Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能

虐待サバイバーのことば集【1】

文脈全体の完成度が低くまだ編集を加えたいですが、虐待サバイバークラスタからは、香塵堂さん、taroさん、自分の情報収集の声の一部を交えてまとめました。甘味堂さんの @kanmin_botも御覧ください。 今後、まとめたい事柄は以下。 ■被虐待児症候群による負の連鎖 続きを読む
33
@xyzqa

児童虐待や機能不全家庭に言及するようになって以来、親を理想化することにより自身が親に与えられた怒りや痛みを耐え忍んで来た方、また、それら子としての悲しみに満ちた愛がどこから来たかも定かではなかったという方から、Dを頂いたり、直接お会いしてお話を窺う機会を幾らか得るようになった。

2012-11-02 17:48:12
@xyzqa

様々な人がいる。親と同じ信仰を鵜呑みにせざるを得ず「日本的な世間(ほぼ無宗教)」との隔たりに苦しみ続けた人、暴力と見分けのつかぬ行き過ぎた愛の重圧に潰されるようにして精神疾患を抱えその破壊性を自身に向け続けることに成った人、何があってもなお親に愛と罪責とを抱き続け苦しみ続ける人。

2012-11-02 17:49:34
香塵堂 @NipponLover

子どもの魂なんてよそから来る。器である体は親に似ていても、頭の中や心の色までは遺伝しない。魂が違う。個性が強すぎることも、普通の大人には理解しがたいこともあるだろう。それでも、そういう魂のかたちに生まれついた現実は、別にマイナス要素ではない。見てて不安でも、他と揃える必要はない。

2012-07-13 21:47:54
@xyzqa

「…子どもの側の両親に対する寛容にはまったく限りがありません。両親が意識的にであれ無意識的にであれ子どもに対して見せた残酷さは子どもの愛の中で間違いなく見えないものとして無視されます。一体一人の子どもに対して親はどれほどのことをしでかし得るものか、…(1/2)

2012-11-02 17:51:06
@xyzqa

…最近発表された児童期の物語を読めば一目瞭然です。(2/2)」(アリス・ミラー『魂の殺人』より)

2012-11-02 17:51:31
@xyzqa

彼女の著書が「心理学の古典」とも呼ばれることは調べればすぐにわかるが、やはり「知的な範囲」での参照などに留まることが多く、「人一人の(自身と周囲の人々による)魂の救済の手段・糸口」として個人的にも社会的にも広く人に活かされるには、未だ私たちの認識が不十分にすぎるだろうと痛感する。

2012-11-02 17:55:02
@xyzqa

幾度も注意しなければならないのは「親もまた一人のか弱い人間である」という事実だが、虐待サバイバーに於いてこの事実は、植え付けられた呪縛と決別する過程でより一層の足枷になる。受けた仕打ちが酷ければ酷いほどかれらは親の<人間的か弱さ>を垣間見ずにはいられない。その苦は壮絶たるものだ。

2012-11-02 17:58:25
@xyzqa

被虐待児は、「自分の意志を持ってはいけない。意志は逆らい、殴られる。自分を持ってはいけない。モノは意志を持たない」という観念に縛られる。成人した後のかれらは今度は「自分の感情を持ってはいけない。怒りがあれば論理が破綻する。すると社会に見限られ、排除される。」という観念に縛られる。

2012-10-28 15:19:00
@xyzqa

自分の無意識下に抑圧された苦痛や怒りについて自身がそれをよく理解し、然るべき道筋(=育て直しを通しての人との関わりなど)を辿って辛抱強く昇華してゆけない限り、いわゆる社会的な弱者が社会に見られる種々の格差・不均衡への不満を【ただ次の世代に活かす力】へと還元することはとても難しい。

2012-11-02 19:48:10
@xyzqa

サバイバーは生存権なき生存。満身創痍、手負いの獣、状況によっては猫を噛む窮鼠にもなり得る。かれらは自分の地獄に他者を巻き込まないために神経を研ぎ澄ませている。「いま幸いでない人はきっと幸いに、いま幸いである人は永久に幸いに」 この一点を失わないようにと、願い続ける。その塊になる。

2012-12-03 17:04:42
輪廻(G:) @Shengshala

大人に犯される時、子どもの心身は殺される。守ってくれる大人がいないと知った時、心は再び殺される。屈辱と痛みに耐えてなんとか生き延び大人になっても、癒えない傷を蔑まれた時、回復不能なまでに魂は殺される。メンヘラ、売女と軽々しく言うなかれ。生き延びた奇跡を、温室から笑うなかれ。

2012-11-30 00:47:13
輪廻(G:) @Shengshala

人は行為で評される。子をなしたものの濫用しかしない親は親ではない。何年も病んだままの親がいつかマトモな親になる可能性は低い。

2012-12-03 03:24:12
輪廻(G:) @Shengshala

世界は理不尽で、人はそれでも生きなくてはならない。どんなに耐え難く辱められても、壮絶な痛みに晒されても、喪失感で狂いかけても、それでも明日また生きなくてはいけない。ただ、自分ひとりのためには到底生きられるものではないから、大事な人を想起する。その人たちのために、死を先へ送る。

2012-12-03 03:15:30
輪廻(G:) @Shengshala

私には親はいない。しかしまったく誰からも愛されずに生きてきたと言えば嘘になる。地獄から救おうとしてくれた人はいた。それに、絶望に抗い生きているところを見守ってくれた人も。その人たちに私の生死は干渉しないが、恩に義で応えるなら生きるしかない。

2012-12-03 03:28:13
輪廻(G:) @Shengshala

生きるしかない、無念でも苦痛でも。人生は暴力的なまでに連続的で、未来には過去がつきまとう。それは、傷も消えないかわりに、一度でも自分の絶望に共感しようと試みてくれる人がいた事実が、決して消えないという証でもある。離別していようが嫌われていようが、君を救おうとした人は確かに居た。

2012-12-03 03:35:23
輪廻(G:) @Shengshala

血だらけ痣だらけで歩いてる私とすれ違った大人は大勢いる。助けようとしたのは一人だけだった。私はその大勢を、虐待の共犯者だと見なし蔑んでいる。「あの子汚い」って言ったOL。「耳から血垂れてるぜ、きめえ」って言ったリーマン。通勤路で毎朝すれ違ったじゃないか。なぜ通報一本してくれない?

2012-12-03 19:43:23
輪廻(G:) @Shengshala

差別も虐待も受けず、風雨を凌ぐ家と保護者とに守られて暮らした人間は、ノブレス・オブリージュを知れ。いま目の前の被虐待児を救え。電話一本児相に入れるだけでいい、生かされていて動けるあなたが動いてくれ。

2012-12-03 19:49:50
@xyzqa

虐待文脈は「社会生活に失敗した人が親のせいにして鬱憤を晴らしてる」と読まれるのがネックだが、本質は「家庭内で殺されかけて時間を掛けて障害を背負ったがために社会生活もままならない人の問題」。 時間が経つほどに障害として顕れ人生を破壊しにかかる虐待の苦は、極めて不透明で理解され難い。

2012-11-14 20:00:33
@xyzqa

「そんなに親のいる環境が苦しいならば、男は日雇い労働、女は身体を売ってでも脱出しろ」という言説も、大方、二度と貧困のサイクルから抜け出せなくなる職業選択の背景を考えた上での発言ではないだろう。「貧困とは、貧困から抜ける手段を奪われること」http://t.co/O8OzeriB

2012-11-14 20:10:54
@xyzqa

かくいう自分も虐待を学ぶまでは、「親と子の確執はどこにでもあるんから肉体的暴力を受けずに育った人間が甘えるなよ」とも思っていたけれど、競争社会でサバイブするにあたって必要不可欠となる【自尊心】をへし折られ続ける精神的虐待もこの上なく罪深いものだと知ることができて本当によかった。

2012-11-14 20:28:20
@xyzqa

いま、幸いである人は永久に幸いに。このきわめて素朴な願いをけして見失いませんようにと、人は、どんなに願いながら生きるだろう。心細くも、絶えることなくこれを願い続ける人がいる。

2012-11-02 19:56:20
SL @_salt_and_light

"親子の関係、虐待の連鎖など、時代が変わり、物質的な豊かさに恵まれるようになった現代でもなお、人々が抱え続けている問題だった。" / “NHK【ETV特集】「永山則夫 100時間の告白」~封印された精神鑑定の真実~ 10/14(日)夜…” http://t.co/OGK1Jp4j

2012-10-14 23:34:23
@xyzqa

池田幸代 @sachiikeんの児童虐待(故・永山則夫氏とアリス・ミラーを踏まえ)に関するつぶやきまとめ http://t.co/oOr2yrLk 大変参考になるためまとめさせて頂きました。 #児童虐待 #被虐待児症候群 #不幸の構造 #育て直し

2012-11-07 22:24:19
@xyzqa

【拡散希望】『いやされない傷―児童虐待と傷ついていく脳』 医学・学術的データに基づいた大変読みやすい良書。「本問題に関心あるすべての医師のために書かれた必携の書」とあるが、成人して尚、悪循環に苦しみ続ける当事者、虐待歴を持たない人にもよい入門書となると感じる。読まれて欲しい本。

2012-10-21 07:18:32
五藤博義 @gotoledex

虐待は脳の発達に悪影響。子どものころに性的虐待を受けた人は脳の視覚野の容積が小さく、暴言を浴び続けた人は聴覚野の発達に障害が出る。http://t.co/yKKmPe2K

2012-04-17 08:33:21
残りを読む(78)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?