学校は権力の出先機関

改題しました。 旧題:科学的判断と人権擁護
HayakawaYukio 11387view 18コメント
33
ログインして広告を非表示にする
  • 林 衛 @SciCom_hayashi 2013-01-06 00:57:19
    科教協全国大会で紹介した,ICRP元委員長の「最大でも年0.3mSv以下に,無視できるのは年10〜20μSv」をよしとすると,何十万人が住めなくなるとの理科教員からの意見があった。人権や個人の意思を尊重するゾーンと居住が禁止されるゾーンとはちがう。被曝を避ける権利ありと説明。
  • 林 衛 @SciCom_hayashi 2013-01-06 00:59:55
    科学的判断と人権擁護と,二つをあわせて使うのが大事だと,改めて思った。理科教員,理系教育受けた人は,ややもすると,科学に従えば自動的に人権が守られると考えがちなのかもしれない。
  • 林 衛 @SciCom_hayashi 2013-01-06 01:04:03
    科学,真理,その他の価値基準 Muller-Hill Benno [著] 鈴木 理 [訳] 科学 65(5), p333-340, 1995年5月号を思い出した。
  • 林 衛 @SciCom_hayashi 2013-01-06 01:12:53
    ベンノ・ミュラ-・ヒル:ホロコ-ストの科学 ナチの精神科医たち, 南光進一郎,岩波書店(1993)は,アマゾンで500円から。ナチによる「精神障害者」絶滅に協力,戦後はそのまま医学界に君臨した精神科医を告発した生化学者。障害者絶滅を大規模化して,ユダヤ人絶滅収容所ができた。
  • 林 衛 @SciCom_hayashi 2013-01-06 01:16:39
    「精神障害者」だと科学的に正しい診断を下すと,やがて頭蓋骨が届いた。精神医学者は,診断の結果,なにがおこるのか知っていた。これを告発したのが,ミュラーヒル。「研究費がない第二生物学教室をつくれば,生物学者も頭を使うようになるのでは」と語ったのも,ミュラーヒル。
  • 林 衛 @SciCom_hayashi 2013-01-06 01:20:12
    「もしも自分がナチスドイツの時代に生きていて,東部戦線で負傷して帰国,本国ドイツで「精神医学の研究をしないか」と誘われたら,同じことをしていただろう」とも。人間の弱さを知った上で,「科学,真理,その他の価値基準」倫理,道徳を考えないとならないと。筑波で対面した際には議論はできず。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-01-06 06:25:18
    興味深い話題ですが、日本語の意味が取れません。いくつかに分割して読んでわかるようにツイートしてくれませんか。RT @scicom_hayashi: 科教協全国大会で紹介した,ICRP元委員長の「最大でも年0.3mSv以下に,無視できるのは年10〜20μSv」をよしとすると,
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-01-06 06:27:46
    「何十万人が住めなくなるとの理科教員からの意見」 を、その会場の人たちと、林さんと、それから世間が、それぞれどう受け止めてどう反応したかわかるように書いてくださいませ。@scicom_hayash

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ネタ」に関連するカテゴリー