【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!
74
ログインして広告を非表示にする
残りを読む(119)

コメント

  • 星崎連維(れん) @rennstars 2012-12-18 21:22:55
    ラノベ表紙デザインをAmazon書影で語ると「帯という大前提」を忘れた評・議論になりがちなので要注意|・∀・|
  • 星崎連維(れん) @rennstars 2012-12-18 21:31:34
    ラノベ表紙は一時期意欲的・先進的・実験的なデザインがぶわっと増えたけど、最近はちょっとパターン化してる印象(白抜きぼかしロゴ、ポップ体ガチャガチャロゴ、吹き出し、etc.)
  • 星崎連維(れん) @rennstars 2012-12-18 21:32:56
    他方、むしろイラスト側でエッジィな(実験的、ある意味万人受けを狙わない)絵柄・塗りの人が目立ってきて、イラスト自体を生かす方向性の物が増えてデザインが大人しくなったようにも見える。
  • 星崎連維(れん) @rennstars 2012-12-18 21:36:38
    「も女」はイラストとデザインが高いレベルで出会った最近の大当たりかも。「問題児」なんかはイラスト側の構図力もデザインに貢献してるので(2巻とか)、これからは協業性も重要かなー。
  • 星崎連維(れん) @rennstars 2012-12-18 21:41:45
    賑やかさ、例の文章風背景溶け込みや吹き出しに「逃げてる」感もあるロゴデザインの中で、前掲のも女や雨の日のアイリスなんかは、ストレートにデザインの妙が感じられて好きですわ。
  • 星崎連維(れん) @rennstars 2012-12-18 21:44:28
    萌え業界なのに女の子の顔を見切る英断を世に出した「致命的なズレ」「東雲侑子」はホント素敵だった。この系譜だお女の子を真っ二つにし続けた「犬とハサミ」も。デザインと犬のシュールさが噛み合ってるし。
  • dpp @dplusplus 2012-12-18 22:25:09
    >ラノベ表紙デザインをAmazon書影で語ると「帯という大前提」を忘れた評・議論になりがちなので要注意 古いけど「星くず英雄伝」の帯は別名「腰ミノ」と呼ばれていたなあw あとオーフェンの「我が戦場に踊れ来訪者」は帯の下に地人の群れが隠れてたり。
  • あいさき@異世界在住 @aisakiyuji 2012-12-18 23:37:07
    「蒼穹のカルマ」は続巻を並べていくと移り変わりのギャップが可笑しいよね
  • えむのん。 @m_non 2012-12-19 10:18:26
    文庫は判型が小さい・帯がかかる・予算が限られている・一月複数刊行を前提に印刷条件を揃える必要がある……などの制限があるため、自由度が低く、コミックスのような幅広い加工・デザインは採用できないんですよね(WJコミックスのような400円くらいの単行本は自由度が低いのと同じ)
  • えむのん。 @m_non 2012-12-19 10:21:51
    ラノベにせよコミックスにせよ、イラストレーターとデザイナーが相談して作っていくのはほとんどないんじゃないかな。大抵は編集者がディレクションして、双方はまったく会わない。勘の良いイラストレーターだとあらかじめデザインスペースを見越して描いてくれるけど。とくに2巻目以降。
  • えむのん。 @m_non 2012-12-19 10:30:03
    あとはレーベルの方針と各編集担当者の考え・力量がデザインには大きく関与している。名前が出ないのでわかりにくいけど、編集者が変わるとデザイナーも変わるし。西尾維新などの星海社系書籍が挑戦的なことをできるのは、担当のO田さんの力によるところが大きい。あとはあれ、文庫じゃないから価格も違うし。
  • えむのん。 @m_non 2012-12-19 10:32:54
    デザインが似たり寄ったりになるのは、判型というサイズ制限やラノベというジャンルの偏りも大きな要因だけれど、一度流れのできた「売れ筋」「前例」のデザインを崩してまで挑戦的なことをやろうとするのはとても大変だからでしょうねー(´Д`)
  • えむのん。 @m_non 2012-12-19 10:36:08
    タイトルなんて読めなくてもいいじゃん、というデザインも、実はとても挑戦的なことなのです。本は「売り物」で、多くの人が流通にかかわる。もちろんラノベにまったく興味がない人も。なので、まったく知らない人が見て「●●」というタイトルだ、と認識できることはとても重要。文字が小さいもの、判別しにくい書体、帯に隠れるようなものは採用されにくい。色々な人に迷惑がかかる恐れがあるからです。
  • えむのん。 @m_non 2012-12-19 10:51:28
    デザインから背後にいる関係者や、レーベルの力の入れ具合を見るのもおもしろいもので、例えば富士見書房の『ライジン×ライジン』。第23回ファンタジア大賞「大賞」+「読者賞」W受賞作品だけど、1巻は金帯(高い!!)に、通常ラノベでは珍しいタイトルロゴへの特色採用という……仕様などから見ても「売り出しに力入れてるんだなー」とわかるものでした(TVCMもしてた)。Amazonだと帯無し表示しかないけど http://amazon.jp/dp/4829137258
  • えむのん。 @m_non 2012-12-19 10:56:02
    余談ついでだけど、『ライジン×ライジン』はアニメ「輪るピングドラム」のデザインなどを手がけていた越阪部ワタル氏のデザインで、扉の各キャラ紹介には能力をイメージしたアイコンがついていたり。こういうのもイラストレーターではなくてデザイナーがやってるよー
  • たるたる @heporap 2012-12-19 11:46:08
    ある程度人気が出ると他の人がそのデザインをまねるというのが、どんな業界でも良くある話で。
  • 青島みかん @mikanAoshima 2012-12-19 19:31:02
    何かと思ったらワークスコーポレーションからか 
  • 今野隼史 KONNO Takashi @frontierpub 2013-01-05 15:07:08
    興味深いまとめ。ファンタジア文庫のレイアウトが白枠固定だった時代に表紙を描いた経験がある身からすると、現状の自由度はほんとに羨ましくてグギギーとなる。ラノベの雰囲気を左右する熟達のデザイナーさんの仕事は偉大だし、楽しいだろうなあと思う
  • Хаями Расэндзин🌀 @RASENJIN 2013-01-05 15:13:55
    文庫サイズだと背景まで描き込んである表紙の方が視認性低くて不利なんじゃないかしらん。
  • 今野隼史 KONNO Takashi @frontierpub 2013-01-05 15:22:34
    イラストレーターとしての経験では、「関わろう」と思えば表紙デザインや本文デザインに深いレベルで関わることはできた。自分が「良いな、上手いな」と思う表紙や本文装丁には、イラストレーター自身のなんらかの思い入れや、制作陣全員への意思疎通を感じる。ここはデザイナーに委ねる、という決断も含めて。

カテゴリーからまとめを探す

「文学・書籍」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする