東京地形ブームと縄文海進

中沢新一氏の『アースダイバー』やタモリのお散歩番組で、高まってきた東京地形散歩ブーム。縄文時代には、現在よりも海水面が高く、東京の下町や都心の一部に海が入り込んでいた時期がありました(縄文海進)。ではどこまでが入り江だったか?昨今の一般向け書籍やマスコミ報道では、必ずしも科学的に正確とはいえない説が紹介されています。縄文海進の真相について、地理学・考古学の研究者がコメントします。
第四紀 完新世 縄文 アースダイバー 地形 遺跡 東京
yaskondo 40313view 8コメント
108
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「日記」に関連するカテゴリー