カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

2012年のオススメ少女漫画レビュー@スパルタ

@sparta_ccの2012年刊行のオススメ少女漫画レビューです。 オススメ少女漫画で25作品、敢えてオススメしたくない(好きではない)少女漫画と、それなりと思える少女漫画、少女漫画以外でオススメの漫画も入っています。 つぶやき中の各リンク先はアマゾンの各漫画の1巻です。 漫画のあらすじは書いていないので、好きなものを列挙しているだけと考えてください。むしろ一度読んだ人向けの書き方になってしまいました。 続きを読む
マンガ 少女漫画 2012年 漫画レビュー
21
スパルタ @sparta_cc
僕は何故少女漫画を読むのか、という「理由」を、何か一言で演繹して抽出してみるのは難しい。「少女漫画」という枠組み自体、そのまま疑問なしに使っていいかもよくわかっていないのだけれど、これはとりあえず所与の枠組みとしてあるものだとしても。
スパルタ @sparta_cc
少女漫画でほぼ常にメインテーマとして描かれる「恋愛」自体には、無論興味が無いとは言わないけれども(僕も甘い犯罪したいよ! 意外と)、相対的にはそれほど重く、面白くは見ていない。恋愛そのものよりも、その物語で動くキャラクターたちの関係性を見たいなぁとは思っている。
スパルタ @sparta_cc
言うまでもなく、恋愛でなくても物語はそれぞれ作ることができるわけで、少女漫画以外でも「物語の中のキャラクターの関係性」を見ることはできる。ただ、どちらかと言えばファンタジー世界や特殊能力をひとまず捨象した現実空間(に近いところ)での物語をゆったり読みたいなぁと、そういう思い。
スパルタ @sparta_cc
バトル漫画でもスポーツ漫画でもギャグ漫画でも、それぞれに好きな漫画はある。それらに出てくる各キャラクターの能力やネタを駆使して、関係性を作り上げているものも多数ある(というか普通はそうだ)。けれど、そういう興味よりは、とりあえずの現実に近い場での物語を読みたい。
スパルタ @sparta_cc
ざっくり言ってしまえば、僕の少女漫画の好みは、やはり一つのキャラ萌えではあるのかもしれない。現実に近い(現実の枠を借りた、と言うべきか)物語の中で、良いと思えるキャラクターや、悪いと思えるキャラクターの一挙手一投足を品評するような、そういう読み方。
スパルタ @sparta_cc
「政治的な正しさ」みたいなものも、確かに意識はする。けれど、それをメインとして少女漫画を読もうとするのは、期待の仕方がズレているとも思う。一定の政治的な正しさを気にはしながら、しかし同時に物語の持って行き方、表現の巧拙も当然見る。何が優れているか、なんて、好みでしかないけれど。
スパルタ @sparta_cc
何かを言っているようで一般論と「個人的な好みでしかない」ということしか言っていないけれど、そういう適当な読み方をしてきた中で、2012年に刊行された少女漫画とその周辺について、ちょっとぶつぶつとつぶやこうと思っています。
スパルタ @sparta_cc
まずはそこそこ面白いと思っている少女漫画から、駄作と思えるものをときおり挟みつつ、明確にオススメしたい少女漫画を挙げるという概ねの方向で。
スパルタ @sparta_cc
山田南平『オレンジチョコレート』既刊10巻。http://t.co/FZnucAfp安定の山田南平。ときおり体が入れ替わる、というちょっとしたファンタジー要素を入れつつ、実はそれはそこまで大きく物語に関わるわけでもない、面白いかと言われると困るけれど、決してつまらなくはない漫画。
スパルタ @sparta_cc
『オレンジチョコレート』がわりといいなと思えるのは、主人公であるちろと律が、最初からほぼ変わることなく、露骨な恋愛感情ではない形式で、それでも「想い合っている」ところで、変なドロドロ感が少ないところ。正直印象に残るシーンがほとんどないのだけど、関係性そのものとしては好きなのです。
スパルタ @sparta_cc
山田南平は本当に安定した中堅の少女漫画家だなぁと思う次第。地味に刊行されている漫画はほとんど読んでいるけれど、『オトナになる方法』の初期と、『まなびや三人吉三』以外は、本当に問題なく、それなりの少女漫画を描き続けている。所謂漫画読みに言及されることはないだろうけど、貴重な人です。
スパルタ @sparta_cc
山田南平の絵は、『空色海岸』あたりから唇の輪郭を厚く描くようになったけど、個人的には『紅茶王子』の中期くらいが特に何の問題もない意味で普通の少女漫画絵(ってなんだと言われるとあれですが)として好きだったなぁ。
スパルタ @sparta_cc
穂積『式の前日』。『このマンガがすごい!2013』のオンナ編2位だけあって、確かにこれは「巧い」と思うし、所謂漫画読みウケするんだろうなと。オチの付け方については表題作だけで充分、とケチをつけることもできるけれど、やはり描写力(というこれも説明できない単語)は圧巻ではある。
スパルタ @sparta_cc
でも『式の前日』は、「少女漫画」の枠組みでもないのかもなぁとも思いつつ、その枠組でなければならないなんて言いたいわけでもないのでいいっちゃいいやそのへんは。遠藤浩輝短編集あたりに近いような気もする(それも好きですよ念のため)。
スパルタ @sparta_cc
『式の前日』はテーマとして一貫しているけれど、多用される「寂しさ」を突破した作品も読んでみたいとも思える。要するに次回以降にも期待したいです。
スパルタ @sparta_cc
リンク貼り忘れたので。穂積『式の前日』は、1冊だけだからこそ未読の人には確かにオススメしたい漫画です。http://t.co/hHi4GHO2
スパルタ @sparta_cc
香魚子『もう卵は殺さない』。最初に収録されているわずか12ページの短編「きょうはなんの日」が、これも男性を取り込める少女漫画として圧巻。2012年のベスト短編少女漫画を選ぶとしたらこれだと言えるくらい。ただ、他のは、ちょっとだけ劣るか。http://t.co/TCoAkALX
スパルタ @sparta_cc
香魚子も、絵の上手さと、少女漫画の枠とは少しズレた物語形式によって、漫画読みの男性にもそれなり以上にウケるのだろうなと。恋愛をメインで使わないという意味では、僕も香魚子の漫画は好きです。『魔法使いの心友』は子供向け過ぎたけど、オリジナル長編に挑戦して欲しいと心底思う。
スパルタ @sparta_cc
「たとえ人から見たらつまらなくても、稚拙でも、私は私の物語を生きて、ここに存在してるのよ!!」(香魚子『もう卵は殺さない』表題作)
スパルタ @sparta_cc
『もう卵は殺さない』所収「亘理くんとふれたなら」も、やはり発達障害がテーマになっているのかな…。
スパルタ @sparta_cc
相原実貴『5時から9時まで』既刊5巻。オススメしたい漫画、と言いながら文句がまず出るけど、初っ端から出てくるイケメン坊主が束縛系のヤンデレでして、主人公である潤子と結婚して仕事を辞めさせて家に入れるために手を尽くす様は、きっちりと不快。http://t.co/4Sl8Tfmj
スパルタ @sparta_cc
このヤンデレ坊主が潤子の仕事を否定する件は本当に苛立つのだけれど、それに対する潤子の反発の仕方も、良くもあり良くなくもあり。悪くない意味で微妙な関係として描かれていて、「もっと怒れよ!」とも思いつつ、でもそこまで「政治的な正しさ」で見るものかと言えば違う気もする。
スパルタ @sparta_cc
『5時から9時まで』に出てくる男はどうも全体的に好きになれない、けれどそいつらは全員イケメンとして描かれている、けれど必ずしもそいつらの行動が肯定的に描かれているわけでもない、といって否定されるわけでもない。どことなくモヤモヤは残るのだけど、そうであるが故に読んで欲しい漫画。
スパルタ @sparta_cc
『5時から9時まで』の登場人物は働く男女が多いので、セックスしたりもします。セックス可能性がある女性向け漫画として、やはりそれなりにオススメ側に挙げてはおきたい。
スパルタ @sparta_cc
「政治的」に微妙な感覚を持ってしまう『5時から9時まで』だけれど、腐女子であるモモエ先生が登場する話については何故か突出して面白い。至極当たり前のことだけれど、働く腐女子が物語上問題なく置かれている、そこも肯定的に見ました。パターン化されたキモオタじゃない。当然のことだけど。
残りを読む(226)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする