あやくまさんによる「ベルリンからの手紙―放射能は国境を越えて」メモ

あやくま @ayakumahotcake さんによる 山本知佳子著「ベルリンからの手紙―放射能は国境を越えて」(八月書館) の読書メモ(引用)をまとめました。 「チェルノブイリの雲の下で」と同様、チェルノブイリ原発事故後のドイツの様子が描かれており、3.11後の日本でよく見る光景、そして学ぶべきことがたくさん書かれていると思います。 引用Twありがとうございます。 続きを読む
72
前へ 1 2 ・・ 5 次へ
あや @ayakumahotcake

「承前)単に原発をめぐる攻防というより、社会のあり方、民主主義そのものを問う議論が展開されています。原発に反対する者への弾圧が強まり、デモをする権利そのものが脅かされているというとらえ方が、運動をしている人たちの中にはあります。」ベルリンからの手紙

2013-01-11 23:54:55
あや @ayakumahotcake

「各地で大きな反対運動が繰り広げられながらも、運動に加わっている人たちの中には、どうしようもない焦り、苛立ちがあるのを否定できません。政府・原子力産業を政策変更に追い込みきれない事への苛立ち、そしてまた、市民の関心が今ひとつ高くない事に対する苛立ちも少なからずあります。」ベルリン

2013-01-12 00:00:58

西ドイツの反原発運動に関して、同じく当時の西ドイツを描いた「チェルノブイリの雲の下で」からの引用まとめは http://togetter.com/li/436392 にあります。

あや @ayakumahotcake

「時々思いがけない指摘に出くわしてハッとすることがあります。動物用のえさが人間の食料品と違って一切規制がないので、ひどく汚染されている…略…これを食べる動物たちももちろんですが、同じ部屋で生活し、毎日えさを扱う人間、特に子どもたちにとっても危険だということになります。」ベルリン

2013-01-12 00:09:39
あや @ayakumahotcake

「アメリカの露骨な介入と闘い自ら厳しい状況にあるニカラグアが、チェルノブイリの被害者に連帯のしるしとして5万7千キロのコーヒーを送りました。汚染された地域から汚染されていない地域へ、またその逆方向へと目まぐるしく動かされる物の流れを見ながら、色々と考えさせられています。」ベルリン

2013-01-12 00:15:28
あや @ayakumahotcake

「ノルウェーでは11月21日、それまで600Bq/kgだったトナカイの肉のセシウムの制限値を、なんとその10倍の6000Bq/kgにひきあげるという決定がなされました。その主な理由は600Bq/kgのままではトナカイの肉の80%が市場に出せなくなってしまうから」ベルリンからの手紙

2013-01-12 02:37:09
あや @ayakumahotcake

「反原発などの運動、さらには国の政策に異議を唱える者への徹底的な思想統制、弾圧がどんどん厳しさを増し、会議を開いたり、デモをしたり、雑誌の記事の中で自由に意見を言うことさえ統制されることがあるというのが、今の西ドイツの状況です。(1986.12.1)」ベルリンからの手紙

2013-01-12 02:46:05
あや @ayakumahotcake

「ナチスが出てきた頃は一体どのようにして民衆がその体制に組み込まれていったのかと考えると、やはりこのようにして、まわりをどんどん固められていって、気がついたらもう身動きできなくなっていたのだろうと思わずにはいられません。無関心でいることの何と恐ろしいことか。」ベルリン

2013-01-12 02:52:41
あや @ayakumahotcake

「大きなデモが続いているからといって、運動が高揚しているとは単純に言えません。それに対する国をあげての弾圧が、ますます強くなっているという事実を忘れてはならないし、これはもう原発の問題だけでなく、この国の政治のあり方、民主主義そのものの問題です。」ベルリンからの

2013-01-12 02:55:37
あや @ayakumahotcake

「運動がかかえる問題は西ドイツでも日本と共通するものがあります。同意事項を最小限にしてとにかく人をたくさん集めるのか、数よりも中味で内容を掘り下げたものにしていくのか。これは反原発に限らずどの運動も抱えている問題で、様々な議論があります。(1987.1.10)」ベルリンからの手紙

2013-01-12 03:07:09
あや @ayakumahotcake

「西ドイツに関していえば、1万人、2万人では(略)ほとんど何の効果もないというのが現状です。ただ、そこに集まった人たちが、運動に加わるという経験を通して次第に意見を深めていくことができれば、それぞれの地元にかえって根をおろした批判勢力になっていく可能性はあります。」ベルリン

2013-01-12 03:12:40
あや @ayakumahotcake

「特定の原発なり再処理工場を止めようという闘いの中では、デモの影響力は弱まりつつあるような気がします。西ドイツの場合、大きなデモ自体がそう珍しいものではなくなってしまったこともあるし、政府が恐れているのはもっと具体的・継続的なしぶとい個別行動ではないかと思います。」ベルリン

2013-01-12 03:17:35
あや @ayakumahotcake

「1月末の選挙では保守政党が勝つのがほぼはっきりしていて、こうなるとどれだけの差で保守が勝つことになるのかが焦点です。保守を大勝させてしまったら、数々の超反動政策が実施されることになるのは目に見えています。せめて大勝させないことを願うしかありません。」ベルリンの手紙

2013-01-12 03:21:42

1986年のクリスマス…

「チェルノブイリの雲の下で」にも類似の記述が。

CAVU @cavu311

「汚染値の高い粉ミルクは、さすがに乳児食品には入れられなかったものの、チョコレートの原料にされた。86年のクリスマスに売られたチョコレートが100ベクレルを超えているのを知った時には、胸が痛んだ。私たちは手を変え品を変え、結局のところ汚染食品を食べさせられることになる。」 #チ雲

2013-01-12 05:36:42
あや @ayakumahotcake

「『今年(1986)は、クリスマスの御馳走も放射能漬け』という声が、ごく一部でささやかれたものの、その声に耳を傾けた人は少なかったようです。」「サンタクロースを型どったチョコレートもクリスマスにつきものですが、12月になってから明らかに乳製品の汚染値が上がり始め(続)」ベルリン

2013-01-12 08:43:54
あや @ayakumahotcake

「承前)チョコレートからもかなり高い値が検出されることがしばしばあった」「チョコレートに注意という情報が一部では流れたものの、全体としてはほとんど無視され、サンタクロースは例年通り多くの食卓を飾ったようです。」ベルリンからの手紙 http://t.co/uuQV8Fja

2013-01-12 08:45:42
CAVU @cavu311

「ナチズムの過去をもつドイツで、若者はその時代を生きた親たちに、なぜあなた方は抵抗しなかったのと問い質した。いま放射能による食物の汚染を思うとき、それを想い出さずにはいられない。」 #チ雲

2013-01-12 05:43:43
CAVU @cavu311

「そのとき私たちは、今日あらゆる方向から『ベクレル派』に浴びせられているのとおなじあの台詞をくり返すだけなのか。『原子炉災害の前に、個人的な解決法や逃げ場はなかった』と。 私たちはたたかいに敗北した。」 #チ雲

2013-01-12 05:44:32
あや @ayakumahotcake

「ナチスが出てきた頃は一体どのようにして民衆がその体制に組み込まれていったのかと考えると、やはりこのようにして、まわりをどんどん固められていって、気がついたらもう身動きできなくなっていたのだろうと思わずにはいられません。無関心でいることの何と恐ろしいことか。」ベルリン

2013-01-12 02:52:41
あや @ayakumahotcake

http://t.co/Y0SbYw1D →続き→「『知らなかった』のではなく『知ろうとしなかった』『無関心だった』のだと思います。そうして結局は国家の言うなりになっていってしまう。」ベルリンからの手紙

2013-01-12 09:10:39
あや @ayakumahotcake

「チェルノブイリ事故の汚染は、汚染食料の世界各地への輸出により、ますますその範囲を広められているというのが事実でしょう。」「ECの制限値を越える汚染のひどい食糧がヨーロッパ諸国から、第三世界へと送り込まれているのは疑う余地がありません。(1987.1.28)」ベルリンからの手紙

2013-01-13 03:13:25
あや @ayakumahotcake

「こうしたニュースはおそらく氷山の一角に過ぎないでしょう。これは、危険すぎるとして自国では使用を禁止された化学肥料や農薬・医療品を、アメリカ、ヨーロッパ、日本の企業が第三世界に売りつけている構造と、基本的に変わることがありません。」ベルリンからの手紙

2013-01-13 03:16:26
あや @ayakumahotcake

「ソ連各地から強制的に医師、技術者らが駆り集められ、事故現場へ送り込まれているとのこと。」「この作業が一体あと何年かかるのかもわからないまま(略)こうして今もチェルノブイリの犠牲者が増え続けているのだということを、忘れてはならないと思います。」ベルリンからの手紙

2013-01-13 03:33:05
あや @ayakumahotcake

「政府や自治体の対応策のなさが非難され、もっときちんとした測定等を行い、汚染食糧のコントロールも行うべきだという声が運動の側からも起こりましたが、その答えがこれです。略)結局、市民による自己防衛以外にはないという気がします。」ベルリンからの手紙

2013-01-13 03:46:28
前へ 1 2 ・・ 5 次へ