音楽の感性を評価するについて考えてみよう!

石原さんのご協力を得つつ、音楽(さしあたっては高速ボカロック)の感性評価の方法論をどう考えればいいかについて談話。
感性 音楽鑑賞 音楽
1709view 1コメント
4
やおき @yaoki_dokidoki
Semantic Differencial 意味の微分。かっこいい。
やおき @yaoki_dokidoki
semantic space 意味空間。これもかっこいい。
やおき @yaoki_dokidoki
「統計学的にいえば、『美しいー醜い』の尺度で測ると、感性は『美しい』側に固まり、『醜い』側には評価値はほとんど現れない。ところが、『美しいー美しくない』の形式では感性評価の分布が平均化して、望ましい姿になる」(「感性の評価測定法」、『商品開発と感性』p.59)
やおき @yaoki_dokidoki
ニコ生は「面白かったー面白くなかった」だっけ
やおき @yaoki_dokidoki
音楽についての評価語を感性分析して、それを利用したクロスレビューなどはできるかもね。
やおき @yaoki_dokidoki
アンケートの評価について石原さんに質問したら、「○○[][][][][]○○でない のやり方で評価すると,きれいに正規分布になることは,僕の博士論文のなかで検討済みです.正規分布になっているかどうかは,検定がいくつも提案されていますので厳密に検討可能です」との答えが返ってきた。
まげ=えりくさ @magelixir
ちらちら見えてるけど文脈がわかってない話題だが。感性を問うアンケートで「Aである←→Aでない」でとれば結果が正規分布に近くなるってのは、二項的な評価が、ポアソンじゃなくて正規になるってところが重要なのだろうか
やおき @yaoki_dokidoki
SD法の評価は、厳密には順序尺度だが、それを間隔尺度として扱う「簡便法」でも問題ないと考えられるらしい。つまり、「美しいー美しくない」の尺度で5段階評価を行った場合に、そこで得られる数値は順位であって、美しさの感性の評価が等間隔に5段階にならんでいるというわけではない。
やおき @yaoki_dokidoki
だが、それを等間隔な数値化された評価と見なし、算術平均をとったりしても問題ないということだろう。
やおき @yaoki_dokidoki
グッドマンの用語でいうと、ダイアグラムに近いかも。
やおき @yaoki_dokidoki
これは予想に反するというか、案外混みいった手順を要するわけではないんだなという手触りだ。
やおき @yaoki_dokidoki
「荻生田と繁桝は人工データを用いたシミュレーションで、5件法(反応が5段階)や7件法では簡便法でも問題なく、十分な精度が得られることを示している」(石原茂和「感性の評価測定法」、『商品開発と感性』p.61)
やおき @yaoki_dokidoki
ニコ生の評価法が4件法から5件法にシフトしたのは、そういった統計的な事情が強いのだろうか。やる側としては面倒になった。
やおき @yaoki_dokidoki
手始めにフミカのメンバーで、音楽の感性評価による受動的クロスレビューというのをやってもいいかもと思った。
やおき @yaoki_dokidoki
かじもとさんとじゃぶらさんが極端な軸に振れそうな気がする
やおき @yaoki_dokidoki
30人ぐらいデータ集められれば妥当なのかな
やおき @yaoki_dokidoki
音楽の感性評価にかんする指標ってなんだろう。かっこいい/かっこよくない。だせえ/ださくない。などかな。かっこいいとださいは両立する気もするんだよな。
やおき @yaoki_dokidoki
個性的/個性的でない。好き、とよい、は別指標かな。
やおき @yaoki_dokidoki
速い/速くない。古い/古くない。踊れる/踊れない。グルーヴしてる/してない。パクリ/パクリじゃない。それっぽい/それっぽくない。うるさい/うるさくない。
やおき @yaoki_dokidoki
中2病/中2病じゃない。ポジティヴ/ポジティヴじゃない。マジキチ/マジキチじゃない。
まげ=えりくさ @magelixir
A/not Aみたいな言い方で落としたほうがいいのか、A/Bみたいな言い方がいいのかを選ぶのは難しいな。
やおき @yaoki_dokidoki
ブラック/ブラックじゃない。ロック/ロックじゃない。ってのもあるかな。
残りを読む(105)

コメント

やおき @yaoki_dokidoki 2012年12月18日
まとめを更新しました。不要なツイートを削除。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする