10周年のSPコンテンツ!

某誌編集者が同一原稿を二股発註したミスをもうひとりのライターのせいにした件

書評家千野帽子(@chinoboshka)さんがブログに 『13日の金曜日に仕事を請けると、碌なことがない』 (http://d.hatena.ne.jp/chinobox/20100817) と題して、書評の問題、出版社の発注ミスとその事後処理の問題を書かれたことに端を発したツイートをまとめました。 続きを読む
千野帽子 編集者 出版 書評
37
千野 帽子『物語は人生を救うのか』(ちくまプリマー新書) @chinoboshka
某誌編集者が同一原稿を二股発註したミスをもうひとりのライターのせいにした件。詳細はhttp://j.mp/99Ppn4 @toyozakishatyou @from41tohomania @gotanda6 @yonemitsu @nzm
千野 帽子『物語は人生を救うのか』(ちくまプリマー新書) @chinoboshka
(承前)「書評なんて所詮、業界内での仕事の回し合いでしょ」という不信感を持ってる人にもhttp://j.mp/99Ppn4 を読んでいただければ幸甚。俺もそう思ってるひとりの読者だから。
千野 帽子『物語は人生を救うのか』(ちくまプリマー新書) @chinoboshka
http://j.mp/99Ppn4 書評が「業界内での仕事の回し合い」に堕したのは、社員編集者が書評欄をこういうふうに扱うから。@hiroyuki9999 @maxinthesky @maimaiya @sayuasano @ami_ena
井田英登 @Hideto_Ida
千野さんは依頼本の書評は書かないのだろうか。この経緯を明らかにした以上、もうひとつの落とし前として RT @Schunag お盆前の編集者て異様に精神的に追いつめられるRT @chinoboshka 某誌編集者が同一原稿を二股発註//。詳細はhttp://j.mp/99Ppn4
千野 帽子『物語は人生を救うのか』(ちくまプリマー新書) @chinoboshka
編集長が考えていたのは「埋め合わせ」とは無関係だというので、その仕事は請けるべきなのでしょうが、ちょっと複雑な気持ちです。@Hideto_Ida
井田英登 @Hideto_Ida
「依頼本」では紛らわしかったですね。最初に依頼された本の方です。好きな作家であり、書く意義も見出して依頼を請けたと書いておられたので。ハードボイルドの探偵の謂で行くと、依頼人が調査依頼を引っ込めた後も「俺の落とし前」として事件解明に喰らいつくよなと(笑)@chinoboshka
千野 帽子『物語は人生を救うのか』(ちくまプリマー新書) @chinoboshka
@Hideto_Ida そっちのほうですか。他誌から依頼があれば書きます。ないと思うけど。
千野 帽子『物語は人生を救うのか』(ちくまプリマー新書) @chinoboshka
わかりやすい譬えに帽子も脱帽。QT @Hideto_Ida ハードボイルドの探偵の謂で行くと、依頼人が調査依頼を引っ込めた後も「俺の落とし前」として事件解明に喰らいつくよなと(笑)
井田英登 @Hideto_Ida
揶揄に聞こえないように祈りながら書くのですが、事件の経緯を詳らかにする“だけ”で終わるのはもったいないなと。逆に無償でもその仕事を完遂して世に問うてこそ、千野さんの思いもきちんと伝わる気がしたのです。 RT @chinoboshka //他誌から依頼があれば書きます//
井田英登 @Hideto_Ida
少なくとも、僕は読みたいし、その一文が示されて、初めてこの経緯には顛末がつくのかなあと、思ったりしたものですから。関係ない人間が、横からの差し出口、誠に申し訳ありません。@chinoboshka
井田英登 @Hideto_Ida
いえいえ、逆に無茶なことを申し上げてすみません。版元の事は当然念頭に置かれているだろうなと思いました。 RT @chinoboshka //本日以降にその本の書評を載せたすべての媒体にこの件の嫌疑がかかりますので、その本の名前を明かすこともできません。
樋口ヒロユキ _ SUNABAギャラリー @hiroyuki9999
「千野帽子」といういかにも少女的な筆名とは真逆の、この直情径行型の言動を見るたびに、千野さんってほんとに博多っ子だなぁと思う。博多んもんは横道もん、青竹割ってへこにかく、ばってん、文芸。 @chinoboshka http://j.mp/99Ppn4
圏外@nosをかける @ayuasano
読めば読むほど、不条理。 RT @chinoboshka http://j.mp/99Ppn4 書評が「業界内での仕事の回し合い」に堕したのは、社員編集者が書評欄をこういうふうに扱うから。
横道もん@データマイナー @odomon
書評については別として、このような発注ミスはよくあると思った私はブラックIT業界に染まりすぎ。 RT @sayuasano: 読めば読むほど、不条理。 RT @chinoboshka http://j.mp/99Ppn4 書評が「業界内での仕事の回し合い」に堕した
千野 帽子『物語は人生を救うのか』(ちくまプリマー新書) @chinoboshka
@odomon 発註ミスはしょうがないと思います。その後の糊塗のしかたが眼目かと。
横道もん@データマイナー @odomon
@chinoboshka たしかに理不尽なキャンセルの時は、要領を得ず意味が分からない説明を受けることが多いですね。問いつめると、向こうにとって都合が悪い真実があったのかもしれません。
千野 帽子『物語は人生を救うのか』(ちくまプリマー新書) @chinoboshka
なるほど、人情から言って、どの業界でも起こりうることのようですね。QT @odomon 理不尽なキャンセルの時は、要領を得ず意味が分からない説明を受けることが多い
大森望 @nzm
RT @chinoboshka: 某誌編集者が同一原稿を二股発註したミスをもうひとりのライターのせいにした件。詳細はhttp://j.mp/99Ppn4 @toyozakishatyou @from41tohomania @gotanda6 @yonemitsu @nzm
豊崎由美≒とんちゃん @toyozakishatyou
信頼できる書評家がここにいます。千野帽子さん。 RT @chinoboshka 「書評なんて所詮、業界内での仕事の回し合いでしょ」という不信感を持ってる人にもhttp://j.mp/99Ppn4 を読んでいただければ幸甚。俺もそう思ってるひとりの読者だから。
千野 帽子『物語は人生を救うのか』(ちくまプリマー新書) @chinoboshka
ありがとうございます。QT @toyozakishatyou 信頼できる書評家がここにいます。千野帽子さん。 RT @chinoboshka 「書評なんて所詮、業界内での仕事の回し合いでしょ」という不信感を持ってる人にhttp://j.mp/99Ppn4
豊崎由美≒とんちゃん @toyozakishatyou
この、千野帽子さんが巻き込まれた不条理コントのような出来事は、ライター全員で共有すべき問題です。ライターの方、ライター志望の方、精読なさってみてください。 http://j.mp/99Ppn4
豊崎由美≒とんちゃん @toyozakishatyou
あ、編集者と編集者志望の人も読むべきですね。 http://j.mp/99Ppn4
千野 帽子『物語は人生を救うのか』(ちくまプリマー新書) @chinoboshka
確かに、むしろそっちかもしれませんね。RT toyozakishatyou あ、編集者と編集者志望の人も読むべきですね。 http://j.mp/99Ppn4
ヨネザワエリカ @ericolor_emiu
広告でもあります RT @mireiton: @toyozakishatyou: この、千野帽子さんが巻き込まれた不条理コントのような出来事は、ライター全員で共有すべき問題です。ライターの方、ライター志望の方、精読なさってみてください。 http://j.mp/99Ppn4
棚橋憲治 @class_b0804
私の乏しいライター経験でもこれより酷い目にあったことは何度かある。RT @toyozakishatyou: この、千野帽子さんが巻き込まれた不条理コントのような出来事は、ライター全員で共有すべき問題です。 http://j.mp/99Ppn4
残りを読む(104)

コメント

stonehead @hogehoge1192 2010年8月18日
ふつうの話っぽい。編集者の発注ミスという。ただその後の対処、それもある意味まともと思うが(何故それを受けないのかよくわからない)、売れない作家とか3流ライターかの連中のルサンチマンが噴出していてそっちが興味深い。Twitterって業界告発ツールになってますね(しかも微妙な感じの)。
ぷんすか @diaspora_0 2010年8月18日
他人のまとめたtogetterでアフィリエイト稼ぎしてらっしゃる方がいますが、ここではご遠慮ください。チェックアイテムを追加しても即削除させていただきます。
ぷんすか @diaspora_0 2010年8月18日
ツイートを追加しました。会話流れを追いやすくするためツイートの時間軸がバラバラになっています。
ぷんすか @diaspora_0 2010年8月18日
ツイートを追加しました。因みにここに登場される小説家さんと書評家さんの名誉のために言っておきますと、名の知られている一流の方々です。なのでルサンチンマンなどというのはお門違いですね。契約書が存在しない仕事というのもルーズな話ですが、原稿依頼料は貰えるという話なので、その点についてはもう話が付いたかなと。なので問題は千野さんが当初から主張されてる事後処理の仕方ですかね。あと異議を申し立てると干される出版界の保身的体質と。
和泉 @IZUMI162i6 2010年8月18日
西島大介氏の「魔法なんて信じない。でも君は信じる。」とか。中村珍氏の騒動を思い出した。
ぷんすか @diaspora_0 2010年8月18日
ツイートを追加しました。これ以降のやり取りは趣旨がズレていると思うので、まとめはこれで一旦打切ります。