編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

生徒に教師を評価させるなんて論外

クロ現2013/1/15にちなんでの走り書き。
人文 教師 学校 教育 授業
7643view 1コメント
6
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
寒気のするタイトルですなあ… RT @ikedaosamu: 生徒がつける“先生の通信簿” - NHK クローズアップ現代 http://t.co/B26AqIU3 今晩ですね。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
生徒が教師を評定するなんて、論外でございますよ。(クロ現)
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
クロ現。生徒に教師を評価させるなんて大間違い。そんなことをしたら教師は、生徒に気に入られようとして「おもしろさ」を追求するだけになってしまう。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
野口芳宏氏は、楽しい授業なんてダメだ、授業は恐怖で行うべきだ、と言っている。まあ「恐怖」は言い過ぎだと思うが、言わんとすることは分かる。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
授業の「楽しさ」には2つある。1つは、知的好奇心が満たされ、できないことができるようになっていくことからくる「知的な楽しさ」。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
もう1つは、授業がなんとなくおもしろい、という、その場限りの「感情的な楽しさ」。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
1つめの「楽しさ」は、楽しさというより知的な高揚感。2つめの「楽しさ」では、怠惰を求める人間の負の部分が肥大化するのみ。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
教師が自らの打ち立てた指導目標の達成度を知るために、なぜ子どもに評定させる必要があるのか。意味が分からない。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
ちなみに、小学校でよく行われている「自己評価」も、まったく無意味。 http://t.co/Xb22sJer
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
生徒による評価よりさらにひどいのは、保護者による評価。これも、大阪は取り入れようとしているわけだから、目も当てられない。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
授業の評価を生徒にさせるということは、授業の目標も生徒に決めさせるということにつながる。指導と評価は一体のものなのだから。しかしそうなるともう、教育ではない(笑)。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
指導は教師主導で評価は生徒が(も)行うだなんて、あの悪名高き『学び合い』よりひどい(笑)。徹底していないという点で。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
それにしても、橋下氏と石原氏は、この点に関してきっと齟齬があるはずだよな。石原慎太郎氏は、生徒に媚びるようなやり方を認めないだろうからな。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
以上、終わり。こういう話はもう、結論が最初から出ている。やれやれ…。

コメント

KK @giraf_camelop 2017-11-12 21:13:35
歴史や政治の授業で あまりにも思想発言が激しい先生。 ちょっと色の変わった質問をした生徒を晒し上げる先生。 こういう先生には、通信簿で、そういう負の部分を減らしてほしいと、言われるべきじゃないかな
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする