10周年のSPコンテンツ!

【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】

「福島県民健康管理調査」に関する「あり方検討チーム」の第4回会合について、これまでの流れを踏まえながら、宗教学者 島薗進氏が連続ツイートしました。
震災 原発 福島県民健康管理調査
13
島薗進 @Shimazono
0【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】原子力規制委員会「原発事故…健康管理…検討チーム」 第2回会合12/6吟味③~⑥。http://t.co/b4Hlp9yT その後、第3回12/18、第4回12/28と行われ、無惨な展開に。http://t.co/8bVEIA07 
島薗進 @Shimazono
1【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】第4回は座長の迷走で相当ひどい展開になった。いずれ議事録が出てくれば一目瞭然。会議資料(1)の「これまでの議論の整理案」http://t.co/rgTx4gGb は議事の重要部分をスキップして「結論」だけ出ている。
島薗進 @Shimazono
2【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】これは座長側が勝手に用意した内容で委員の意見は反映してない。今回の討議でこの検討チームの構成そのももに根本的な欠陥があること、座長の議事の進め方があまりに道理にかなっていないことが露わになった。3回分の議事録と第4回の中継から分かる。
島薗進 @Shimazono
3【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】第3回の報告者は、長崎大学から2011年9月に福島医大に新設された放射線健康管理学講座に教授として就任し県民健康管理調査を主導する地位にいる大津留晶氏、放影研疫学部長で県民健康管理調査の健康診査の専門員を務めている小笹晃太郞氏、
島薗進 @Shimazono
4【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】3人目は県民健康管理調査の立案遂行に深く関わっている放医研上席研究員の神田玲子氏。つまり、第3回目のヒアリングは県民健康管理調査のインサーダーからの報告だ。県民健康管理調査の外部者として発言している木田福島県医師会副会長が
島薗進 @Shimazono
5【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】小笹氏に「今、小笹先生のほうから、健康管理ということについていろいろ御説明いただいたんですけれども、先生の目から御覧になりまして、今、福島県で行われている県民健康管理調査のあり方について、何かこの辺が足りないとか、この辺をもう少しやって」
島薗進 @Shimazono
6【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】「いただきたいとかそういったコメントとか何かお考えがあったらちょっとお聞かせいただきたいのですが」と問うているのに対し、小笹氏が「これは私自身が福島県立医大の健康管理センターの中の健康診査の専門員をさせていただいているという立場も」
島薗進 @Shimazono
7【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】「ございますので、開始のときからいろいろ御意見を言わせていただき、またその過程の中で、やはりそれは大変なことだというのがありますので…」と述べているとおり。自分は県民健康管理調査に外から意見を述べたり評価したりする立場にはないと言っている
島薗進 @Shimazono
8【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】以上のようにインサイダーの報告を聞くのが第3回で議事録にあるとおり。http://t.co/oYzpgQt9 であれば、実質的な討議は第2回しかないではないか。その第2回では県民健康管理調査には大いに問題があるということが討議された。
島薗進 @Shimazono
9【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】では第4回に中村佳代子座長が示した「これまでの議論の整理案」には何が書いてあるか?「福島県民健康管理調査は、健康を見守り、将来にわたる健康増進につなぐことを目的として、全県民を対象として、線量把握と健康状態を把握する 調査が行われて」
島薗進 @Shimazono
10【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】「いるが、放射線被ばく後の健康管理として適切なものであると考えられる」。「放射線被ばく後の健康管理として適切なもの」であるかどうか大いに疑問があり、多くの変更が必要であるという提議がなされてきたではないか?国連人権理事会の報告者の
島薗進 @Shimazono
11【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】プレスステートメントについてどう応答すべきかが討議されたではないか?福島県の内だけの調査でよいのか、国の関与で広範囲の調査が行われるべきではないかと討議されたではないか?そしてまだまだ討議すべき多くの問題があるはずではないか?
島薗進 @Shimazono
12【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】当然のことながら、ほとんど唯一の部外者メンバーである木田光一福島医師会副会長からこうした議事進行のあり方への質問が出て議事は紛糾しほとんどやり直しをすることになった。このような強引な議事進行は世間常識的にもとても通用しない。
島薗進 @Shimazono
13【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】原子力規制委員会の「東京電力福島第一原子力発電所事故による住民の健康管理に関する検討チーム。座長の議事進行があまりに強引。そもそもメンバーである「有識者」はhttp://t.co/YCZKQMc1
島薗進 @Shimazono
14【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】座長と補佐役である原子力規制庁 監視情報課長の室石氏、あとは県民健康管理調査の部内者だ。このメンバーで県民健康管理調査の適切な評価ができる?かつての原子力安全委員会よりましとすれば、公開されてることと見識ある地元医師が入ったことか?
島薗進 @Shimazono
15【問い直される福島県県民健康管理調査⑦】なお、第4回の議事の録画は以下に。http://t.co/5Dmkwk5Y また、その議事を見ながらあきれて記した私の連ツイは以下にあります。  http://t.co/JClW9RTX (続)
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする