0
村上和巳 @JapanCenturion
今日は東電のテレビ会議システムの追加公開。ということで東電に向かっている。
村上和巳 @JapanCenturion
東電本店より帰宅途中。うーん、分からん。
奥山俊宏 @okuyamatoshi
東電本店できょうから追加開示が始まったテレビ会議映像の一部を見た。もっとも注目していたのは昨年3月16日、4号機の使用済み燃料プールについてどのようなやりとりがあったか、だった。
奥山俊宏 @okuyamatoshi
「もし(プールの中が)乾いている場合、これを放っておくとメルトダウンですから非常に危機的な状態である、従ってこれは可及的速やかに水をかけなければいけない」--。16日午後9時23分、本店の社員がそんな分析結果を説明した。
奥山俊宏 @okuyamatoshi
その日、入手した航空写真を調べたところ、3号機からは湯気が出ているのに、4号機からはそれが見えなかった。「ということは、甘い見方をすれば(核燃料が)まだ水につかっているということですし、逆の見方をすればもう乾いちゃってるということなので」
奥山俊宏 @okuyamatoshi
原子炉2つ分の核燃料が溶融(メルトダウン)するのではないかと恐れられた4号機の使用済み燃料プールに水が満々とあるという報告が東電本店に入ってきたのはそれから2時間余り後の3月16日午後11時38分のことだった。
奥山俊宏 @okuyamatoshi
その日の夕方に自衛隊のヘリで4号機の上を飛んだ社員が映像を説明しながら言った。「えっとですね、ここでなんですけど、キラッと光ってですね、これおそらく、えっとぉ肉眼だと水面に見えるんです」
奥山俊宏 @okuyamatoshi
「ここがちょうどですね、えっとぉ一番左のはじになりますけども、えっとぉ燃料えっとぉ交換機がここに置いてあります。でこの下に光ってるところこれが水面になります」http://t.co/yggmdqbs
奥山俊宏 @okuyamatoshi
武黒フェローが「『水面』ってのは、燃料の頂部より上なの下なの?」と尋ねた。返答「えっと、燃料の頂部より下だと水面見えませんので、ウェル満水だと思います」「ここから、全部水がばあっと、プールが満水、ウェルからずっとプールが満水だと思います。基本的には」
奥山俊宏 @okuyamatoshi
武黒フェローは「何で水素爆発おこんだよ」と半信半疑。核燃料が水中にあるのに、なぜ4号機の建屋は爆発したのか。原因が分からなくなってしまった。
奥山俊宏 @okuyamatoshi
勝俣会長が左隣の武黒フェローに上体を近づける。「ちょっと○○になってるとこが水面なの?」と問う声が小さく聞き取れる。「ん〜ですかねぇ。私にはよく分からないですねぇ」と吐息混じりの返事が聞こえる。海江田大臣は、両ひじを立て、両手を首の前であわせている。
奥山俊宏 @okuyamatoshi
武黒フェローは、4号機プールに水があることが信じられない。「あれだけ新しいね、ほかのと比べて一桁高い熱量を持ってる使用済み燃料プールで、何日も経っていて、何でそんなに水があるんだろう?」
奥山俊宏 @okuyamatoshi
自衛隊のヘリで4号機の上を飛んだ社員が補足した。「あのちなみに、これ自衛隊のかたもですね、『水面見えましたね』とおっしゃってました。パイロットのかたがおっしゃってました」
奥山俊宏 @okuyamatoshi
3号機の原子炉で発生した水素ガスが配管経由で4号機に回り込んで爆発したとみられることが分かったのは何か月も後のことだった。
奥山俊宏 @okuyamatoshi
4号機の核燃料がほぼ無事だということが分かったのは4月中旬になってからのことだった。結果的に、4号機からの放射能放出がなかったとみられる。
村上和巳 @JapanCenturion
(1)4月4日夜7時頃から行われた福島第一原発で行われた「低濃度汚染水」の海洋放出。私の記憶が正しければ最初に4月1日に検討が行われ、一旦立ち消え。4日朝に事態が切迫して同日午後3時頃、官邸から了承を得たとされている。(続)
村上和巳 @JapanCenturion
(2)今日、追加公開された東電のテレビ会議システムの映像とそのやりとりから分かったことは、4日朝8時からの定例報告で福島第一原発の吉田所長が漏水で5、6号機の非常用ディーゼル発電機が浸水しかねないため、急ぎ対応が必要な旨を説明している。(続)
村上和巳 @JapanCenturion
(3)ところが同日9時半前に本店立地班が同日午後1時半開始の全漁連総合政策部常任委員会で海洋放出について東電役員が説明するよう依頼がある旨を報告。立地班の説明はこの時点で海洋放出が決まっていたと受けとれる。朝8時から1時間半の間にテレビ会議でその方針が協議された形跡はない。(続)
村上和巳 @JapanCenturion
(4)1時間半の間で気になる発言は、事故発生当初、官邸詰めでこの時点では本店にいた武黒一郎フェローが漏水問題について「関係者本部」なるところで検討が必要と言っていること。ただ、この発言は前述の本部立地班の全漁連云々のわずか15分前。この短い時間で決まったとも考え難い。(続)
村上和巳 @JapanCenturion
(5)さらに4月4日の朝に福島第一の吉田所長が危機を訴える前、4月4日午前0時から午前8時はテレビ会議システムの記録は僅かなやりとりしか残っていない。好意的に考えるなら、当時は事故発生当初と違って全員が缶詰めになっていなかったから残されたやりとりは少ないのか。でもよく分からん。
たかよし @ystricera
東電「1,2,3号機いずれも注水安定 タービン建屋内のポンプ使っていたが本日より常用高台ポンプに切り替え。使用済燃料プール2,3,4号循環冷却、1号電源関係復旧後運転、センサー系故障あり対応してから起動。2→3 3→高温焼却炉建屋移送中 サリー運転中」
ドラえもん @jaikoman
しまった… 謝罪してるみたいになってしまった… わざとじゃないよ… 司会は小林MkII氏。 #iwakamiyasumi2 http://t.co/rChA7Jw9
拡大
ドラえもん @jaikoman
【東電】(再送) ★★★テレビ会議録画映像の開示(第2回) http://t.co/wOnSqSfK 「テレビ会議録画映像」提供映像の概要 (PDF) http://t.co/0D6pTtVf #iwakamiyasumi2
たかよし @ystricera
東電「1~4号機中期的安全確保の考え方に関わる施設運営計画 工事進捗に応じて順次アップデート 今回2件 2号機建屋ブローアウトパネル開口部閉止作業 12月上旬から年度内作業 閉止したブローアウトパネルに換気装置をつける 排気設備にはフィルター設置 外部への影響はないようにする」
残りを読む(377)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする