21
一色登希彦_B面 @ishiki_b_side
「立っている場所そのものを質す気があるかどうか」という議論をしないようにするために、「不謹慎かもしれないけどやりますから」という情緒で煙幕をかけるなら、原発(的存在)の妥当性そのものを質すことには辿り着けない。/福島第一原発観光地化計画| http://t.co/ONpM31iB
一色登希彦_B面 @ishiki_b_side
「原爆ドームが保存されていること」は「核兵器が存在する事(あるいは核兵器がおそろしいものだと感じること)」を指し示しはしても、「核兵器の妥当性を質すこと」とはイコールで結びついていない。そこに要るのは「想像力」だけれど、その想像力そのものが欠けている。
一色登希彦_B面 @ishiki_b_side
むしろ「原爆ドーム」が指し示す事柄(核兵器が存在すること、核兵器がいやなものだということ)は、取り上げ方次第で「こうなっちゃったけど、でもしょうがない、むしろガタガタ言うな」という使われ方だってされ得る。
一色登希彦_B面 @ishiki_b_side
不謹慎かどうかの議論は重要ではない。重要なことは、真っ当かどうか。その、真っ当かどうかの自己逡巡は読み取れない。あるいは逡巡は終わったのだろう。僕は真っ当ではないと思う。雑で、不格好で、美しくない構想だ。/福島第一原発観光地化計画| http://t.co/ONpM31iB
早川由紀夫 @HayakawaYukio
ふ~ん。30代のひとたちのなかには、この事故をこう見ている人たちもいるのか。「福島第一原発観光地化計画ポータルサイト | 株式会社ゲンロン http://t.co/Ren48JWi
早川由紀夫 @HayakawaYukio
この事故は何だったのか。事件ではないのか。だれがどれくらい死ぬのか。そういう疑問を持つことなく、いい観光資源が福島にできた、ですか。悲劇はすんだんじゃない。終わったんじゃない。これから起こるんだ。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
緩慢な死。これは、知力によってそれを最小限にすることが可能だ。火山や地震による急性の死を防いだり軽減するのは至難のわざだが、この緩慢な死には、対策しようと思いさえすれば十分な時間がある。簡単なもんだ。

コメント

まずまず @mersey1962 2012年12月5日
チェルノブイリは観光地になっていない。事故の美化が目的のプロジェクトだろう。
シダミキオ @mikiosida 2012年12月5日
あずまんVS早川教授のネット対決が見たい。すごい視聴数になると思う。
Pochipress @pochipress 2012年12月5日
いま観光するわけじゃないのか、長いスパンの営業だな。参加メンバー見たらサイバーごろつき大集結だよ、あと荻上チキがいないけど。
みちろう @michirocafe 2012年12月5日
「レポート」を見たけど、どういう道筋で事故が25年後に収束していると予想したのか、誰も書いていない。これでは「とにかく儲かります」とだけ書いてある事業計画書と同じだ。
yasuhiro shibata @yshr 2012年12月6日
確かに福島第一原発跡地は観光地になりうるでしょう。 でも、問題は「悲劇」も「過ち」もまだ終わっちゃいないだろうということ。これから起こる悲劇や今も進行中の過ちも含め、遠い将来「跡地」を訪れる「観光客」に私たちの愚かさをきちんと伝えることを考えるのなら、まずはその悲劇や過ちや愚かさに向き合わなくちゃ。 その時に必要なのは20世紀的な「施設」ではなくで、他(広島やチェルブイリや六ケ所村や霞が関や・・・)と結びついたシステム/プログラム/のようなものになるんじゃないでしょうか。
田村淳彦 @AtsuTam 2012年12月7日
同感です。いまの調子だと、あと3年はかかるのかもしれない・・・向き合うに至るまでに。> yshr まずはその悲劇や過ちや愚かさに向き合わなくちゃ。
田村淳彦 @AtsuTam 2012年12月7日
広島の平和記念公園は、原爆が炸裂する瞬間まで広島一の繁華街でした。そこが慰霊碑や樹木だけがならぶ広場になっている。原爆の被害を、不十分ながら象徴した空間です。 果たして原発事故を象徴する空間は、どんなものでありうるのか・・・。
田村淳彦 @AtsuTam 2012年12月7日
瞬時に大都市が壊滅した原爆。目に見えない形であまりにも広大な地域が徐々にむしばまれていく原発事故。その違いはとても大きい。> AtsuTam :果たして原発事故を象徴する空間は、どんなものでありうるのか・・・。
田村淳彦 @AtsuTam 2012年12月7日
「原発事故を象徴する空間は、どんなものでありうるのか・・・」これを考えることは、悲劇や過ちや愚かさに向き合うことにつながるかもしれませんね。実現したその場所そのものもまた、向き合うとりくみの核になることでしょう。 広島の平和公園がそうであるように。
田村淳彦 @AtsuTam 2012年12月7日
渡瀬遊水地のような茫漠たる、しかも、実際に害を防ぐための空間・・・を連想しました。広島平和記念公園のようなものには、なり得ないだろうなぁ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする