2012年12月12日

121212 自民党の憲法改正案についての鼎談(報告ツイート)

記事・映像はこちら→ http://iwj.co.jp/wj/open/archives/44511
2
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

12月12日(水)12時より行われた、梓澤和幸弁護士・澤藤統一郎弁護士インタビューの模様を、報告ツイートします。テーマは、自民党の日本国憲法改正草案について。@iwakamiyasumi

2012-12-12 15:17:50
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

2.憲法改正を明確に掲げる自民党への政権交代の可能性が濃厚な件について。澤藤弁護士「大変な危機感を持っている。安倍さんという国家主義的な人が大勝して総理になった場合、本当に現在の日本国憲法が自民党案で発議されるのではないか。かつてない憲法の危機」@iwakamiyasumi

2012-12-12 15:24:26
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

3.澤藤弁護士「日本国憲法は明らかに民衆の立場に立ったもの。権力者や富を持つものにとってはやや不都合。日本国憲法は、戦前の苦い経験に対する反省のうえに作られている。その反省が忘れられてしまうのではないか」@iwakamiyasumi

2012-12-12 15:29:35
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

4.梓澤弁護士「現行の憲法96条に、2/3の議席が無ければ憲法改正を発議できないことになっている。自民党の安倍総裁は、それを1/2にしようという。『ここから変えていく』と明確に宣言している。維新にも同じ狙いがある」@iwakamiyasumi

2012-12-12 15:34:44
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

5.改憲派はしばしば「押し付け憲法論」を主張するが。澤藤弁護士「そのロジックは既に破綻している。手続き的には憲法は日本の国民が作った。重要なのは誰が変えようとしているか、ということ。アメリカと日本の権力層、保守政治家。そこから国民が憲法を守ってきた」@iwakamiyasumi

2012-12-12 15:39:55
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

6.澤藤弁護士「憲法は、日本国民が日々選び取ってきたもの。出自によらず、日本国民に定着したものだと言える。出自よりは育てが大事。憲法は国民が育ててきた。これを変えようとしているのはアメリカの圧力であり保守政治家の圧力」@iwakamiyasumi

2012-12-12 15:45:26
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

7.梓澤弁護士「終戦後、国民には310万人の戦死者の記憶があった。具体的に『これだけ酷かった』という生々しい記憶。この巨大な記憶の塊が、日本国憲法。石原さんは、それを『あんなもの』と言う。何が『あんなもの』ですか!」@iwakamiyasumi

2012-12-12 15:53:18
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

8.澤藤弁護士「現行の憲法に、どのような態度を取るか、ということが最も大切 。『日々、私はこの憲法を選んでいます』と言えるようになれば、それは押し付けられたものではなくなる。憲法の条文を読む、日々起きる事件と憲法との関係を考えてみる」@iwakamiyasumi

2012-12-12 15:56:23
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

9.自民党・片山さつき議員の天賦人権論否定発言について。澤藤弁護士「ずいぶんとあからさまに本音を言ったな、という印象。普通は恥ずかしくて口に出せない。自民党の本音がよく分かる」@iwakamiyasumi

2012-12-12 16:02:20
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

10.澤藤弁護士「近代立憲主義。憲法を立て、それに基づいて統治をする。立憲主義の根本思想は一人一人の人間を大切にすること。人間の尊厳が最高の価値。国民一人一人の尊厳が守られるよう、便宜的に国家を作った。片山議員の考えでは、国家と国民が転倒している」@iwakamiyasumi

2012-12-12 16:10:36
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

11.澤藤弁護士「現行憲法の立憲主義は99条に表れている。憲法の名宛人は天皇、摂政、国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員。権力者に対し、憲法を守るよう、国民の側が枠をはめる。これが立憲主義。しかし自民党案は、国民に憲法尊重擁護義務を課している」@iwakamiyasumi

2012-12-12 16:20:08
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

12.澤藤弁護士「さらに自民党案の第3条2項、国旗・国歌の尊重義務が入っている。国民よりも国のほうが偉いという考え方。完全に歴史に逆らうもの。立憲主義に対する挑戦だと言わざるを得ない」@iwakamiyasumi

2012-12-12 16:23:53
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

13.国防軍の創設について。澤藤弁護士「9条をめぐる危機。9条2項は明確に軍隊の存在を否定している。これが国威発揚派にとっては邪魔な存在だっただろう。明文改憲をして国防軍を明記するか、解釈改憲をするか」@iwakamiyasumi

2012-12-12 16:28:44
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

14.梓澤弁護士「アメリカはどこで戦争を起こすか分からない。今の憲法だと、日本はアメリカと戦争には行けない。自民党はそれを変えようとしている」@iwakamiyasumi

2012-12-12 16:33:01
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

15.憲法改正草案第98条「緊急事態の宣言」について。澤藤弁護士「日本国憲法は基本的人権に例外規定を設けていない。そこに、例外を設けようというもの。憲法に書き込むべきものでは毛頭ない。非常に邪悪な意図を感じる」@iwakamiyasumi

2012-12-12 16:39:58
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

16.梓澤弁護士「緊急事態とは、戒厳令だと考えればよい。軍隊や警察が中心になり、行政権と裁判権を把握することを可能にする。例えば原発事故があった場合、反対運動やビラ撒きを禁止する。非常に危険」@iwakamiyasumi

2012-12-12 16:43:11
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

17.まとめ。澤藤弁護士「基本は、一人一人の命や生活、自由。人権、民主主義、平和主義という日本国憲法の三本柱がないがしろにされる。そのことへの危機感を持たねばならない。改正草案には自民党の本音が出ている。そのことを国民は見抜かなければならない」@iwakamiyasumi

2012-12-12 16:48:06
IWJ 実況ch1 @IWJ_ch1

18.梓澤弁護士「改正草案の条文を自分の身に引きつけて考えてみる。個人の領域に干渉してくる権力とは決別すること」@iwakamiyasumi

2012-12-12 16:53:14

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?