『文系と理系』の日本式二分論と、日本の英語教育について

まとめました。
文系 理系
25
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
文系と理系の話 ① 日本の高校では、受験する大学の科目に応じて高校1年~2年時に文系か理系に分かれることが多い。これは授業カリキュラムを円滑に進める上でメリットがあるだろうが、これまで少なからず違和感を持っている。海外でも日本のように理系と文系に明確に二分割することは、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
文系と理系の話 ② 私は一部の国しか知らないが、欧米でもあまり例がないのではなかろうか?(御存じの方は教えてください)。高校の段階で理系と文系に分けるもっとも大きなデメリットは、その後の人生において、「自分は文系 or 理系」というレッテルを自らに貼ってしまうことだろう。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
文系と理系の話 ③例えば、「自分は文系」と思うことで、『理数は苦手・専門外』、という発想が生まれやすい素地を作ることは非常にマイナスが大きいと考える。そもそも日本は福沢諭吉が指摘したように、総じて科学的な思考が苦手であり、場の空気や情緒に流されやすい国民性を持つという特徴がある。
緇熊🔨 @arth_ddu
@Todaidon 釈迦に説法かもですがNZの共通試験では、工学で物理と数学必須など縛りはあるものの、基本的には好みで科目選択して特に文系理系分けは無い模様です。例えば数学はArts,Science両方に含まれるのは英国系譲りでしたっけ。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@myonycteris コメントをありがとうございます。米国でも、日本のように文系・理系と明瞭に二分割するような話ではなく、科学が専門だけど文学が好き、とか、その逆の例は普通であり、自らを文系・理系と自覚する人は日本ほどいないと思います。政策を決定する政治家や官吏ほど、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@Todaidon @myonycteris 科学的な判断をするための知識の習得に熱心な印象を受けます。一方で日本は「科学的には、、、」という常套句を使う人ほど、続きの主張があまり科学的でない場合も少なくないように見受けられます。福沢諭吉の警鐘は今も生きているのかもしれません。
緇熊🔨 @arth_ddu
.@Todaidon 知識が目的化して、◯◯を勉強してないのは駄目とかネタなのかマジなのかわからない言説はよく見ますね。科学的と目される知識を持つことと科学的な知恵を養うことはイコールではない、とか言うと文系思考だと罵倒されそうでw
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@myonycteris 御意。『論語読みの論語知らず』と似ているかもしれないですね。政策を決定したり、関与する人たちほど、歴史や科学の歴史に親しんでほしいです。取り巻きのいろんな意見に惑わされず、妥当な判断ができるように。。。
コメント欄に書いた『日本人の英語』に関連した話題
Nori Ubukata 🇯🇵한일 우호🇰🇷 @ubieman
@Todaidon 基本母音、AIUEOの5つしかありませんが、昔はゑ、ゐ、を(Wo)等のバリエーション多あったのですが、いつの間にか 廃れてしまいました。ヱビスビールなど、名残はありますが。地方に行くと、海老をヱビと発音する人に時々出くわします。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@ubieman 貴重なコメントをありがとうございます。昔の女性で、ミサヲ(操)さんという方もおられますね。私はとても好きな名前です。
charivarina @charivarina
大学の独語でやっていますが、高校までの英語で発音記号や調音点を習っている例はごく少数。それでも興味をもつ学生はいます… @Todaidon 発音記号から丁寧に教える例(…)舌の位置と口の開き方で母音が変化する(…)というような教え方(…) http://t.co/Apr3IR63
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@charivarina 私が、英語系母音の舌先の位置と口の開け方の関係を知ったのは、米国でESLの授業を見てからですが、実践的な教授法に驚きました。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@Todaidon @charivarina 日本では、早くから英語を勉強しないと、発音が下手なまま(英語勉強の臨界説?)という考えがあるそうですが、いろんな非英語圏の国から来ている人たちが英語を勉強するのを見て、臨界説には否定的です。
コメント欄の『日本人の英語』の話題の補遺です。「のだめ」さんスタイルは私は好きですが,,,(^^;)
鮫吉 @samekichi1763
割と流暢に英語を話す後輩、アメリカの入国審査では怪しまれ時間がかかるわ、アメリカの子会社でも「お前はアメリカで育ったんじゃ無いのか?」といろいろな人に言われてた。外人は、そんなに流暢に話せないという認.. http://t.co/3Cp7sXhV
彫木⛅環🧷✂️✏️(安倍首相に疲れました) @CordwainersCat
@samekichi1763 @Todaidon アメリカ人に「アメリカで育ったんじゃ無いか?」と言われるほど英語が流暢って凄いですね。
鮫吉 @samekichi1763
@CordwainersCat @Todaidon 言葉遣いの悪さを含めてのようですが・・・(コイツは某米国製SFドラマに熱狂的にはまり、それで勉強したとのこと。”のだめ”みたいなヤツ)
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@samekichi1763 @CordwainersCat わかります。アメリカ人で言うと、ダニエル・カールさんのような日本語力だと、「日本語お上手ですよね。」というのは失礼かなと思ってしまうのと同様に、アメリカ人から、「(日本人なのに)英語お上手ですよね」と言われるうちは、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@Todaidon @samekichi1763 @CordwainersCat 自分の英語はまだまだだし、そう言われないように頑張ろうと励みにしていました。「のだめ」さんは、英語の発音は流暢なのだけど、どこかひっかかる(たとえば妙に新しいor古い言葉をおりまぜるとか)ことが、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@Todaidon @samekichi1763 @CordwainersCat 『怪しい』と思われた理由だったかもしれませんね。いずれにしても完璧なネイティブの英語でその年齢にふさわしい英語だったら、怪しまれなかったと思います。
鮫吉 @samekichi1763
@Todaidon @CordwainersCat なるほど。ヤツの場合、くだけた表現が好きそうなので、くだけ方がヤバイ部分もあるのかも。見た目も若干怪しいし。
『のだめ』さんの話がもう少し続きます。。。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@samekichi1763 @CordwainersCat 米国の某SF映画の熱狂的なファンで英会話が得意になったのなら、宇宙海賊役の某ハリウッド俳優の口調などをまねていたのかもしれないですね。そんな勉強法は中高生にはお勧めですが、頑固で硬い人が多い税関の担当者には、
残りを読む(3)

コメント

森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月22日
この拙文を書いたのは、100年後は人口が半分になる(計算である)日本が今後も反映していくために必要なのは、教育だと私も思うのですが、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月22日
高校での「文系と理系」というこれまでの分け方は本当に良いのかどうかを含めて、これまでデフォルトで継承してきたことをひとつずつ検証し直した方がいいのではと感じたことから始まります。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月22日
別の話題で、以前から問題になって『日本人の英語』について、小学校から英語の授業を導入するという改革が行われていますが、もともとの問題は多くの日本人の英語力が英検2級レベルにとどまることであり、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月22日
(英検の試験での評価が妥当かどうかは別として)、英検準1級に合格している中高の英語の先生の割合が少ないことが問題の本質なんだろうと思っています。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月22日
学校の先生の名誉のために、上記の事象は先生が自主的に英検の試験を受けていなかったことが反映しているかもしれないという考察も明記しますが、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月22日
同時に、帰国子女が日本の学校でいじめられないためにわざと英語の発音をカタカナ読みにすることは良く聞く話で、その背景としてその学校の英語の先生の語学力や指導方法も反映しているのかもしれません。
Nagasaki, Akira @Reinagsk 2012年12月22日
それ、私です。アメリカからの帰国で。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月22日
上記でカタカナ発音のことを書きましたが、英語に比べて母音の数が数分の1しかない日本語を母国語とする日本人が発音が苦手なのはある意味当然で、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月22日
発音をよくしたいのなら、他の外国語圏同様に、ESLの手法で教えれば英語教育を早期導入するしないにかかわらず一定の成果を上げられると思います。しかしながら、日本の小学校の英語授業の多くは、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月22日
発音記号から丁寧に教える例は少なく、舌の位置と口の開き方で母音が変化する(い・え系は口腔の前、あ系は真ん中、う・お系は口腔の後ろ)というような教え方をしておらず、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月22日
したがって、従来の中学の授業の前倒しか遊びに過ぎないという声を聞きますが、実際はどうなのでしょう。。。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月22日
@Reinagsk 私も中高は帰国子女ではありませんでしたが、同様の体験をしました(^^;)。全く自慢にはなりませんが、英語弁論大会や暗唱大会の常連で
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月22日
@Reinagsk (今もその傾向と聞いていますが)、大会出場者の8割以上が女性のなか、学校のみんなの前で英語を話すのは本当に嫌だったことを今でも覚えています。
Nagasaki, Akira @Reinagsk 2012年12月22日
英語出来る人(真面目に勉強した人)、確かに女性が多いかも、ですね。
森口祐一 @y_morigucci 2012年12月22日
Todaidon お久しぶりです。環境問題への対処では「理系」と「文系」の両方の素養が必要な場合が多いことを痛感します。私が在籍する都市工学科では、「全科類枠」が設けられ、文科で受験した学生が工学部に進む門戸が開かれています。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年12月22日
自分が調べた時には、アメリカの高校には一律の到達目標のようなものはなくて、様々なレベルを生徒自らが選べる形式でした。大学が町のなかにある場合、しばしば大学で大学レベルの理数科目を高校生が受ける事ができて、大学側でもそうした科目を高校時代に履修してくることを期待していました。
リーフレイン @leaf_parsley 2012年12月22日
「日本式の文系理系」 という分類はあくまである程度統一がとれた履修レベルがあるからこその事象なんじゃないでしょうか?
大石雅寿(個人としての発言) @mo0210 2012年12月22日
「文系だから理系科目が分からなくてもしかたがない」というエクスキュースに使われることが多いけれど、理科系を専門にしていなくても一般教養くらいは身に付けておく必要はあるんだよ。もちろん、理科系でも文科系の一般教養は必須。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
@y_morigucci 先生、コメントを有難うございます。環境分野は災害の歴史を調べる際のC14による年代測定や文献解読など、文系理系に区別できない好例ですね。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
@leaf_parsley 確かに個人の学習差は大きいでしょうね。日本は世界的にも教育レベルが平均的に高く、それが国が発展してきた主因と考えられてきましたが、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
1000兆に近い借金と100年後は人口が半減する時代を乗り切るためには、これまでの教育からさらに改善される必要があるのでは?と、、、僭越ながら思っています。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
皮肉な論調が多いワシントンポストの社説で『A declining Japan loses its once-hopeful champions』という記事がありましたが、http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/a-declining-japan-loses-its-once-hopeful-champions/2012/10/27/f2d90b2e-1cea-11e2-9cd5-b55c38388962_story_1.html
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
かつての日本の勢いから、みるみる衰退しているようにみえる日本を容赦なくコメントしています。少しカチンときましたが、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
幕末の日本のように、圧倒的な海外との格差や辛辣な批評をバネにして、再び興隆するための方策や努力を地道に模索することが必要なのかもしれません。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
中高生の英語弁論大会や暗唱大会での男女比についても以前から気になっています。RT @Reinagsk:英語出来る人(真面目に勉強した人)、確かに女性が多いかも、ですね。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
私が中高生だった20数年前から、圧倒的に女子の方が多かったのですが、12月に行われた高円宮杯英語弁論大会も決勝大会出場7名のうち、女子5名、男子2名ですね。http://www.jnsafund.org/ja/ptt64th/sokuho/final/
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
興味深いことにその地方大会もそれぞれ7名中5~6名が女子、残り1~2名が男子という傾向があります。http://www.jnsafund.org/ja/ptt64th/sokuho/index.html
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
男子は、変声期ということもあるかもしれませんが、@Reinagskさんが仰るように英語を男子より女子の方が英語に興味を持ち、真摯に勉強するモチベーションの違いが男女比にあらわれているかもしれません。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
ちょうど来年の大河ドラマは、新島(山本)八重ですね。http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/ 晩年のドラッカーのみならず、米国のメジャー紙も日本が衰退していると公言するようになった昨今、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
なでしこジャパンの活躍をはじめとして、語学力などにも高いポテンシャルを持つ日本の女性が救世主になるのかもしれません。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
(補遺)ただ、日本の英語弁論・暗唱大会については、ひとつだけ苦言を申し上げたい。出場条件に帰国子女や子供の両親がネイティブであることが制限されていることだ。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
(補遺2)たとえば高円宮杯の英語弁論大会では、参加できない資格として、『満 5 歳の誕生日以後に、通算 1 年以上または継続して 6か月以上、英語圏に居住した者。』や、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
(補遺3)『父母・祖父母のいずれかが、英語圏の国籍を持ち(帰化された方を含む)、日本における居住期間がおおむね 30 年未満である者。』、さらには、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
(補遺4)『海外での居住地が英語圏以外の国であっても、6ヶ月以上、現地のインターナショナル・スクールやアメリカン・スクールに在籍した者。』という条項もある。これは、小中学校でゼロの状態から英語を始めた生徒だけを対象としているのだが、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
(補遺5)帰国子女や両親がネイティブの子弟の参加を制限するのは、デメリットの方が大きいし、アンフェアだろうと思う。上記で書いたように、帰国子女がいじめられないために学校ではわざとカタカナ読みの発音をするのは、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
(補遺6)日本にとっても不幸なことだし、英語弁論大会に帰国子女も積極的に参加できる環境にカイゼンしてほしいと強く願う。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
(補遺7)高円宮杯の英語弁論大会の出場資格に関する文書はコチラ⇒http://www.jnsafund.org/ja/ptt64th/yoko.pdf 
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
(補遺8)改めて思ったけど、日本の中学や高校教育が一番、閉鎖的で鎖国状態なんじゃないかな。。。英語の学校の先生の多くが英検準1級試験を合格していないというのは、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
(補遺9)いろんな理由があるだろうから批判するつもりは毛頭ないが、英語弁論大会や暗証大会に、弊害の方が多い制限を設けるのは止めてほしいと思う。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
まとめを更新しました。タイトルを変更しました。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
教育のコツ⇒『自分で伸びようとする優秀な子はいじらないし、邪魔をしない』⇒東西を問わず、大切なことだろうと思う。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
むしろ、そんな子こそチャンスをどんどん与えて、さらに伸びるようにしたい。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月24日
そして、英語が苦手な子には、できるようになるコツをESLなどから導入すればいい。ただそのリカバリーをするためには、教師が英検2級のレベルでは無理だろう。
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2012年12月24日
英語を堪能に話せることにはあまり重要性感じませんけどね。むしろ、論理的思考や論理的な議論ができない事の方が遥かに問題で、日本は結局そこそこに受験英語ができるだけで高学歴が得られてしまうことが本質的な問題でしょう。自国語でそういった思考訓練がなされていないところで英語話せても仕方がないと思います。
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2012年12月24日
私は英語での会話は下手ですけど、別に海外の学会や共同研究先への出張で意思疎通に困ったことはないです。下手でも通じますから。むしろ上っ面で英語だけ話せても、自国文化や訪問先の文化、専門+αの領域について語ることができないことの方がバカにされます。
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2012年12月24日
私の周囲を見る限り、日本で語学ダメダメでも、海外に住むことになれば誰でも話すことはできる様になります。音楽やっている人など、そんな事やっている暇は日本ではないですが、海外に留学すれば自然と話せるようになっていますし。
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年12月24日
あらら、痛い事をいわれちゃった(>_<)
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
@tonkyo_hanage さん、貴重な御意見をありがとうございます。仰る通り、英語も国際語とはいえコミュニケーションの一手段に過ぎないので、テクニックとして会話を身につけても、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
中身が伴わなければ意味がないというご意見には同意します。例えば、イチローのような野球の技能をはじめとして、日本で培った知識や研究のほか、料理や武術に長けていれば、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
実力が大きいほど、向こうからウェルカム&アプローチしてくれるでしょうから、英語は必要ないとさえいえるかもしれません。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
上記以外にピアノやギターなど、芸術に長けた人もそうですね。楽器でコミュニケーションができるほどの技能があればOKです。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
ただ、『留学すれば自然と話せるようになる』というご意見については、特にこれといった技能がない子供の場合には、年が長じるほど相当な苦労が必要になると思います。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
@tonkyo_hanage さんの仰ることに同意する点は、日本人である程度英語ができる人も、歴史や社会的な話題について、論理だてて議論できる人があまりいないと思われることです。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
たとえば中国人だと米国在住者は率直な人が多く好感がもてますが、それでも議論になると、『欧米人がよく話す平等は、中国が伝統的に重視している公平の考えとは違う』という風に
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
(その是非はともかくとして)『なかなかやるな。。』と感心してしまいます。一方で、米国人のほとんどが原爆投下によって、戦争終結が早まり、多くの米軍と日本人の命が助かったと、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
学校の米国史で習っていることに対して、中国人のようにきちんと意見を表明できる日本人は少ないのではないでしょうか。。。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
私は歴史オタクなので、知り合いの米国人の気分を害さない程度に、真珠湾攻撃では軍需関連施設に限定した空襲であったこと、米軍が制空権を確保した以後、日本各地で無差別空爆を行ったこと、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
民間人への攻撃は英国をはじめとして恥ずべき行為であること、などをユーモアを織り交ぜながら話しましたが、今の日本の中高生は日本語でもそこまで話せるかどうか、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
