10周年のSPコンテンツ!
58
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
ずっと疑問だった東とか宇野がウケている理由、ようやくわかってきた気がするけどノイローゼになりそうなくらい下らん
お菓子っ子 @sweets_street
寝ても覚めても東先生のことばかり考えていらしたしんかいさんが出された答え、是非お伺いしたいです RT @shinkai35 ずっと疑問だった東とか宇野がウケている理由、ようやくわかってきた気がするけどノイローゼになりそうなくらい下らん
こゆるぎ岬 @o_thiassos
俺も RT @sweets_street: 寝ても覚めても東先生のことばかり考えていらしたしんかいさんが出された答え、是非お伺いしたいです RT @shinkai35 ずっと疑問だった東とか宇野がウケている理由、ようやくわかってきた気がするけどノイローゼになりそうなくらい下らん
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@hubbled @sweets_street いや、そんなたいした話ではなくて、以前も書いたことなんですが…、結局世間に共有されている感覚(それは正しいことも、間違っていることもあります)をベースにしつつ、いつのまにか近代の終焉とかいう話をでっち上げるので、
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@hubbled @sweets_street そこまで注意深くない人は、ベースにある世間的感覚のところに共感して、なんだかあたっているように感じてしまうんだなあ、と思いまして。たとえば東は98年の講演会でこんなことを言ってるんですが。
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@hubbled @sweets_street 「……幾原邦彦という監督が言っているのですが……最近の若い子は、すごく近いこととすごく遠いことしか分からない。それは小室哲哉の曲の歌詞からも分かることで、恋愛か世界の終わりか、いまの一〇代はそのどちらかにしか関心がない。」
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@hubbled @sweets_street 「言い換えれば、恋愛問題や家族問題のようなきわめて身近な問題と、世界の破滅のようなきわめて抽象的な話とが、彼らの感覚ではペタッとくっついてしまっていると言うんです」で、まず断っておくと幾原監督は多分こんなこと言ってないです
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@hubbled @sweets_street 東が参照した元の発言はここにあります http://t.co/jQVyC9yw 庵野幾原両監督の対談ですが、二人は①若者限定の話はしていない②テレビや歌謡曲の内容について話していて現実認識の話はしてない 東の紹介とは全然違います
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@hubbled @sweets_street で東の話ですが「恋愛か世界の終わりか、いまの一〇代はそのどちらかにしか関心がない。言い換えれば、恋愛問題や家族問題のようなきわめて身近な問題と、世界の破滅のようなきわめて抽象的な話とが、彼らの感覚ではペタッとくっついてしまっている」
お菓子っ子 @sweets_street
@shinkai35 @hubbled 要するに「皆が感覚的にはわかるけど、うまく表現する言葉が見つからない」ことについて、ポストモダンやサブカルの言葉を使って知的に見える表現をするのが得意ということなんでしょうか?
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@hubbled @sweets_street って、ようするに若者は世間知らずだってだけの話ですよね。これが、東によると、恋愛などは想像界、世界の終わりは現実界だから、若者は象徴界の機能不全に陥っていてこれはポストモダンが到来した証拠、みたいな大げさな話になっていくのです
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@hubbled @sweets_street で、この話って、00年代にセカイ系がどうって文脈でさんざんくりかえされたやつですよね。すると10年くらい「若者は世間知らずである」という認識だけにささえられた議論が繰り返されてきたのだなあ…と思ってうんざりしている感じですね
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@sweets_street @hubbled いや、その逆なんです。皆がごく当たり前に口にするような話を、特殊用語で言いかえて、斬新な主張に見せかけるんです
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@sweets_street @hubbled すると、当たり前の話だから共感する人も多い。でも、見た目は斬新だから、「初めて聞いた話なのにすごくしっくりくる!これは鋭い話なのでは!」と騙されてしまう人が多いって感じです
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@sweets_street @hubbled で、途中から、「いまや近代は終焉して~」という話になり、現実的に考えてあまり妥当でない話になっていくのですが、騙される人はそのまま引き続き騙される、という感じですね
お菓子っ子 @sweets_street
@shinkai35 @hubbled 僕が言いたかったのは「当たり前の話なのに上手に話せない」という人のほうが世間には多くて、東さんはそういう話を上手な言い回しを学問やサブカルを引いて語るから受けてるんじゃないかということです
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@sweets_street @hubbled うーむ。ぼくが東を矮小化している危険性はありますね。あと読者層のイメージが批評好きの人に傾きすぎているかもしれません。ただ、表現を変えただけで、それが元のよく聞く話と同じだと気付けない人がそれなりにいるのは事実だと思うですよ
こゆるぎ岬 @o_thiassos
@sweets_street @shinkai35 作品やテクストから社会を読み解く論理の展開に無理があるけど、その無理なロジックをよくわからないまま、それでも文化から社会を読み解きたい主に若い人が結構多くて、あずまんや宇野の社会批評を支持してるってことなんですかねえ。
お菓子っ子 @sweets_street
@shinkai35 @hubbled 不特定多数相手に話す時に一番受けるのは「皆が知っていることや思っていることをうまく表現してくれる人」ですよ。東先生はまさにそうだと思います
こゆるぎ岬 @o_thiassos
@shinkai35 @sweets_street 僕はしんかいさんが見いだしてる、彼らが展開してる巧妙なというか稚拙な論理をしんかいさんが精緻に指摘していって「こういう切り口はこういう理由でおかしいんじゃないか」と徹底的に批判していくだけでも、批評する意義はあると思っています。
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@hubbled @sweets_street ああ、でもお二人の話を聞いていて、僕とお菓子さんの見解もそこまでおおきくちがわない気がしてきました。ようは社会や文化について「何かを語りたい」という人に、そのための言葉を与えるのが得意なんですよね。
こゆるぎ岬 @o_thiassos
東浩紀や宇野サンを最も読み込んで的確に問題点を指摘できる批評が出来るのはしんかいさんだと思ってますよ俺は。そこにどんな意義があるのか?それはわからないけど、テクストから社会を読み解く批評を欲する人らに、いやいやこういう視点もあるのだよと提示できるだけでも、充分有効な活動だと思う。
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@sweets_street @hubbled そこは、お菓子さんのいうとおりです。ただ、東の与える言葉は「思っていたことをすっきり表現してくれる」というより「思っていたことを近代の終焉といったデカイ話に結び付けてくれる」という快楽のほうが大きいんじゃないかと僕は感じていて
お菓子っ子 @sweets_street
@shinkai35 @hubbled ああいう批評を喜ぶ人間は物事を大げさに考えすぎるから、すぐ「世界とは何か」「人間とは何か」という問いを始めちゃうんですよね。そのバカでかい問いに対する答えも含めての「すっきりした表現」なんですよ
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35
@sweets_street @hubbled そこが反発を感じるところです。ぼくがそう思うのは、東の用語を使う人たちの議論がそれで整理されるかというとそんなことはなく、むしろどんどん見当違いになっていくようにぼくには見えるからですね
残りを読む(25)

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2012年12月4日
そもそもどういう人たちに受けてるのか今イチよく分からないんだよね…。「東浩紀とか宇野常寛がウケている理由。」
コロ松(5才)💩 @korohito7 2012年12月4日
「不特定多数相手に話す時に一番受けるのは「皆が知っていることや思っていることをうまく表現してくれる人」ですよ」>これに尽きると思う。 大体10年以上もゼロ年代だのセカイ系だの言ってる人たちのいうことに信憑性なんかないと思うよ?ほんのちょっとくらいは真実があるかもしれないけど。
コロ松(5才)💩 @korohito7 2012年12月4日
一般人の、断片的なことを喋ることはできても思考をまとまった文字にできない人たちは常に言語化出来ないもやもやを抱えてて、それを代わりに上手く言ってくれてると思った時にそこにハマっちゃうんだけど、それでも殆どの人たちはこれは意見が合うけどこっちはそうじゃないと認識できるのね。それを一つの見解で相手を全肯定しちゃうような思考丸投げな人たちが信者になるんじゃないかなーと。オタクやサブカルの人にそれが多いのは、ある意味象徴的な気もするよ。選民意識もありつつ、でも視野狭すぎ。
中敏悟 @shiwazanin 2012年12月5日
立ち読みで流し見たゼロ年代なんちゃらは受けた理由が理解不能。作品を批評というよりは「老害オタクvs新世代オタク」の中年disに利用してるだけで、「凡人代表が完璧超人に認められる話」である『響鬼』を「オヤジが若者を説教して喜ぶ」と真逆に解釈する節穴ぶり。50代がボカロにハマり10代がチャー研MAD見て笑う時代に今さら世代間の無駄なケンカを煽るゲスな炎上商法、それにこじつけた底の浅い作品解説に呆れた。
和木 慎一郎 @WakiShinichiro 2012年12月5日
あと、「欧米(フランス現代思想系、ポストモダンなんちゃら的な何かとか)の言説からの受け売りが異常に多い」というのも無駄にウケてしまう理由にあると思う。 海外厨(マッチョなワナビー)的な人は、この手の「精神分析系クズ」に一度はハマってしまいやすい。
kartis56 @kartis56 2012年12月5日
「恋愛問題や家族問題のようなきわめて身近な問題と、世界の破滅のようなきわめて抽象的な話」 90年バブル後の典型的話のような。オウムもそういう流れだったし。
もじトぶ @mojitobu 2013年1月3日
しんかい氏『「自分が物事を語るための言葉が手に入る」という喜びがすごく大きくて、オタクに批判的とかは些事にすぎない』 この部分とても同意する。例えばクラス内で同じラノベ読んでたとして、ひととおり友達同士で面白いとか喋り合って、それも飽きてきて新たに語る言葉が欲しいって時にゼロ想とか動物化とか読んで用語をそこから持ち帰って語るとコンテンツに飽きるまでが少し遠のく、だから読む。重視されるのはそこだけで、その他全てがどうでもいい。
さうっしゅ@令和元年ノーイベ @mosakura1996 2013年1月3日
フラクタルがマジゴケしたのにどの層見て東浩紀が受けてるってことになってるんだろう。動物化が過去に売れてた、っていうくらいじゃない?
MC.らんた @MITa_S1 2013年3月20日
『「自分が物事を語るための言葉が手に入る」という喜びがすごく大きくて、オタクに批判的とかは些事にすぎない』というより、この手のにハマるオタクはさらに「俺は普通のオタクとは違うことを考えてるんだ」系のコンテンツ愛より自分の自意識が上位にある選民意識の高い層(自分含)な気がする。むしろ催事なのは「中身がない」ことそのもの。それさえ織り込み済みの上で、他人より優位に立ちたい自意識が優先される。
C判 @ibitsunari 2013年8月15日
スノッブ系評論家への違和感はやっぱりその論理の十分性の不足に収束するよな。世界や社会集団の一面だけ誇張してそこを切り口にズバズバ行くのは痛快ではあるがそもそも恒真命題には成り得ない。宇野読んで彼の「夜の世界」論にステマ騒動が反例足り得るなあとか思ってたのがスッキリ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする