このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
wake up, stand up @bmdurg
「遺伝子組み換え食物に含まれるDNA片は、消化される過程で分解されず、そのまま血管内を通って血液とともに体内を循環することが確認されている」 →遺伝子組み換え作物が、炎症性腸疾患、腺腫や結腸直腸がんを引き起こす可能性 plosone.org/article/info%3…
リンク www.plosone.org Complete Genes May Pass from Food to Human Blood PLOS ONE: an inclusive, peer-reviewed, open-access resource from the PUBLIC LIBRARY OF SCIENCE. Reports of well-performed scientific studies from all disciplines freely available to the whole world.
wake up, stand up @bmdurg
さらに「体内に侵入した遺伝子組み換えDNA片は、腸内の細菌壕を破壊する」とも。そりゃそうだよね。本来、GMOは、自然界に存在しない異物なんだから。
遺伝子組み換え作物を摂取することは、消化器系・生殖器系にダメージを与えること。
wake up, stand up @bmdurg
遺伝子組み換え作物は、消化器系・生殖器にダメージを与える、という可能性を示唆した研究論文が、また発表されました。前回は仏でしたが、今回の発信者は豪の研究者たち。
wake up, stand up @bmdurg
その研究報告というのは、これ→ A long-term toxicology study on pigs fed a combined genetically modified (GM) soy and GM maize diet http://t.co/3BWSkJxsOC
wake up, stand up @bmdurg
「遺伝子組み換えコーン飼料を与えた豚と、そうでない豚のグループを、食肉飼育の標準期間(約23週)飼育してから屠殺して解剖して比較したところ、遺伝子組み換えコーン飼料を与えられた豚では、胃の炎症の程度が深刻であった。さらに、雌豚では子宮が25%肥大していた」
wake up, stand up @bmdurg
「胃の炎症の割合は、遺伝子組み換え飼料を与えた雄ブタでは、そうでない豚に比べて4倍。メス豚では2.2倍。遺伝子組み換え飼料による子宮の肥大は、ラットの実験でも確認されている」
wake up, stand up @bmdurg
↓「この胃の炎症は、従来、消化器系には害を与えないとされてきたGMO含有の殺虫成分Cry3Bb1とCry1ABタンパク質が、実は消化器系にとって有害であると考えれば説明がつく」
wake up, stand up @bmdurg
↓「人間の消化器官系は、豚に類似している。遺伝子組み換え食物で、豚にこれだけの有害とみられる影響がみられるならば、この実験結果が、人間についても同様であるかどうか(人間に対する遺伝子組み換え作物の影響について)慎重に調べる必要がある」
wake up, stand up @bmdurg
「遺伝子組み換え作物の害毒を示唆する研究は、すべてバイオテク企業から資金提供されていないもの」 http://t.co/diOdwCtMNg
普通のスーパーの棚に陳列されている7割〜8割の食品が、なんらかの遺伝子組み換え組織を含有している
wake up, stand up @bmdurg
遺伝子組み換えの作物はどんなものがあるのか http://t.co/KEK2JdBQ81 だから私は、キャノーラ油はnon-GMO、大豆製品は有機栽培を選び、コーンシロップなどの糖類やコーンスターチの入ってる加工食品(スープやインスタント食品)と菓子類はできるだけ避けている
wake up, stand up @bmdurg
自分用のメモ。遺伝子組み換え加工品目 http://t.co/WFhhYOpfeQ
wake up, stand up @bmdurg
遺伝子組み換え技術使用の輸入食品添加物 無審査で大量流通  http://t.co/TvZbYk1JV6 「キシラナーゼなど四つの添加物」って、報道記事ならちゃんとすべての該当添加物の名前を明記しなきゃ意味ない!
リンク t.co つなごう医療 中日メディカルサイト | 遺伝子組み換え技術使用の輸入食品添加物 無審査で大量流通 つなごう医療 中日メディカルサイトは、中日新聞が中部・東海地方に特化した医療・健康に関する様々な情報をお届けするサイトです。
wake up, stand up @bmdurg
Wikiより「キシラナーゼは食品添加物として家禽への添加、パン生地の作業性の改善や品質向上、コーヒーや植物油、デンプンの抽出、サイレージや穀物の消化性向上、またペクチナーゼやセルラーゼと組み合わせてフルーツジュースの清澄化や、亜麻、麻、黄麻、ラミー等の植物繊維の脱ガム化等」
wake up, stand up @bmdurg
↓遺伝子組み換えを避けたいと思っている人にとっては、市販のパンほぼすべて全滅か。鶏肉も全滅か。オーガニックも信用できるのだろうか。知らずに使用している場合もあろう。すべて手づくりでないと安心できない時代には、専業主婦(主夫)のありがたさを改めて確認したりして。
新しい病害から作物を守るために、遺伝子組み換え技術は、有効で効果的で必要な技術という狡猾な主張
wake up, stand up @bmdurg
「遺伝子組み換え技術が必要なものだ」という議論をhealthy debate (必要な議論」とみなすゲイツ氏の考え方・スタンスは明確。 https://t.co/C4eDLEuKJe
Bill Gates @BillGates
Can GMOs help save Florida’s oranges? This fascinating @nytimes piece is stirring up lots of healthy debate: http://t.co/C1hNXJHjpv
wake up, stand up @bmdurg
↓下記のNYTの「遺伝子組換え技術でカリフォルニアのオレンジを救え」の記事は、ビルゲイツ氏が「ヘルシーで深い議論が展開されていて素晴らしい」と賞賛ツイートした元記事(2013年7月27日付け)
wake up, stand up @bmdurg
A race to save the orange by altering its DNA http://t.co/Tt42WytjvX 遺伝子組換え作物を、無害だとしたい意図に満ちた記事。「長期間にわたる遺伝子組換え飼料を与えた動物実験が12件以上ある」などと大嘘が書いてある
残りを読む(19)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする