まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

プロの作家たちが感じている最近のラノベ読者の特徴

四季童子先生、榊一郎先生、五代ゆう先生、神野オキナ先生、たのあきら先生、海法紀光先生による近頃のライトノベルの読者層に関するお話。ライトノベルの新人賞などに応募される方には参考になる部分も多いのではないかと思ってまとめてみました。
書籍 文学 神野オキナ ライトノベル 愚痴 海法紀光 たのあきら 最近の○○論 榊一郎 印象論 五代ゆう 四季童子
371263view 341コメント
907
四季童子 @shikidoji
世界観や状況はおろか、主人公すら絵にせんでいいと言われると困るな・・・可愛いヒロインだけ絵が見られればOK?わたしゃそんな本は買わないがね。
榊一郎 @ichiro_sakaki
@shikidoji ……それは表紙に書かないという意味ではなく? あるいは名無しの主人公タイプ(敢えて個性を特定させない)でもなく?<主人公すら絵にせんでいい
五代ゆう @Yu_Godai
@shikidoji それはまた…書き手としても切ない話ですね(;´Д`)そういえば過去にイラストを担当していただいた方々も、おっさんやロボや怪人になるとものすごくイキイキしてらっしゃいました。「美形はある程度定型があるけど、それ以外は無限のバリエがあるから」とのことでしたが。
四季童子 @shikidoji
@ichiro_sakaki なのですよ。レビューで見かけてしまったので、つい。表紙はヒロインというのは、すでにスタンダード化してしまったので仕方ないとは思うのですが、本文もそれじゃあ、さすがにどうかと・・・
神野オキナ『カミカゼの邦』徳間文庫発売中 @OKina001
@shikidoji @ichiro_sakaki お話、横から割り込んですみません。もう、完全にギャルゲーのプレイヤーキャラと同じ扱い、って考え方なんですかね……こっちは結構知恵を捻って主人公作ってますが…うーん。
榊一郎 @ichiro_sakaki
@shikidoji 確かにきっついですね……編集さんの指示なのかなあ。
五代ゆう @Yu_Godai
@OKina001 @shikidoji @ichiro_sakaki 「主人公が特別な存在だから感情移入できない」とか言われてポカーンとしたことありますorz なんか本当に名無し顔無し特記事項なしのギャルゲ的主人公でないとダメな層がいるらしく
四季童子 @shikidoji
@Yu_Godai その絵描き様に全面同意ですよ!キレイなもの以外が描いてて楽しいですw
榊一郎 @ichiro_sakaki
まあ、でも、あれだな。「特別な存在だと感情移入出来ない」という意見が「声が大きい」からこそ、ラノベの主人公の定型化が進んだりするのも事実。ちなみに、この「特別」というのは「お前ジャナイ」と読者につきつける要素で、「超能力」とかはOKなのな。なんせ「いつ芽生えるかわからん」ので。
四季童子 @shikidoji
@ichiro_sakaki 編集さんは妥当なご支持をされてましたよ。昨今の読者さんの反応を見てそうおもったのでして。
四季童子 @shikidoji
@Yu_Godai @OKina001 @ichiro_sakaki 主人公が平凡なのはいいですけど、努力も根拠もなしに棚ぼたパワーアップで無双するのは楽しいとは思えないですね。
五代ゆう @Yu_Godai
@shikidoji @OKina001 @ichiro_sakaki でも今はその「棚ぼたパワーアップ」か「前世が○○だったから無条件で強い」「○○の血を継いでるから無条件で(ry」とかじゃないとダメみたいです。努力するのは物語の中でもイヤ、って人が多く。
四季童子 @shikidoji
それは、想像力過多なwwwそう言うお人はノンフィクションを読まれればいいかと~ RT @Yu_Godai: @kouseiy @OKina001 @shikidoji @ichiro_sakaki というよりは、「俺よりすごい主人公は嫉妬させられるからダメ」みたいな感じです。
四季童子 @shikidoji
@Yu_Godai ・・・正直そんなお人は何も読まなきゃいいのに。
神野オキナ『カミカゼの邦』徳間文庫発売中 @OKina001
@Yu_Godai @shikidoji @ichiro_sakaki まあ、苦労したり汗流したり、失敗したりする描写だけでも読者は引くと良く言われますよね。実際、自作でも一度主人公を失敗させたら凄い非難があったみたいで。
五代ゆう @Yu_Godai
@OKina001 @shikidoji @ichiro_sakaki えっそんなことがΣ(゚Д゚)>主人公を失敗させたら凄い非難  人間失敗してこそ成長するもんだと思うんですが
四季童子 @shikidoji
@OKina001 @Yu_Godai @ichiro_sakaki 鬱展開と今呼ばれている、地味ーに努力とか伏線を積み重ねていく過程が大好きなのですけどねー。
榊一郎 @ichiro_sakaki
まあでも真面目な話、物語が一本存在すると、その影には描写されなかった事実や物語が無数に存在する訳で、方向性(コンセプト)がはっきりしている作品はその部分を二次創作するにしてもスピンアウトするにしてもやりやすいし、何より、読者に訴求する力が強いって事だよな。
神野オキナ『カミカゼの邦』徳間文庫発売中 @OKina001
@Yu_Godai @shikidoji @ichiro_sakaki 張り切りすぎて周囲が見えなくて失敗して、落ちこむ、っていうエピソードでした。その時は編集部が「大丈夫です」と請け合ってくれて通してくれましたが。
榊一郎 @ichiro_sakaki
@shikidoji @OKina001 @Yu_Godai 苦境があるから、主人公の最後の無双が輝いたりするんですがねえ。
五代ゆう @Yu_Godai
@OKina001 @shikidoji @ichiro_sakaki それのどこに非難される要素があるのかとんとわからんす……。若いころにはよくあることじゃないですか>張り切りすぎて周囲が見えなくて失敗して落ちこむ
四季童子 @shikidoji
@ichiro_sakaki @OKina001 @Yu_Godai 小学生くらいから、地味な探検ものノンフィクションとか歴史ものが大好きだったので、昨今の結果だけしか求めない風潮にはちょっと付いていけません~
神野オキナ『カミカゼの邦』徳間文庫発売中 @OKina001
@ichiro_sakaki @shikidoji @Yu_Godai 無双の出し方も今の子達のテンポというのに合わないといかんのでしょうね。私らの心地よいテンポでは無いのかもしれない。そこを読む必要があるのかもしれんです。
榊一郎 @ichiro_sakaki
@Yu_Godai @OKina001 @shikidoji ああ、だから、それを、作者に笑いものにされている、と感じちゃうみたいです<若い頃にはよくある事
残りを読む(34)

コメント

日詰明嘉 @AKIYOSHI00 2012年12月23日
そういう声から守ったり売るための施策をすることもブランディングなので編集者はアンケートだけに左右されずにがんばってほしい。もちろん作家も。
プルフェイド・リュパール @purufeido 2012年12月23日
せっかくだからレーベルごとの違いとか聞きたいところ・・・と思ったが比較できるできるほどまたいでやってる人がそんないないか?
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年12月23日
純然たるエンタメと思われるラノベでも、エンタメであるが故に却って時代の刻印がはっきりと押されるのだなぁ。 
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年12月23日
涼元悠一さんの本にあった「ツンデレ」の話を思い出した。 最初ツンな娘がエピソード重ねてデレるのがツンデレでなのではなく、基本ツンな子が主人公にだけデレるのが『若者に受けるツンデレ』と言う話。
チキンカツ大好きっ子(スコードォォ! @MUV2 2012年12月23日
ファンタジーに需要?七王国の玉座ブームくるで
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2012年12月23日
曲がりなりにも小説で「本文に主人公が登場しないことを要求される」とか斬新すぎる。「桐島、部活やめるってよ」でも、群像劇を構成する個々の話には主人公いるしなぁ。それで超性能ヒーローだめ、どん底の挫折だめ、それで学園ハーレムも飽きてきたってどーすんだ……と悩んだけど、答えあったわ。そうか、ブギーポップか。……一周回って元の所ってやつですかこれわ。
MaliS @MaliSNacht 2012年12月23日
つ「ガンパレード・マーチ」
闇のおにくやさん @nomoreunk 2012年12月23日
読者をそんな風に教育したのは作家の皆さんだったような気がしますが(卵が先か鶏が先か・・)
ねや @neya_state 2012年12月23日
の、わりには今売れてるSAOとかは表紙が全部男主人公だけどな。ある巻に至っては男主人公+オヤジのツーショットだし。 努力と挫折がダメってのは感情移入してハーレムに浸りたいタイプの人からは、自分が失敗して責められてるよう感じられるから批判するんじゃないかな 逆に努力や挫折、パワUPに理由の人は俯瞰視点から物語を読みたい人で整合性や流れのほうが気になるんだろう。
いけふくろ。 @ikefukuro_ 2012年12月23日
この「作者に笑いものにされてる」って感覚、すっごいわかる……。「俺たち若者は、大人と対等な存在である」「俺たちは成熟してるんだぜ。けど大人とも違うぜ」という錯覚こそ、ライトノベルの根幹だと思うし、そこに「若い頃ってこんなものでしょ?」が入り込んだら、なんか違う気がする。
三毛招き @mikemaneki 2012年12月23日
あんまり読んでない人ほど声が大きかったりするんで、「そういう人もいる」程度に思ってたほうがいいんだろうなぁと。
ミッティー/銀雪(M.Furukawa) @ginsetsu 2012年12月23日
なるほどね。男性向けラノベと女性向けラノベでの比較も気になるところ。
ヘルレイザー八頭大 @gainersanga 2012年12月23日
そうそう、「まおゆう」でカバー絵がまおーさまとメイド長、メイド姉妹に女騎士・女魔法使いに火竜公女だけだったらどんなに寂しいか…というか、まおゆうやSAOはネットで人気というブランド効果もあるので純粋に同列で考えるのは難しいかと。あと編集も昨今は数年で人気タイトル出せないと異動や契約更新無しでサヨーナラーになりがちで「いいものを作ればきっと」的余裕を失っておるような印象がありますな。
デビルトラックさん @deviltruck2010 2012年12月23日
オタってよく「最近のTV(アニメ以外)は、視聴率を取るために視聴者に媚びるからつまらないんだ」って紋切り型の批判をするけど、ラノベも一緒だなぁ。
デビルトラックさん @deviltruck2010 2012年12月23日
あと、この手の安直な展開を好む層を「これだからゆとりは」で切断処理するオッサンオタもいるけど、年齢はあんま関係ないと思うな。
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2012年12月23日
読者を甘やかすなとだけ、一言。甘いお菓子ばっかり食いたい人に苦い野菜を食べさせるようなものだよ。読み物でも偏食はいかんです。
pkill -f '東風谷さずりん' @Xatz 2012年12月23日
「僕はここに居ていいんだ!」「おめでとう」「おめでとう」
ピコメン @picopicomen 2012年12月23日
努力話とか重い展開の話が読みたかったら角川文庫とか新潮文庫に手を出します。そういうのはラノベに求めてないです。つまり逆なんですよ、作家の方々が重い話をやりたかったらラノベ以外で書くといいと思います。土俵が違うんじゃないかと。ラノベって何でもありにみえて実は受け口が狭いです。
礼門Z(シナリオ/ゲーム制作) @leimonZ 2012年12月23日
いっそTRPGみたいなキャラシート付けて、アバター作れるようにしたらいいんじゃないでしょうか。
まったれ/片目主査/雪ヶ谷れいる @mattare 2012年12月23日
新規で求められてるのが「ファンタジー」は凄く実感あるねえ。足し算が現在学園異能+戦うヒロインが、ファンタジー+戦うヒロインに変わりつつあるだけかもしれんけど。
水上真琴 @mkt_minakami 2012年12月23日
「そういうのはラノベに求めてない」っていうのは、ちょいと傲慢な話じゃないかなーと。それこそ、読み手の発想が貧困になりすぎてるから、そういう傾向になってんじゃないかと。そも、ここ数年のラノベは なんつーか、こういう言い方もあれだけど「世代が違う」気がする。ジャンルも作者も読者も、だけど。
よーぐる @Seto_yasu1987 2012年12月23日
エンタメとしておもしろければそれでいいんです。加えて作り手の意思が感じられるものは特に好きです。
isovista_ @isovista_ 2012年12月23日
内容がどうであれ、読者をこんなふうに舐め腐っている著者の本なんて買わないわ
Haruka McMahon @regicat 2012年12月23日
今の時代「努力は必ず報われる」って方がむしろファンタジーだよなあと思ってしまう。フィクションの中くらい頑張ったら報われたいじゃないかー。かー。
Peculiar News JP @digdagzigzagu 2012年12月23日
picopicomen 作家の方々が重い話をやりたかったらラノベ以外で書くといいと思います。ラノベって何でもありにみえて実は受け口が狭いです▼トラウマで胃が痛くなるので有名な「なれる!SE」なんかは例外だしねー。▼表紙は女性キャラオンリーだった気はする。
アカさん @aka_san0 2012年12月23日
ラノベに限らず、受け手側がやかましくなればなるほど、その業界はどんどんつまらなくなっていく。テレビなんてその最たる例だよな。創作の可能性を狭めさせてまで「俺が望むものを作れ」なんて、受け手側の要求としては最低最悪の部類だと思うよ。
不二式 @Fujishiki 2012年12月23日
若い頃は確かに自分も鬱展開とか成長物語とかより単純にヒロインのかわいさとかヒーローのかっこよさに憧れてましたが、大人になるとむしろ鬱展開とか成長要素ないと楽しめなくなってきますよね。読者の大半が前者なら前者のものが求められてることになりそうですが、昔からヒットしてる話って大抵が鬱展開も成長要素もあるわけで、結局読者の要求通りだけでなくむしろ読者を成長させる方向で行くのが正しいエンタメなのかもなとも
Mill=O=Wisp @millowisp 2012年12月23日
読者を楽しませるのもそうですが、作家さん方にも楽しく創作してもらいたいです。そうでない作品は編集者としても読者としても辛い。売れなければどうしようもないというのも事実ですが。
w@sabi @wa_sabi 2012年12月23日
「最近の読者」と記号化された存在。それは貴方のイドの怪物なのです。
はやまさんじゅうろう @totoronoki 2012年12月23日
アンケート結果は真実だけど、そこから具体性のある理由を考えてしまうと実際とはかけ離れることになる。ストーリーテラーが得意な人がやると、説得力のある結論が導き出されてしまうから特に良くない。
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2012年12月23日
こういう読者はごくごく一部だと思いたい所ですが、現在のライトノベルのメイン読者層の生活背景や生活環境、そして読者がライトノベルという場所に何を求めているのかを調べてみる必要がありそうです。まだまだ夢を見ていたいお年頃なのかな?
ざ_な_く&890P@ミラクルライト工場ユニオン @z_n_c_890_P 2012年12月23日
まぁ、作品がブレイクすればこの辺の議論はすべて吹っ飛ばせるのでしょうけど…
黒猫魔法店 @Blackcat_Mshop 2012年12月23日
うーん…読者が求めているものを書くというのも必要なものかもしれないけども…。 私はどちらかというと作者さんが書きたいと思って書いたものを読みたいですね。読者さんがその中から取捨選択すればいいのではないのかしら。
Rick=TKN @RickTKN 2012年12月23日
「地味ーに努力とか伏線を積み重ねていく過程」は鬱展開とは呼ばない気が。シャナが囚われの身となったのは鬱展開とは思えないけど、アクセルワールドのダスクテイカー編で「犯罪の嫌疑をかけられた状態」は鬱展開だと思う。主人公に感情移入している読者が、(ネガティブな意味で)強いストレスを感じる展開かな。
terry @telsaku 2012年12月23日
本の内容が定型化されていくとジャンルごと飽きられれてしまって業界が衰退しちゃうので、ある程度バラけたものにしないと、作り手も読者も面白く無いよね。
Rick=TKN @RickTKN 2012年12月23日
>主人公は無色透明 つまり今最も求められているのはゲームブックだったんだよ。さあ、ページをめくりたまえ!
黒猫魔法店 @Blackcat_Mshop 2012年12月23日
何はともあれ…ともいうのもあれですが。作家さんには読者さん側に振り回されるだけじゃなくて、自分の書きたいノベルというのを表現していってほしいです。(そういう意味ではこういう議論のようなものをみてるとちょっと心配になってしまう私)
万里さん跡地@新垢始めました @masatosanatochi 2012年12月23日
よく考えたら「ラノベ読者の特徴」というよりは「編集さんが見るラノベ読者像」だよね?
ばしにぃ @hiro_orso_viola 2012年12月23日
ラノベに興味が無い人間から見たら、こういう読者って結局「グラビアアイドルの写真集を見てる人」と同じようにしか思えない。そのうち「シチュエーションさえあれば物語なんて要らない」ってことになるのかもしれません。…あと、作者が自由に書きたいものを書いても出版されないのがオチでしょう。
あかいK(あるいはs.sukawa) @akai_ktn 2012年12月23日
読者のために書く話であっても読者の要求通りに書く必要はないと思う。特に作家さんは。編集は逆に読者の要求を汲んであげる事が必要だろう。そのバランスが上手く取れればいいのだけどそれが昨今は難しいナーって話してるんだな。
pa @obscure____ 2012年12月23日
読者を意識しすぎじゃね?好きなように書けばいいじゃん。
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年12月23日
昔大塚英志氏がキャラクター小説がどうとかの本を書いて、「キャラクター小説(要はラノベ)は文学」「キャラクター小説こそが現実の鎖より解き放たれ自由に書ける文学なのだ」とかぶち上げてたらしいが、それ読んで割と古株のラノベ作家(第2回電撃ゲーム小説大賞に応募してデビューした位の時代の人)が「いや、つなぐ鎖が違うだけでしょ、文学は現実につながれてるのに対してラノベは売り上げに繋がれてるだけで」とか言ってたのを思い出すな
כניאל (けにえる) @knyel 2012年12月23日
文献あさってみれば明治の文豪でも「最近の読者はレベルが下がった」みたいなことを言ってそうだなーとか思った。
hamp@横浜山中 @32hamp 2012年12月23日
ぶっちゃけ、これ、読者でも作家でもなくて編集者の問題の話だよな。
はやまさんじゅうろう @totoronoki 2012年12月23日
ある業界には「流行色」というものがあるが、結局のところあれは「業界が流行らせたい色」という意味。「今年の流行色」が実際に流行るのは単純に、「今年の流行色」の衣服が他の色の衣服よりも多く生産され、メディアがそれを後押しするからだ。
コーチン @suirei_san 2012年12月23日
作家さんには現物見て安牌切らずに、危険牌切ってでもいい作品作って欲しいナァーというのがあったり。 ギリギリのトコでバランスとるのってホント難しいんでしょうね
はやまさんじゅうろう @totoronoki 2012年12月23日
ハーレム系ラノベが流行っているのは、結局それは同じジャンルが大量生産されて、そこから秀でたものに注目が集まっているというだけの話。数があればそれだけ当たりやすいだけ。 それに出版社やメディアが「流行る」と思い込んでるジャンルには莫大な広告費が集中するだろう。 「表紙買い」なんて言葉もあるラノベ業界では、広告の威力は計り知れない。
はやまさんじゅうろう @totoronoki 2012年12月23日
「読者に振り回されているラノベ作家」のふりをするのはいい加減止めて欲しい。 勝手な読者像を捏造して空回っているだけなんだから。
道化童子 @DKDZ 2012年12月23日
誰これ? ってのが半分くらいですが、まあ、作家なんだから、不満があるなら作品で黙らせろと思うのですがいかがか。
ItowSan @Itow_Bsk 2012年12月23日
コメントしたいけどコメントしづらいこの感じ。
ItowSan @Itow_Bsk 2012年12月23日
こういった「最近の作品傾向」についての話はあちこちで聞かれるけど、やっぱり編集も編集の立場があるんだよね。一冊非難が殺到しただけで消えてしまう作者、編集もいる。挙げられているようなジャンル・ブランドを守るとかいう考え方が理想とされるのは当たり前なのかもしれないけど、夢を売るって言ってもそれで飯を食い食わせるわけで、読者の意向をおいそれと無視できない。
ItowSan @Itow_Bsk 2012年12月23日
年々売り上げも落ち込んでるし、その理由の中二はこの大不況時代において娯楽費が先に切り捨てられることもあるだろう。そんな状況下で「多少の需要はあるはずだ」で動くわけにはいかない。売れない夢で飯は食えないからなぁ
minkan1inno @minkan1inno 2012年12月23日
ラノベが学園ハーレムモノばっかりになるのは編集者の仕業ですが、編集者がそういう方向で頑張らないとそのレーベルは売れなくなり、採算合わなくなって消滅します。エロ小説はその典型で、作者にフリーダムやらせてたレーベルは軒並み消滅しました。青心とか面白かったのにね。
よーぐる @Seto_yasu1987 2012年12月23日
四季センセはイラストレーターだから、コメントの流れにちょっとだけ違和感を感じてしまう
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年12月23日
何と言うか、一読者の「主人公が特別な存在だから感情移入できない」みたいな文章が、本当にそうなのか?と言う疑惑もありますね。何となく気に入らなくて、とりあえず思いついた理由並べただけちゃうんか?と言う。w
くろいすずめ @kuroihakuchou 2012年12月23日
ジャンルのガジェットだけ過剰にあふれて消費しつくされた挙句の果てに、”読むということ”すら放棄しているような「そういうのは○○には求めてないんだよ」とユーザー(読者)にいともたやすく言い放たれる(舐められてるとも言う)業界って、いろいろ限界に来ている気がするんだが。
ミケ猫。 @mikenekomaru 2012年12月23日
最近のラノベをみて、理由は分からんがどれも同じように見えるなーと思ってたが、このまとめで分かった。自分が楽しいと思える物が今売れるている作品との差が出来てきたからなんだ・・・俺はもうおっさんなんだな・・・
ざぜ/math or die @zazenpichin_ 2012年12月23日
この種の困惑はわかる気がする……。なにが建設的な方向かもわからないし。どこが悪いとかどうとかいう批評的な言葉ほど役立たずなものもないけど。
ざぜ/math or die @zazenpichin_ 2012年12月23日
もちろんビジネスの事情も勘案するけどそれだけじゃないしな……
ミケ猫。 @mikenekomaru 2012年12月23日
っていうか、そんな『とりあえず売れればいい』って風潮は何とかして欲しいなぁ。これが続くとあとは衰退の一歩ですよ?某妖精さんラノベのごとく
マガミ@「南洋通商」日 西“も”-19bでした @ryuya_magami 2012年12月23日
ギャルゲ系顔無し主人公でないとダメな層は、エロゲ全盛期を過ごした30代オタ層の中にいるんでねーかな。顔無しだけどある意味超人スペック。…俺はラノベだと逆に、そういう方が感情移入できないのだけどね
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年12月23日
作品で黙らせろって、そういう作品を出す事すら難しいと言う話だと思うんですが
サンチュー @tomo_int 2012年12月23日
読者に対して実際に作品を売る側(出版社や編集部)の主張が、「○○な作品を書きたい」という作家の主張に優先しがちな傾向は今に始まったことではないけれど(参考:http://goo.gl/ZLtQG)。多点化少部数化で毎月攻防が激しい昨今の情勢もあって、困惑の度合いはより一層増しているのかな。
万里さん跡地@新垢始めました @masatosanatochi 2012年12月23日
豆腐メンタルな読者像に合わせて最大公約数的な作品に特化させていく……それ自体は否定しないけど、度が過ぎると似たようなつまらない作品の粗製乱造になりかねないような。
死の王子 @__ouji__ 2012年12月23日
編集を通さずに自前で流通を用意する時代が来るのかしら
瀬名 @haru3794 2012年12月23日
むしろハーレムやふられること前提で出されるおにゃのこや主体性の無い主人公のほうがとても苦手ですわ…。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2012年12月23日
ゲームブックは自分も思ったけど、それは既に「一本道コンピュータRPG」が受け皿になってるよね。
黒田クロ @kurotoya 2012年12月23日
うーん、でも実際売れるラノベって主人公がヒーローだったりするから、無色透明な主人公を好むのってノイジーマイノリティなだけなんじゃないのかなあ
山本ランビディン @white_apple001 2012年12月23日
カオナシ主人公がいいなんてそれこそメディアの違いを理解できてない読者層なのでは。
のちの(ry @Nochino 2012年12月23日
全部編集者さんの所為にするのも個人的には如何なものかと思うが、結局のところ根本にあるのは「売り上げ至上主義」なんだよなぁ。売れないと駄目→売れるものを書くように誘導→似たような作品で溢れるという流れ。昔というか黎明期のラノベは勿論売れるものを、みたいな考えはあったと思うけど、今ほどがっついて金を稼ごうという流れではなかったように思う。業界人じゃないから完全にイメージですが。
のちの(ry @Nochino 2012年12月23日
まぁ、幾ら世にテンプレラブコメが溢れたとしても、1作品でも2作品でも自分の心を熱くさせる「クリティカルな作品」が出続ける限り、ライトノベルは滅ばない、などと勝手に思ってる。大勢がそっぽを向いていても、結局自分の読みたい本を読めばいいんだし。業界のこととか一切考えてない読者の一意見で悪いけど。逆に言うと、そういう作品が出なくなったとき・・・
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2012年12月23日
男性向け作品なのに男性主人公が居らず女性キャラクターだけ居て失敗も苦悩も葛藤も無いので成功や成長もなく…。なんだ、けいおん!じゃないか。
フローライト㌠ @FluoRiteTW 2012年12月23日
hiroharu_minami そもそもの話、「ツンデレ」の語源って「人前ツンツン/二人きりデレデレ」だったんじゃ?それを拡大解釈の果てに、ただのヒステリーとか人見知りなだけとか段階的に親しくなる普通のラブ展開とかまで、単に釘宮声とかツインテール&ツリ目なだけでツンデレ呼ばわりしてるのが現状で……あべこべになってる気がします。
白墨 @kayakari_ 2012年12月23日
ラノベの読者の傾向というよりも、編集者の思う読者像であって、参考にするのは良いが作家がそれに振り回されちゃダメなんじゃないの?と感じるのは私がラノベ業界にいないからかな。作る人間と使う人の間に挟まったポジションの人物は全面信頼するに値せず、です。
フローライト㌠ @FluoRiteTW 2012年12月23日
「作品で黙らせろ」っつーても、食わず嫌いで読まないんだから仕方がない。読まないけどあらすじだけでdisるから始末に終えない。これが情報化社会・・・
伊坂一馬 @Ithaca_Chasma 2012年12月23日
作り手が、作り手だけの飲み会でこういう話をするのはいいけどさ、受け手が見られる公の場でする話じゃねえだろうよ。
伊坂一馬 @Ithaca_Chasma 2012年12月23日
それともそういう芸っていうか、売名行為・ブランディングなのだろうか。いずれにしてもあまり褒められたものじゃないと思う。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2012年12月23日
まあここで書いてる人は普通に一線で書いてる人気がある人なんで、編集や読者の意見…「今時の読者」で提示されるイメージに違和感が生じているのはあると思う。だって、そんなでなくてもいけてるヤン…という具合に。要するにこれ、実情見てない上司(編集)に対する愚痴だよね。
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2012年12月23日
毎度の事だけど気に食わなけりゃ読まなきゃいいじゃん。居るよね肛門に鼻近づけて臭い臭い怒ってる奴。オレぁこう言う裏話的本音的話を知るのは好きだぜ。
ロペス課長(47) @Atsunori_Lopez 2012年12月23日
努力や失敗が許されない小説なんて誰が読むんだ?
つかさすすむ@今月誕生月 @tsukasago_ 2012年12月23日
作家が好きなもの書いても、それが表に出なきゃ書いてないのと同じ事になる訳で。だから売れ線の内容に偏ってしまうのも仕方無い事だろうし。このまとめは、そういった現状確認を作家さんの間でしたもの、という解釈だなぁ自分は。嘆きや諦めではないと思うよ。
ロペス課長(47) @Atsunori_Lopez 2012年12月23日
全文読まずに上っ面だけ読んで「作家が読者を、ベテランが若い世代を馬鹿にしている!」と勘違い批判してる人がチラホラ居るね。そうやって意味を考えずに上っ面だけしか読まないから批判されてんだよ。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2012年12月23日
何のことはない商業主義に染まってる作家が自分自身に言い訳してるだけのまとめ。売れるためには最大のパイを狙わなければならないが、皆がそこを狙ってくるので釣れる魚は小さく、魚もやがて消えてゆく。創作する人に大切なのはあえて外すこと。その実力がなければ皆が狙うパイのおこぼれを預かることしかない訳だわな。だいたい読者が馬鹿だなんて数十年前から言われとるわwwその馬鹿に見透かされてしまうようなものしか作れない自分の才能のなさを恥じろよww
れーじ/午後12時の男 @le_ji 2012年12月23日
榊一郎は少し別の流れでここでまとめられてる呟き言ってなかったっけ。元弟子だったかが「ラノベはハーレムラブコメじゃないといけない」とか思い込んでるようで、『いやそういう需要を満たしつつ、やりたいことを織り込んで書けばいいんだよ、それに最近はファンタジーに対する需要もあるよ』とか言うようなこと呟いてたと思うが。
山本ランビディン @white_apple001 2012年12月23日
むしろ作家同士の葛藤が生でみられるのがレアだし、基本相互リプでのまとめなんで 受け手が見られる場でとか何見てモノ言ってんだという
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2012年12月23日
創作の中でくらい努力が実を結んで欲しいというのは、野田昌宏がスペースオペラの書き方などで似た事を書いてた頃すでに「考え方が古い、リアリティがない」という批判してた人がいるから、やっぱり同じところをぐるぐる回ってる様に思うなぁ……。ところで、自分では書きもしないし、読みもしないから読者ですらない人がなんでぶちぶち文句コメントつけてるんです?
オズクレイン @ozkurein 2012年12月23日
一方ここ数年の高評価なエロゲーは主人公が一人のキャラクターとしてしっかり個性を持ってたりするので 「エロゲーみたいな無個性主人公」って言葉はもうすぐ死後になるのかもしれない
Digi_HA@大和建造41回目で勝利 @Digi_HA 2012年12月23日
最近の若い者がじゃなくて全盛期のエロゲを支えたおっさんが気力体力財力にやさしいラノベに流入している可能性。俺だけど
さやか【青】 @hots_ 2012年12月23日
FluoRiteTW えーっと、その「人前ツンツン/二人きりデレデレ」自体が、ツンデレの新訳だと思いますよ。もともとは「初対面ツンツン→親しくなるとデレデレ」だったので、人前かどうかは関係無かったです。今はほとんど「人前/二人きり」の意味にとられてますね
池田さん @OniSimanzu 2012年12月23日
想定している読者層が悲惨すぎる 生きていくのに苦労するレベルのパープーじゃないか。
池田さん @OniSimanzu 2012年12月23日
バカは本なんか読まないぞ。活字なんてもってのほかだ。
へへ @hehehoge 2012年12月23日
スレイヤーズを喜んで読んでたおっさん的には何も言えないというか・・・。結局、最近の若い者は、でしかないのだろうな。
たちがみ @tachigamiSama 2012年12月23日
売れ筋の作品は割と主体性ある方の主人公が多いと思うのだが この主人公なんとなく気にいらねえ、に適当な批評を乗っけただけじゃないのかな 単に気に入らんだけでいいのに 
石膏粉末P@3/10ゲームマーケット大阪 @sekkou_p 2012年12月23日
「主人公が特別な存在だから感情移入できない」それはいいでしょう。理解できなくもないです。所で、周りに可愛い女の子がいっぱいいて、その大半に好意を持たれている男ってのは充分に「特別な存在」ですよね。
シンデン @Shinden28 2012年12月23日
ええと、要は時代が一回りして金田正太郎やバビル2世みたいなキャラやマンガが良いってことですね!(微違
坂東α @bando_alpha 2012年12月23日
えっ鬱展開って「地味ーに努力とか伏線を積み重ねていく」なの?恋人が惨殺されるとかじゃないの?
クソダサ英字プリントTシャツマン @nobocchinolife 2012年12月23日
言っていることはすごくわかるけれどおそらくはこの人達にとってくだらなくない作品がきちんと評価されていた素晴らしき時代だってほとんど同じ批判がされていたんだろうな
fujisawa @nmjksn 2012年12月23日
とりあえず皆ガガガ文庫で書けばいいと思うの
中国の核兵器がいずれ必ず日本に落ちる @game_zuki 2012年12月23日
昔と比べ、現実世界で努力しても成功する可能性が下がっていて、時代の閉塞感が増していってる。それに比例して娯楽コンテンツは現実逃避・ウサ晴らしの道具でしかなくなっていくということだろう。
WicKid @wickid101 2012年12月23日
まさに「老害」w サイクルが早いから、年齢的に若くてもそうなるんだろうね。ポップ・カルチャーで「受け手が...」って。 貴方の才能が必要とされなくなってるだけです。 
AQN@ヮ<)ノ◆ @aqn_ 2012年12月23日
「昨今の結果だけしか求めない風潮にはちょっと付いていけません~」←付いていかなくていいですよ。さようなら。
HiraseAtsushi @HiraseAtsushi 2012年12月23日
メディアの違いを理解せよ
中国の核兵器がいずれ必ず日本に落ちる @game_zuki 2012年12月23日
そもそも現実が真面目に働いたり物作りをするよりも、アフィブログやったりスマホアプリの広告で稼いだ方がずっと儲かるという世の中。だから努力友情勝利の説得力が無くリアリティが薄れているから、そういう物を書いてもつまらないと言われてしまうのだよ。
高千穂 伊織 @t_iori 2012年12月23日
なんか「初音さんのパチンコ化?好きなやつが金出して儲かるんならどうでもいいじゃん」にたいして、バッシングわき起こった時を思い出した。よそ様の市場まで口だしてもしょうがあるめえ。そいつは自分の客じゃなかったんだ
こいん @360coin 2012年12月23日
求められるものを提供し続けるだけでは、袋小路になっちゃう。読者も自覚していない嗜好を掘り出していくことが理想的だ。まぁ、ラノベ以外のジャンルがその先鞭をつけてくれてもいいのだが。
サン @0livier83 2012年12月23日
時代は変わってしまったのか。空しい
高千穂 伊織 @t_iori 2012年12月23日
新商品開発して既存(自分たちの)顧客層と合わない新規開拓に成功して儲けてるんだから褒めるところじゃないのかな。ターゲットとするマーケットが違うとこに「そんな商品いらないだろ」って言っても営業間違ってるよ
へたれパンダ @kokoron10 2012年12月23日
まあ割と同意できる話ですが五代先生はそんな風潮でも自分の趣味を全力で作品にぶつけているのが すごいなと思います。
プギャー @kakenai01 2012年12月23日
日本で「失敗から立ち直る主人公」なんぞにリアリティあるんですかね?進学、就職、恋愛、あらゆる面で失敗が許されないこの国で。
ShoCoh @ShoCoh 2012年12月23日
業界全体に対する分析な話なのに、作家が自分が売れてない理由を嘆いてる、という風に取ってる人がそれなりにいていろんな意味でワロタw ここで話してる人たちはラノベ作家の中でもそれなりに売れてる人達なのになあ・・・w
オズクレイン @ozkurein 2012年12月24日
「失敗から立ち直る主人公にリアリティがあるのか」←リアリティはないかも知れないが「萌えゲーアワード2012 ゴールド大賞受賞作品 『この大空に翼をひろげて』」の主人公は 元自転車部で試合中に怪我して膝の手術して自転車に乗れなくなった主人公が別の道で立ち直るお話 でゴールド大賞とってるんだよなぁ
きりしまにしぐち@提督稼業絶賛放置ちう! @kirishima2813 2012年12月24日
「ラノベ」の読者層が、当初作者側から「設定」していた中高生から、二次元好きの「大きなお友達」にシフトし出して、その読者があれこれ「クレームめいた感想」を受け取って憔悴しきっている地獄絵図を見ている感じ。本来の作者側が求める「ライトノベル」が、徐々に乖離する流れに「打開策」が見当たらないというジレンマ。
オズクレイン @ozkurein 2012年12月24日
それこそ今大人気のガールズアンドパンツァーの主人公は 前の学校での失敗から立ち直って全国大会の決勝に挑んでるんだよなぁ
たかまっち @takamatti 2012年12月24日
個人的な経験から言うと、辛いときほど時間的精神的肉体的に余裕がないときほど頭空っぽにしてバカになって楽しめるタイプのフィクションを好むようになる。わざわざ娯楽で疲れたくないなーって。
すぎ @kafunsugi 2012年12月24日
ロードスからブギポに変わったように、ブギポからハルヒに変わったように、ハルヒからバカテスに変わったように、ラノベというのは短いスパンで変化するものだ。それを何だ受け手がどうのって、そんな高尚な文学作品を書かれるんでしたら一般文芸に移ってください、としか。ラノベってのは読者をマーケティングしたからこそ注目されたのだと思っていたが。
KAkashi / 今木 洛 @maikakashi 2012年12月24日
まぁ個人的にアニメから原作を手に取るので余計な事は思った事はないなぁ。
せいさく @seisakuoh 2012年12月24日
普段あまりラノベ読まない人だし、今の流行りとかは知らないけど、誰かが言ってた「自分が面白いと思えない作品を、読者が面白いと思うわけがないだろう」って話を思い出した。
リオ @rio4649 2012年12月24日
ラノベ作家の楽屋裏の覗き見として面白かった。公の場での発言ならともかく、作家たちのプライベートな発言を見て「客を馬鹿にするとはけしからん」とか言っちゃう人たちって、なんだかなぁ。そんなに客扱いされたいならツイッターなんか見るなよ・・・
津久ヶ原シャログ/へその人(冥加P) @Silver_Shalog 2012年12月24日
読者、作者、編集のいずれかに原因があるはずという考えのコメントが存外多くて首を傾げる。
HiraseAtsushi @HiraseAtsushi 2012年12月24日
たまにスポンサーに原因があるよね、目に見える形で。
青空ぷらす @aozorapurasu 2012年12月24日
コメント欄(の一部)を見ると、本編の話はあながち的外れじゃないんだと思う。
89siki @89sikin 2012年12月24日
逆に考えるんだ!可愛い女の子を主人公にすれば解決できると!!!!(何の解決にもなってません
とーか @tohka383 2012年12月24日
コアなファンだけでなくライト層に購入されるヒット作、ないしはそれなりに幅広い層に手に取られて最低限の売上をクリアする作品。読める人はちゃんと読めるだろうけど、ライト層まで浅く広く手に取られるために、冒険はさせられないのかな。編集部からすると
桜Trick伝道師 @daddyofYuiOgura 2012年12月24日
ピラミッドの壁画「最近は石版の読者もレベルが下がった」
Nyadach @N__yadach 2012年12月24日
最近のラノベは全く読まないが、「これが最近のラノベ読者の特徴です」とか言われると「ソースどこよ」と言いたくなる。統計でも取ったのだろうか?一部の読者だけ見て「最近の若者は」と言っているだけにしか見えない部分も多い。レビューで見たって言われても…
Nyadach @N__yadach 2012年12月24日
あと勘違いしている方もいらっしゃるようですが、ツイッターというのは全世界に向けて発信している「公の場」ですよ。プライベートな発言をするつもりであれば、最初からツイッターなどではなくメールやDMでしているでしょう。プロの表現者がそんな常識すら弁えていないと考えるのは流石に馬鹿にしすぎかと。
リオ @rio4649 2012年12月24日
勘違いしている方もいらっしゃるようなので補足しておきますが、ツイッターは秘匿性がないという点で公の場ですが、全ての会話が視聴可能な全ての人間へ向けて発せられてるわけではありません。駅前の喫茶店での会話が公の発言でないのと同じこと。彼らは文章で客を楽しませるプロであり、ツイッター上で客に媚びるサービスのプロではありません。プロの表現者相手にそこまでのサービスを求めるのは、客として流石にあつかましすぎかと。
Nyadach @N__yadach 2012年12月24日
まあ結局のところは、「作品で黙らせる」しかないのではないのでしょうか。本当に面白い作品であれば、多少の批判はあろうとそれを打ち消すだけの評価が自然と得られるものだと思います。そもそも出してもらえない」というなら、それは読者以前に編集すら黙らせることができなかったという事なのでしょう。
房乃介 @fusanosuke 2012年12月24日
勘違いしている方もいらっしゃるようなので横から茶々入れしますが、togetterはまさに駅前の喫茶店の会話がトゥギャられた瞬間に公の場での発言のようなものにしてしまうサービスです。駅前の喫茶店での会話にも細心の注意を払わないと思わぬ騒動を引き起こします。
Nyadach @N__yadach 2012年12月24日
ツイッターは公の場と書きましたが、たまにそれを理解できないどこかの店員とかが、客に関して不用意な事を書き込んで炎上する例とかもありますね。ひょっとしたら「嫌なら見るな」「客に直接言ったわけじゃない」「ツイッター上で客に媚びるサービスのプロじゃない」「客としてあつかましすぎ」などの言い分もあるのかもしれませんが、ツイッターは全世界に向けて発信しているものですからね。大方その手の人は、喫茶店で会話しているかのような勘違いでもしているのでしょう。「バカ発見機」などと揶揄される所以ですね。
Nyadach @N__yadach 2012年12月24日
もちろん、今回の作家先生たちの発言がそれらに並ぶような失言というわけでも、叩かれて炎上するべきなどと言っているわけでもありません。しかし全世界に向けて発信している以上、それに対して様々な反応があるのはごく自然なことであり、そしてそんなことは皆様当然理解したうえで書き込んでいるであろう、という事です。・・・まあプロの作家に対して、ネットと喫茶店の区別もついてないだろうとまで勘違いしてる人なんて流石にいるわけはないとは思いますが、念のためという事で。
比那北 幸 @hinakita 2012年12月24日
本筋から離れますが「吸血鬼ハンターDタイプの超絶主人公」ってアイツ全然超絶じゃないっすよ!? あの左手いなかったら何度も死んでますよ!! 超絶ったらメフィスト先生でしょどっちかっつーと。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年12月24日
コメ欄見てて 『若い読者が作家から自分が馬鹿にされた様に感じる』 と言うのが作家にとっていかに避けるべき落とし穴なのか、ってなことを思った。 『説教調は悪手』っていう以前からの警句も、そこら辺が根っこなのか。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年12月24日
勝手な感想だけど、榊一郎さんと神野オキナさんの二人が、かなりそこに意識的(特に榊さん)という感じがする。優れて市場重視の姿勢だと思う。
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2012年12月24日
努力が嫌い、というよりは諭されて努力した結果成功するという展開を嫌っている節があります。でも正直俺TUEEEE系の主人公は感情移入できなくて辛いですね。SAOも2巻(アインクラッド編)までは曲がりなりにも成長型っぽさがあったので良かったのですが、それ以降は無双している感じでなんとも・・・。
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2012年12月24日
最近の売れ筋作品を見ていると、主人公に自己を投影する内容から単純な爽快感を求めるようになっているのではないかとも考えられますね。作品を楽しむというよりは、その作品で悪人(というより爽快感をぶち壊しにする敵役)を叩きのめす描写を楽しんでいるというべきか。そこには説教なんて必要ないというわけで。
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2012年12月24日
あとは失敗から立ち直る描写が受け入れられないということ。当然ですね、社会が失敗そのものを許さないんですから。いっそ機械に社会を回させたらどうなんだ、と言いたくなるくらいに失敗アレルギーが蔓延している。だから小説で失敗から立ち上がる展開というのは、読者の中で嘘になってしまうんです。這い上がろうとする主人公ではなく、リトライを許容する作品の世界そのものがね。
中国の核兵器がいずれ必ず日本に落ちる @game_zuki 2012年12月24日
ラノベってよく知らんけど主人公のウエイトが大きすぎるのかねえ。漫画だとかつて読者は悟空よりクリリン、ダイよりポップという二番手キャラに感情移入・自己投影してたわけだよ。それで描きたいものが描けるんじゃないの?今のラノベは「努力せず俺つえー主人公&ハーレム」というフォーマットにはまりすぎてるんじゃないかな。
chewycube @chewycube 2012年12月24日
正直売れ線の王道ものを売れ線として楽しむ時よりも、自分のストライクゾーン(人に分かって貰えない場合含む)や真逆の価値観でも納得できるものに出会えた時のギャップへの喜びのがでかい。自分が飽きただけかもしれないけど。
ケツが切れ痔(非)乙女 @long_sleep_goat 2012年12月24日
作家が好きな物を書かず、仮想の読者層の為に書いているというのが、ライトノベルは小説じゃなくアニメのプロットと揶揄される所以か
ECHO @echo2944 2012年12月24日
受け手が劣化しまくっているのは事実。現状ラノベ読者なんて作者にバカにされても仕方ないだろ
w@sabi @wa_sabi 2012年12月24日
読者の劣化は明治文学の頃からジャンルを問わず連綿と言われ続けている話ですから。あと100年くらいしたら、ラノベも純文学的な地位を得るようになったりするのでしょうかね?
なが @k_watarase 2012年12月24日
偏った意見が通るのは、それ以外の意見が寄せられないから(もしくは少ない) 本当に基本的なことだが、「顔の無い主人公」のような作品を望まないのであれば、感想を送るなどの意思表明をすればいいと思う 少なくとも、作家は読者に読んでもらいたいと思って書いていて、その努力を笑う事は私にはできない
よーぐる @Seto_yasu1987 2012年12月24日
フルメタ絡みで行けば、2chのフルメタスレはまさにこういう流れを感じますわ。主人公はどうでもいいラノベが主流→だから主人公が魅力的なフルメタは別物って意見が一部で常に主張されてて、尚且つそこから”主人公に比べると”ヒロインが不人気だから失敗だった、そういう言説が毎日のように繰り返されててやんなるよもう。
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2012年12月24日
今ふと思ったが、「読者を想定して書く」のがラノベの本質なのかもしれん。作家性を前提した作品ありきではなく、商売ありきの商業的作品というか。
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2012年12月24日
失敗が認められない社会って新学制からこっち高校受験でほぼ残りの一生が決まってしまってたのでそんなの今に始まった話ではないのだが。エヴァの3rd.インパクトは受験、使徒は模試のメタファだってのがオレの自説で。
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2012年12月24日
リアルじゃ失敗が認められないから嘘ってフィクションはそれその物が嘘であって、フィクションだからこそ失敗から這い上がって成功を掴む登場人物を見て痛快な気分になりたいとは彼らは思わないのだろうか?
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2012年12月24日
@AerospaceCadet 痛快の前に大きな違和感を持ってしまうのですよ。確かに作品の世界はフィクションではありますが、主人公に自分を重ねて読む作品だと、失敗の許容に対しては自分の経験や境遇と照らし合わせてしまい、「こんな展開はありえない」という考えが飛び出してしまう。だから、主人公が舞台装置の一部として記号化していないと受け入れられなくなる。
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2012年12月24日
痛快を味わわせるためには、読者とは完全に乖離した超人を描かなければならない。SAOなどの高い実力を持つ主人公が登場する作品に人気が集まるのは、そういった側面があるからではないでしょうか。売れ筋がファンタジーへシフトしつつあるのも、「根底から現実世界とは異なる」ために、読者が現実と照らし合わせての疑問を抱きづらいという特徴があるからではないかと思われます。
げそぱん @gespannt_ 2012年12月24日
努力による成功こそがもはやファンタジーと感じる世代を顧客にしたいなら、努力すること自体がテーマじゃなくて、周囲からの期待感によって自分の凝り固まった行動原理を破壊すべきかという葛藤をテーマにすればいいだけの話では?基本SAOもそういう話でしょ?
月海海月 @Heavy_kishimen 2012年12月24日
全員知らないんだが・・・マイナー作品しかない作家さん?
w@sabi @wa_sabi 2012年12月24日
Heavy_kishimen みなさん自作がアニメ化されていたり富士見ファンタジアの大賞初受賞者であったり。マイナーとは言えないと思いますよ。
天下無敵の無一文 @takosuke2200 2012年12月24日
まとめると、言いたいことがある人はアンケートハガキや感想メールを出版社に出しましょうということになりますか(笑)
池田さん @OniSimanzu 2012年12月24日
ワンピースっていう漫画描いてるおじさんが言ってたなあ。「男の子は感想はがきなんて出さない」って。出してくるのは女の子が多くて、そのはがきの声ばかり聞いて漫画描いていたら、メインの読者層である男の子が離れていっちゃう。
池田さん @OniSimanzu 2012年12月24日
これは憶測の話だけど、ライトのベルの主な読者層って、中二病に罹患した子や、大きいお友達だと思うのよ。その層のどれくらいが、感想はがきやアンケートに答えているのかなあ。そう考えると、上にまとめられてるような「架空の読者」像が、どんどん怪しくなってくるわけよ。
Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2012年12月24日
既にあるけど、コメ欄の一部が作家諸氏の嘆きを自ずから補強しているようで、むせる
げそぱん @gespannt_ 2012年12月24日
ライトノベルとJリーグはラウドマイノリティーとサイレントマジョリティーの意見を聞き違えてる業界の双璧だと思う。
池田さん @OniSimanzu 2012年12月24日
「バカ世界地図」っていう、世界中のバカの意見を取り入れた世界地図を作る企画が昔あった。「テキサスから日本まで車でどのくらい?」レベルのバカの意見を取り入れていくやつ。そうやってできた世界地図みたいなのが、ここでいう「架空の読者」だと思うのよ。
ショウ @ibi_s 2012年12月24日
俺は偏屈でおかしい主人公好きだよ
TAKASHI@アオイホノオ大好き @liarsoftLOVE 2012年12月24日
この手の話題になると真っ先に発言者をディスっちゃう人って図星っぽいよねw
マガミ@「南洋通商」日 西“も”-19bでした @ryuya_magami 2012年12月24日
「満足して声をそんなにあげない読者」がこの作家陣にはきちんといる状態。なので余計に(文句だけ多い)架空の読者(像)が目立つんでないかなっと。棒にも橋にもかからない新人ならともかく、流れを見つつ売上を出そうと模索し続けてるから余計に
kawonasi @kawonasi4989 2012年12月24日
アクセルワールドの主人公のシルバークロウはすんごく苦労して挫折してそこから立ち直るっていうかなりありがちのパターンを踏襲してる主人公だけど、結構売れてるなぁ。話半分ぐらいなんじゃないかな?
セルフ執事 @SF_yomi 2012年12月24日
なれるSE面白いよ!! 橋本課長LOVEだよ? 
いずみのかな @runco_a 2012年12月24日
出版業界も不況で市場が縮小するなかだから、一度市場に受けたコンテンツはたちまち型になって一気に汎用されて消費されて古くなって、しかし確実に一定数は売れるためわざわざ新しい冒険をして損害を出すリスクを背負えない結果、業界全体が保守的になっていって…、というスパイラルに商業作家も編集もはまってるし、読者も実ははまってる、っていう話なんじゃないかと思った。
ざの人 @zairo21 2012年12月25日
なんだかんだ俺らが騒ごうが、面白い作品は面白いし、つまらん作品はつまらない。作家の人格で作品を選んではいないと思うけど、(例 冨樫義博とかw) ただ作家が読者を馬鹿にするコメントであるなら、それは読みたくはないので、あえてコメント欄だけで想像し、どういう作家がつぶやいているかは見ないでおこうと思う(苦笑)
きなこもち@トンベリ鯖 @mochiko_FF14 2012年12月25日
俺TUEEEも行き過ぎなきゃいいところは一応あるし、何も考えなくてもそれなりに楽しめるのは好き。それでも俺TUEEEだけを読まないのは努力して強くなってく主人公が見たいから。どちらにも言えるけど、現実ではありえない展開こそがいいと思う。単に自己投影して読んだことないからかもしれないけど。
間中瑠玖 @ManakaELK 2012年12月25日
>努力話とか重い展開の話が読みたかったら角川文庫とか新潮文庫に手を出します。そういうのはラノベに求めてないです  貴方はそうかもしれないので、貴方はそういうタイプのラノベ「だけを」読めばいいのではないでしょうか。正直、今やラノベ出してる出版社が数倍、そして月に出るラノベも数倍なんだから『自分の好きなタイプのラノベだけ読んでて』も、一向に問題はないと思います。だから「私の嫌いなタイプのラノベは出さないでください」というのは間が抜けてますよ
ざの人 @zairo21 2012年12月25日
最近の作者、特にラノベと分類される作品の多くは、作者がアニメ世代に受けるアニメ設定やパロで作品を作っている気もしないわけじゃないし、アニメ化される前提で作品を作る風潮は有る気がする。「ライトノベル」という言葉がなかった時代から、挿絵がそこそこある朝日ソノラマ文庫を主に読んできた世代は、これも今で言うラノベ?と思い意味を検索すると「挿絵がそこそこ有る小説」であればラノベと言えるし、今で言うラノベの走りだったことも判る。「ラノベ」というジャンルは曖昧な定義であることも判る。 
やけん @yaken_anko 2012年12月25日
普通にこんな話題に上がってるやつばっか読者だったらラノベレベルの日本語ですら通じるかすら怪しいが、そんなおこちゃまの意見に煩悶とするのは制作側からして心底時間の無駄だと思いますけど。
間中瑠玖 @ManakaELK 2012年12月25日
仮に私が権力持ってて「私の嫌いなタイプのラノベを出すな」というファッショな意見を出版業界に通したら、某アニメ化も当たってる作家の作品が全部消えるなぁ。そんな馬鹿なことはしたくないなぁ。読まなければいいだけなんだし
やけん @yaken_anko 2012年12月25日
でもまぁ会話の流れ読むと酒のつまみの雑談という印象でそんなやつら眼中にはないでしょうしそれでいいと思う。
やけん @yaken_anko 2012年12月25日
逆に今のラノベなんて一部でそういうやつ向けとしか思えない頭の悪いのが普通に書籍化して並んでるけど、そっちの方が将来的に頭痛いわ。
やけん @yaken_anko 2012年12月25日
上は個人論だけど、実際は作る作品読む作品そんなもんは自由なわけで、それなら同じラノベでもまったく趣旨から外れた読み方してるやつにすら媚を売る必要はないんじゃないの?ってこと。
間中瑠玖 @ManakaELK 2012年12月25日
『ラノベ』の定義すらカオス(昔読んだ本に、ラノベは「ドクロちゃん←→マリみて」を極点として見る時代、とか書いてた記憶が)な時代が数年続いてる時点で、読者の範囲も混沌としてるのは間違いないと思うんですよね。今の時代、ラノベ読者にマジョリティって存在するの? と思うので、先生方はちょっと考えすぎな気がします
やけん @yaken_anko 2012年12月25日
かつてガンダムの富野由悠季氏はVガンダムで「子供にわかって受けるガンダム」というガンダムの根底を揺るがしかねない要求をされた時、ローラーで地球を平らにし、全てをやり直すというトンデモ兵器を考案し、それに対して主人公側の「宇宙にいる奴はこんなことしか考えつかないような頭の悪さ」という反論で立ち向かったとされている。要求にこたえつつも話の破綻を起こさず、かつ要求側に精いっぱいの皮肉を送っている。このくらいのセンスが売れる物作れる人の要素なのかね。
UZIRO @UZIRO 2012年12月25日
主人公云々は作者側が「好かれる主人公」を目指すところを放棄してる部分が多分に含まれてねーかなーとか思ったり。ちょうどこの前ジャンプフェスタ行ってきたけど、矢吹先生は「気をつけてるところは何?」の質問に対して、真っ先に「リトの(読者からの)好感度」って間髪入れzに答えとった。
池田さん @OniSimanzu 2012年12月25日
インドでは現在巨人の星ばりのスポ根ものが人気なんだってね。国の状態で人気になる本やアニメが変わっていくってのも、間違いじゃないのかも。
天河 磨月 @polmoon 2012年12月25日
このまとめ面白い。コメ欄(ほぼ読者)の認識と編集執筆サイドのギャップもふくめて。
叔嗣 @korekorebox 2012年12月25日
ありきたりな意見で悪いけど「そういう読者も居る」と心の中でスルーするしかないと思う。100%の読者に受け入れられるなんて無理だから。でも商業作家として読者の意見にも耳を傾けているという姿勢を示さないといけないのは大変だよね。
夏凜(睡眠前)@つむぎー @tumugite 2012年12月25日
なんか最近は生き残るためのラノベを出している感がやばい。 その昔にもハーレム物がなかったわけじゃないけど、少なくとも作品の幅の自由度みたいなのが大きかった。 流行に逆らった作品がごろごろあったし、需要なんて知ったこっちゃねえみたいな場違いな作品もあったがそれはそれでよかった(もちろん売れなければ打ち切りだけど)。 だけど今はおもしろいから出すというよりも、今まで以上に売れるから売るみたいなレーベルが生き残るための方向に作品が流れてる感じ。
中国の核兵器がいずれ必ず日本に落ちる @game_zuki 2012年12月25日
近所の書店を見るとラノベの棚は漫画に比べて出版社がごり押ししたいような本ばかりが一面に並んでいて、偏りの激しい不健全な業界なんだろうなと思う。物書きが作るのはテキストだけなので、漫画家より出版社に対して立場が弱いのだろうな。
DDT @D_D_T 2012年12月25日
最近は、一般文芸のほうが「面白ければなんでもあり」感あって、逆にラノベは「売りたいものゴリ押し」「売れたもの追従」がひどい印象。これって何年か前までは逆だったんじゃね?(たぶん境界がなくなってるだけなんだろうけど)
yahyahkou @yahyahkou 2012年12月25日
というかまとめ見て「作家が読書を馬鹿にしている!」と捉えた残念な人いるのか? だとしたら読解力なさすぎというか、今回のまとめの証左というか、むしろ率先して馬鹿にされるべき存在だろってレベル。
Rick=TKN @RickTKN 2012年12月25日
ふと思ったが、コメント欄の方がノイジーマイノリティの可能性もあるな。想定される読者層より年齢高いだろうし。
Dai K @dee_k77 2012年12月25日
主人公の男に個性不要って、一昔前のエロゲか。
JIT_MIRUMIRU @JIT_MIRUMIRU 2012年12月25日
ますますラノベが『頭弱の読み物』になっていくのか。
青猫 @AonekoSS 2012年12月25日
ラノベがギャルゲ化してるって言われたりするけど、そのギャルゲ像が既に古い物だったりもする。とりあえず、うちみたくラノベ読者を取り込もうとしてるエロゲ屋さんにとっては、あまり被りすぎないほうが好ましい。
孝之 @takws 2012年12月25日
アニメや漫画にも失敗シーンや鬱展開的なものがあるが、ラノベほどそこに文句が集まることがない。これは絵だけを見ていればいいものと違って想像するしか無いからなんですかねぇ
木下ズル剥け @ooovvooo 2012年12月25日
Heavy_kishimen グーグルで検索するだけで名前から作品から評価まででてきますよ。 この読者像はそういった事すら頭が回らないような人を想定しているんではないでしょうか
裏技君 @urawazakun 2012年12月25日
無個性の主人公がちょぼちょぼ会話に参加して、最後になにか行動して終わりってパターンが増えてきてる感はあるかなぁ。どうせなら主人公が超人でヒロインを常人にして、熱血展開にでもして欲しいなぁとか。
かばなり @kabanari 2012年12月25日
消費サイクルが速いってのは、どの分野(例えば家電とか)でもだと思う。最初はどこも「いっぱい売れてひゃっほーい」だったかもだけど、今は自分達が加速させたサイクルに首を締められているように見える。販売側(本件では出版社や作家さん)が消費者(読者)に愚痴りたくなる気持ちもわからんでもないけど、個人的には「こんな状況にしたのはどっちなん?」と言いたい。
かばなり @kabanari 2012年12月25日
本題とはズレるけど、Twitterは「自分は○○です」と表明している以上、喫茶店の会話とは別物、というのが個人的な認識。この作家さん達が喫茶店でこの会話してても、顔を知らないと「あの作家さんが!」とはならないでしょ?喫茶店で友達と会話してるときに急に知らない人には話しかけられないでしょ?(バーとかだとまたちょっと違うかも。)
一天地六 @opendice 2012年12月25日
まあ正直、全世界の人が見れて半永久的に残るネットの発言と、喫茶店のプライベートな会話の区別もついてない人がいることが驚き。そりゃバカ発見器とかバカッターとか呼ばれるわけだと思った。
とよこ @toyoko27 2012年12月25日
twitterの最初のコンセプトとしては、「全世界に発信されてるんだから1ツイート1ツイート心して書くべき」みたいな重いもんではなかったんじゃなかろうか。
かばなり @kabanari 2012年12月25日
toyoko27 最初のコンセプトとしてはそーゆう気軽さを求めていたんでしょうね(詳しくは知らないですが)。ただ、一定以上の知名度のある人が、その人と特定できる状態で発言することの影響力の大きさとかを考えると、初期のコンセプトを貫くのは難しいかと。(実際、宣伝的な意味で使ってる企業とか有名人もいらっしゃるわけで。)
かばなり @kabanari 2012年12月25日
日本人的な考え方、ってのもあるかもですね。…脱線しすぎも何なので、黙ります。
Touka Tachibanæ @TTouka 2012年12月26日
被害妄想なコメントが本文を補強する形になっていて味わい深い。
Touka Tachibanæ @TTouka 2012年12月26日
「感情移入至上主義者」は確かに存在していて、彼らにとって感情移入し感情で理解できない物語は等しく無意味。一度大喧嘩をしたことがあり、彼女とは決別することになりました。
Soco2@粗忽P @Soco2P 2012年12月26日
これが女性向けになると、今も昔も「イケメンにモテモテの愛され系私」一本槍なんだけどねぇw
@_114_514_1 2012年12月26日
ラノベを月に何十冊も読んでる人間なんてすっげえ少ないし、浮動票みたいなのが8割ぐらいいるので、ぶっちゃけ2割の人が最近のラノベはアレだナニだと言っても小選挙区で落ちちゃうんですよ。比例代表的レーベルがあれば良いと思いますがね。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月26日
批評の根本問題と同じ問題だよな…いつの時代も。なんというか、「そういう読者を育てたのはさしたる作品の勃興にある」という人もいれば、逆で「そういう享受者が増えたからエンタメたる創作産業がこう形態変更した」って言う。どっちがどっちなのか。(大抵後者の論者が多い)…。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月26日
で、そういう議論を創作する人や受け手の人がやりだすと必ず話が「そういう人もいる」で打ち度目られたりして、なんの解決にもなんなかったりする。何故かと言うと、本当は「どんな人がそれを買う(≒売れる)のか」って問題じゃなくて、『(人それぞれなのは前提として)どういうものにパーセンテージが最も大きく傾いているか』だから。で、結局編集者と同じ脳筋で産業が動き、ループ、っていう風になってしまう。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月26日
で、コレには裏っ返しがあって、受け手の方…というか、もっと広く言えば「楽しむ側」もまた「何が売れるのか」の話よりも、何より「どんなものが面白いか」の文脈で議論してるのか、って言うのを自身で忘れちゃうんだわな(同じく「そういう人もいる」理論で。よくよく言われるポストモダンの盲点と言われるものがコレ)。ちなみにこの議論は作家/買い手という対立とは関係ない、というか超えてる。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月26日
なぜなら作家も買い手も共通して「苦労を重ねたり危機に陥ったり痛めつけられたりしてもうだめだ!ってなっていっしょにハラハラドキドキとかもないんだろうか。」みたいに言えるわけだから。『傾くのはどれか』っていう産業論でも「どんなのが売れる描き方か」ていう書き手メインの議論でも、はたまた「どういう人が何読むのか」という享受者だけに傾倒する見方とも微妙に違う問題。似てるから混同しがちになる。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月26日
http://togetter.com/li/405488 参考として別のまとめを紹介するけど、このまとめの趣旨は「若い発想若い発想、と若い発想ばかりを押し出す教育の仕方をするから先行の知恵が生かされずよいものが生まれにくくなってる」っていう議論なのね。つまりジャンルがどうこう、っていう話とかじゃなくて単にじじつ「面白いものが無くなってる」Or「面白みを見る能力が無くなってる」という状況なのではないか、っていうところに、「若手」との関係を付けて論じてるのね。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月26日
別に僕は今此処で御話してるプロ作家さんが面白いもの書けてないよとか言うつもりはさらさらないの。寧ろ逆で、受け手である客のほうがそういう議論をする…それ以前に、そういう「面白さ」の経験をする能力が落ちたんじゃないかって感じが凄くするんだよね。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月26日
だから、受け手の能力ダウン→書き手がそれを面白く描いても分かってもらえない(けれどもっと単純で流通しやすい物は面白くなくても妙に流行したりする)→その売れる形、を真似る作品がプロにも頻発する→身近に若い発想がそれをスピーディに行えるから猶更若手募集する編集者→以下ループ、になってんじゃないのかな感が。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月26日
今多分(業界の全部とは言わないけど多くが)そういう「面白いとは何か」っていう経験を持って議論する能力を失いつつある、ていう数少ない(そういう議論が出来る)人たちの議論なのかなあ、と本まとめを読んでると思うような。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月26日
とか言っちゃうとどうも「受け手の低下が悪い」っていうある種のスノビズム人間の意見になるじゃん俺
DDT @D_D_T 2012年12月26日
編集がそんなこと言って商品化をさせているのは確かなんだから、それ以外の方法で書きたいものを表現して流通に乗っけてもらえると面白いんだけれどなぁ。榊一郎ならKDPでセルフプロデュースできるんじゃないかとも思う。
ゲイ迅(無能) @geijingeijin 2012年12月27日
どうしてもネットって単純な二元論に陥りやすいから、主人公が苦労する描写=鬱、主人公が得する描写=楽、漫画アニメラノベはエンタメなんだから鬱は禁句~みたいな結論が出やすいんような・・・
ゲイ迅(無能) @geijingeijin 2012年12月27日
使いようによっては主人公が苦労する描写だってその作品を高める要素になりうるのだろうけど、そこんとこをたかが素人が議論する能力はないわけで、結局「鬱展開は無用」みたいな声が大きくなる
ゲイ迅(無能) @geijingeijin 2012年12月27日
でも需要って一つじゃないし、いま一番声が大きい層が一番人数多いかというとそういうわけでもないから、だからこそチャートを見るのは面白いわけだね最高だね売上鑑賞は
cinefuk 🌀 @cinefuk 2012年12月27日
朝日ソノラマや早川JA世代なので、ラノベにはジュブナイルSFしか求めてないのですが「こんな読者もいる」というのは興味深い。
goya4 @goya4 2012年12月27日
書き手・読み手の年齢幅が最も広いのが、ラノベというジャンルの難しい点だと思う。
goya4 @goya4 2012年12月27日
もっとも、ラノベやオタクからの卒業なぞ絶対に迎えたくない(のめり込み度合いは上下するが)。
ephemera @ephemerawww 2012年12月27日
ラノベってそういうもんだろ? タイトル見るだけでうんざりするわ。それを嬉々として書いてる作家共がこぞって愚痴とか馬鹿じゃねえのw これはまさに目糞鼻糞を笑うってやつだw
ephemera @ephemerawww 2012年12月27日
ハーレムにパンチラに近親相姦とセックスモドキの描写だけしてりゃそれでいいんじゃねえの? ラノベって読む奴も書く奴もそういうアホしかいないでしょw そこでヒットしてちょっと自分が立派になった気がして、いつものハーレムエロから少し高尚なこと言いたくなっちゃっただけでしょ。この人達w すげえ笑えるwww
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月27日
FluoRiteTW この冨野さんのやってる方法が僕はかっこいいなと思う。ところで、そういう作品て分かってもらえる部分ばっかりメディアでも取り上げられて、そこばかり注目されて肝心の作品の意図や実設定はスルーされたまま放置されることも多いよね。旧エヴァなんかもその代表中の代表。あと、最近の研究や議論見てると東方なんかもそう。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月27日
あれらは「セールスポイントとは別のところで大人気になっている」典型例。ガンダムXと違うのは、「ガンダム」っていう年季がガンダムXにはあったけど、「東方」「旧エヴァ」にはそれが無かったって事(=系列持ったシリーズとしての人気の認識が無かったって事)。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月27日
エヴァは元ネタやモチーフ良く調べれば原作の伝えたいテーマなんてすっきり見えてくるのに、社会現象になって批評家とかいろいろ騒ぐからそのテーマが隠れた。その後も、「解釈人それぞれ」っていう考え方が独り歩きしちゃって理解されないまま放置されてる(たどりつけた考察者は少なからずいる)。日本の売り上げ至上主義だとそういうまま放置されてる作品が今後増えてくに違いないと思う。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月27日
あと、ちなみにエヴァだが「解釈人それぞれ」っていうアレも「エヴァは鏡のような作品だ」と原作者が言ってるモノを拡大解釈した結果ですよ そういうふうに見えてしまうこと自体原作のねらいでありテーマだと一応言っておきます
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月27日
あ、そうそう東方も補足補足 年季の件だけど、「旧作」や「西方」がそれ以降と同列に扱われてないからこういう事が言える、ってことで。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月27日
「日本中の不思議を集めて」「素敵な墓場で暮しましょ」っていうあの二つからあの冨野さん並のZUNゲーム観のもつ皮肉さを読み取れる人はどれくらいいるものかw。
鐘の音@冬コミ新刊🍈さま委託中 @kanenooto7248 2012年12月27日
かわいい女の子が見たい、でも、かわいい女の子も見たい、でもどっちでもいい。
サン @0livier83 2012年12月27日
読者のレベルは下がった、新規のラノベ作家のレベルも下がった
mjinkanj1nn0 @mjinkanj1nn0 2012年12月28日
受け手のレベルが下がれば下がるほど、送り手には高いスキルが求められます。馬鹿にも分かる文章書くのって凄く大変だよ。
みこみこ @mikoto_1009 2012年12月28日
これ、作者の構成力も関わると思うんだよね。レビューだけ切り出されてもなんとも言えん。
fujisawa @nmjksn 2012年12月28日
ephemerawww 「しかいない」ジャンルなんて存在しない
マルンボーリ @tandaji 2012年12月29日
底辺への競争という用語を思い出した。
2hooo! @2hooo 2012年12月29日
ラノベって風俗やジャンクフードみたいなもので、手早く欲求を満たしたい時に読むものだと理解していたが。余計な要素を盛り込む余地があまりないというか、むしろ邪魔。本番まで10回くらい通い詰める必要がある風俗店とか、健康にいいけどバカ高いハンバーガーってその意味ではキワモノですわな。安く早くそれなりの満足感。これでいいんでないの。
げそぱん @gespannt_ 2012年12月29日
ラノベは面白いことだけ書こうとするあまり、人工調味料で作った安っぽいケミカルな味のインスタント食みたいになってないか? 旨味とは別の雑味が足りないから、シナリオ学校のテキストみたいな文章ばっかりだ。
げそぱん @gespannt_ 2012年12月29日
tandaji 日本の格ゲーやRPGが廃人向けに特化して市場を失ったように、ラノベが底辺向けに特化して市場を失うことになるかもね。廃人や底辺は市場のごく一部だという認識が作り手にないというか、廃人や底辺でない作り手が減ってるのかもしれない。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月29日
gespannt_ 日本の格ゲーやRPGはちょっと例に入れられないかも RPGは非廃人向けに特化していったから未だ市場を保っているし、格闘ゲームは廃人向けに特化して日本市場に会わなくなったがその分国際レベルで市場を保つようになった。根強い支持者や研究者がいるジャンルは細々ながら一種スポーツ競技みたいな形で残ってくんだけど、ラノベがそういう状況を獲得できるかどうか、っていうのは半々だと思う。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月29日
…海外でその日本のラノベが評価され始めたらそれは格闘ゲームと類似した状況つくるかも。…とは言ったものの、ライトノベルという小説のミニマム化したものである存在がジャンルとして国際的な地位を獲得するかどうかは難しいものがあるけど…。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月29日
格闘ゲームの場合廃人向けに発達を繰り返したから、スト4みたいに世界で遊んでもらえる競技が出来て、世界的にもプレイヤー情報とかまとまって、企業絡みで大会開いたりとそういう場を確立するところに行きついたよね。つまり生産し売る場所でなくとも遊ぶ人がいるってだけで市場を保てる状況が出来るようになったわけだ。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年12月29日
これに対してラノベっていうのはどっかに特化する産業でもないし(産業形態の構造自体の話をかなり省略するけど)、またその手法が世界的に評価されて流行・流用されるっていう可能性があるかどうか、っていうのは難しいものがあると思う。
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock 2012年12月29日
百歩譲って読者のレベルが下がってるんだとしても、それを上げるのはラノベの仕事じゃないと思うですよ
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock 2012年12月29日
ラノベを馬鹿にしながら、そのラノベを含め「小説なんか」全く読まないのが一番のマジョリティな訳で、内輪でどつき合いしてる場合か、と思う
хидэ @fuayue 2012年12月29日
そりゃあ「特殊な主人公」なんぞ登場させたら敬遠されるのが当然で。マンガの主人公にしても「スーパーヒーローな主人公は売れない」と昔から言われている話で。
хидэ @fuayue 2012年12月29日
主人公ってのは読者視点から見ても少し全体的な能力が劣っていると感じられる程度で、でも特筆できるスキルが何かしらあって、それをきっかけにランクアップして行く事で周囲の同性は下僕化し異性にウハウハってのがテンプレなので。
хидэ @fuayue 2012年12月29日
それか異性ばっかりの日常をブヒブヒ鳴きながら見守る方向性を選ぶかのほぼ二択なので。
хидэ @fuayue 2012年12月29日
「ラノベ(という読者の等身大キャラクターが活躍する軽劇的物語)」でなければスーパーヒーローの主人公もありですのよ?
江州藤原氏/発達障害当事者なんですこれで @hipponmaster 2012年12月29日
私思うに、今のラノベ読者、っていうのは10代の子のことではないと思う。現実に疲れた20代~30代読者(出戻りも含めて)。実際そういう年代の人が『現実がうまくいかないんだからエロゲくらいうまくいったっていいでしょ』つってたし…まぁこれはラノベじゃなくてエロゲだけど。
江州藤原氏/発達障害当事者なんですこれで @hipponmaster 2012年12月29日
だって、10代と30代では頭数が違うからね。10代の時に燃え展開でうぉー!とか思ってた人が30代でくたびれて、萌え展開に酒かっ食らいつつ浸る、という感じだと思うんだけどな。
fujisawa @nmjksn 2012年12月29日
小説以下ラノベ以上(?)みたいな文庫や本が出たことで、一部のラノベ読者層がそっちに流れたという説はどうでしょうか。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2012年12月30日
ライトノベルは小説以外の何でもありませんが何言っているのか理解に苦しみま、せんね以上と以下という区分で同じものを指し示しているだけみたいですので。何故小説以上ラノベ以下という意図のわからない区別っぽいしかし区別でない発言をされているのかはまったく理解ができませんが。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2012年12月30日
ここで統計データもソースもない妄想垂れ流してる低知能どもはいつになったら女性向けレーベルの事をガン無視することをやめるんですか。ボクの考えた現状のラノベ論ただしソース無しというのを編集者などからのフィードバックも無しに偉そうに垂れ流している連中というのはいったい何様なんでしょうね。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2012年12月30日
”人工調味料で作った安っぽいケミカルな味のインスタント食ばかにりなってないか?”とにかくライトノベルをバカにしたい事とろくにライトノベルすら読んでいないもしくは読解する力もない事だけははっきりわかりますが根拠となるソースを提示もせず何言ってるんですかこの人。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2012年12月30日
底辺向けに特化とか言いますけどその底辺が何言ってるのかって感じで面白い冗談ですね。
fujisawa @nmjksn 2012年12月31日
最初に、その発言は妄想です。あなたの言うとおりです。 妄想にマジレスされたのでマジレスすると、要はメディアワークス文庫みたいなラノベとそうでないものの中間のような存在が現れたことで~ってことです。 小説ってのは言い方が悪かったですねすみません。「ライトノベルではない小説」に訂正します。 以下、以上も良くない言い方でしたすみません。
ふぁーむはんど @FarmHand_JPN 2012年12月31日
とりあえず主人公に関しては属性が整備されれば、禁書の三主人公体制みたいに「ハーレム化」しそうな予感がしますw
物語 奏多 @k_monogatari 2012年12月31日
今気付いたんだけど、この話って「起承転結の承は過程なのか本編なのか問題」と密接にかかわってるのね。苦難の道は「主題=説教」か「価値を確認する為の障害」か、という視野差。
物語 奏多 @k_monogatari 2012年12月31日
「苦難に立ち向かう主人公」よりも「苦難を与える世界・社会の厳しさ」の方に感情移入して話を書いているのなら、そら若い読者にウザがられるのは当然だよね、という。
物語 奏多 @k_monogatari 2012年12月31日
×書いているのなら ○書いている「(と読者に)思われた」なら
物語 奏多 @k_monogatari 2012年12月31日
障害によって確認されるべき主題の「価値」が揺らいでいるからこそ視野差が広がって断絶が起きる。今売れてる作品はみんな大体その辺に自覚的なんだと思う。
ニシザキ @nishizacky 2013年1月1日
最近の読者層を意識=作家の書きたい(好きな)ものじゃない、ではなく、作者が書きたいものをいかに購買層に支持される切り口で描くかというすり合わせに苦心しているように思います。仕事である以上、売り上げは大切だし。まあ、売れればいい作家さんもいるかもしれませんがw
げそぱん @gespannt_ 2013年1月2日
miruna 自分が底辺かも自己疑問すら抱かないあなたのような人のことを世間では『底辺』と呼ぶのですよwww
げそぱん @gespannt_ 2013年1月2日
最近は自分がよしとするものを否定されると、その相手を全否定する残念な人が増えたような気がしますね。交渉とか討論とかすることなく自分の妄想に引きこもる人が『内向き』な人が増えたというか。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2013年1月2日
gespannt_ オウム返ししかできないんですかすごい頭の悪さですね具体性や客観性に欠ける心証のみがこの世の全てな語尾に草を生やさないと煽れない程度の奴の煽りスキルってその程度ですか笑っちゃいますよね
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2013年1月2日
gespannt_ とはいえ自己疑問すら抱かないというのはこちらが言っている具体性や客観性にかけるあなたの自己紹介そのものにしかみえないのでこちらもオウム返しする事が最善手に見えているのであなたがそうでないとするなら具体的に何を持ってインスタントだの底辺だのを規定するのか説明していただきたいですねロクにライトノベルすら読んでない人間にできるわけがないと思いますが
fujisawa @nmjksn 2013年1月2日
議論をする気がなく、ただ噛み付きたいだけならいいのですが、もしそうでないのなら煽ることはせず冷静に書いたほうがいいと思いますよ。 miruna
fujisawa @nmjksn 2013年1月2日
gespannt_ ラノベが底辺向けに特化ってライトノベルを馬鹿にしたいとしか思えないのですが
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2013年1月3日
nmjksn 根拠なき中傷しかしていない底辺と冷静な議論だなんてくだらないことなんかしませんよ、馬鹿が感染るから
もじトぶ @mojitobu 2013年1月3日
なんで俺ツエーが若い層にウケてるかっていうと単純に上の世代のオタクとかココで気炎吐いてるカビくさい中年層が嫌がって近寄ってこないからですよ。若い層であるオタク第四世代からしたらそういう理屈っぽくて年季入った上の世代オタクが嫌がって寄って来なくて、感覚を共有してる同世代の自分たちだけで好き勝手語り合える開放感があるだけで非常に価値がある。
もじトぶ @mojitobu 2013年1月3日
もうコンテンツに参入障壁も何もない状態の今は、オタクなら上の世代も下の世代もごっちゃで一つのコンテンツを見てて、理屈や理論じゃ上の世代のほうが当然強いから下の世代からしたらとても息苦しいんですよ。だからそういう特定層が嫌がって寄ってこないような設定を物語内に入れ込むことでファン内の開放感を確保する事は第一や第二世代オタクが今後どんどん高齢化する今後もっと重要になるでしょうね。
ast @asterios47 2013年1月7日
「豊かな時は悲劇を貧しい時は喜劇を」なんて言うらしいね
るか。 @diavolo_19 2013年1月13日
「無条件で強い」というのは今に始まった話ではありません。鳥山明の作品だって、アラレちゃんや悟空とか、無条件で強い主人公というのは昔から好まれていた。こういうのにも理由があるんですよね。アラレちゃんの強さはギャグだし、悟空には修行などの努力している描写が多かった。DQ1の勇者だってレベル1じゃ竜王に勝てないでしょ?そういう話。
マガミ@「南洋通商」日 西“も”-19bでした @ryuya_magami 2013年1月14日
「なんで俺ツエーが若い層にウケてるかっていうと」我々カビ臭い中年層が「既に通った道」だからだと思うけどな。誰しも通る俺ツエーへの憧れ。
マガミ@「南洋通商」日 西“も”-19bでした @ryuya_magami 2013年1月14日
ああ、別に論は否定せんよ。だが、少なくとも俺は通った道なんだよ。
順三朗 @junzabroP 2013年1月23日
コメントにもあるようにまおゆうやSAOのような例外もあるわけで、一部の読者の声を事大して解釈するのは早計だと思う。
|゚д゚ミ @mosa_mofu 2013年1月23日
楽しけりゃなんでもいいしハナにつくなら読まなくなるだけで、気にしてる人が気にしているほどに気にされてないんじゃないかね。
櫻子。@BOOTHでもちマス帽子頒布中 @sakurago_cc 2013年2月7日
貴種流離譚に違和感を持ったのは源氏で。作者に馬鹿にされているように感じたのは枕草子。馬鹿にされていると感じたのは創竜伝(これだけラノベ)。いずれも20年~四半世紀前だから、今に始まったことじゃないと思う。
櫻子。@BOOTHでもちマス帽子頒布中 @sakurago_cc 2013年2月7日
貴種流離譚に違和感を持ち始めるのは自分が機種に生まれなかった事実を受け入れ始めるころ。作者に馬鹿にされていると感じるのは心に余裕がない時期にありがちだと思う。作家は衒学趣味な傾向があるから、そのへん同じレベルで読もうと思っちゃうと鼻について当たり前。
クリス @kurisu_roi 2013年2月16日
読んでいて疲れる、辛い、ストレスになるマイナス方向への心理描写は、ページを進める手が重くなるわけで・・・
グレイス @Grace_ssw 2013年2月18日
某イベントで某出版社に査読してもらった時に「今のラノベは1ページ目で萌えを出さなきゃダメだ」と言われて萎えました。あと学園ラブコメやハーレムは未だ根強いです。俺修羅やさくら荘なんかその典型だし。
雑草スレイヤー @gc_cic 2013年2月19日
Mary Sue型の小説が人気なのか…
ItowSan @Itow_Bsk 2013年2月21日
またこれ周ってきた。売上はごんごん落ちてるのに、みんな熱心に読んでくれてるんだなあ。だからね、ハーレムはハーレムでも顔がちゃんとある主人公を描けばいいのよ。実例だと星くず英雄伝みたいに。ただそうすると反発する層がすごく多いのね。星くずはもう打ち切り状態で。なぜかって言えば売れないからなのよね。今彼の作者はGJ部を書いていて、売れたら星くず書きたいとは言ってる。結局のところ、読みたければ買い支えて?っていうすごく一方的なことになるのよ。そらまあ読む側も書く側も腹の立つ話ではありますよね。
orumin @kotatsu_mi 2013年2月23日
leimonZ それゲームブックとかいう名前で過去ありませんでしたか?www
ええな@ニャンガブ @WATERMAN1996 2013年3月9日
そう言えば、なろうの「フリーライフ」の感想で、いきなり男同士の友情物語が始まって呆れた、自分はそんなの読みたくないなんてガチギレしてる人がいた。
嘴(32) @kt_heart 2013年3月9日
これ、問題なのは読者が望んでいる作品ではなくて編集部が望んでいる作品なんじゃないかな。「今はこういうモノがウケてるんですよ!」って言ってる編集部を説得するのは大変そうだし。
たぬき @tanuki_kz 2013年3月13日
話のとっかかりがamazonのレビューが発端なのだったら理解可能っす。というか、あそこのレビューはねえ・・・。作家さんたちは読まない方が良い魔窟ですから。バクマン。の作者のように作品の中でアンサーを出す姿勢の人ならともかく。
たぬき @tanuki_kz 2013年3月13日
それにしても今の作家さんたちなんて穏やかなもんですよ? 故人だけど栗本薫さんなんて、作品の後書きでファンレターの書き方がなってない、わたしが手紙の書き方を書いたら買ってくれるかとか書いてますからねえ。
ウミドリくん @umidori_kun 2013年3月18日
amazonのレビューはファンレターじゃないからね。
こなみ @pinkmajicxxx 2013年3月24日
何読んでるの?といって小説読んでるってラノベ見せられたら・・・小説読んでて何読んでる?って聞かれて小説読んでるってハードカバーの小説を見せたらラノベじゃないじゃんと言われたら・・・・
*ゆっっっけ @CNANGyukke 2013年3月25日
ファーストフードのアンケートで「もっと野菜が食べたい」という意見が多かったからサラダを充実させたのに全然売れなかったみたいな話を思い出した。
風祭司 @whoxi4 2013年4月3日
まとめの架空の(?)読者像というのは「可愛い女の子たちにチヤホヤされてぇ」という、女性向けラノベや一部の少コミ(イケメンたちにチヤホヤされる女主人公)と同じ乙女チックな要求をしているだけかと
風祭司 @whoxi4 2013年4月3日
ただ、この像と感情移入の有無は全然別の話なんだよね。読者から好かれない主人公のハーレム系ラって只の嫌みに見えるからね。この主人公と同じ立場になってみてぇ!って思うかどうかが肝要かと思った
風祭司 @whoxi4 2013年4月3日
もとい、別問題なのは、感情移入の有無ではなく、没個性でした。没個性かすれば、感情移入しやすいだけの話
しろわ @silowassan 2013年4月4日
ラノベを買う層、落とす層、SS見る層、やる夫見る層、なろう見る層…ライトなものを求めている層でもこれだけある。正直ライトノベルがどうしようもない薄めたカルピスしか売ってないから、無料でそこそこのコーラやサイダーを配ってくれるとこに流れる奴も多い。そして結局カルピスしか作れない奴しか集まらないし、作らせてもらえない。そして、自分の中のカルピス成分を絞り尽くすとこういう愚痴も我慢できなくなるんだろうな
名無しさん @asdaiofuawqp 2013年4月20日
やっぱ読者側の知的レベルとかがどんどん堕ちていってるんだろうなあ。そういう馬鹿読者をさっさと突き放さないともう取り返しの付かない所まで業界が腐敗するんじゃないかね。銀のアンカーとかいう漫画で「読者層を広げるために本の知的レベルを落としたら誰にも売れなくなった」って解説シーンがあったな、そういや
げそぱん @gespannt_ 2013年5月5日
多くのアニメが1クールになり、円盤売って自作の製作費を稼ぎ出す自転車操業になってる。当然短い話数で登場人物に感情移入させようと思えば、単純な設定と心理描写にならざるを得ない。せめて2クールできる分量になるまでアニメ化を待つことができれば多少変わるとは思う。
ラッパ @Rappa86 2013年5月5日
クリエーターの十戒: 八、受け手を批判してはならない(批判はされるものであってするものではない)。 九、受け手を選んではならない(選ばれるのは常に自分)。 編集部が居る限り「選ぶな」ってのは無理かもしれんが、読者に対する分析とかは読者から見える所でやらずに自分の作品内でオナシャス。
百合之國 @equAkito 2013年5月11日
読者層の人間力の低下。 それに合わせて作者層も低下していった。
冷たい熱湯 @Tuny1028 2013年5月23日
キノの旅が日曜朝刊に連載されてるのを見て、おおこのタイプのラノベもまだ捨てたもんじゃないなあと思ったものですが。まあラノベの世界もフリーウェア化が進んでるから、プロの人達も売り上げ出すのが大変なんでしょうね
げそぱん @gespannt_ 2013年5月25日
バカな素人を納得させるのがプロの仕事であって、プロから賞賛される仕事をするのがプロの仕事ではない。これはラノベ作家以外でもすべての職業における基本。
げそぱん @gespannt_ 2013年5月25日
miruna ライトノベルは決して高尚でもないし、読んでることをドヤ顔で自慢するものでもない。そういうのはここだけでやめとけw
ママヨン @momyon 2013年5月26日
仕事も家庭も失敗しアル中のカウンセリングに通う男(37)。バーで酔いつぶれていたある晩、謎の中年女性(壇蜜系)から古ぼけたUSBメモリを託される。それは前職で男を巻き込んだ陰謀の欠片であった。そして男は復讐を誓い行動に移すがそれは壇蜜系の仕組んだ巧妙な罠だった。みたいなライトノベルなら絶対売れるから誰か書いてよ。
Ney_Gamelin @M_Gamelin 2013年5月29日
なんか関係ないけど高校の時「ラノベとかジャケ絵がみんなコピペに見えるんだけど」って言ったら知人にぶん殴られたのを思い出した
i_say999 @Isay_BLUNIN 2013年6月17日
どう読んでもガチで売るためのマーケティングじゃなくて、あくまでチョロく作ってチョロく稼ぐためのマーケティングにしか見えない訳だが。何故か良く混同されるけど、全く違う物だからねそれ。実際にガチ売れしてる作品で、この理屈だけで解体出来る作品の方が少ないでしょ?
i_say999 @Isay_BLUNIN 2013年6月18日
作家は作家になってしまう程度にはヤマ師気質なのでガツンとヒットを飛ばしてドヤ顔したい。一方編集者の多くは所詮サラリーマンなのでラクに手堅くノルマをこなしたい。故にこのように編集のマーケティングに作家が首をひねる事になるのではないか。
ワス @wsplus 2013年6月19日
とりあえずラノベ読者が理屈っぽいのは解った。
@ntrcnkwii @ntrcnkwii_0724 2013年6月19日
やりたいこととやるべきことが混同している典型的な例だな。いいから黙って客に合わせた物作れよ。不満があるなら他所でやれ。客に合わせられなくて何がプロだ。
箸呂院マジチキ @kairidei 2013年7月2日
ご都合主義にも愉快なものと不愉快なものがあって好みもいろいろで難しいね。
箸呂院マジチキ @kairidei 2013年7月2日
作者と読者は敵同士だよな~と思うことがある。
うにら @riafeed 2013年7月12日
紅蓮の弓矢のフル版に対する反応と同じなんだよなぁ、まぁ逆に言えば自由への進撃がどれだけ売れるかでああいう声がでかいのがどれだけマイノリティなのかがわかるということでもあるのかもしれないけど
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2013年7月22日
 仮に若い読者に努力話を嫌う傾向があるなら、それは正常な社会適応な気がする。というわけで前々から思っていた事を連続投下。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2013年7月22日
 基本的に努力は報われない。これは個人視点でなく、社会経済全体の話。現実に日本のGDPはここ二十年あまり増えていない≒努力は報われていない。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2013年7月22日
 そして、人類の歴史を顧みれば、低成長=努力が報われない時代の方が長い。また、努力はノーコストノーリスクでない上、収穫逓減が存在する。なら、努力話を嫌うのは正しい気がする。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2013年7月22日
 例えるなら、「大丈夫、絶対この株上がるから! バンバン『努力』して、金をつぎ込んで! しない奴は負け犬だ!」という人が嫌われるのと同じ。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2013年7月22日
 勿論、低成長はマクロな話で、ミクロな成功例は存在する。ここに並んでいる作家陣は、まさに一流!――ミクロな成功例で、失礼ながら、それ故の成功者バイアスが存在しているのではと愚考する。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2013年7月22日
 逆に『蟹工船』で、【主人公が努力して成功する話】の活動写真を見せられた労働者たちは「嘘こけ!」と言った。程度の差こそあれ、努力話を嫌う若者読者にも、同じ性質があるのではと愚考する。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2013年7月22日
 もっとも、「現実では努力が報われないからこそ、フィクションでは努力が報われる話を楽しむ」というのもありえる。ただ、それはTVゲーム向きでラノベとは相性が悪いかもしれない。
イエローオスシ @ninja_account1 2013年9月9日
皆ニンジャスレイヤーを読もう
超ぐったり@人間になろう @phakutaku1 2013年9月10日
ラノベであっても、物語を読んでいるだけマシだと思うけどな。ラノベ人口が増えたからといって、小説読者がそっちに移動したわけじゃない。
endersgame @endersgame3 2013年10月8日
最近? 昔はそういう意見の読者が居なかったと断言できる理由はなんだろう。 100人いれば100の感想がある。 昔はその中でファンレターを書いたりアンケートを書いたりどこかに感想を寄稿する中で更に編集者フィルタを通った1つ2つが見えていただけ。 今は100のうち半分程度のパターン感想はどこかで見ることができる。それだけでしょうに。 声の大小だけの話じゃねえのかっていうね
ニワカは相手にならんよ @niwakaha 2013年10月22日
受け身の営業で、提案型のマーケティングではないよね、これ。
マルンボーリ @tandaji 2013年10月29日
yaesiro あの当時の蟹工船の工員はまともなとこで働いてた場合、月給換算で100万近く貰ってた例もあるので、特段劣悪とも言えないそうですね。まぁ大概は1年で辞めて違うとこへ行く事が多かったそうですが。
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2013年10月29日
 はい。私もその手の例はあげようかとも思ったのですが、情報の非対称性が酷い当時の労働市場を考えれば、劣悪な環境というも厳然としてあったろうし、その場合、『勤勉』信仰は困難だったろうと考え、割愛しました。補足情報感謝します。 tandaji
八重代かりす@「形見の衣」発売中。 @yaesiro 2013年10月29日
 そして、私が恐ろしいのは『蟹工船』時代ですら、統計的には経済成長期であり、マクロで見れば、「努力が報われる」事例が多かったのに対し、今は……という点ですね。 tandaji
マルンボーリ @tandaji 2013年10月30日
yaesiro “蟹工船”業者でも、月給でタバコ一箱分にも満たない額しか払わない阿漕 なとこもあったようなので、今も昔も酷い待遇というのは変わらないのが怖い所ですね。
マルンボーリ @tandaji 2013年10月30日
mojitobu というかそもそも今のラノベはターゲット層が違う。魔界都市みたいなのが好きな層向けとか禁書が好きな層向けとか、出版社も意図して狙って書かせてる。違う層のファンが今のラノベを嫌っているだけだろうと思う。
高嶋ぽんず@超健全アカウント @ponzz 2013年11月13日
久しぶりにコメント読んだけど、読者様のあまりのあれっぷりに苦笑。主人公は読者様じゃないって(笑)。なんで主人公=自分なんだよ(笑)。主人公が女だったら読者様も女の子かよ(笑)。感情移入できないとか、そりゃ読んでる方の想像力たりなかったり、自意識過剰なだけでしょうに。
天河 磨月 @polmoon 2013年11月20日
ごちそうさんの件もそうたけど 主人公は負けない死なないって想像力が最近の人は欠如してるのかもしれないって思った。 苦境はスパイスだよ。未来は明るいってなぜ思えない? 平穏な人生で平穏に生きるのは楽だけどそれでいいの?
佐倉和音🍣🍣🍣 @O_Flow 2013年12月28日
結局、主人公不在で成立してる作品って上遠野浩平の「ブギーポップシリーズ」だけだね。大きな世界で起きた小さな出来事の連鎖を書いてるだけで誰が主人公でもない。ブギーポップが主人公じゃないかって言われてもあの存在は要所要所の幕を引くだけだし主人公ではない。
佐倉和音🍣🍣🍣 @O_Flow 2013年12月28日
図らずも読者様の熱いコメントが自分たちの地頭の弱さと軽さを熱弁してるのに胸が熱くなったw
柚子丸 @yuzu_999 2014年1月8日
結局声が大きいだけで、実際に売れてる小説は主人公が魅力的なのが現実。流行りのネット小説を見ても、人気作品の主人公は個性的だしね。まぁ主人公=読者的な作品が安定した売上を得られるのかもしれなけど……。
加藤 @world_of_bear 2014年1月30日
ハンバーガーも好きだが、きちんとした和食も好き。どっちも好きじゃいかんのですかね。
加藤 @world_of_bear 2014年3月22日
「最近のラノベ読者の特徴」ではなく「昔ながらの角川メディアミックス商法」じゃなかろうか。
言葉使い @tennteke 2014年4月20日
よく解らないんだけど、読者は大塚英志が広めた「物語作りの技法」を深めろっていってるの?飽きたっていってるの?
釣本直紀 冬コミどういたしまして @turimotonaoki 2014年4月25日
若者論の一種だろう。主人公が苦悩しだした途端目に見えてつまらなくなった作品が幾つか有るのでこの作家さん等の意見には同意できない。「・・・正直そんなお人は何も読まなきゃいいのに。」の意見は只の傲慢。お人向けに書かなきゃいいだけ。
がじらんむ @naminodarie 2014年5月7日
ヒットを出せない二流作家の戯言
がじらんむ @naminodarie 2014年5月7日
賀東招二とか時雨沢恵一とかの大ヒットを生み出した一流の作家はこういうくだらないこと言わないよね
真月 秋刀魚 洋々@ブユ―ナポぇオンを信じゆ(号泣 @sanma_you 2014年5月9日
すごいな、榊一郎さんとか四季童子さんに対してヒットを出せない二流作家って…… 『老害』って言葉がひとり歩きしてるけど、 未熟、無知であることを恥とも思わず学ばず、文化を衰退させていく『若害』って言葉があってもいいなぁ、と思いましたまる
siriカエル:脱原発に一票 @cibo17 2014年5月25日
現実で「努力!努力!」言われてげっそりしてるのではないか?読者層。
れうす @EKI_menya 2015年8月6日
ntrcnkwii_0724 すごく傲慢な物言いですね。
NPwrAGW @NPwrAGW 2015年11月10日
(ご参考)海法紀光氏、ツイッター凍結:http://togetter.com/li/895747
ぶらっくPらしき何か @Egashira_is_God 2016年3月21日
所謂なろうでランクインしてる異世界転生ファンタジーチーレムを好きな層だな。個人的な感想としては、こういう作品は2~3作くらいなら新鮮で読めたけど、それ以上は基本的に職業だけ変えて無双してるだけの単なる劣化版コピーしかないから読む気にならなかった。このジャンルはそれなりには売れるんだろうけど、「このすば」みたく異世界転生ファンタジーチーレムテンプレートの裏をかいた作品じゃないと、爆発的なヒットはない気がする。
夢の夢 @__Y_Y 2016年3月30日
途中のコメの喫茶店云々は笑ったwwどこでも壁に耳あり障子にメアリー。編集側は読者にウケる作品を出したい様だが、それだと自由がない。多くの作家を登用して色々な話を書かせて、人気がなければ即打ち切りで人気がでれば継続という『ジャンプ方式』なら、学園やファンタジーやヒーローなどに囚われない作品が出てくるのではと思う。数うちゃ当たるみたいな。
雨月五▲ @uzukiisaki 2016年4月23日
作家さんたちによるブレインストーミング面白いです(^Ρ^)
たまねぎくん @TamanegiWorld 2016年6月7日
本当にみんなラノベ読んでるの? せめて100冊は読めよ。 読んでてこの国語力なのか? そんなこと絶対ないと思うんだけどな。というかそう信じたいんだが。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする