479
ログインして広告を非表示にする
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
昨日はすごくためになる話を聞いた。勉強になる。作劇の悩みの一端が解けた。嬉しい。単純だけど、すごく力のある作劇の技術(>_<)
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
欠如感を抱えるキャラクターが別のキャラクターによって補完されることで「成長」の物語を作る。
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
@Ufujitakazuhiro 土曜日はお疲れさまでしたー あんなにがっちり物語づくりの話聞いたの、初めてですよね。すごくためになりました。ありがとうございます(*^_^*)
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
というわけで、実は土曜日の深夜(もう日曜日だった)、藤田和日郎先生を捕まえて、物語の作り方についていろいろ聞いたのだ。前のほうのつぶやきにある「欠如感と補完」ていうのがそのひとつ。
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
1)というわけで、先日、先輩である漫画家の藤田和日郎先生とお会いした際、物語づくりについていろいろお聞きしたので、ちょっとつぶやいてみたいと思います。基本、「読者の心を動かすにはどうすればいいんでしょうか」っていうのが話の中心にあります(以降、「さん」付けですみません)。
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
2)「つまりな」と藤田さんはいう。「ここんとこを痒いな、痒いな、って思うだろ? そこを我慢できないところで、掻いてやる。そうすると気持ちいい」……これが欠如感と補完の基本。掻く側と掻いてやる側をそれぞれキャラクターにすることで物語にする。
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
3)藤田さんは箸袋に、パックマンのような絵を描いた。「何かが欠けてて、こいつはつらい。欲しいな、欲しいな、って思ってる。そこへ」と、脇へプラスを書き込んで、口にぴったりと嵌まるピースを付け加える。
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
4)「もうひとりのキャラクターが埋めてやる」これは逆でもいい。主人公が何かを得て成長する(充足する)のではなく、主人公が与える形。
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
5)「『教師役』と『生徒役』って俺なんかはいってるんだけど、『北斗の拳』だとケンシロウが『教師役』」……つまり、ケンシロウの言動でエピソードのメインキャラの感情的な問題が解決される。単純にアクション場面で敵が倒されるというのではなく、主人公の示す行為が『生徒役』の欠如を埋める。
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
6)(で、後で考えたこと……じゃぁ、「お金が欲しい!」って思っているキャラのところに「お金をあげましょう!」ってキャラが来るのはどうなのか? これは展開であって、ここで考える物語じゃない)
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
7)(目指しているのはあくまでも読者の「感情」に訴える物語。だから、この場合だと「どうしてお金が欲しいか」っていう事情から導かれる、切羽詰まったキャラの感情と、それが補完されることが大事)
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
8)(そういう観点で見ていくと、キャラには目標が必要だけど、なぜ、その目標を達成したいのかがないと物語にはならないということだ。「プロのサッカー選手になる!」「なぜ?」……目標の裏付けになる感情が大切なのである)
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
9)では、読み切りの短編では何人くらいのキャラクターを描けるだろう?(ここでは36〜40Pくらいのマンガを前提にする) きちんと描き込むなら、「3人」が適数だと藤田さんは即答した。
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
10)「主人公、敵役、相棒……」相棒は被害者、依頼人とか事件の関係者に置き換えできますね、と訊き返すと、「あぁ……だけどそうすると」と藤田さんは少し考え込んだ。
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
11)「そうするとヒロインをどうするかな……ヒロインを別に置くと……いや、そしたら3人を越えちゃうな……ここは涙を飲んで……いやいや、出さなきゃいけない場合は、相棒のところに入れるか?」
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
12)増やすという選択肢はない。これは、自分で作っていてもわかるのだけど、無理に増やすと出てくるだけのキャラになってしまうのだ。それはヒロインじゃない。だから、こうした苦渋はわかる。
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
13)(主人公に『教師役』か『生徒役』を割り当てて、残り二人のどちらかに、もう一方の役を振り分けるということだ。そうすると、どういう物語かも見えてくる)
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
14)(主人公が『教師役』、敵役が『生徒役』なら、敵役が抱える「満たされぬ感情」を主人公が「補完してやる」話になる。これによって三人の関係のうち、展開の中で重点を置いて話をつくってやるものが決まる)
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
15)(藤田さんは「アクションもの」を前提に語ってくれたわけだけど、実のところ、この三人構成は恋愛ものにも使える。「主人公」「親友」「恋愛対象」とか)
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
16)(長編でも、エピソードはこの三人構成で考えてやるといいはずだ。エピソードによって三人のキャラの振り方を変える。ときには主人公さえ変えるのもアリだろう……この構造を積み重ねて長い物語を語っていくわけ)
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
17)さて。ここしばらく、私が思っていた作劇上の課題を、藤田さんにぶつけてみるとにした(実は、最初にこの話から入っていたんだけど、わかりやすくするため順序を逆にしてます)。
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
18)物語が展開していくと、登場人物が増えてくる。そうすると、キャラを描き込むために紙数を費やして、物語の展開が遅くなってしまう。展開を重視すると、人物が出てくるだけの「あらすじ」になりかねない……
ゆかにゃん@C94(土)東ト15b @minakawayuka
19)「物語が誰の物語か、ってことだよ」俺のやり方だよ、と断り置いて藤田さんはいった。「だから、物語を主人公へ戻してやる。こいつ中心の話をとにかくやる。その後で、主人公の行動を別のキャラたちがどう思ったか、どんな行動を取るかを書く。それから、主人公の物語へ別のキャラたちを戻す」
残りを読む(12)

コメント

七七四未満六四以上 @zy773 2012-11-26 18:15:11
こんな どエライ ネタバレっていうかレシピ紹介してもええの?それを踏まえて超える作品を作るって事?
けんゆう @kenyu1234 2012-11-26 19:09:23
レシピに使う材料は教えたけど分量は教えていない、どういう味付けをしてどういう料理にするかは人それぞれ。ってことなんでしょう
七七四未満六四以上 @zy773 2012-11-26 21:57:13
kenyu1234 に しても、ハードル上がった感が半端無いのでは?藤田先生は不朽の名作を複数持ってらっしゃるけど、全ての作家がそうじゃ無いじゃない。上の作劇法を実践出来てないってバレるのキツくないっすか?
nanahushi @nanahushi3 2012-11-26 22:07:13
皆川先生は他人に物語の作り方を講釈する前に運命のタロットの伏線投げっぱなしオチを反省すべきでは?どんなに素晴らしい物語も完結しなければ意味がないと思います。藤田先生を見習うなら、うしとらに続いてからくりサーカスも綺麗に完結させた点を。
seidou_system @seidou_system 2012-11-26 22:19:15
「うしおととら」だとうしおととらが補完役と欠如役を適宜交代してる感があるな。
津久ヶ原シャログ/へその人(冥加P) @Silver_Shalog 2012-11-26 22:19:29
シンプルな、そしてそれ故に応用範囲が広く強力な技術だ。さて、少し手と頭を動かしてみるかしらねん。
ワス @wsplus 2012-11-26 22:24:37
欠如=達成されていない目標、と置き換えると、割と一般的なシナリオ構造です。
T @FUNDOSHIMASK 2012-11-27 00:16:28
他人を傷つけることでその欠如を埋めようとする奴が藤田作品の悪役になるわけだね。白面然り、フェイスレス然り。
endersgame @endersgame3 2012-11-27 10:46:20
別に普通にシナリオ教本にも出てくるような話なのでネタバレというものでもない。 全物語に応用できるようなものでも。 貴重かつ重要なのは、それを実践してる当人から、自らの言葉でそれを聞けるということ。 ああ、この作家さんはこのように物語を解体しているのだなというのがわかるのは、ファンには嬉しいことだと思った。
arabiannightbreed @a_nightbreed 2012-11-27 13:07:50
葛藤と、その解消っていうのはドラマの基本構造だけど、そこで、葛藤に『欠如感』という言葉を当てるのか、『束縛』という言葉で表現するかで、作り手の個性がでますよね。
Nt @t_norwes 2012-11-28 00:22:23
物語を畳むに当たって「からくりサーカスは勝の物語だった」と決め、結果的に鳴海とエレオノールは準主役級の扱いに納まってしまった。藤田先生のいわんとすることはわかるけど、あの物語は3人全員主役だったんじゃないのかと今でも思う。
um @nanasi0003 2012-12-01 23:29:09
「作り手の一般人向けわかりやすいネタばらし」的なのは岡田斗司夫の飯の種なので、あんまりおおっぴらにするのはカンベンしてあげて欲しい
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする