宮台真司先生とmagoyoshiの特別永住外国人の参政権問題に関するやりとり

Togetterにまとめると、非常に多くの方に読んでいただけるということを知り、半年ほど前のツイートではありますが、まとめさせていただきました。宮台真司先生と金明秀先生の議論が終わった後に、私から宮台先生に話しかけさせていただいた、という経緯でのツイートになります。 【宮台先生と金明秀先生の議論】 http://www.miyadai.com/index.php?itemid=867 続きを読む
外国人参政権 在日韓国人 国籍 朝鮮 在日朝鮮人 参政権 韓国 在日 帰化 在日外国人
12
まごよし @Magoyoshi
@miyadai 宮台先生。もうやめようと仰っている中、申し訳ありません。お二方の議論がかねてから考えてきたテーマだったので一個人の浅薄な私見ですが投稿させていただきました。お時間があればご一読頂けると嬉しいです。http://qurl.com/1kbq7 #miyadai
まごよし @Magoyoshi
togetterにまとめを作成したところリンク切れがあったので↑ 補足用にリンク先だけ投稿しました。 http://ameblo.jp/magoyoshi56/entry-10495538904.html
宮台真司 @miyadai
ただいま熟読中です。RT @magoyoshi: 宮台先生。もうやめようと仰っている中、申し訳ありません。お二方の議論がかねてから考えてきたテーマだったので一個人の浅薄な私見ですが投稿させていただきました。 …  http://qurl.com/1kbq7 #miyadai
宮台真司 @miyadai
金明秀氏と僕とどっちが勝った負けたを議論するのでない@magoyoshi さんの如く中身のつまった議論が素晴らしい。サ講和直後に日本渡航者に(同じく日本国籍にされた非渡航者から区別して)日本人になる選択権を与えることを李承晩政権が承認し得たか否か。強制的国籍変更が異例なだけに…
宮台真司 @miyadai
元々の強制的国籍変更がなければ国際慣例に基づいた扱いをするべきだと言えます。実際には強制的変更があった。サ講話当時は朝鮮戦争で李承晩政権は半島の主権を掌握しきっておらず、さらに難しい要因がからみます。
宮台真司 @miyadai
仮に朝鮮戦争がなかったとします。李承晩政権が、強制的に日本人にされた韓国人(非渡航者)に国籍選択権を与えるとは考えられませんが、渡航者についてだけは国籍選択権を与えることを許容したでしょうか。他方、やはり強制的国籍変更の負い目ゆえ、戦争終結を待たずに日本政府が勝手に決められません
宮台真司 @miyadai
休戦協定後、半島の南は李承晩政権となって国交が継続します。しかしそれは53年のこと。いつ戦争が終わるか分からないのに日本人か非日本人なのか分からない状況を日本政府は続けられない。ゆえに朝鮮戦争中に渡航者を非日本人化してしまう。そして休戦後に北か南かを選ばせた。と考えると…。
宮台真司 @miyadai
この流れのどの段階で、日本政府が、渡航者コリアンの方々に国籍選択権を授与可能なのか、僕には分かりません。もし、しかじかの段階で、明白に可能だったと言えるのであれば、@magoyoshi さんの仮説的議論は、日本政府に一定の責務を負わせるものになります。この件、どなたか教えて下さい
宮台真司 @miyadai
承前。@magoyoshi さん。この件、どのようにお考えになるか、教えてください。このツイートの前に5本を連投しています。
宮台真司 @miyadai
すみません。RT @n1040: 「サ講話」というのは「サンフランシスコ講和条約」のことですよね? 略してる上に誤字ってるので一瞬なんのことだかわかりませんでした。
宮台真司 @miyadai
僕も今そう感じていました。このとき二重国籍容認政策に転じる機会があったと。そうした議論は当時なかったのか。RT @ogi_fuji_npo: @fujiblog 宮台先生の議論、面白いですね。私見:日本側が重国籍容認で臨めば、どの時点においても相手政府…の意向を無視できたのでは?
宮台真司 @miyadai
おはようございます。これは参考になります。李承晩政府は「強制的渡日」を理由に渡航者の国籍選択に反対。RT @knrjp: @miyadai 他人のブログの紹介で申し訳ありませんが、http://bit.ly/cnydw1 は参考に…。
宮台真司 @miyadai
韓国政府いわく「絶対に初めから定住意志により渡日してきたのではない。従って国籍選択権云々はやはり絶対に不当な見解である…。そして在日大韓国民の中に日本国籍の取得を希望するものが全くないとは言えず、万一いたならばそれは単純な帰化”問題であり、国籍選択権と混同して錯覚してはならない」
宮台真司 @miyadai
コメントいわく「1947年、朝鮮人は「当分の間は外国人とみなして」外国人登録令の対象となり、登録上の「国籍」欄は「朝鮮」となりましたが、日本国籍はまだありました」別のコメントいわく「選挙権は「戸籍法の適用を受けざる者の選挙権及被選挙権は当分の内之を停止す」として停止され」ました。
宮台真司 @miyadai
それより@magoyoshi さんとか@knrjp さんとかとの遣り取りは昔を思い出します。『サブカルチャー神話解体』連載の1992年当時、分からない情報があるとニフティ(パソ通)で誰か教えてくれませんかと問うと、もの凄い勢いで答えが返ってきました。凄いなと思った記憶があります。
宮台真司 @miyadai
そう思いますが「今さら識別可能か」問題と「今さら子孫はどうすりゃいい」問題があります。そのことが僕の意見(帰化手続簡素化等)の背景にあります。RT @ryoyamaguti: 宮台先生の一連のツイートを朝から拝見。 国籍に関する内容も、最適解は強制連行や出稼ぎなどによって異なる。
宮台真司 @miyadai
いずれにしても、渡航者コリアンの方々の法的地位の変更をめぐる一連の歴史的流れは、改めて見直すと、サンフランシスコ講和体制がどういう形をした虚構(必ずしも悪い意味でない)だったのかが、諸外国との関係の中で見えてきます。それが見えてくる過程は知的興味を強く刺激します。勉強になります
まごよし @Magoyoshi
@miyadai 宮台先生。ご丁寧なご返信、ありがとうございました。ご指摘を受けもろもろ反省の上考え直し、勉強不足の部分が多くいたらないながらもご質問に対する意見をまとめてみました。 http://qurl.com/z8gl3 #miyadai
まごよし @Magoyoshi
togetterにまとめを作成したところリンク切れがあったので↑ 補足用にリンク先だけ投稿しました。http://ameblo.jp/magoyoshi56/entry-10495790013.html
宮台真司 @miyadai
熟読させていただきます。RT @magoyoshi: @miyadai 宮台先生。ご丁寧なご返信、ありがとうございました。ご指摘を受けもろもろ反省の上考え直し、勉強不足の部分が多くいたらないながらもご質問に対する意見をまとめてみました。

コメント

まごよし @Magoyoshi 2010年8月21日
短縮URLにリンク切れがあり、まとめとして機能していなかったので、飛び先URLだけツイートしなおして、再構成しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする