2012年12月26日

アイドルたちのWORLD WAR Z(如月千早編)

アイドルマスターとWORLD WAR Zの合体事故その2。
25
現場猫教授 @Dr_crowfake

(如月千早は日本国籍の歌手である。ロッキー山脈西部に避難後、資源戦略省によってFランク市民に分類されたが、彼女の才能を見出した人々により、歌手として避難キャンプや戦地を慰問する役割を与えられた。彼女の歌声は人々の士気を高め「戦場の歌姫」と呼ばれた。現在も歌手活動を継続中である)

2012-12-26 15:56:26
現場猫教授 @Dr_crowfake

「765プロのみんなと一緒にロッキー山脈の西側に避難した時、私たちは資源戦略省(ディストレス)からFランク技能者扱いされました。当時ディストレスは人材を様々に分類し、その分類に従って最適に仕事を振り分ける制度を取っていたんです。私の分類はF、つまり無技能者でした」

2012-12-26 15:58:17
現場猫教授 @Dr_crowfake

「そうですよね。私は歌うことしか知らなかった。それ以外に情熱すら持たなかった。だから、歌が必要ない世界では、私も必要がなかった。そう世界から評価されても仕方ないと自分を納得させようとしたけど、それはとてもつらいことでした」

2012-12-26 16:00:15
現場猫教授 @Dr_crowfake

「ですが、あなたは「戦場の歌姫」になった。ディストレスが貴方の才能を見出した、貴方の歌声が人々の士気を高めると判断したのではないですか?」「そうじゃないんです。私を歌えるようにしてくれたのはプロデューサーでした。彼が八方手を尽くして、歌が人々に与える効果を説いてくれたんです」

2012-12-26 16:02:30
現場猫教授 @Dr_crowfake

「私はプロデューサーに連れられて、ディストレスの偉い人たちの前でオーディションを受けました。そこにはディストレスの宣伝担当次官を筆頭として、こんな時代なら会えなかっただろうアメリカの大物プロデューサーたちが、私を値踏みしようとしていました。私は使えるのか、それが試されていました」

2012-12-26 16:05:20
現場猫教授 @Dr_crowfake

「私はこれまでのどんなオーディションよりも緊張しました。私の歌声が、対ゾンビ戦における人類の士気を維持し高めるために必要かどうか判断されるなんて、想像もつかない出来事でしたから。私は私のために歌ってきた。それがとても多くの人の運命を背負うことになるなんて思ってなかったんです」

2012-12-26 16:09:47
現場猫教授 @Dr_crowfake

「私は詰まりました。どう歌っていいかわからなくなって混乱してしまったんです。だけど、その時、アメリカで、日本で、765プロダクションのみんなが一生懸命頑張っている姿が心に浮かんできました。そうだ。私は自分のためだけじゃない。みんなのためにも歌えるんだ。そう思えた時、声が出ました」

2012-12-26 16:13:10
現場猫教授 @Dr_crowfake

「私はその思いの丈を声に乗せ、ありったけの力を振り絞って歌いました。正直、レコーディングとしては気持ちが乗りすぎ、完成度が低かったと思います。だけどその時のわたしは、出せる限りのものを全て出したという満足感と、この歌声がみんなに届けばいいという思いを抱いていました」

2012-12-26 16:14:57
現場猫教授 @Dr_crowfake

「歌い終えた後、ディストレスの審査員の人たちは、しばらく黙り込んでいました。わたしは不安と高揚が入り混じった気分で答えを待っていました。そして、宣伝担当次官が立ち上がると、やわら私に近づき、手をとって云ってくれたんです。「貴方の歌声は奇跡だ。人々に希望を伝えるにふさわしい」」

2012-12-26 16:16:58
現場猫教授 @Dr_crowfake

「そう云われた瞬間、私の中の感情が決壊しました。私は崩れ落ち、声を上げて泣きました。私の歌が、単に個人的なものでなく、765プロのみんなのためだけでもなく、他の見知らぬ人たちにも気持ちを伝える力を持てることがとても嬉しかったから。こんな私でも世界にいていいんだって思えたから」

2012-12-26 16:20:20
現場猫教授 @Dr_crowfake

「そしてあなたは「戦場の歌姫」になった」「はい。わたしはディストレスの特技者として、避難キャンプや戦地を慰問しました。どこも陰鬱な顔をした人々で一杯で、私は彼らを励まさなければならないと思って、心をこめて歌いました。だけど、常にそこには765プロのみんなへの思いを込めていました」

2012-12-26 16:22:34
現場猫教授 @Dr_crowfake

「ハワイ政府が世界中に流す放送向けのレコーディングでも、やはり私は同じように765プロのみんなへの思いを込めて歌いました。これが届けばいいな。いいえきっと届くと。私があのオーディションで歌えたのも、私の歌の可能性を広げてくれたのも、765プロのみんなへの思いがあったからですから」

2012-12-26 16:24:42
現場猫教授 @Dr_crowfake

「その、765プロのみなさんとは再開できましたか?」「はい。みんな無事です。時折メールでやり取りしています。「あの歌、気持ちがとても乗ってた。最高だったよ」って春香に云われたときは、思わず涙が出ました。ああ、気持ちはきちんと届いていたんだって」

2012-12-26 16:28:10
現場猫教授 @Dr_crowfake

「天海春香。貴方と並ぶ、戦場の歌姫ですね」「はい。春香とは別の場所に立つことになってしまったけど、春香が私と同じように歌い続けてくれたことは、私が活動していく際の支えとなってくれました。遠く離れていても、互いに歌で通じ合える。ゾンビ大戦中は、そんな風に、絆を確かめ合ってました」

2012-12-26 16:31:07
現場猫教授 @Dr_crowfake

(如月千早はそうやってすこしはにかんだように笑った。ある場所では凛とした印象で戦意高揚歌を歌い、ある場所では心に染み渡るような優しい歌を歌っていた、歌姫としてしか知られていない彼女の、ひとりの人間としての素顔を、私は見たような気がした)

2012-12-26 16:34:24

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?