限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

同人活動でのサイボウズLive活用例

D.Na@九州電波通さんに同人活動におけるサイボウズLive@の活用例をお聞きしました。 「うちはサイボウズLiveをこう使っている」または「同人活動の情報共有でこんなときに困ってる」といったコメントを頂ければと思います。
マンガ
25799view 5コメント
106
D.Na@九州電波通 @D_Na_mi3
サイボウズLiveが、200人/1GBまで無料で使えるようになりました。 http://t.co/kHunAByV 200名まで正式に無料ですと…!同人関係のほとんどのプロジェクトは無料で済ませられるじゃありませんか!凄い。
mizuki_tanno @mizuki_tanno
@D_Na_mi3 こんにちは。サイボウズの丹野です。突然すみません。以前、「同人活動におけるサイボウズLive活用法」とツイート頂いていた件でお聞きしたいことがあるのですが、よろしいでしょうか。
D.Na@九州電波通 @D_Na_mi3
@mizuki_tanno あ、どうもです。どういったことでございましょう。
mizuki_tanno @mizuki_tanno
@D_Na_mi3 同人活動をされている方向けに、サイボウズLive紹介ページを作成しているのですが、同人活動のどういうシーンでサイボウズLiveが役に立つのか、教えて頂けないでしょうか。
D.Na@九州電波通 @D_Na_mi3
@mizuki_tanno やはり合同誌を制作するときでしょうか。原稿締切、入稿締切のスケジュール、あと原稿データのやり取りも簡単に共有出来るというのもいいところです(でも25MBだと不足するシーンもあるので、1ファイルの容量制限はちょっと緩和して欲しいところです)。(続く)
D.Na@九州電波通 @D_Na_mi3
@mizuki_tanno (続き)あと、担当者の管理もしやすいところでしょうか。特設ページの制作担当、当日スケジュール、果ては打ち上げ会場予約担当まで一元に管理できるというのは非常に便利です。(まだ続く)
D.Na@九州電波通 @D_Na_mi3
@mizuki_tanno (続き)でも、実は今一番よく使っているのは「同人イベント運営」です。使用会場の策定、会場費や印刷費の支払い管理、サークル参加申込者の管理、当日スタッフへの連絡、他イベント等でのPR担当者管理などフルに使っています。…こんなところでしょうか。
D.Na@九州電波通 @D_Na_mi3
@mizuki_tanno そうですね、各々での制作は黙々とやるだけなので、それ以外の面ですね。あと、文章系同人誌の場合は誤植等の校正作業にも重宝しています。
mizuki_tanno @mizuki_tanno
@D_Na_mi3 なるほど。。。文章系同人誌も、複数の作家さんの作品をまとめる合同誌になるのでしょうか。他の作家さんの作品の誤植などをお互いに指摘し合うのでしょうか。
D.Na@九州電波通 @D_Na_mi3
@mizuki_tanno うちの場合、紀行文系 http://t.co/deqbeCTe なので、明らかに地名などが間違っているときなどは指摘します。InDesingnでの編集をミスっている、文章表現の修正などは執筆者自身が行うことが多いですね。
mizuki_tanno @mizuki_tanno
@D_Na_mi3 ありがとうございます。もう少し聞かせてください。合同誌の場合、作品制作前に全体のコンセプトやページ数などのすり合わせをするのでしょうか。
D.Na@九州電波通 @D_Na_mi3
@mizuki_tanno そこまでの使い方はしたことないですね…。私に声がかかったときにはコンセプトなどは決まってて、「スケジュール管理にはサイボウズLiveがいいよ」と勧めた方なので…。続刊の発行もTwitterのやり取りとか呑みで決まることが多いですね。
mizuki_tanno @mizuki_tanno
@D_Na_mi3 原稿データのやりとりだと、ファイルサイズはどれくらいになるでしょうか。
D.Na@九州電波通 @D_Na_mi3
@mizuki_tanno 大体50〜80MB程度でしょうか。入稿データはもっと大きいですが、それは1回きりなので外部を使うのでそんなに苦労してないです。
mizuki_tanno @mizuki_tanno
@D_Na_mi3 なるほどなるほど。ありがとうございます。とても勉強になりました。参考にさせて頂きます!こちらのやりとりをTogetterでまとめてもいいでしょうか?
mizuki_tanno @mizuki_tanno
@D_Na_mi3 サイズ大きいですね。何か良い方法がないか、考えてみます。
D.Na@九州電波通 @D_Na_mi3
@mizuki_tanno あ、あくまでも「一例」ということでお願いします。結構特殊な同人誌の例だと思うので。
mizuki_tanno @mizuki_tanno
@D_Na_mi3 はい、了解です。まとめをきっかけに他の方の話を聞ければと思っています。
同人関連の利用事例
リンク t.co 原案と絵師がコラボするラノベ制作、サイボウズLiveでスムーズに | サイボウズLiveマガジン 居住地や仕事が異なるメンバーが集まって行うライトノベル制作に、サイボウズLiveを活用したEve Biotech Laboratory。オンラインの掲示板を使うことで、メールに比べて、ラフイラストの確認やストーリーの議論がしやすくなりました。
リンク t.co コミティア漫研コミュ、合同誌の制作にサイボウズLiveを活用して作家をフォロー | サイボウズLiveマガジン コミティア漫研コミュは、合同誌を制作する作家が集まるグループだ。無料グループウェア「サイボウズLive」を使い、集会に参加できなかった作家をフォロー。「なかなか時間が合わず、作家ごとに個別にフィードバックができない」という課題を克服している。
リンク t.co 目指せ、「本物のアニメっぽさ」――同人CD「キュアクイーンテット」制作の舞台裏 | サイボウズLiveマガジン キュアクイーンテットは同人CD制作を手掛けるグループだ。無料グループウェア「サイボウズLive」を使い、MP3のデモ音源をブラウザ上で再生。メンバーからのフィードバックがすぐ届くようになり、メンバー同士が集まれなくてもCD制作を進められるようになった。
プロも使ってます
リンク 200人まで無料で使えるグループウェア サイボウズLive 漫画家すがやみつる先生のサイボウズLive活用術 | サイボウズLive 「ゲームセンターあらし」などを代表作に持つ漫画家のすがやみつる先生は、54歳から早稲田大学e-スクールで学び、現在は京都精華大学で学生にマンガの書き方を指導しています。早稲田大学では教育コーチとして(2013年3月まで)、京都精華大学では専任教員として、教育の現場でサイボウズLiveを活用されています。
残りを読む(34)

コメント

terry @telsaku 2012年12月12日
1年以上前に使おうと思ったが、放置になってるので、同人活動に使いやすくなったら試してみたいと思う。ファイルを掲示板に乗せてやりとりするのがスムーズになるといいよね
謎の七面鳥(コミュニケーション史書きたいマン) @7mencho 2012年12月12日
さすがささきいさお御大が高らかに歌うスーパーグループウェアだ…。
あかみ@長らくありがとうございました @akami_orihime 2012年12月12日
同人 x サイボウズLiveといえばProject Arbalestが相当使い倒してます。うちはVPS1本借りてsubversionとredmine導入しました。 以前のプロジェクトではサイボウズLiveがまだ無かったので、Google appsを導入したこともあります。
あさのひとし @ts_asano 2012年12月15日
サイボウズLiveは、自分の務める会社から今年の夏に独立した人と社内の人を交えてのやり取りに使ってますね。組織外の人ともやり取りしやすいのがいいです。 先日GoogleAppsの無料版新規登録がなくなりましたので、そういう意味でもちょうどイイのかも。
伊達要一@とうきょうDD954 @Yohichi_Date 2012年12月16日
結構大規模な合同誌とかだとかなり使いでがありそう