少々不安を持っています。若いうちに外国に飛び込むのは良いのですが、これまでの日本との歴史や現地のキリスト教などの文化が全く初体験の場合、
彫木🌒環🧷✂️✏️(安倍首相に疲れました) @CordwainersCat 2012年12月25日
私は高校入試の成績で「仕分け」されて、理数科と言う普通科高校の中にある変なクラスに放り込まれた。それ以来、何となく大学入試でも工学部を選んだと言うエセ理系。多分、本来的な性格では文系。でもそんな区別がはじめから無いのがいちばんだよね。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
海外の雰囲気に圧倒されてしまい、自分を見失う例もあるようです。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
私が高校生だったころ(20年以上前)は、選択した日本史の授業は戦前の昭和初期で終わってしまいました(^^;)が、今はどうなんでしょうね。ゆとり世代の少し前の話です。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
一応進学校だったので、歴代総理大臣の名前も丸暗記させられました(伊黒山・・・と語呂合わせで)が、祖父母の世代は歴代天皇の御名前を小学校に暗記したという逸話を聞いて、感心してます。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
戦前の教育は、行き過ぎた点もあったでしょうが、日本人のアイデンティティを涵養するという点では今よりも良かったのでしょうね。今の多くの子供たちは、古事記はもちろん、楠木正成や二宮金次郎の生涯を知らないでしょう。
鮫吉 @samekichi1763 2012年12月25日
中学までで、生きていくために必要な知識は学んでいる。高校以降の勉強は何について深く学びたいかで分かれていいんじゃないの?(最近のゆとり教育ではどうか知らないけど)
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
@CordwainersCat 日本で理数科や理系は『賢いクラス』として認識されることが多いですよね。自分も理系でしたが高校の同窓会でも今だに同様の反応なので、閉口することが多々あります。
鮫吉 @samekichi1763 2012年12月25日
英語は、”ネイティブスピーカーのような発音が必要”と思い込まされることが良くない。渡辺謙だってノーベル賞の学者さんだってあの程度の発音。フランス人だって。”しゃべった者勝ち”という教育でいいんでは?(ネイティブスピーカのようになりたいというモチベーションで勉強する人は別)
Nagasaki, Akira @Reinagsk 2012年12月25日
そうですねえ。東大でも「リーチ一発」が一番賢いと言われていました。理科一類から進学振り分けで物理学科に行く人のことです。今はどうか知りませんが。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
@samekichi1763 そうですね。実際はどうかしりませんが、福澤諭吉もカタカナ英語だったのではと推察しています。伊藤博文も数カ月渡英したようですが、高杉晋作の通訳がスムーズに務まったかどうか。。。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
ただ、例えばインド人の英会話は聞きづらいので、それがビジネスにも影響(同じ条件なら英語ができる方)している例もたまに聞きます。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月25日
@Reinagsk ありがとうございます。理系という振り分けは、持ち上げられることがある半面、物理選択で女性が少ない悲哀(今はどうか知りませんが)もあって、人格形成には良くない仕分けだったと思っています。。。
dreswl @dre_swl 2012年12月25日
一流の仕事をする人達では理科系的職業でも文系的な力、文系的職業でも理科系的な力が備わっていたりする。全般的な中高教育が重要なのかと思う。
鮫吉 @samekichi1763 2012年12月25日
ビジネスの種類によっては発音が重視されるのでしょうね。特にロンドンの一部では普通の英国人の発音や話し方ですら受け入れられないと聞いたことがあります。
鮫吉 @samekichi1763 2012年12月25日
割と流暢に英語を話す後輩、アメリカの入国審査では怪しまれ時間がかかるわ、アメリカの子会社でも「お前はアメリカで育ったんじゃ無いのか?」といろいろな人に言われてた。外人は、そんなに流暢に話せないという認識がデフォルトのようだった。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月26日
まとめを更新しました。コメント欄の「日本人の英語」の話題を追加しました。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月26日
まとめを更新しました。「のだめ」さんの話がもう少し続きます。。。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月26日
まあ、でも原作ではピアノに天才的な『のだめ』が、フランス語がどこかおかしくてもかえって好意的に受け入れられたように、実力があればその分だけ周囲は会話のことは寛容になってくれます。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月26日
なので、逆説的ではありますが、自分にイチローのような特別な技能がないと思う人(私を含めて)は、それこそ真剣に英語を勉強した方がいいと思います。特に、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月26日
英検2級と准1級の間には大きな溝があります。大多数の日本人は2級までで大学受験を迎えてその後は努力しなくなる状況が、学校の英語の先生の英検資格状況に反映されていると思われます。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年12月26日
私自身は、現在国連特A級を目指して勉強中。英検なんてかったるい、という人は目指してみてはどうでしょう。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする