狂人演説(2012/12/16その2):ニンジャスレイヤーのユンコ・スズキの人間性についてあと色々

いつもにもまして論点が飛び飛びになっている怪文章。 ニンジャスレイヤーの現在進行中のエピソード「レプリカ・ミッシング・リンク」のヒロイン、ユンコ・スズキ。 彼女は実はオイランドロイド(性風俗産業用ロボット)を動かすマイコ回路と、モーター兵器(戦闘ロボット)用のモーター回路を併せ持つロボットだった。 彼女が自らのルーツを探っていくうちに、培養ビーカーでマグロに人格を移植した科学者と出会う。科学者はユンコを兵器に改造してしまう。おい! そんなことで、ロボットの身体・精神・社会・自己と、性愛と親密性と家族と人間性と兵器についてつらつらと考えたもの。
メモ ニンジャスレイヤー
1
犬神工房 @nokkaranoumu
忍殺更新分読み終わった。……これはひでえ。ひでえよ。肉体改造ってマスクド・ライダーの頃からポイント・オブ・ノー・リターンな仕打ちだぞ。それをあんな風に改造するなんて、お前はカオシックルーンの四屍マモル(棗クランの兄。クランの手足を化け物の手足に改造した)か!
犬神工房 @nokkaranoumu
あと、身体改造というのは、長期的に考えると、絶対に精神にさまざまな形でフィードバックされて、絶対にそれが人間関係にも自己形成にも影響してしまうので、武器の心武器の人付き合い(それはおそらくメンテするオムラ達や殺す相手との間だけのものになるだろう)と武器の自己=魂をもたらす。
犬神工房 @nokkaranoumu
そうなのよ。武器化した身体武器化した魂をもたらしてしまうんだよ。武器であること人間性との整合性を取るのは果てしなく不可能だ。
犬神工房 @nokkaranoumu
武器の魂って何だろう。それはヘルシングのアンデルセン神父のようなものだろうか。彼は神の猛威となるために人間をやめてしまった。
犬神工房 @nokkaranoumu
武器にこそ、それを操る人間の人間性が必要なのだが、そういう意味では武器を操っていた時点のユンコこそが人間性武器のWin-Win関係であって、人間性を奪って武器そのものとしようというマグロの発想はやはりおかしい。いや、だからこそユンコは暴れて武器化を拒絶したところなんだけど。
犬神工房 @nokkaranoumu
では、武器よりは人間性に近いが、人間じゃないと扱われているオイランドロイドとは何なのかというところだが、これはもちろん性欲の対象なんだけど、多くの性風俗産業がそうであるように(そうなんです)性欲以上のものの対象であり主体でもある。何か? 親密さだ。愛だ。
犬神工房 @nokkaranoumu
多くの人が勘違いしているところだが、親密さがない暴力的な性欲ってどこから来たのかというと、親密さに対する幻滅から来ているんだ。「だって女の子は俺にセックスさせてくれるつもりはないんだろう?」(当たり前だ)でも、だからこそ「セックスさせてくれる女の子のいる」性風俗産業があるんだな。
犬神工房 @nokkaranoumu
女性が何でセックスさせてくれないかというと、女性に対する優しさがないからだ。
犬神工房 @nokkaranoumu
男性は、自分が女性に優しくしているかどうかはさておいて、自分自身は優しくされることを求める。しかも優しくされたことがないから(そりゃ他人に優しくしない奴が優しくされる訳がねえ)、優しさとは何なのか分からないまま、優しくされたいと思う。優しさをくれる相手が欲しいし必要なのだ。
犬神工房 @nokkaranoumu
だからこそ、セックスさせてくれる、しかも優しいオイランドロイドなのだ。本質的にはそこだ。そして「優しさ」人間性以前のものだ(そうでなければ類人猿は家族なんか作れねえ)。
犬神工房 @nokkaranoumu
オイランドロイドが教えてくれるのは、人間性以前の要素としての親密さであり、愛であり、優しさなのだ。それはもちろん人間にも出来る(出来なきゃどうしようもねえよ)が、オイランドロイドは親密さそのものに特化した存在であり、ある意味人間より古い力を持っている存在であると言えよう。
犬神工房 @nokkaranoumu
親密性だけのオイランドロイドから「人間性」を作ること自体は、困難だが出来ない話ではない。人類の進化と同じことをすればいいんだからな。親密な家族を築くとか、意識を持ってフィードバック的に計画を実践するとか、そんなん。だから、もしかすると、ユンコは本当に人間性を持っていたのだと思う。
犬神工房 @nokkaranoumu
武器や兵器は、人類が獲得した戦争(チンパンジーもそうだが、それは人類が戦争を独自に獲得したことを何ら否定しない)の道具だ。人間性の上で、集団が資源や居住区を守り奪うために武器がある。
犬神工房 @nokkaranoumu
ここで親密さ攻撃性と整合性を持ちうる。「誰かのために戦う」というやつだ。そこでオイランドロイド人間性武器が一つのラインにつながるし、おそらくこれ以外で整合性を取ることは難しいだろう。
犬神工房 @nokkaranoumu
だが、マグロはそういうのではなく、彼女を親密性人間性を欠くただの武器にしようとした。当然ここにオイランドロイドとしての、あるいは人間としてのユンコらしさは存在していない。
犬神工房 @nokkaranoumu
何が彼女を人間にしたんだろう。オイランドロイド親密性だけではなく、家族としての親密性があって、それが彼女を人間にしたんじゃないかな。その家族としての親密性が偽物である可能性は大いにあるが、内容はともかく機能としては、ちゃんと家族としての親密性だった、ということが大事なのだ。
犬神工房 @nokkaranoumu
人間性って寄せ集めで矛盾の塊だけど、「相手のためを思う」というところで収斂するんじゃないだろうか。家族しかり、計画性しかり、想像力しかり、自制心しかり。
犬神工房 @nokkaranoumu
「相手のことを思う」というのはある種オイランドロイド親密性の機能の拡張ともいえる。
犬神工房 @nokkaranoumu
多分ユンコ・スズキは、「大丈夫、私はカワイイ」と信じられるほどにはトコロ・スズキに愛されたのだと思う。それが大事なのだ。それが人間を人間たらしめているところなのだろう。
犬神工房 @nokkaranoumu
フジキドも家族を愛していたし、その愛情こそが、フジキドを、単なるナラクのニンジャソウルの奴隷である復讐鬼ではなく、れっきとした人間として支えているはずだ
犬神工房 @nokkaranoumu
オイランドロイドで人間で兵器でありうるということは実際可能だったが、人間としてのユンコは、オイランドロイドであったという事実も、兵器となるという運命も、そう簡単に受け入れられる訳がなくて(当たり前だ)、それを無理やり受け入れさせたマグロは、やはり高く高く吊るすべきですね。
犬神工房 @nokkaranoumu
何言ってるのか自分でもわかんなくなってきた。そうそう、オイランドロイド親密性を、家族親密性で代えることで、人間性に達することは可能であって、人間性が誰かを守るための武器や兵器となることも可能であって、(続く)
犬神工房 @nokkaranoumu
(続き)それがオイランドロイドでありながら人間でありながら兵器であるという尊厳ある姿であろうと思うのだが(もちろん別にオイランドロイド人間性だけでも一向に構わない。それだけでエピソードが終わってもよかったくらいだが、盛りだくさんにした原作者=サンの気持ちは分かる)、(続く)
犬神工房 @nokkaranoumu
(続き)その人間性を剥奪してむりやり単なる兵器にするのは実際相当ムゴい、という話だった。人間性兵器がつながってないからオムラは嫌いなんだよ。お前らのモーター理念は、単に戦う兵器しての理念であって、誰かを守る人間らしい兵器理念と合致していない、という。
犬神工房 @nokkaranoumu
何か本当に言ってることが訳分かんなくなってきたぞ。寝よう。済みません。御清聴ありがとうございます。
残りを読む(3)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?