorz)
studying @kotoetomomioto
福島のがんリスク、明らかな増加見えず WHO予測報告(朝日新聞デジタル) - Y!ニュース http://t.co/Ox9QKN66
studying @kotoetomomioto
「成人で生涯リスクが最も高かったのは浪江町の20歳男女。甲状腺がんの発生率は被曝がない場合女性が0.76%、男性は0.21%だが、被曝の影響によりそれぞれ0.85%、0.23%へ1割程度増え。他のがんは1~3%の増加率」:WHO予測報告 http://t.co/Ox9QKN66
studying @kotoetomomioto
①WHOの被曝評価は非常に大雑把で、かつ私よりも危険厨な感じだったけど「浪江の20歳女性で甲状腺癌発症0.1%増加」との事なので多分、リスク係数から逆算すると、甲状腺等価線量100mSvくらいを想定していると思われ、、 http://t.co/K5qEsvE4
拡大
堀 潤 JUN HORI @8bit_HORIJUN
リンク先の記事の見出しは「福島のがんリスク、明らかな増加見えず WHO予測報告」とあるが本記では「ただし、福島県の一部地域の乳児では、事故後15年間で甲状腺がんや白血病が増える可能性があると予測した」と続く。後者が見出しでは?  http://t.co/7L4TpRyi
Jun Makino @jun_makino
@study2007 ここで「成人で」になるところが私は嘘は言ってません的な、、、
ウクライナ報告との比較
studying @kotoetomomioto
②ウクライナ報告における0−14歳と15−18歳群の汚染6地域(黒棒)と他 比較21地域(白棒)の甲状腺癌発症数の差異は、統計的に有意かどうかは母数とかにもよるようですが、こんな感じで、、 http://t.co/UjiPhGVp
拡大
studying @kotoetomomioto
③汚染6地域の甲状腺等価線量の推計値は14歳以下平均113mSv、15-18歳で46mSvぐらいなので、WHOの「20歳に対して100mSv(子どもにはそれ以上になる?)」は、ちょっと大雑把で危険厨過ぎるとしても、、 http://t.co/4tyiIF4A
拡大
studying @kotoetomomioto
子どもには、ウクライナに近い差異が顕われるかもしれない。
studying @kotoetomomioto
④WHOの被曝推計が何倍か過大評価だとしても、「一部地域の乳児では、事故後15年間で甲状腺がんや白血病が増える可能性がある」ぐらいには言っておかないと、みたいな『推計に基づいた予測』、と。
そもそもリスク係数自体も今後どうなってゆくのか、、
studying @kotoetomomioto
⑤ちなみにウクライナ報告ですらまだ折り返し地点に過ぎず、仮に「今後、過剰発症数が収束してゆく」という楽観的な仮定でも生涯発症リスクは原子力基盤機構のリスク係数と同等だったりするので、、 http://t.co/8DDAqzwB
拡大
studying @kotoetomomioto
⑥事故当時18歳以下だった人が本格的な癌年齢に達する、ウクライナの今後27年の推移によっては、WHOも似た様なのを使ったであろう「リスク係数そのもの」も今後(恐らく悪い方に)見直さないといけない、という懸念もあるのでは。
yoshi @yoshi_exe
予測する場合の鉄則ですね。 RT @study2007 ④WHOの被曝推計が何倍か過大評価だとしても、「一部地域の乳児では、事故後15年間で甲状腺がんや白血病が増える可能性がある」ぐらいには言っておかないと、みたいな『推計に基づいた予測』、と。
studying @kotoetomomioto
なんか記事では「大した事ない」的な論調ですけど、(WHOの線量予測が大雑把で過大な事もあるんでしょうが)端々にヤバい指摘が居り混ざってる様に感じるんですが、、(苦笑)。@yoshi_exe
記事本文にはもうちょっと詳しい値が載ってる様でした
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
あれっ、ひょっとして、スタディさん、朝日サイトの原文は参照していないんですか? 念のため http://t.co/aGDCjhSj  http://t.co/Qaxua0JZ
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
で、この記事によると・・〈WHOが健康影響予測に使った被曝線量〉「福島の原発事故による被曝線量推計の報告書(5月に公表)」「1歳児の甲状腺の生涯の被曝線量は、浪江町が122ミリシーベルト、飯舘村が74.. http://t.co/7z5pAxf8
studying @kotoetomomioto
①確か以前のWHOの線量推計はこんな感じで、、。ケタくらいの分類で、かつ地域も大雑把だったと思うんですが、、@fvjmac http://t.co/OySCNJ4h
拡大
studying @kotoetomomioto
②今回は市町村別の値も報道されている様ですので、以前私が土壌から逆算した時の値(せいぜいオーダー以内の精度だと思いますが)⇩と比べてみます、、@fvjmac http://t.co/I3zMA0BQ
拡大
studying @kotoetomomioto
③私の方が近距離では危険厨みたいです。「24時間外に居たら」という仮定ですのでWHOはその辺りを何かの係数で評価したのかも?でも逆に食品が含まれてるので遠方では私よりWHOの方が危険厨みたいな感じでした。@fvjmac http://t.co/ofS94XUf
拡大

コメント

パグさん♪ (帰省中⛩) @fvjmac 2012年11月25日
あれっ、ひょっとして、スタディさん、朝日サイトの原文は参照していないんですか? 念のため http://www.asahi.com/national/intro/TKY201211240583.html 
パグさん♪ (帰省中⛩) @fvjmac 2012年11月25日
で、この記事によると・・〈WHOが健康影響予測に使った被曝線量〉「福島の原発事故による被曝線量推計の報告書(5月に公表)」「1歳児の甲状腺の生涯の被曝線量は、浪江町が122ミリシーベルト、飯舘村が74、葛尾村が49、南相馬市が48、福島市や伊達市、川俣町、楢葉町などは43などと推計」・・とあるんですが、これについては、スタディさんの分析とは、整合性がありますか? 
studying @kotoetomomioto 2012年11月26日
fvjmac あ、ですです。全文読めずに、、orz。記事によると市町村単位くらいで細かく評価したみたいですね。ちょっと比べたものを羅列してみます。
studying @kotoetomomioto 2012年11月26日
WHOの推計値が一部記事にあった様なのでちょっと比較しました。
Jun Makino @jun_makino 2012年11月26日
これ、1歳児 122mSv の浪江町で20歳成人の甲状腺がんリスク10%上昇だと、 LSS ベースのリスク係数の 3 倍くらいになってないですか?
studying @kotoetomomioto 2012年11月26日
①あ、ちょっと私の暗算が正しいかアレですので順を追って整理してみますと、、(続
studying @kotoetomomioto 2012年11月26日
②0-1歳、1-2歳、3-7歳、8-12歳、13-17歳、18-30歳の年齢区分について甲状腺等価線量係数[μSv/Bq]は3.4、3.2、1.88、0.96、0.62、0.4と年が低いほど悪いのですが(続
studying @kotoetomomioto 2012年11月26日
③浪江などダストが中心?ですと呼吸量[m3/日]:0-1歳、1-2歳、3-7歳、8-12歳、13-17歳、18-30歳の年齢区分について⇨3.36、6.84、10.68、18、22.32、24.48と大人ほど多いので(続
studying @kotoetomomioto 2012年11月26日
④かけ算すると等価線量[mSv]は5歳くらいに最悪のピークがある凸型になると思われ、(新聞記事はその辺りもアレだと思うんですが)、0-1歳なのか1歳なのか微妙なところですが20歳もだいたい100mSvくらいにはなる推定ではないかと想像致します。で、(続
studying @kotoetomomioto 2012年11月26日
⑤WHOの推定が0.1/100mSvという事であれば過剰相対罹患リスクは〜1.0/Gy(被曝時20歳に対し)という感じかな、と記事は読みました。(続
studying @kotoetomomioto 2012年11月26日
⑥一方、原爆被曝者をベースにした甲状腺癌の過剰相対罹患リスクは放影研のHPなどによりますとhttp://www.rerf.or.jp/radefx/late/site.html、だいたい0.6/Gyあたりでこちらは被曝時平均30歳ということなので
studying @kotoetomomioto 2012年11月26日
⑦被曝時20歳に対しやや高めに見ておくことと、誤差棒を眺めると、1/Gyを用いたのは「概ねLSSのベースの評価をしている」という感じではないでしょうか?
studying @kotoetomomioto 2012年11月26日
あと、今年八月にはhttp://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ijc.27749/abstract?deniedAccessCustomisedMessage=&userIsAuthenticated=falseみたいな評価も出していて「被曝時10歳に対しERR=1.28/Gy」とかいう感じらしいので、これともそれほど外れていないのかな、と思っています。
Jun Makino @jun_makino 2012年11月26日
kotoetomomioto あー、なるほど、どうもありがとうございます。0-1歳だと計算上等価線量は大人とあまり変わらないわけですね。係数探したら http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/2989.html#id_4554c50e が見つかってちょっと途方にくれました。上のは出典なんでしたっけ?
Jun Makino @jun_makino 2012年11月26日
あれ、でも、DDREF=1 ならそれで大体いいのですが、2 をとると 1/Gy はちょっと大きいかも的。
studying @kotoetomomioto 2012年11月26日
吸入タイプ別線量はマキリンさんに教えてもらった、これを参照し⇨:https://twitter.com/study2007/status/220725285191032832
studying @kotoetomomioto 2012年11月26日
でも出典によっては凸型ピークになってないものもあったような気はします。ホントはどのくらいが正しいのか判りませんが、、。あ、あと、私的には呼吸量は「軽作業」と「sitting」の平均で計算しています。
studying @kotoetomomioto 2012年11月26日
jun_makino ですよね。WHO的には2を用いそうなもんだと思いますが、その辺りも詳細な報告が出たら確認したいところですね。http://www.rerf.or.jp/library/update/rerfupda/comment/ncrp.html
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする