2
ちー @chiaki35
「『100万回生きたねこ』を手話で朗読せい」という指令が下って、安易に引き受けたものの、超難しくないか、これ(@_@)
ちー @chiaki35
どなたか、絵本の手話朗読のコツをご教示くださいm(_ _)m
ちー @chiaki35
100万回生きたねこのラスト、「ねこは、もう、けっして生きかえりませんでした」を、手話で「ねこ/死んだ/まま」じゃあ、情緒がないよな、いくらなんでも。じゃ、どう表すかなぁ…??
ちー @chiaki35
朗読イベントおわったー。楽しかったー。
ちー @chiaki35
1)「100万回生きたねこ」を手話朗読したので、忘れないうちに振り返っとこう。今回は準備期間の都合で、全部ではなく、16ページから最後までをやった。文章通りでは日本語に引きずられるので、できるだけ手話らしい表現になるよう最大限の努力をしたつもり。
ちー @chiaki35
2)P16。「だれのねこでもない」は「飼い主がいない」で表現。「のらねこ」の表現は最後まで迷ったのだが、「自由/ぶらぶら/ねこ」にした(他にいい表現あったら教えてー)。「りっぱなとらねこだったので…」は、体が大きくて、のっしのっし歩いている様子で表現。
ちー @chiaki35
3)P18。ここは楽しいところ。主人公のねこのにめすねこが群がって大人気!な感じ。プレゼントする「大きな魚」はびっくりするくらい大きく、「上等なねずみ」はおいしそうな感じでしっぽをつまんで、「またたび」は一生懸命探して自分もにおいをかいでうっとり(笑)…と、少しコミカルめに。
ちー @chiaki35
4)P18続き。「またたび」はどう表現すればいいんだろう?指文字は使いたくないし。とりあえず「ねこ/好き/木」で表し、匂いを嗅いでうっとりしてみた。「いまさらおかしくって!」の「おかしい」も何だろう?と他の人と相談して、この場合は「下らない」の手話が合うかなと思った。
ちー @chiaki35
5)P20。白ねこは、さっきのめすねことは離れた場所に配置。とらねこは左、白ねこは右。会話するときの体の向きもそれに合わせる(地の文の場合は真正面)。とらねこの自慢げな言い方と白いねこのつんとした表情大事。白ねこが2回「そう」と言うけど、ニュアンスはそれぞれ違うので、表し分ける。
ちー @chiaki35
6)P22。ちゅうがえり!実演はできないので^^;、指二本で表現。頭が地面につっこまないように(笑)ここも、もっといい表現があるかも。最後の「そばにいつまでもいました」で、左寄りにいた白ねこにとらねこが言い寄ってただけだったのを、正面に持ってきて「結婚したんだな」と言う感じに。
ちー @chiaki35
7)P24とばしてP26。「りっぱなのらねこになる」は「成長する」で。ここの白ねこの「ええ」は、最初のツンツン状態のときよりも少し優しく。「グルグルのどをならす」は省いてしまった…(いい表現求ム)。
ちー @chiaki35
8)P28。クライマックス!「死ぬ」ではなく、白ねこを表していた左小指をゆっくり倒し、しばらく動かない状態を表現。泣くところは、涙がつたわる⇒たくさん涙がこぼれる⇒おいおい泣く⇒だんだん涙が少なくなる⇒ぴたっと止まる…で表現(この間に朝…夜…太陽ぐるぐる…が混ざる)。
ちー @chiaki35
9)P28続き。ここの泣きのシーンがクライマックスなので、どれだけ悲しそうに泣けるかがポイント。真剣にやったら涙が出てきそうになるが、読み手が泣いてはいけない(笑) そして、先ほど倒した白ねこ小指にそっと寄り添うように、右手親指のとらねこをゆっくり倒す。
ちー @chiaki35
10)P30。最後。ここも悩んだ。最初、2匹が倒れたまんまにしようかと思ったけど、それだと締まりがない。フォロワーさんのご提案を採用させていただき、「ねこ(倒した親指を指さし)/生き返る?/(静かに首ふり)」にした。ここでさっさと終わると台無しなので、少し間を入れて、余韻を残す。
ちー @chiaki35
11)…むずかしかった。そもそも、朗読初体験なのにこの本、かなりの無茶ぶりです^^; 1回、白ねこととらねこを間違えて出しました。あと、最後、指が震えました。ページをめくるのに手間取りました。視線も泳ぎました。これで完成ではなく、もっとブラッシュアップさせたいです。おわり。
ちー @chiaki35
しかし、文章で説明しても、何がなんだか分かりませんわね。
ちー @chiaki35
「100万回生きたねこ」の絵本朗読は、英語朗読とのコラボでした。スライドで絵を表示しながら、英語朗読は最初から最後まで、途中から私が手話で加わりました。どうしても私のほうが長くなるので、ゆっくりめに朗読してもらい、次ページに進むタイミングも完全に私に合わせてくれました。
ちー @chiaki35
手話朗読のやり方。スライドで表示する絵は、一緒に英語朗読した方が用意してくださったもの。やっぱり絵がないとどこ読んでるか分からないので、あって良かったです。内容は完全に頭に入ってなかったので、ブックスタンドを使って、自分でめくりながら手話りました。
ちー @chiaki35
スゴイ人は、片手で絵本を見せて、片手で手話るらしい…あたしには無理だ…。
ちー @chiaki35
まあ、対象者や目的が違えば、やり方も違ってくると思うので、その辺はこれから研究したい。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする