カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

体罰の起源

体罰は日本の教育的伝統のように語られることもあるが、それは本当だろうか。歴史を紐解くと、体罰の歴史はかなり浅いらしい。
コラム 明治時代 軍隊 鉄拳制裁 日露戦争 体罰
122
shinshinohara @ShinShinohara
大阪市立の桜宮高校で、教員の体罰が原因でキャプテンを勤めていた高校生が自殺したという。・・・日本では「体罰」が教育方法の一つとして根強く残っているが、奇妙なことに、「体罰」が教育方法として採用された歴史はごく浅い。それを振り返ってみたい。
shinshinohara @ShinShinohara
幕末の薩摩藩藩士、桐野利秋は貧しく低い家柄の子弟だったが武勇を見込まれ、同情に通うことが出来た。面白くないのは上級藩士。桐野の帰り道を待ち伏せし、数人で川に放り込むという意地悪を何度も繰り返した。だが、「鉄拳制裁」のようなことはなかったようである。
shinshinohara @ShinShinohara
江戸時代のものを読んでも、「体罰」らしい証拠は見られない。親が腹を立てて手を挙げる、というのはあるにしても、どちらかというと「無体(むたい)な(かわいそうに)」という印象のようで、教育効果があると思われていた節はない。明治維新以前に「教育的体罰」という考え方はなかったようだ。
shinshinohara @ShinShinohara
明治以降になると女学校などで、女性教員が女学生に対し正座などの姿勢をただすよう、細い棒で軽くたたく「しつけ」が行われている。しかしいわゆる「体罰」のような激しいことが行われた形跡はない。
shinshinohara @ShinShinohara
夏目漱石などの明治・大正期の作品を見ても、教育的体罰にあたるような記述は見られない。どうも、大正時代以前に、教育的理由で行われる体罰があった形跡はない。では、いつごろから「教育的」体罰なるものが始まったのか。どうやら、軍国主義の台頭がきっかけであるらしい。
shinshinohara @ShinShinohara
昭和期の作品をみる、「お国のため」という気持ちで高揚して自ら軍に志願した田舎の少年が「ビンタ」が横行する軍隊の日常に非常に衝撃を受けるシーンがたくさんある。たとえば城山三郎の「大義の末」や中沢啓二の「はだしのゲン」にもそうしたシーンがある。軍隊でビンタを初体験した人は多いようだ。
shinshinohara @ShinShinohara
学校でビンタなどの「教育的体罰」が「普及」したのは、小学校が国民学校となり、軍人が教育現場に配置され、竹やり訓練などが日常になり始めた頃と重なるようだ。この頃は「日本国民として恥ずかしくないのか」という鉄拳制裁や教育的体罰がごくふつうもののとして現れた。
shinshinohara @ShinShinohara
軍国主義が強かった時代に、学校現場での「教育的体罰」が根付いたらしい。「体罰は教育的方法として必要だ」という観念もこのとき根付いたようだが、きっかけが軍国主義だということは忘却され、戦後の日本でも体罰は一定の教育効果があると支持されるようになり、今日まで続いている。
shinshinohara @ShinShinohara
アメリカはバスケットボールやアメフト、大リーグなど、世界トップクラスのスポーツがあるが、「教育的体罰」は皆無といってよいだろう。体罰がなくても世界レベルの指導が可能であることを、「銃」という、究極の暴力手段を許容している国が証明している。なのになぜ、日本では体罰が必要なのだろう?
shinshinohara @ShinShinohara
イヌイットの人達は、子どもが不用意に火に近づかないよう、わざと手の甲をストーブに軽く押し付けてやけどの経験をさせるという。体罰に似ているが、日本のスポーツ界で見られるようなビンタなどの体罰とは性質が異なるように思う。何度もストーブに押し付けるようなことはないのだから。
shinshinohara @ShinShinohara
日本において「教育的体罰」が根付く原因となったのは、戦前の軍隊経験がきっかけだということはどうやら間違いないらしい。当時の日本では、成人男性はみな兵役につかなければならなかった。軍隊でビンタを受けた人達が、その効果を信じて民間でも「教育的体罰」を広げたもののように思える。
shinshinohara @ShinShinohara
よく分からないのは、「では日本の軍隊に鉄拳制裁などの「体罰」が始まったのはいつなのか」ということだ。西郷隆盛率いる私学校率いる武士軍団に明治政府軍が立ち向かった西南戦争では、「鉄拳制裁」が行われた形跡はない。それは武士軍団である方にも言える。体罰は軍の中にも存在しなかったようだ。
shinshinohara @ShinShinohara
明治政府が組織した、一般国民からなる軍隊は、しばらくの間、軟弱で閉口したらしい。明治の官僚組織を作り上げたといわれる山県有朋は、日本の兵士が敵を前にして逃げてしまうことを嘆いている。この頃までは、軍隊の中にさえ、「教育的体罰」は存在しなかったようだ。
shinshinohara @ShinShinohara
状況の変化は日露戦争後に起きてきたようだ。日露戦争にいたっても、兵士が前線で逃散する事例が後を絶たなかったらしく、軍隊の統率に苦慮した上層部は、軍規の締め付けを厳しくしていく。この頃から次第に、なぜか鉄拳制裁や教育的体罰が、目に付くようになるようだ。
shinshinohara @ShinShinohara
有名なのは戦陣訓の「生きて虜囚の辱めを受けず」だが、それ以前から、逃げることを許さない訓告が繰り返しなされているようだ。「大和魂」を注入するとして、鉄拳制裁やビンタなど、教育的体罰が普及し、恐怖政治的に軍を統率する時代が続いた。これが日本に体罰が根付くきっかけとなったようだ。
shinshinohara @ShinShinohara
体罰がごく普通であった軍隊においても、体罰が導入された歴史はそう長くないようだ。しかし全国民が戦争一色で染め上げられた強烈な経験をした日本人は、体罰をも自らの習慣として取り入れてしまった。体罰が少なくなった今でも、軍隊に通じるところがあるスポーツ界では残っているところがある。
shinshinohara @ShinShinohara
では、軍国主義がはびこる前の日本で体罰が行われていなかったのはなぜなのか?武士社会では、体罰のような侮辱を受けることは命を懸けて刀を抜き、恥辱を晴らす必要もあった。百姓や商人は、体罰のような激しいことを行う必要はなかった。必要なかったから体罰はなかったようだ。
shinshinohara @ShinShinohara
「体罰は日本の教育的伝統」と考えるのは、どうやら間違いであるらしい。軍国主義に全国民が染め上げられた一時期に広がった、一時的現象だったと考えたほうが正確なようである。体罰の是非は別として、歴史的事実をまずは把握しておくことは大切だろう。

コメント

ぴっぴ@あいか @kaleidevoiceok 2013年1月12日
なるほど……この説はなかなか興味深い。ゾクゾクするねぇ。
Sebastian KOBAYASHI @Dongpo_Jushi 2013年1月12日
エホバの証人の連中は自分たちの子に体罰をする習慣があるが、あれはアメリカ発祥だったりする。もっともあいつらを「一般的なアメリカ人」と扱っていいかどうかは議論が必要だがw
tommy_tin @tommy_tin 2013年1月12日
司馬遼太郎の小説では、幕末に吉田松蔭(寅次郎)が教育を受ける際に激しい体罰を受ける描写がありましたが、事実はどうなんでしょう
九七式中戦車 @type97_chiha 2013年1月12日
エホバの子供への暴力行為奨励は、「信仰を捨てられなしてに深みにはまらせる為」というのが大きな理由の一つと言われていますね。逆に言うと、信仰から離れると相当後ろめたい行為になってしまうということです。こういう背景が存在する以上、アメリカで子供への暴力行為が一般的なアメリカ人に容認されているとは考えにくいでしょう。時代の移り変わりも関係するでしょうが。
平田フシギダネ @FushiHirata 2013年1月12日
「折檻」がいつごろからか体罰を意味するようになったことなども関連して気になる。
neologcutter @neologcut_er 2013年1月12日
戦後しばらくは教員があまりいないのが当然だから、復員兵が教師になるケースも多々あったはず。つまり昭和20-40年代は体罰が横行していた。
岡一輝 @okaikki 2013年1月13日
お尻ペンペンはどういう扱いになるのかな。
七七四未満六四以上 @zy773 2013年1月13日
大枠(太平洋戦争を挟んで体罰が増えた。)は同意しやすいが、つっこみ1 そもそも藩校に通うような武家階級は超エリートで歴然とした階級もあり互いに帯刀してるので暴力が表出するなら体罰なんて生ぬるい自体で済まないと思う。
七七四未満六四以上 @zy773 2013年1月13日
つっこみ2 ここ十数年、草食系男子wが増えるのに反比例するように若者の喧嘩や突発的な殺人が減ってるらしい。だもんで、喧嘩などの個人単位の暴力の頻度が現在と過去では大きく違う可能性が大きい。昔から体罰や折檻は存在したがそれ以上の暴力が日常的だったのでわざわざ記録しなかったように思える。○ゆえに体罰がここまで話題になるのは日常的な暴力が減ったので目立つようになったのが理由のように思う。
Sebastian KOBAYASHI @Dongpo_Jushi 2013年1月13日
type97_chiha なるほど。まあ、エホバの証人が「新興」宗教であることも含めて、(少なくともエホバの証人の例をもって)「アメリカに体罰の習慣があった」とするのは無理筋ですね。
Sebastian KOBAYASHI @Dongpo_Jushi 2013年1月13日
ただ、アメリカの近代文学で「生徒が先生に鞭で打たれる」ってシーンは割とあったりしない?とは思います。アメリカ文学は完全に専門外なので詳しくはわからんのですが。
野島 高彦【化学】 @TakahikoNojima 2013年1月13日
「先生に殴られた」などと親に報告しようものなら,「オマエは先生に殴られるような馬鹿者なのか!」と言われてさらに親からも殴られる,なんていうことが別に珍しくなかったのは,私の世代あたりまで?
市川絡繰 @awajiya 2013年1月13日
19〜20世紀初頭の英欧文学には,ちょくちょく教育的体罰って出てくるように思うので,近代化過程の邦人インテリがそれを読み,「そうか,体罰は蛮風ではなく教育的効果があるのか」と「再発見」し,軍隊教育にも取り入れた. ……てな仮説はどうかしらん.
水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2013年1月13日
戦争という極限状況で個々人にかかるストレスは大変なのがあるので、そういった所でプッツンしちゃった兵隊さん達が「教育的指導」とか言って部下に八つ当たりするのは十分に理に適っているとおもいますね。 日露戦争で勝ったからそういった異常事態が勝つために必要な事として持ち上げられ、日中・日米開戦で常識として広まってしまったのか しかしなんで終戦で無くならなかったんだろうね? 軍国主義的なモロモロと一緒に葬られてもおかしくなかっただろうに・・・
銀子☆5さい @ginco_silver 2013年1月14日
各論的には体験と結びつくのでそうかなと思うけど、データや出典を示さないのでさほど意味を持つとも思えないまとめ
カワイ韓愈 @kawai_kanyu 2013年1月14日
だからぁ、モノクロ時代の西洋映画にだって体罰する教師は結構でてくるっての。
垂直応力 @normal_stress 2013年1月14日
職人とか芸事みたいな徒弟関係ではどうだったんでしょうね
ephemera @ephemerawww 2013年1月15日
軍隊訓練と学校教育がごっちゃになった暴論だなあ。戦前、戦時中に未成年相手の教育現場で軍人教育なんかしてないよw 富国強兵を進める教育といってまっさきに言及されるべきは柔術、柔道の必修化だよ。柔道が国家武道化していく過程で、体罰が現場に組み込まれていったんじゃないかと思うけどな
ephemera @ephemerawww 2013年1月15日
講道館と明治政府が癒着して柔術教育が導入されるまでは、武術と無縁に暮らしてた子供は大勢いた。それが必修化で誰しもがマッチョイズムに接し、公認されるようになったんだから、そこから体罰という思想が生まれ広まったことは容易に想像がつくでしょうよ
御霊 @mitama8 2013年1月15日
アメリカは銃社会だから下手に手をあげたら銃で報復される可能性があるんだぜ?その点を加味しないとな。
游鯤 @yusparkersp 2013年1月15日
江戸時代の子供なんて簡単に死んじゃうんだし、目の色を変えて教育的成果を求めなかったんじゃないの?寺子屋だって剣道場だって客商売だし、どーしょーもなきゃ放校すればいいわけでネチネチとした体罰なんて有りようがない。
shinshinohara @ShinShinohara 2013年1月15日
mitama8 そうなんですよね。だからアメリカではエレベーターやトイレで一緒になったら、初対面でも挨拶します。銃でズドンとやられないように。皮肉なことに、礼儀正しいと言われた日本人はアメリカ人より無礼になりました。
sega @girrrrrrrlrrrrr 2013年1月15日
ephemerawww そして嘉納治五郎が校長となり、その拠点となったのが東京高等師範学校。後に軍国教育の拠点となる学校ですね。
sega @girrrrrrrlrrrrr 2013年1月15日
軍人教育というより、軍国教育や総力戦のせいでしょうね。
sega @girrrrrrrlrrrrr 2013年1月15日
学校教練(軍事教練)...
sega @girrrrrrrlrrrrr 2013年1月15日
ephemerawww 学校教練(軍事教練)といって、学校教育にも組み込まれていましたよ。総力戦に突入してからは学業すら放棄して、「死んで来い」洗脳をしてました。
sega @girrrrrrrlrrrrr 2013年1月15日
シバキ文化が教員養成学校に入り込んだことは、日本の大きな損失だなぁ。
ephemera @ephemerawww 2013年1月16日
それは戦争末期の数年間の話でしょう? 学徒動員と疎開で満足に実施されたかどうかも疑問。総論においては無視していい要素ですよ。軍国教育なんてものはこの国の歴史ではほとんど行われていません。体罰についてむしろ重視すべきは教育現場への武術(柔道・柔術)の導入というセンテンスですよ。それは太平洋戦争よりずっと以前から長期に渡って行われてきたことです。「軍国主義」に責任転嫁するのは話の本質じゃないんですよw むしろ「富国強兵政策」というべきだ
涼燐@シグ @ryo_ring 2013年1月16日
ギリシャ等古くからあるスパルタ式教育はどうなん?
練乳 @nerichichi 2013年1月16日
そんなさかのぼらなくても『スクールウォーズ』というドラマで……おっと誰か来たようだ
shinshinohara @ShinShinohara 2013年1月16日
ryo_ring スパルタについては「プルターク英雄伝」の「リュクールゴス伝」に詳しいです。スパルタ、別名ラケダイモーンでは、子供を大人とは別の場所で共同生活をさせていました。懲罰はないですが、子ヤギに脇腹を食い破られようと、火の玉が袖に入って肉を焼こうと、悲鳴を上げない度胸を「若者同士で」競い合いました。体罰の記述は記憶にないです。
shinshinohara @ShinShinohara 2013年1月16日
ephemerawww ここが詳しいですね。軍事教練の方が導入が早く、武道の尋常小学校への導入の方が後になります。軍国主義の台頭を「無視していい要素」とするなら、武術の導入は「もっと無視してよい要素」ということになります。http://www.yomitan.jp/sonsi/vol05a/chap00/sec00/cont00/docu012.htm
shinshinohara @ShinShinohara 2013年1月16日
ryo_ring 別のまとめに詳しく書きましたが、体罰は西洋キリスト教と深く関係があるようで、その他の文明で体罰らしい証拠を見たことが私はありません。キリスト教は原罪の意識とストア学の融合で、体罰が「神に近づく道」と考えられていました。 http://togetter.com/li/438716
S.A.M. @SAM_tak 2013年1月16日
そういやアメリカ文学には「ベルト鞭」よく登場するな。西欧由来か。
游鯤 @yusparkersp 2013年1月16日
ラテン語の綴りを間違えて美しい家庭教師に柳の鞭でピチピチと叩かれたい。
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2013年1月16日
中世キリスト教の描写では悪魔を払うためのむち打ちとかよく出てきますな。修道僧が自分で自分をしばくやつ。その延長上にあるような気がしないでもない。
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2013年1月16日
小学生のころは悪戯こいて先生にげんこつ食らうことがよくあったけど、今みたいに顔面パンチだのビンタだのはなかったな。痛くなくても頭にこつんとくらうと子ども心には結構こたえた。そんなんだからそれを親に言っても「このバカたれ」ともう一発げんこつくらうのであった。
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2013年1月16日
もっともブランコから放り出されて血まみれになったり、一斗缶で殴り合って血まみれになったりとかそういうレベルなのでげんこつくらいは暴力の内に感じなかったのかもしれぬ。
永沢壱朗 @Nichilaw 2013年1月16日
江戸時代って、子供を育てるのに体罰はなかったかもしれないけど、肉刑と拷問(現代基準)は普通にやってたような。苦痛をもって更生させるって考え方自体は昔から一般的だったんでないかな。
okera @okera_street 2013年1月16日
信長の乳母である養徳院は信長に対してガッツリ折檻していたと言われていますが…。あと近代以前の軍隊だと、指揮官による部下への罰や軍人同士の諍いなどはそのまま命を奪う行為に繋がっていたので、現代人がイメージする体罰がなかっただけでむしろもっと酷かったですよ。
創業元治元年 小林工務店 @Kyodaiku 2013年1月16日
帝国海軍はイギリス海軍の制裁を、帝国陸軍はプロシャ陸軍から制裁を真似たんだよ。でも、帝国陸海軍はこれを慎むように指導していたんだよ。戦後メディアによる帝国陸海軍は酷いところだという刷り込みが効いているのかなぁ。。。
創業元治元年 小林工務店 @Kyodaiku 2013年1月16日
それに海外の軍隊には督戦隊なんていうものがあって、撤退しようとする味方を後ろから打ち殺すこともあったんじゃないか。
ephemera @ephemerawww 2013年1月17日
ShinShinohara ほら、軍事教練は1925年ですよね? Wikipediaで柔道の項目を合わせてみてみましょうか。「1898年に旧制中学校の課外授業に柔術が導入された際、柔道も、必修の正課になった」とありますよ。四半世紀以上も前から柔術は教育現場に取り入れられてるんです。富国強兵政策と柔道教育の導入については以前、NHKが特番を作ってます。柔道の教育現場への導入は軍国化以前の話なんですよ
ephemera @ephemerawww 2013年1月17日
というわけで、柔術・柔道の導入に起因する非論理的・非理知的なマッチョイズムの支配こそが体罰の起源と考えたほうが自然でしょう。軍国教育というよりは、近代体育教育のあり方、理念を掘り下げていった方がいいと思いますよ。悪いことはなんでも軍国時代に起因していると決めつけて、安易に責任転嫁をするのは思想的に偏向してますw
ephemera @ephemerawww 2013年1月17日
そもそも軍隊は暴力の行使を規律するところにその厳しい訓練の意味があるわけですから、やたらめったら感情のまま趣くままに暴力を振るうような無秩序とは対極です。一般には軍人の方が、そこらにいる暴力や感情の制御の訓練をされていない人よりも、よっぽど礼儀正しい行動ができると思いますよ。この点は左巻きの人たちが広く勘違いしていることですね
甘党猫が通りますよ @Future_Men 2013年1月17日
軍艦乗りの水兵は、ロープをまたいだだけで殴られたとか。ロープが動いて足に絡まり、海に落ちたり怪我をしたりするのを防ぐため。注意しても直らない新兵がいて、結局ロープのせいで命を落としたので、死なれるよりも殴ってでも教えたほうがいい、ということもあったそうだ。
甘党猫が通りますよ @Future_Men 2013年1月17日
相手が死ぬような事態を避けるためでもない限り、「体罰による教育」なんてやっちゃあいかん、と思う。
shinshinohara @ShinShinohara 2013年1月17日
ephemerawww 旧制中学校は義務教育でなかったことをお忘れなく。
saraquel2 @saraquel2 2013年1月17日
暴力を振るっても、しつけや意地悪は体罰ではないらしい。
shinshinohara @ShinShinohara 2013年1月17日
saraquel2 ご指摘の論理を採用すると、「水と油はどちらも液体である、したがって水は燃える」に似た話になりかねません。「体罰が教育的効果を持つと信じられているのはなぜか」という、歴史的経緯をたどろうとする前置きを無視すると、ご指摘のような論理になってしまいます。
maryuw@糖質制限 無断転載お断り @maryuw 2013年1月18日
そもそも今教師になってる世代自体が喧嘩もしなければ殴る加減も分からない人間が多くて加減が効かない(どこまでやっていいのか分からない)っていうのもあるんじゃないかなーと、30も40も殴ったというニュース見て思った
闇の聖母ガラテア @galatea_rs3 2013年1月18日
丁稚をいびって悦に入ってるような町人までもが軍隊に入るようになってからじゃねーの。西南戦争あたりからか。
ephemera @ephemerawww 2013年1月19日
ShinShinohara 義務教育かどうかは重要ではないのでは? 国策として教育現場に取り入れられているということを重視すべきだし、四半世紀も前から教育現場に取り入れられていた延長として義務教育にも普及したわけでしょう? ならそれらが独立的なわけもなく、教育方針として影響があるでしょう。富国強兵政策との絡みで武道教育とその影響を論じるのが適当ですよ。あなたは「軍国が悪い」という自分の思い込みに執着しすぎです
shinshinohara @ShinShinohara 2013年1月22日
ephemerawww そのままお返しできるお喜びを申し上げます。「自分の思い込みに執着しすぎです」
有村悠@C96・1日目(金)南1ホール・ソ43b @lp_announce 2017年10月18日
戦後は「戦争帰りのスパルタ教師」がよく児童や生徒を殴ったというが、彼らに殴られた世代の教師も実によく殴ったというのが個人的な経験
さく @sakuro 2017年10月18日
翻訳物の児童文学で良家の坊ちゃんが家庭教師に鞭で打たれる的な描写は結構あるような。
shinshinohara @ShinShinohara 2017年10月18日
ほぼ同じ趣旨のことが1992年の修士論文として出ておりました。ご紹介くださった方、ありがとうございました。 http://www.asahi-net.or.jp/~kf3n-akmt/taibatsu.html
カイセー👺Staffel2 @Ksyzr 2017年10月18日
体罰・学校の軍隊化、これに日露戦争の影響は大きいな。日露戦争の日本兵が弱兵というのもよく聞く
shinshinohara @ShinShinohara 2017年11月4日
sakuro 西欧は中世の頃から殴る、ムチでシバくという「伝統」がありました。どうやら「原罪」意識が強かったためのようで、人間は原罪を持って生まれているから、厳しく律さねばろくな大人にならぬと信じられていたようです。日本は折檻という言葉もありましたが、「無体な(そこまでしなくていいのに)」と思われていたようで、厳しく律せずとも子は育つ、と考えられていたようです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする