10周年のSPコンテンツ!

日本初の商用CRPGはナニか?

日本初の商用CRPGが1982-83に出ていることはわかったのだけど、なにが最初かわからないので困っていたところ、識者の知識が集まり、だいたい特定に至るまで. ちょっとだけ付け足しておくと、商用の定義。 1)パッケージ商品として発売された。 2)広告もしくはパッケージにRPGと銘打たれている。 3)一応、今の目から見て「RPGじゃね?」w
ゲーム ゲーム史 RPG
100
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
おはようございます。 そして相変わらず日本初の商用CRPGが何なのかわからないw
Herokey Ave @ABC1970
@snapwith 光栄マイコンシステムズのウイザード&プリンセスかなあ
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
@ABC1970 俺の記憶では、なんだけどさ一応宣伝で「DUNGEON」(光栄)と「ぱのらま島」(ファルコム)がどっちも日本初のRPGを名乗っていたはずなんだよね。
Lindberg1999_東京@11/2夕~11/4午前 @Lindberg1999
@snapwith @ABC1970 「DUNGEON」は手持ちのログインに記事が載ってたような気がしますが、今見れません(^_^;)
Herokey Ave @ABC1970
@snapwith 日本での第一次コンピュータRPGブームは、たぶん光栄のが先だった気が。ポイボスの方が先だったかも
Ichiro Ota @ichiohta
@snapwith 光栄のダンジョン、とか、ファルコムのパノラマ島あたりが記憶に残っていますが……ま、最初だったかどうかは自信がないですね。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
@ichiohta そうなんですよ。日本の史上初の「商用CRPG」ってなんなのかホントに難しいのです。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
@ichiohta 雑誌掲載でいいなら、一番古いのは1983年に遡れるんですが…
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
@ABC1970 ポイボスは1984だな。DUNGEONとぱのらま島は1983のはずなんだよ。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
あれ・・・ポイボスも1983って説がある('A`)
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
あああ…もう歴史は遠くなりにけりなんだなあ('A`) 1983、つまり30年前は、日本のRPGの誕生の年なのはほぼ間違いないのだけど、何が最初かすらわからないw
こうやまP提督㌠フレンズ @zweisser
@snapwith 初の国産RPG、私は「アルフガルド」 http://t.co/4AW0GEyY だと思うのですが、違うかな?RPGと格ゲーはいきなり今の原型が出来たのでなく、徐々に完成されていきましたからね。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
@zweisser 国産という点だけだと、アルフガルドがほぼ最初なのは間違いないのですが、問題なのは『商用CRPG』なんです。アルフガルドはアスキー掲載のソフトでテープアスキーですから商用CRPGとは少々言いがたい。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
しかし84年って年は凄いな。夢幻の心臓・ブラックオニキス・ドルアーガ・ドラゴンスレイヤー・ハイドライドw なんだこりゃw
タイニーP/四寺儀けんぞう @Kenzoo6601
@snapwith 光栄自身は83年の「クフ王の秘密」を国産第1号のRPGとして広告したようですね http://t.co/kMkQM546 http://t.co/7NhJou4H
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
@Kenzoo6601 このクフ王はプレイしたことない・・・信長はやったけどw
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
@Kenzoo6601 しょうがないので一節を設けて、ナゾすぎてわからないを答えにしましたw
カシオ松下@レゲー @matsushita_8bit
@snapwith @Kenzoo6601 はっきり決めるのは難しいかもですね。「頭脳戦艦ガル」を例に挙げるまでもなく、RPGという定義自体があいまいな時代でしたしね…(今もなのですけど)。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
@matsushita_8bit @Kenzoo6601 まず発売日自体がいい加減で、出たかどうかわからないw 次に発売されたというタイミングが複数ある、しかも機種もあるせいでますます不明('A`) 最悪ですw
海法 紀光 @nk12
@snapwith ほんとにすごいや! 「ウィズとかウルティマとかやりてぇ!」と思って、技術蓄積したのが、PC88mk2のハード性能で、ぼばーんと解放されたみたいな感じですかね。
海法 紀光 @nk12
@snapwith じゃぁポイボスで決まりだ!(MZ-700信者)
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
@nk12 ゲーム作ってた人間が習作期間を終わって「実際に面白いゲーム」がついに出てきた瞬間だったんでしょうね、1984は。ハイドライドの衝撃は一生忘れないw
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
ドルアーガの塔も、謎ばっかり言われるけど、当時音楽が衝撃的だったし、舞台がファンタジーだったのも衝撃的だった。100円入れてスタートした時の、あのウルトラかっこいいファンファーレはマッピー・ピエロとサーカスと並んで一生忘れないゲームミュージックw
海法 紀光 @nk12
@snapwith ……そういや、ハイドライドのルーツってどのへんにたどれるんでしょうか? なんかあまりにもある種完成しすぎてたんで、最初からそこにあった、みたいな感覚があるのですが……。
残りを読む(67)

コメント

愛妻 @EYESMAP 2013年1月20日
『アルフガルド』を除くなら、テキストベースなら『ドラゴン&プリンセス』、グラフィックありなら『クフ王の秘密』、その後に『剣と魔法』、『聖剣伝説』と『ポイボスPart1』といったところでしょうか。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith 2013年1月20日
商用CRPGの条件を並べても、これまた微妙で結局、今回の結論は「一応、広告でRPGと銘打たれたか?」を条件にしています。そしてドラゴン&プリンセスはRPGと宣伝されていないので、違うと。そして初めてRPGと銘打たれたのは、どうやらクフ王らしいので、クフ王を商用RPGの最初としています。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith 2013年1月20日
ちなみに「RPGの概念を日本で確立した」なら、間違いなく"THE BLACK ONYX"です。
ええな@豚バラ🐽ばらまくニャ @WATERMAN1996 2013年1月20日
30年前の資料が出てくるってスゲーよ。
幻導機 @gendohki 2013年1月20日
こういう人達のおかげでサブカル史って書き続けられて行くのだよねぇ……。
暗黒山@入院中 @ankokuyama 2013年1月20日
「ブラックオニキスかなあ」と思って開いた自分がまだまだ甘かった。
はいん・まいやー @reisacker 2013年1月21日
当時、すでにPC8001ユーザだった自分はクフ王の秘密が国産CRPGの最初だと、ずっと認識してたなー
ちとせあやの(竹下彩子) @ayano_c 2013年1月21日
私も確実に「これが”RPG”というものなのか」を最初に認識したのは「The Black Onyx」でした。高校の先輩のPC9801XAで皆でプレイして、方眼紙にマップ書いたっけ。イロイツカイヅツ!
ちとせあやの(竹下彩子) @ayano_c 2013年1月21日
しかし、こちらで国産初商用CRPGに挙げられてる数々のソフトは存じ上げませんでした。高校生でお小遣いも少なかったから無理もないですが。そして先輩のPCは8801だったかもしれない。
斑猫賢二(HAN-NEKO,Kenji) @Tvvitter_com 2013年1月21日
すみません、ときどきでいいから「カレイジアスペルセウス」のことも思い出してあげてください……
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith 2013年1月21日
カレイジアスペルセウスは確か1985だから残念ながら、この会話の中で出てくる時期ではほぼないのです。
斑猫賢二(HAN-NEKO,Kenji) @Tvvitter_com 2013年1月21日
snapwith カレイジアスペルセウスは84年です!ハイドライドより前です!(号泣)
タイニーP/四寺儀けんぞう @Kenzoo6601 2013年1月21日
「蘇る88伝説」の内藤・木屋対談の中で内藤氏が「『カレイジアスペルセウス』というのがあって、それが最初の体当たりARPGなんですね。(中略)こっちまだ開発途中だよ、先に出されたらインパクトなくなるよって思って、非常に焦りました。」とありますね
わんこ☆そば @skicco 2013年1月21日
ハイドライドのルーツはドルアーガの塔になるんじゃないのかな?ドルアーガはアーケードだけど。
ナイアル @nyal013 2013年1月21日
一連の流れで、森瀬氏が「クフ王の秘密」というタイトルを受けてから「で、今ちょっと起動してみて~」と言及するまでわずかに一分、というところが一番すごいと思う
neologcutter @neologcuter 2013年1月21日
1981年にウィザードリィが発売されてそれから2年後に「クフ王の秘密」か。この間に数多くのPC系雑誌も創刊されてることから見て国産PCゲームってこのころが創成期なのかー
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith 2013年1月21日
国産PCゲーム創世記と呼べるのは1979-1980です。ハドソンが初めてソフトハウスとしてマイコン誌に広告を出したのが79年の8月で、この後、雨後の筍のようにソフトハウスが次から次へと創設され、ゲームが発売されるようになります。そして81年にPC-8801とFM-8が発売され、市場が爆発的に拡大していくのです。
Lindberg1999 @Lindberg1999 2013年1月21日
ハイドライドのルーツに関してはこのまとめの本筋ではないので、別の所で議論されたほうがよろしいかと思います。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith 2013年1月21日
83年あたりではすでにかなりのソフトハウスが出揃っており、様々なソフトハウスがゲームやソフトを作ることで暮らせるようになっているので、創世記、というにはちょっとずれている感じですね。今あるコンピュータゲームのジャンルの創世記、というならかなり正しいと思いますw
ふーらいぼー @Whoraibow 2013年1月21日
82年は日本初と思われる「表参道アドベンチャー」発表の年でもあるのが興味深いところ。アメリカではWiz2とUltima2、そしてZork3が発売されています。なんだよ、このトンデモねー年は! エレクトロニック・アーツもこの年創業ですね。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith 2013年1月22日
表参道は日本初と「思われる」ではなく、ほぼ100%間違いなく日本初のアドベンチャです。そのあたりの詳しいことは、同人誌に書いたりしましたw
華猫 @FaoMao 2013年1月22日
「パソコンゲームの達人」1991/秀和システムトレーディングによると、ポニーの『スパイ大作戦』が83年の春でいちばん早そう(クフ王は夏)だけどこのゲームは詳細知らぬ。RPGモドキて書かれてるし。
pappy(ぱぴー) @pappyhiro 2013年1月22日
本の付録としてアニメなんかのコンテンツを売るようになった昨今のほうが、パッケージなんてものは商用かどうかの線引に何の意味もなくなってるんだなぁ。。。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith 2013年1月22日
スパイ大作戦はこのあとのツイートで出てきて、実際にプレイした人が「ただのアドベンチャ」とw まあ当時は「ごっこ」が出来てもRPGとかいったんでw
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice 2013年1月22日
(途中、DMのやり取りをした話題がまさに『ハイドライド』のルーツなのですが、ちと事情が……(^,,,^;)
MORIYA (チャーハン族) @morian 2014年7月17日
スパイ大作戦は1983年2月頃の雑誌広告ではRole Playing Adventure Gameと書かれていますが、1982年の発売当初の広告ではアドベンチャーゲームとなっていました。
nqdxpbu @nqdxpbu 2016年7月20日
商用ではありませんが、一番最初に発表された国産CPRGはI/O 82年8月号電卓コーナーのFx-702P用TINY DUNGEONではないかと思います。経験値ならぬ経験度もありますし、記事中にロールプレイングゲームという記述もあります。
nqdxpbu @nqdxpbu 2016年7月20日
しまったCRPGですね。記事中のロールプレイングゲームというのはTSR社のボードゲームDUNGEONS&DRAGONSやDUNGEON!を指しているので、すでにあるコンピュータゲームのRPGを参考にして作った訳ではないようです。これはなかなかすごいことだと思います。作者は堀内一美という人です。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith 2016年7月20日
nqdxpbu マジすか。82年8月で、D&DとTSRのDUNGEON!(あっしもプレイしてハマりまくったw)をベースにしたオリジナルのRPGですか…すげえな。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする