カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

2012年12月衆院選を挟んだ、知的ネット社会に関する投稿まとめ

高木 一が、@takagi1 及び @atene_gakudo でtweetした知的ネット社会に関する、及び関連する投稿まとめ。 ネットと政治の関わりが話題になった2012年12月の衆院選を挟んだ期間が対象。
政治
0
多様な未来製作所 @atene_gakudo
一般人も政治家もメディア化する。即ち、情報を野太くアウトプットし、インプットする。その行為は戦略化する。つまり、創造と構想に立脚する。この打撃力は強い。これは、緊張感の源泉になる。
TAKAGI-1 高木 一 @takagi1
情報のアウトプットが求められる者は、情報を集めなければならない。情報を集めるためには、呼び水となる情報をアウトプットしなければならない。 #*
TAKAGI-1 高木 一 @takagi1
衆知を集めることが仕事である。そのために情報を出さねばならない。 #*
TAKAGI-1 高木 一 @takagi1
下手なら行儀良くやれ。(歌舞伎の世界のことば) 鈴木 健二 #nhk
TAKAGI-1 高木 一 @takagi1
支配される者の寛容さが支配者を増長させ、統治から緊張を失わせるのではないか。 ――銀河英雄伝説 外伝1 7話 #LOGH #*
TAKAGI-1 高木 一 @takagi1
大事なのは戦略ですか? -- そうさ。…… -- 重視されるのは、創造と構想ですね。-- そうだ。……なぜ戦うのか。目的を達成するために何を為すべきか、[上層部は]何も考えていない。敵がいれば戦って、勝てばよいとしか思っていないのだ。―銀河英雄伝説 外伝1 2話 #LOGH #*
TAKAGI-1 高木 一 @takagi1
頒布され複写可能で、使い方が簡単で、それぞれの初期投資が少なく、相互に行き来可能なシステム群は、政府・マスメディア・社会によって殺されない。―― #SAO 「ソードアート・オンライン」最終話
多様な未来製作所 @atene_gakudo
政治に緊張感を与えよ。与党にも野党にも。
多様な未来製作所 @atene_gakudo
((承前)) つまり、有権者側の視点を一言で言えば「投票がきっかけ」。投票によって、有権者は、"きっかけ"獲得を経た、覚醒した有権者になるのである。
多様な未来製作所 @atene_gakudo
((承前)) 目の数を端的に議員に知らしめるのが投票率である。
多様な未来製作所 @atene_gakudo
投票とは、選挙時点における決断であると共に、その後の政治への関心・政治との関わりを障壁なく導入させるコミットメントである。即ち、有権者はこのコミットメントを心の足場にして政治に目を光らせる。議員はその目を緊張感の元にして、有権者の代弁者・代行者として政治を実施する。
多様な未来製作所 @atene_gakudo
有力案への反対と「秘すれば花」のごとく語られる代替案への賛成しか口にされない状況から、有力案・代替案への賛成・反対が口にされる状況にすべきだ。情報の入口・出口の数が限られた状況から、入口・出口が数多くあり、情報中継点を代替できる状況にすべきだ。
多様な未来製作所 @atene_gakudo
「知的レベルを有」する成果物とは、印象ではなく絵姿を表した成果物であり、且つ、正直・勤勉であり 感謝を表した成果物である。そのような成果物は、読む人に判断を誤らせない価値と人々の間を伝わりやすい価値をもつ。
多様な未来製作所 @atene_gakudo
民の叡智の成果物は、権力・マスコミのネタ元・情報源として使用しやすいように、知的レベルを有し、アクセス可能であるべきである。そして、それが民にもアクセス可能であることによって、権力・マスコミの知性に、よい意味の緊張感を間接的に与える。
多様な未来製作所 @atene_gakudo
反対の表明だけでは絶対的であり、大味で不安定な決定を生む。賛成と反対が表明されることによって相対的になり、仔細を詰めた、安定な決定が生まれる。
多様な未来製作所 @atene_gakudo
権力: 統治・決定機関、マスコミ: 検証・ストーリー制作機関、民・ソーシャルメディア: 情報源、視点提供、拡声機関。権力とマスコミは、民・ソーシャルメディアに包囲されている。権力とマスコミの知性は、民・ソーシャルメディアの知性によって、高くあるように追い立てられている。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする