2012年12月18日

シュメール神話について

マヤ終末説とシュメール文明系のトンデモである惑星ニビルのネタがいつのまにかごちゃ混ぜにされているようなので、その辺について軽く呟いたまとめです。
8
空 or せい @ku_999

ニュース - 文化 - 迫る“終末”、マヤ暦の真の予言とは - ナショナルジオグラフィックhttp://t.co/wvgXvDfM  今更ながら以前マヤ暦について書いた拙ブログ。 http://t.co/aUgDY2Cn いつの間にかニビルネタとごちゃ混ぜになってるなあ

2012-12-18 19:10:25
空 or せい @ku_999

(承前)ニビルはゼカリア・シッチン発のシュメール文明系のトンデモ。元ネタ自体がマヤ文明と全く違う。

2012-12-18 19:12:22
空 or せい @ku_999

(承前)そして、シュメール神話のシッチンの解釈自体も滅茶苦茶で、シュメールに始まるメソポタミア神話の世界観に宇宙と地球のようなものはない

2012-12-18 19:13:54
空 or せい @ku_999

(承前)シュメールの世界観は世界は平面でそれを覆う天蓋のように宇宙があって、地下には死者の世界や、アプスー(深淵)という淡水の世界があるというもの。

2012-12-18 19:17:34
空 or せい @ku_999

(承前)結局、他の古代世界の世界観と比べて特異なものではないし、天(アン)と地(キ)が分かれて世界が出来たという創世神話からも宇宙人云々を放り込む余地がない

2012-12-18 19:19:48
空 or せい @ku_999

(承前)天文学的にもニビルという惑星の存在の余地がないことははっきりされているけれど、そんな神話もないというのは、ムー大陸と同レベルの話である

2012-12-18 19:22:55
空 or せい @ku_999

(承前)シュメールの神々をアヌンナキと総称するのは本当だけど、wikpediaの画像なんかも多分シッチン系のサイトの影響を受けているらしくて、なんか変な画像が使われている。多分これはアヌンナキの画像じゃない

2012-12-18 19:29:12
空 or せい @ku_999

(承前)これはオネンアスという半人半魚の半神というか精霊的存在で、バビロニア神話辺りからはっきり形が出てきているもの。シュメール以降メソポタミアの神々は具体的には角付の王冠を被った普通の人間より大きい姿で描くことで人間と表現の差別化をしている。

2012-12-18 19:35:20
空 or せい @ku_999

同じメソポタミア神話の体系でもバビロニア神話は千年以上のシュメール時代の後に都市バビロンを中心に再整理されたものだから、シュメール神話と必ずしも同一ではないから注意。そもそも主神が違う

2012-12-18 19:39:34
空 or せい @ku_999

バビロニア神話の主神はバビロンの都市神マルドゥークで、これはバビロン市がバビロニア地方を制覇したことでその都市神であるマルドゥークの地位が上昇した結果で、神話もそれに沿って再整理されている

2012-12-18 19:57:31
空 or せい @ku_999

シュメールの主神はニップル市の都市神で風の神のエンリル。メソポタミア神話は数千年の歴史がある分、神々の世代交代や他から来た神もいるから注意が必要。

2012-12-18 20:13:46

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?