10周年のSPコンテンツ!

ぼくのかんがえたさいきょうの年間ベストディスク2012

割と注目作は聴けていない中で、洋邦おりまぜて選出。 去年は邦楽のほうをよく聴いたので、今年は洋も増やしていきたい。 他人の年間ベストを笑うな。音楽の話がしたいんや! というわけで、参考になれば幸いです!
音楽
0
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
音楽クラスタもすなる2012年度のベストディスクといふものをギエロン星獣もしてみむとてするなり。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
(こういうときだけちゃっかりギエロンの意匠を借りる感じ、胃が痛いですね)
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
次点:evisbeats 昆虫キッズ スピリチュアライズド Bilinda Butchers Gotye 赤い公園 John Mayerなど
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
ここのあたりは2回ちょっとくらい聴いてそのままみたいなやつも多いので、回数重ねたら変わってくるかもしれません。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
ちょっと中二入ってる感じのギターロックアルバムは無表情のまま右耳から左耳へすり抜けていくようになってきて久しいのですが、メロディボーカル共に個人的なツボつきまくりでした。 12年前半に出たもう1枚のほうのアルバムも素晴らしいので是非。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
今年初接触だったのですが、こんな胡散臭い、下世話かつキャッチーなロックアルバムがあったとは最高!個人的に「無音部分からの隠しトラックに良い曲があったためしなし」ガチ勢だったのですが、本アルバムは最後のそれもうさんくさかっこいい良曲でした。今後さらに開拓していきたいですね。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
個人的に、ここまで歌詞の中にに出てくる食べ物(特にコーヒー関連)が美味しそうに感じたアルバムは、今までありませんでした。寄生獣のミギー風にいうと「心に余裕(ヒマ)のあるアルバム。なんと素晴らしい!」といったところでしょうか。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
なぜここまで「おいしい生活」なアルバムになっているのかというとインタビューとか読む限りやはり昨年以降の世の中の流れがあるんですが、それでも、そのうえで、余裕を持って行こうよ、というメッセージにこもっているという切実さ、というバランスもまた良いなと思いました。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
これ系の音楽苦手なのですが、第一印象としてサウンドよりもボーカルの方にまずやられてしまった、という側面が強いですね。なよーっとしていそうで、芯の強さがある感じに特に。そのあとメロディの良さに気付いていった感じです。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
いやあ「感じ」って本当に便利な言葉ですね
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
80年代っぽいアプローチの曲もあり、ねっちょりネオソウルアプローチの曲あり。普通にテクノなんだろうなと思って聴いたら思いのほかの黒さで驚きました。個人的には、ねっちょり方面の曲群が好きでしたね。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
音楽の方向性としては6位のkindnessと同系のものなのですが、ちょい歌寄り方向のおっちゃん二人組のこちらを上に置きました。バラード系だけじゃなくさまざまな曲調のトラックがあるので是非聴いてほしいですね。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
前作がこう、気持ちよくなる直前に寸止め食らわされるような反復メロディの詰め合わせだったのに対して、今作は気持ち良すぎて逆にびっくりでした。…でも、このサービスに乗っからない手はないなと思い大いに楽しませてもらいましたね。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
青山陽一氏率いるバンドの12年ぶりの作品。全曲にわたりTHE大人の渋みを濃厚に漂わせた渋さ知りまくりズの世界が堪能できる。太田氏がボーカルとってる曲だけ異様にカーネーション臭漂ってきてて、そこもまた良い。
残りを読む(16)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする