Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

16年ぶりの新作・いとうせいこう『想像ラジオ』への大きな反響

またたく間に売り切れた「文藝」2013年春号に掲載された、いとうせいこうさん @seikoito の16年ぶりの沈黙を破る中編小説、「想像ラジオ」には、多くの感想が寄せられました。 そして皆様の声を受け、3月5日発売の単行本は発売前に重版が決定するという異例の自体に。 こちらのサイトでいとうさんからのメッセージ、「文藝」掲載のいとうさんと星野智幸さんとの対談、作品の立ち読みができます。 http://www.kawade.co.jp/souzouradio/ 続きを読む
4
リンク 河出書房新社 想像ラジオ :いとう せいこう|河出書房新社 想像ラジオ 想像すれば、聴こえるはず――。文学にしかできないことがある。「文藝」掲載時より口コミで話題を呼び、かつてない大反響を呼んだ、鎮魂と再生の物語。著者16年の沈黙がついに破られる。
いとうせいこう @seikoito

全国の書店の皆さん、読者の皆さん。明日発売の「文藝」にて十数年ぶりの書き下ろし『想像ラジオ』を発表します(合わせて俺特集も)。厳しく判定して、もしよければ可愛がって下さい。よろしく! http://t.co/DaK5vnCJ

2013-01-06 13:49:31
拡大
DJせいこう @seikoitoDJ

1/7になったぜ。文芸誌「文藝」にて「想像ラジオ」が発表されたよ。みんながくれた想像力のおかげだ! 本当にありがとう。

2013-01-07 03:11:58
DJせいこう @seikoitoDJ

ありがとう、リスナー君。RT @mcotone: 喫茶店で読みながら、何回も泣いてる。

2013-01-07 14:54:29
DJせいこう @seikoitoDJ

そう、「想像ラジオ」のオンエアが始まったんだ。終わることがないぜ。RT @mcotone: //(嬉しかったので、つい読書の途中でTwしてしまった。そうか、この小説を読むことも、かたちをかえた『放送』なんだ)

2013-01-07 14:57:16
星野智幸Tomoyuki Hoshino @hoshinot

しかし、芥川賞の行方よりもすごいことが今の日本の文学界では起こったのだ。待ちに待った今日。『文藝』の発売日。文学や小説に関心があるのなら、個々で発表されたいとうせいこうさんの『想像ラジオ』を読まないと、人生の損になる。本当に驚くべき作品だ。

2013-01-07 15:48:27
星野智幸Tomoyuki Hoshino @hoshinot

『想像ラジオ』を読んだときの、こんな小説がまだ書かれうるのか、という驚きは、1990年前後にガルシア=マルケスの『百年の孤独』やフアン・ルルフォの『ペドロ・パラモ』を読んだときの驚愕や畏怖の感覚とまったく同じ。文学には、反復の中からこんな新しい種族が生まれる可能性がまだあるのだ。

2013-01-07 15:52:10
星野智幸Tomoyuki Hoshino @hoshinot

『想像ラジオ』、文学の価値ばかり言っているが、じつはそんなことはどうでもいい。本当は、小説に関心のない人に読んでほしい。自分がこれほど癒やされ、自分がこれほど再生される言葉は、ほかにないから。震災後に私は初めて、自分がこういう言葉を渇望していたのだと、読んでから知った。

2013-01-07 15:55:10
星野智幸Tomoyuki Hoshino @hoshinot

『想像ラジオ』は、読む人によってまったく違う小説である。それは、読み方は人それぞれだから、といったレベルではない。この小説には、文字化されていないのに、読者自身の物語が書き込まれている。書かれた物語を読んでいるはずなのに、頭の中で展開されるのは、自分の物語なのだ。

2013-01-07 15:57:33
星野智幸Tomoyuki Hoshino @hoshinot

『想像ラジオ』は、そういう仕組みになっている小説なのだ。しかも、それは言葉による物語としてだけではなく、音楽と映像をともなう。私自身が知らない自分のリアルが、目の前に立ち現れる。この小説は、否が応でも、読者を物語作りに参加させてしまう。頭なんか使わない。読めば自然にそうなる。

2013-01-07 16:01:21
星野智幸Tomoyuki Hoshino @hoshinot

『想像ラジオ』は、いわゆる泣ける小説ではない。だが、読めば涙が止まらない。涙だけではない、あらゆる感情が体の奥のほうから解放される。近くに誰かの存在を感じるようになる。生と死の境界があいまいになり、喪失という感覚が薄れていく。傷つき暴力衝動に駆られたこの社会に、必要な小説なのだ。

2013-01-07 16:07:32
星野智幸Tomoyuki Hoshino @hoshinot

「文藝」では、いとうせいこうさんと対談した。私淑していたいとうさんとの対談は、じつは10年越しの願望だった。2005年前後には、どこかの媒体に個人的にお願いしていとうさんにインタビューしたいとまで思いつめたこともある。なので、自分の思い入ればかり語る、恥ずかしい対談となった。

2013-01-07 16:11:25
星野智幸Tomoyuki Hoshino @hoshinot

まあ、私の恥ずかしさはどうでもよくて、いとうさんの発言部分が本当に素晴らしいので、ぜひ一読を。90年代の私淑なんてまだまだちっぽけなものだったと思い知らされるほど無限の小説『想像ラジオ』が読めて、いとうさんの発言もたくさんついている「文藝」、すごくお買い得だと思う。

2013-01-07 16:13:52
星野智幸Tomoyuki Hoshino @hoshinot

想像ラジオ、どんな話かはあえて書かない。まっさらな気持ちで読んで、振り回されてほしいから。

2013-01-07 16:15:13
星野智幸Tomoyuki Hoshino @hoshinot

そうだ、ツイッターのDJせいこう @seikoitoDJ では、小説『想像ラジオ』が現実を侵食している最中。というか、この現実のツイッターの場が、小説を侵食していったのだ。

2013-01-07 17:07:46
星野智幸Tomoyuki Hoshino @hoshinot

いとうせいこうさんの小説『想像ラジオ』の掲載された「文藝」を、早くも買ってくださった・買おうとしている方々の反応がありました。感謝。いつもは私は、どちらかというと読む人・見る人を選ぶところのあるコアな小説や映画をお薦めとして紹介しているけれど、この小説はコアなのに人を選びません。

2013-01-07 17:53:55
安堵霊タラコフスキー @tarakovsky63

星野智幸に釣られて読んだ、いとうせいこうの「想像ラジオ」、確かに面白かった!ラジオDJの語りとそのリスナーの独白、そして戯曲的台詞により構成されたこの小説は、マルチタレントである作者らしい実に斬新なものだった!

2013-01-07 17:21:49
はぎ @cumo39

で、心で聴くラジオ DJせいこう。あれから ずっと続いていて、あの時に生まれて 今 作品になった『想像ラジオ』。すっごいいいけど、読むのに体力いるから、ゆっくり 味わって読もう。今週 さいこう。

2013-01-07 19:55:39
林 賢一(リンリン) @rinrin_

『想像ラジオ』、真ん中まで読んで休憩。やばいやばいやばい。

2013-01-07 20:10:36
mayumi @groove_id

いとうせいこう「想像ラジオ」読んだ。やっぱりせいこうさん大好きだ。涙止まらん。文藝買うか迷ったけど、買って良かった。

2013-01-07 20:15:00
いとう @ito_shi

想像ラジオのこの脱線文章大好き。脱線とラジオてごっつ相性がいい。読んでいて裏切られたりして(想像ラジオですからw)ただただ前に読みすすむという運動にまかせるのみ。

2013-01-07 21:01:08
林 賢一(リンリン) @rinrin_

250枚の『想像ラジオ』読了。同誌掲載の中原昌也『ひ』もその流れで読む。どっちも素晴らしい!!!!!!!!!! こういうのに出会えるから文芸誌はやめられない。完成してから受け手まで届くスピードも速いし。タイムラグはあっても1ヶ月ほどだろう。ビバ文芸誌。

2013-01-07 22:20:49
リブロ @libro_jp

そして今月は『文藝』。今月は個人的にはこれしかありません。いとうせいこう16年ぶりの中篇「想像ラジオ」。『ワ-ルズ・エンド・ガ-デン』で僕にとって特別な作家になったいとうせいこう。今回もその恐ろしいまでの想像力が凝縮した1作。絶対損はしません。読んでください。(リブロ池袋本店O)

2013-01-07 22:29:45
saori @charin0829

星野智幸さんの連投につられて、「文藝」を買うために途中下車しちゃった。『想像ラジオ』冒頭ですでにココロ鷲掴まれてます!早く帰って続き読まなきゃ!!

2013-01-07 23:31:17
KAWAZOE, Ayumu @ayumuz

都会の日常やテレビの享楽を風景として眺めながら、「そこにいない」人たちのことを忘れてはならない、と気を張っているところがある。しんどい。だが、いとうせいこうさんの『想像ラジオ』によって新たな「場」が生まれた。これで柔らかな気持ちで、彼の地の人々を忘れずにいられる気がする。

2013-01-08 01:23:56
残りを読む(393)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?