2012年12月24日

ロットの王子様

@higanjima_PR による深夜の飯テロ
0
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

「我が立海のホームへよく踏み入れたな。無事では帰さん」 ラーメン二郎立海店。立海大付属中テニス部員達のホームであるこの場所に何故青学テニス部が足を踏み入れたかという過程は割愛するが、真田と手塚は着席し注文した大豚ダブルを待っていた。そう、ロットバトルである。 1

2012-12-24 00:31:23
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

手塚国光の身体が光に包まれる。 その光は宛ら並べられたレンズのごとく光をかざし合い手塚の体をガラス細工のように彩っていた。 「で、でたぁー!手塚部長の才気煥発の極み!これで自分と相手の完食タイムがわかるんだー!」 絶対予告の発動に湧く青学。 2

2012-12-24 00:35:30
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

だがその歓声は直ぐに静る事となる。 「知り難き事陰のごとく」 重々しく言い放つ真田。そう『陰』だ。究極奥義・風林火陰山雷の1つである『陰』を使う事により手塚の『才気』をダブルスの時と同じように、封じたのだ。 3

2012-12-24 00:39:43
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

才気を封じられた手塚だったがその顔に焦燥の表情はまるで見られない。真田もまた油断している様子はない。 「お客さんトッピングは?」 カウンター越しに店主が尋ねる。当然2人ともノータイムで全マシマシをチョイス。ドン!それぞれの手元に山と形容するに相応しいラーメンが置かれる。4

2012-12-24 00:43:25
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

「疾き事風の如く!加えて侵略する事火の如く!」 グルン! ザムッ!真田が神速と見まごう挙動で丼に箸を立てる!いや、既に立てて『いた』という表現が的確だろうか 「上手い!真田の奴風で天地返しをしてブタと麺とヤサイを火で同時に処理してる!一方手塚は!?」ジャッカルである 5

2012-12-24 00:45:51
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

食いきれない二郎なら…食わなければいい」繊細な動きで箸をヤサイの山に潜らせる手塚。ボボボボボ!!丼の中で発生する圧倒的砂塵!手塚の丼のブタ達が宙を浮き、次々と真田の丼に落ちて行く! 「手塚の奴!手塚ファントムでブタだけを真田さんの丼めがけ弾き出してる!」「上手い!」 6

2012-12-24 00:50:12
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

「汚ねーぞ青学!ギルティだろうよい!」「そうだそうだ!」 「やんのかゴルァ!」「やらせねーよなあ?やらせねーよ!」手塚の限りなくギルティに近い行為に店内はあわや乱闘、一触即発の雰囲気になるが、そんな事など御構い無しに手塚のブタは次々と真田の大豚ダブルへ流れて行く 7

2012-12-24 00:56:54
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

「て、手塚ぁー!」「負けるつもりはない、と言った筈だ」激昂する真田及び立海陣を尻目に1/3近くも量が減った大豚ダブルを食べ始める手塚。その挙動には一切の無駄がない熟練者のそれだ。「ぐぬぅ…小癪な!」ブタを追加で乗せられ堆積を増した真田の丼はさながら聳え立つ糞だ。 8

2012-12-24 01:04:17
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

「…」真田暫しの沈黙。バチバチバチバチッ!!二郎店内を駆け巡る稲妻。有線が止まった。そして真田は既に二郎を食べて『いた』「動くことハフッ 雷霆のハフッ如ズビーッ!」「弦一郎が…雷の光速移動で箸を動かしてる…」ご存知、『雷』。全国大会決勝で青学を絶望の淵に追いやったあの技である。9

2012-12-24 01:09:13
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

「真田の奴中々やりおるぜよ。プリッ」ロット上の詐欺師がニィと口の端を歪める。「真田君は自分に厳しいですからね。真田君頑張ってください!ギランバレー症候群に酷似した病気を克服したけれど病み上がりで二郎が食べれない幸村君の為にも!」紳士(ジェントルマン)も真田にエールを送る 10

2012-12-24 01:15:07
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

「ハフハフッ!」「モサモサッ!」互いにコップに一口たりとも口を付けず一心不乱に貪っている。赤く塗られたテーブルにスープの脂が飛び散るが、ヤサイはモヤシの1本足りとも丼から零れていない。流石歴戦のロティストである。「うおおおお!」「ぬおおお」「この2人どこまで真向勝負なんだ…」11

2012-12-24 01:20:17
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

「へぇ、やるじゃん…」 東の超ルーキーが静かに笑いそれを隠す為に帽子を目深に被る。先輩の試合中に応援席で見せるいつものそれだ。店内は臭気に満ちていた。12

2012-12-24 01:23:22
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

「静かなる事林の如く!」『林』で満腹感を和らげる真田!店内が湧く!「はっ!」それに負けじと手塚も『ゾーン』を用いてヤサイと麺を吸い寄せ具材が吸ったスープを無理やり搾り取る!ギャラリーもヒートアップ!13

2012-12-24 01:26:42
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

現在の状況は手塚はブタを全て処理し残すは少々の麺と僅かなヤサイのみ。真田も自らのと手塚にファントムで押し付けられたブタは全て処理して残すは麺とヤサイだけ。互角と言っていい戦いだろう。 だがーーー唐突に拮抗は崩れた。14

2012-12-24 01:30:29
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

カターン!真田の箸が止まる。顔を青ざめ汚物でも見るかのようにラーメンを睨む。呼吸が荒い。 「真田副部長の箸が止まった!?まさかここで鉄壁の『山』を!?」「いや、雷を酷使しすぎたんだ。流石の真田と言えど大豚ダブルに加えて手塚のブタを処理していたんだ…苦しくならないわけがない」15

2012-12-24 01:33:54
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

「ハァ…ハァ…て、手塚ぁ…ゲッポォ〜…」真田が、ゲップをした。その額には脂汗が滲み出ている。「ハフッ!ハフッ!油断せずに!ハフッ!いこう!」メガネのレンズがスープの脂で汚れる事も厭わずまるで餓死寸前の犬が泥水を啜り飲むかの如く食べ進める! 16

2012-12-24 01:37:45
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

「手塚部長いけぇーっ!!」「真田副部長ー!負けないでくださーい!!」「真田ぁー!頑張れぇー!」ロットバトル終盤に差し掛かりヒートアップするギャラリー。真田は虚ろな目で崩れかかった大豚ダブルという山を眺めていた。周囲の声などまるで耳に入らない。17

2012-12-24 01:41:20
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

…俺は皇帝だ…俺は皇帝なんだぞ!…いや、俺の何が皇帝だ…そうだ!俺は…俺は…)死んでいた真田の瞳に夏場の太陽にも似たギラついた光が取り戻される。(真田弦一郎たるんどるぞ!たかがラーメンに日和る俺のどこが皇帝だ!俺の腹よ!箸よ!サボってないで動かんかっ!!ええい!!) 18

2012-12-24 01:44:51
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

「まずいですね!!手塚君がレンゲを手に取りました!おそらくもう後5口!いや3口で食べ終え 「う お お オオオ ぉ ォォ おおーーっ!!」 店内に響く真田のシャウト!20

2012-12-24 01:46:42
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

真田が丼を持ち上げその縁を口に付けて「この腹に入らんかーっ!!」一気に傾け!!ズビ!!ズバ!!ヂュル!!ゴキュッチュポ!!ドドドド!! ゴックン!ゴックン! ズズズ… 「(ゲェーープッ…)」残っていたヤサイ・麺もろとも全て『飲み干した』。 22

2012-12-24 01:50:05
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

打って変わって静まり返る店内。今迄二郎を『飲んだ』人間がこの世に居ただろうか?いや、いない。人は真に異常な光景に遭遇した時、騒ぐ事も泣く事もできずただ唖然とするしかないのだ。兎にも角にも【皇帝】はその異常な事をやってのけ手塚よりも僅かに早く大ブタだかを完食したのだ。 23

2012-12-24 01:54:39
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

いや、【皇帝】と呼ばれる程の強者である真田の挙動を異常呼ばわりするのは失礼だろう。「き、気迫で食いやがった…」そう、気迫だ。真田は気迫で手塚に勝った「ゲームセットウォンバイ!真田!!!!!!!!」

2012-12-24 01:57:05
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

「「「ワアアアアアアワアアアアアアワアアアアアアワアアアアアアッッッ!!!!」」」審判のコールにより思考停止していたギャラリーが高揚を取り戻す!拍手喝采!大歓声!「手塚部長負けちゃったけど良い勝負だったすよ!」「このロットバトルが伝説になる確率100%」「グレイトぉ!」26

2012-12-24 02:00:12
阿澄佳奈と7つの精巣の物語 @nekupuri

「手塚どこに行くんだ?」労いの言葉を送ってくれる仲間達を制し立ち上がり店外へ出る手塚。「うおお!!真田副部長すっごいっす!俺マジ感動しました!」「流石はビッグ3の1人ぜよ」仲間達に祝福の言葉を貰う真田。だが真田には丼をカウンターに戻すどころか立ち上がる余力すらない 27

2012-12-24 02:03:58
\ Tgから毎日100名様にお好きなポイントプレゼント /

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?