10周年のSPコンテンツ!
3
渡邊芳之 @ynabe39

千の風になって。

渡邊 芳之(わたなべ よしゆき、1962年4月22日 - )は日本の心理学者。帯広畜産大学人間科学研究部門(人文社会・体育学分野)教授。博士(心理学・東京国際大学)。 佐藤達哉、尾見康博との共同研究を中心に心理学論、心理学史、人格心理学や血液型性格分類の批判的検討などの分野に論文・著作を持つ。趣味はレコード蒐集。
http://ja.wikipedia.org/wiki/渡邊芳之

渡邊 芳之 -帯広畜産大学-
http://www.obihiro.ac.jp/ichiran/watanabe_yoshiyuki.html

 

渡邊芳之 @ynabe39
「そのほうが正しいからそうしている」という答えですねw。 RT @tomo_091519: 技術者なら、ベストは稀だ。ベターの中からマシかつ後修正が可能なのが工学的な道の取り方と言う思考方法の結果ですね。
渡邊芳之 @ynabe39
政治家でも経営者でもない「ただの人」が政治家的に正しかろうが経営者的に正しかろうが誰の役にもたたないし、自分も何も得しないじゃん、というのが私の言ってることです。つまり床屋政談でしょということ。
渡邊芳之 @ynabe39
「本質」とか「根本」とか言いつつ科学であるのは難しいと思う。
渡邊芳之 @ynabe39
サザエさんの波平お父さんが酔っ払って講和条約について「もしワシに全権大使をやらせればだ」とぶち上げるのと同じだよね。
渡邊芳之 @ynabe39
まあ「それが正しいかどうか」より「その人はなぜそうしたいのか」のほうが「本質的な問題」に見えるのは私が心理学者だからだろう。
渡邊芳之 @ynabe39
しかし「結果として正しければ動機はどうでもいい」のなら「偽善」なんて言葉もいらないよね。
渡邊芳之 @ynabe39
たしかに私がツイッターで何かの話題について延々と述べるとき、その話題の元になった出来事や騒動自体については私は「別にどっちでもよい」「どうでもいい」と思っていることが多い。
渡邊芳之 @ynabe39
そりゃあ「悪」です。「偽善」は「行為そのものの効果は善であるもの」を言うと思います。 RT @Tamio_elessar: 「結果として不利益や迷惑が大きいけれども、本人や世間が『善』だと評価してるものを声高に主張してる人たち」のことは何と呼称するべきでしょうね。
渡邊芳之 @ynabe39
私たちが「自分の意見」だと思っていることの大半は「他人の意見の否定や批判」なんだから,自分と違う意見を言ってくれる人はありがたく思わないといけない。
渡邊芳之 @ynabe39
「オリジナルなこと」を言っている人なんてほんとうにごくごくごくわずかだし,それらはたいてい誰にも聞かれることがない。
渡邊芳之 @ynabe39
少なくとも「誰かに対する批判」を語れば,その「誰か」には聞いてもらえる可能性が高いから,「自分の話を聞いてもらいたい」時にそれを「誰か特定の人への批判」として語るのはいい方法だ。
渡邊芳之 @ynabe39
反原発派を「反原発のために被害者を利用した」と批判したのと同じ人が,「原発がないと困る」ということを言うためには平気で「被害者を利用」するのはちょっと気になる。
渡邊芳之 @ynabe39
「自分の主張が正しいことを証明してくれる犠牲者の存在はありがたい,もっと増えてくれたほうがいい」というのは立場に関係なくそうなのだろう。
渡邊芳之 @ynabe39
そういう意味では人の生き死にに関わるような話題にはできるだけ関わりたくないものだと思う。自分の意見が正しいというために誰かの死や苦痛を喜ぶようなことにはなりたくない。
渡邊芳之 @ynabe39
「たいへんなことになった」「被害者がもっと増えるぞ」と言いながら何となくうれしそうな人というのはよくいる。
渡邊芳之 @ynabe39
まあその中には「台風が来てワクワクする」「(被害が小さければ)地震が来て興奮する」「バグが出てよろこぶ」みたいな「子どもらしい感情」も混ざっているのだとも思うが。
渡邊芳之 @ynabe39
事件やトラブルが生じたときにワクワクしたり興奮したりすること自体は心身の活動性を高めてトラブル対応を促進するから適応的なんだろうけどね。
渡邊芳之 @ynabe39
ようは「自分にとって大事な人」と「自分にとってそれほど大事でない人」がいて,大事な人の利益や感情のためにはそれほど大事でない人が犠牲になるのはかまわないということだし,それは普通と言えば普通なんだよね。
渡邊芳之 @ynabe39
しかしその「普通」を中和して「大事ではない他者」にも多少は配慮しようよ,ということで作られてきたのが文明だしいろいろな社会制度なんだと思うけどね。
渡邊芳之 @ynabe39
まず「効果(あるいは結果)としての善と悪」があって,「効果としての善」のうち「動機が善とは思われにくいもの」を「偽善」と呼んでいるのだと思います。効果や結果が善でないものは偽善かどうか以前に善ではない。
渡邊芳之 @ynabe39
それはひとつの論点ですね。だいたいの「訓示」というのは都合のいいものです。 RT @sintach: 他の事については「つまらなそうにするより楽しんだ方がいい」って言うのに、人の不幸が関わる事は「つまらなそうにやれ」って言ってるのは、気に入らないです。
渡邊芳之 @ynabe39
その「矛盾が少ない」と考える基準をどうして自分のような「ただの人」じゃなく,政治家とか経営者とかの立場に置くのかなあ,というのが私の疑問なんです。 RT @tomo_091519: 矛盾が少ない物を「正しい」と用語定義すればです。
渡邊芳之 @ynabe39
「生きることに不誠実な人特有」の文章ってあるのか。すごい言い方だのうw。
残りを読む(1)

コメント

BUNTEN @bunten 2012年12月2日
やる善≧やる偽善≫やらない善とやらない偽善▼…ってことでOk?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする