NHKスペシャル・空白の初期被ばく(2013/1/12放映)の推計に使われたデータに関する疑義

NHKスペシャル・空白の初期被ばく(2013/1/12放映)の推計に使われたデータに関する斗ヶ沢さんのツイートをまとめました。
386
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga

土曜日に放映されたNHKスペシャル「空白の初期被ばく~消えたヨウ素131を追う」。うちの記事と内容が違うので、不思議に思っていました。以下にその理由とコメントを連続ツイートします。http://t.co/UTHBvCF5 放射性ヨウ素:福島・浪江の内部被ばく「低い」 弘前大

2013-01-15 17:52:35
NHKスペシャル
リンク www.nhk.or.jp NHKスペシャル|シリーズ東日本大震災空白の初期被ばく~消えたヨウ素131を追う~ NHKスペシャルの番組公式サイトです。
毎日新聞の記事
リンク mainichi.jp 放射性ヨウ素:福島・浪江の内部被ばく「低い」 弘前大 弘前大被ばく医療総合研究所(青森県弘前市)は11日、東京電力福島第1原発事故から数カ月後に検査を受...
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga

Nスペでは、床次眞司弘前大学教授が、浪江町5489人のホールボディカウンター(WBC)検査結果に基づき、セシウム134が検出された125人(うち20歳未満は1人)の甲状腺等価線量を1~33mSvと推定したーーとされていましたが、新聞記事はうち以外も「0・2~4・6mSvと発表」。

2013-01-15 18:01:32
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga

床次教授の11日の記者発表資料を見ると、2393人は2011年7月11日~8月31日のWBCデータで、5489人は2012年4月26日~10月31日のWBCデータ。新聞は2011年のデータを書き、NHKは2012年のデータを放送したということです。どうしてこうなったのか。

2013-01-15 18:06:29
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga

記者発表に出席した記者によると、床次教授自身が「2011年のデータの方がより浪江町民の被ばく実態に近いと思う」との旨の説明をしたため、記者たちは2011年のデータを記事にしたとのこと。床次教授の手法は、2011年4月のWBC検査をもとに、ヨウ素131対セシウム134の比率を推定。

2013-01-15 18:11:55
birdtaka@次走ちょこっとトレイル @birdtaka

@hidetoga 2012のWBCは2011年3月の被ばく(吸入)によるものより、その後の食べ物による摂取の影響が大きく、それを半減期で逆算したからおかしなことになったのではないでしょうか。番組をみながらその可能性を危惧していました。

2013-01-15 18:13:20
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga

後日実施されたWBC検査でセシウム134が検出されたら、その推定比率でヨウ素量求めるという方法です。これは、ヨウ素・セシウム比率が時刻や場所、個人によって異なるという問題と、食べ物からセシウムを摂取して、それがWBC検査で検出されても、ヨウ素にカウントされるという難点があります。

2013-01-15 18:17:33
birdtaka@次走ちょこっとトレイル @birdtaka

番組みてて無理があるなぁ、と思っていたら2011年のWBCからの推計もあったのか。それを取り上げなかった理由はなんだろう。

2013-01-15 18:19:14
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga

床次教授が2011年のデータを出すよう記者たちに言ったのは、この食品摂取と関連があります。「5489人125人からセシウムを検出」という2012年のデータでは、セシウム線量が比較的高かったのは4人だけで、4人は1家族。浪江町の聞き取りで「野生キノコを食べていた」と答えているそう。

2013-01-15 18:22:56
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga

つまり、2012年のWBC検査は甲状腺等価線量20mSv以上(最大33mSv)と床次教授が推定する4人とも、野生キノコからセシウム摂取の影響が大きいと考えられるのです。だから、床次教授は33mSvがヨウ素初期被ばくの数値として記事になるのを回避しようとしたのでしょう。

2013-01-15 18:28:21
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga

食物由来のセシウムが検出され、それがヨウ素被ばく推定量に反映されたことを、NHKは知らなかった?それはありえません。床次教授に密着取材しているし、推定方法についても十分理解しているのですから。Nスペは「知っていながら、より高い数値を出したかった」と結論する以外にないでしょう。

2013-01-15 18:31:51
ryugo hayano @hayano

. @hidetoga 2011のデータは,更衣が徹底されておらず,必ずしも全員が内部被ばくではなかった可能性もあります.(床次先生のデータの一部に使われたと聞いている)ひらた中央病院の月ごとの検出率.更衣徹底後に検出率激減 → http://t.co/sF1mdDI2

2013-01-15 18:33:04
拡大
kikumaco(11/22,2/13ビッグアップル) @kikumaco

やはりWBCで出るセシウムのデータからヨウ素被曝を推定するやりかたには無理があるように思うなあ

2013-01-15 18:34:29
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga

Nスペ取材班はこの恣意的なデータ紹介一つをとっても、ジャーナリズムに反すると私は思います。床次教授(面識はありません)も、NHKがこのように放映するのをご存じだったでしょうから、「研究者としていかがなものでしょうか」と問いたいところです。

2013-01-15 18:34:31
朝日出版社 第二編集部 @asahipress_2hen

初期被ばくの、これまで公表された実測値、および、推計値(とその評価)を、紛らわしくなく報じてほしい(等価線量/実効線量でミスリードしない等は当然)。未公表のものは、測定環境と条件を明記して公表してほしい。斗ヶ沢さんの連投拝読。

2013-01-15 18:34:48
kikumaco(11/22,2/13ビッグアップル) @kikumaco

斗ヶ沢さんの連続ツイートは重要だと思う(だいたいRTしました)

2013-01-15 18:36:24
birdtaka@次走ちょこっとトレイル @birdtaka

つまり2011年のWBCは更衣が徹底されていないから内部被ばく以外で高くなっていた可能性があって、2012年のWBCは初期被ばくはほとんど排出されて、その後の食べ物の影響の方が大きい可能性がある。どっちもヨウ素被ばくを推計するのに使えるデータではなかった、でいいのかな?

2013-01-15 18:36:47
ryugo hayano @hayano

. @hidetoga 2012年2月以降は,福島県「ですら」(遅まきながら)http://t.co/VW5N8r5x 食品由来の恒常摂取モデルでの評価に移行しているので,それ以降のデータを初期被ばく評価に使うべきではないのは当然です.

2013-01-15 18:37:20
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga

Nスペを見た方の少なくない方は、「やはりヨウ素の被ばくは少なくない。甲状腺がんが心配だ」と思ったのではないでしょうか。番組では、チェルノブイリ周辺の人たちのヨウ素131内部被ばくと、福島での推定値ではケタが違う(もちろんチェルノブイリが多い)ことにも言及していません。

2013-01-15 18:37:46
リーフレイン @leaf_parsley

@hidetoga  番組が出した数字は、2012年のCs134測定値から2011年事故当時のヨウ素131の内部被曝を推定したものだということですね? (その推定が可能なのは、途中で一切の追加摂取をしていない人に限られてしまいますが、逆に高濃度摂取をした方を最大値と )

2013-01-15 18:38:53
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga

その通りです。リーフレインさんの懸念は的を射ています。RT @leaf_parsley 番組が出した数字は、2012年のCs134測定値から2011年事故当時のヨウ素131の内部被曝を推定したものだということですね? 

2013-01-15 18:44:35
残りを読む(5)

コメント

PKA @PKAnzug 2013年1月15日
こういう番組を作ってる人たちって、不適切なデータの扱い方であることをわからないで番組を作っているのか、わかった上で番組にしているのかが気になります。わかってないなら情報を伝える側に回るには力不足ですし、わかってやってるなら放送倫理に真っ向から反逆してると言わざるを得ない。いずれにせよ公共の電波を扱うには著しく不適格だと思います。
85
れもんた @montagekijyo 2013年1月15日
PKAnzug 予断とストーリーありきで証言やデータをはめ込むように番組を作ってしまったのではないかと危惧します(冤罪事件の捜査に似たようなのありましたが)。
36
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年1月15日
昨年の番組「追跡!真相ファイル 低線量被ばく・揺らぐ国際基準」に抗議して、ICRP日本人委員が放送倫理・番組向上機構(BPO)に連名で提訴状を出した件はその後どうなったのだろう?→「ドキュメンタリー番組の罠」(片瀬久美子) http://j.mp/MyXTzw
14
らじうむ小山 @Ra_koyama 2013年1月15日
「低線量被曝 揺らぐ国際基準」でICRPを扱ったのと同じものが流れていると思う。
2
ペプる(闇のおやつタイム) @2011peple 2013年1月15日
http://icrp-tsushin.jp/nhkbpo.html「根本にある意見対立は、低線量のリスクに対する考え方であり、これについては放送倫理の問題ではないと判断される。英語の録音を変えたことについては、報道番組の編集の問題であり、 倫理に抵触するものではないと判断される。ゆえに本件は、審査対象にしない。」ですってkazooooya
11
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年1月15日
ホントに「BPOが門前払い」してる。これじゃ番組が改善されないわけだ…orz 木村真三氏が関わりたくない旨の発言をするのも当然か。 http://j.mp/UKI8nX 
24
PKA @PKAnzug 2013年1月15日
あらら、今この件も通報したのに。BPOもだめだめですねぇ。
7
北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2013年1月15日
1999年9月30日に起きたJCO臨界事故は、いわゆる”原子力産業”で起きた最初の急性放射線障害の死亡事故として当時、世界的な注目を浴びた。そして10/7の英ネイチャー誌はこの事故に関し「日本政府は、十分な数と専門知識を備えた有能な管理組織を設立できないようだ」とまで酷評していた。NHKの番組の妥当性を問う以前に、決して若くはない放射線や環境の専門家が自腹でやらなきゃヨウ素131の挙動が解明できない、というところにこそ、問題の核心があるのでは?
4
birdtaka@東京チャレンジ @birdtaka 2013年1月15日
regedry33 それはそれで(もっと)重要な問題だと思います。ただそれによって今回のような報道が正当化されるわけではない別に問われるべき問題です。
5
泉㌠智紀🐾 @jsdfq43wtr 2013年1月15日
歪めて伝えられたら自腹でやった全うな研究も報われんですが.
6
北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2013年1月15日
科学雑誌『ネイチャー』更に「巨大で潜在的な危険性を持つ産業の安全管理に必要な専門技術に欠けている」と指摘している。その例証として「薬品の市場規模が米に匹敵するにも拘らず、日本には米食品医薬局FDAに相当する組織は存在しない」と述べている。そういえばあの「原子力アンゼンホアンイン」の鬘のダンナはどうしているのか?
1
birdtaka@東京チャレンジ @birdtaka 2013年1月15日
そもそもヨウ素被ばくを後から推計しなければならないような事態が大問題。それが事の本質なのは間違いない。だからこそ、誤った誘導をするような報道は厳に慎まなければならないと思う。
15
ヒヒヒきヒヒヒよヒヒヒ○ヒヒヒ@4日目南1テ36a @mexjp 2013年1月15日
関係の無い話はよそでやってもらえませんかね。
3
恥ずかしがり屋 @plant_all 2013年1月15日
PKAnzug番組の内容については、よく分かりませんが論理的には「分かっていないこと」を分かっていないからこそ、そのような番組を堂々と作れるのではないでしょうか。良くあるパターンでは。
1
neologcutter @neologcuter 2013年1月15日
BPOといいNHKといい、官僚主義だわ。ホンマに。
4
てっぺー @Teppei_Yttria 2013年1月15日
科学の二文字を戴いた部門(@nhk_kabun)もあるというのに、チェック機能が働かないとはなあ…(;´Д`)
3
北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2013年1月15日
漏出したI-131がどのように拡散されたかを知ることは、事故当時の被曝量を推定する上できわめて重要。しかし実際には土壌中のI-129(半減期1570万年)の後追いで推定した。まあ、こういう事態がよいのかどうか?そしてこうした事態がなぜもたらされたのか?まあ、議論をするつもりはないので、これにて失礼いたします。
0
月日は百代の過客6号 @rokugatsuyu 2013年1月15日
BPOといえばTBSの不二家捏造報道でさえ門前払いです。あと、これは関係ないと思いたいのですが、放送倫理検証委員会吉岡忍委員長代理はこんな活動もしています。http://mainichi.jp/feature/news/20120322dde018040018000c.html
17
片瀬久美子🍀 @kumikokatase 2013年1月15日
BPOが頼りにならないと知って、トホホでした。あれだけのインタビュー改竄をしたり、印象操作をしていたのに放送倫理に抵触しないと判断されるなんて。
25
けんゆう @kenyu1234 2013年1月15日
同時に(モザイク状に入れ込んで)セシウムとヨウ素では沸点の違いから被曝の相関性が低いっていう話もやってて余計に混乱したんですが、取材チームは別だったんですかね。そうだったとしても編集した側の意図がわからないですが。
2
じにお @ginioh 2013年1月15日
このプロデューサーは自分の不安を正当化したい人の1人だと思う。住民に不安があるのは事実だしある意味呪い的になっている面もある。だからそこは問題にはしないけど、過大だと思うと一応断っている最大の数字だけを提示するのは、意図的であるとしか言いようがない
11
JUN TAKAI @J_Tphoto 2013年1月15日
てか、そもそも、Csを継続摂取している可能性が多いにあり得る原子力災害後、WBCを使って得たCsの値から放出比を使って得たI131の予測摂取量に「そんなもん間違い」以外のどんな可能性と学術的価値とニュースバリューがあるのかどなたか教えて下さい。
8
akoustam @akoustam 2013年1月15日
“そもそもヨウ素被ばくを後から推計しなければならないような事態が大問題”。“こうした事態がなぜもたらされたのか?”。事故を起こしたのは津波で電源を失ったから、131I拡散の詳細がわからないのは、地震で停電したり津波で流失したりで、モニタリングポストが機能しなかったから。あの日あの時、千年に一度とも言われる地震と巨大津波が東日本を襲ったことすっかり忘れてない?それで一万を超える命が失われる状況で、みんな必死だったこと覚えてる?
23
JUN TAKAI @J_Tphoto 2013年1月15日
例えて言うなら、競馬の写真判定でゴール地点で撮影出来なかったから、ウィニングランの途中で2位の馬と並んだ所を撮影。2頭はこの写真で見ると同着に見えます。でも実際のゴール時は違うと思うのでこの写真は当てにしないでねて話でしょ?バ。。残念な発表としか…
5
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年1月15日
番組放送中のツイートはこちらでご確認を→ 「空白の初期被ばく NHKスペシャル」 http://togetter.com/li/438250
0
birdtaka@東京チャレンジ @birdtaka 2013年1月15日
J_Tphoto WBCのデータからヨウ素被ばくを推計するに至った経緯をみると同情したくなるんですよね。こういうデータ(WBC)があるんだけど、なんとか推計できませんかね、と地元自治体に強く頼まれて、止むに止まれず今できることをやってみた、という印象。できませんと断るべきだったと思うけど、なんとかしてあげたい気持ちは分かる。
5
JUN TAKAI @J_Tphoto 2013年1月15日
birdtaka それ、大阪の人に道を聞いたら、反対方向を教えられた。て話と同根じゃないですかw!?曰く、道を知りたい言うから親切して上げたかったんや。。。と言う。。。
3
JUN TAKAI @J_Tphoto 2013年1月15日
birdtaka さらっとw。でも、一応「兄ちゃん、ワシの教える道は間違いやからそっち行ったらあかんで!」て注意もしてくれていたはずなんですよね…残念な発表から出来た残念な番組……
2
ヤマダサトシ @yamasato777 2013年1月15日
初期被曝を解明するのは重要だろうけど、果たしてどの程度の精度が必要なんだろう?「(等価線量で)5mSvだった」「いや、20mSvだった」みたいな精度追求ってどの程度の意味があるのかがよく分からない。体重を測るのに1/1000gまでの精度が必要か的な意味で。
6
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年1月15日
関西人に喧嘩売ってるぶたさんがいるw
1
腐ォトショッピー @IWD1_PhotoshoP 2013年1月15日
200fav 14000view  NHKスペシャル・空白の初期被ばく(2013/1/12放映)の推計に使われたデータに関する疑義
0
Naoki_O @nananao2236 2013年1月15日
うん、まぁ、NHKの中で、反体制というか、クラシックな左翼がある程度の勢力を持ってるのは、ずっと前からちらちら見えてたよね。彼らはただ、体制への不信を煽れば革命を起こせると思ってるんじゃないのかな
6
七七四未満六四以上 @zy773 2013年1月16日
う~ん。間違えてたらゴメンなさい。チェルノブイリでヨウ素が大きな問題になったのは、事故直後報道管制が引かれて避難が遅れた事、現地の人達がよく食べる乳製品はヨウ素が濃縮しやすい事、現地では慢性的に食生活でのヨウ素が不足していた事。でしょ?日本ではこの3つが全て当てはまらない。過剰反応はしなくて良いと思うんだけども、
17
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年1月16日
ま、そうなんですけどね。 日本は、どっちかというと、ヨウ素過剰なくらいです。
4
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年1月16日
過剰 → 食生活の日常の摂取量。
0
Flying Zebra @f_zebra 2013年1月16日
チェルノブイリではヨウ素被曝の経路は乳製品など飲食物の経口摂取が卓越していて、原子力災害においては事故直後の摂取制限が極めて重要である、というのは貴重な教訓として、放射線防護関係者の間では広く共有されていました。福島では幸いこの教訓が活かされ、最も影響の大きな経口摂取による初期のヨウ素被曝は最小限に抑えられました。事故後の対策では拙かったこと、反省点も山のようにありますが、「成功事例」についても正しく評価することが必要だと思います。
17
birdtaka@東京チャレンジ @birdtaka 2013年1月16日
Nスペ担当者へのツイートを追加しました。
0
らいちゃん🐧GoToオフトゥン @rai_chee 2013年1月17日
チェルノブイリ事故でのヨウ素131内部被曝との関係では、「平均50mSvの地区で甲状腺がんが有意に増加」と紹介していた。その集団内の分布には触れず。言及していないどころか不適切な比較をしていた。
0
らいちゃん🐧GoToオフトゥン @rai_chee 2013年1月17日
まとめにある経緯が本当なら、NHKは床次先生の研究をきわめて恣意的に放送したことになる。僕はテレビを見て、床次先生がトンチンカンな説明をしたのだと思っていた。放送に問題があるなら、後からでも教授自身で何らかの説明をするべきだと思う。
0
らいちゃん🐧GoToオフトゥン @rai_chee 2013年1月17日
あと、これはマジメにNHKに苦情(罵詈雑言でなく真面目に)送った方が良いかもしれない(@NHK_PR 氏に絡むとかでなく、なるだけ正規の苦情窓口)。BPOが門前払いの旨話題になってるけど、せめてNHK局内で検証されるように。(どうしよう…)
1
k0418 @0418kkk 2013年1月20日
「国や福島県はヨウ素131による健康への影響は考えにくいと住民に説明してきましたが、正確な被ばく量が分からないため住民には 不安が広がっています。 高まる不安に応えようと科学者による研究が始まっています。 -> 津島に居た人でも、甲状腺等価線量が最高33mSvとわかりました。」 という安心情報番組にしか思えないのだが。
0
k0418 @0418kkk 2013年1月20日
拡散のシミュレーションは、最初に旭のシュンギクからヨウ素がでた理由がわかるなど、有用な結果もあったはずなのに、多くの視聴者は、「このとき外出して浴びちゃったー」みたいな受け取りかたしかしてないという。
0
zumi @ozyszm 2013年1月21日
斗ヶ沢@hidetogaさんの連ツイには的を得た疑問だと思う。それにつけても、「事故を起こした私達の世代が、次の世代に対して負うべき責任なのではないでしょうか」って世代の責任に収斂させるようなエンディングのNAには、違和感大。
0