Kindle本の無料キャンペーンを永久に続ける方法を考えてみた

Kindleダイレクト・パブリッシングで出版した本は、90日ごとに5日間しか無料キャンペーンを行えません。ずーっと無料キャンペーンを続ける方法を考えてみました。
インターネット 小説 インディーズ作家 kdp きんどるどうでしょう Kindle 無料
9287view 5コメント
3
山田佳江 @yo4e
【無料本】1月22日Kindleで無料キャンペーン中の書籍【期間限定】 http://t.co/QHdmihQA (ぞんさんのところでえっちな無料本をぽちったけれど、全く読めない)
きんどう @zoknd
@yo4e ウチのKindleFireさんだと普通に見れるなあ。もしかしてアメリカのアカウント無いからかしら??
山田佳江 @yo4e
@kindouzon いえ、表示はされます。英語が読めないwww
きんどう @zoknd
@yo4e 一応、音声読み上げ対応ですよ!
山田佳江 @yo4e
@kindouzon 読み上げってどうやるんですか?
山田佳江 @yo4e
@kindouzon あ、KindlePWって読み上げ非対応みたいです。まあ読み上げられてもリスニングできないけどw
きんどう @zoknd
@yo4e ありゃなんと。残念…とりあえず、巻末で「もっと読み応えのある本を読みたいなら」というのがいいですよね。誘導用の短編を出して、どんどん無料でリリースして私のような宣伝サイトに紹介してもらって拡散し、有料書籍の購入を促すという戦略。
山田佳江 @yo4e
@kindouzon 英語読めないけど、巻末のリンクに「はーどこああなるせっくす」と書いてあるのは読めました! リンクで他の本に飛ぶんだー。
山田佳江 @yo4e
@kindouzon その誘導用の短編として、5日ごとに新刊を出せば、ずーっと無料本からの誘導ができますね。
きんどう @zoknd
@yo4e ですな。しかも無料キャンペーン後は99円で売れますし、最低19冊作れば毎日どれかをキャンペーンにしてフィーバー状態ですよ
山田佳江 @yo4e
@kindouzon 日をずらして予めキャンペーンをしかけておけばいいから、結構楽ですよねえ。あのくらいのボリュームで19冊なら簡単。無料になればどこかしらのサイトに拾われるし。うーん、うまいな。
きんどう @zoknd
@yo4e 新刊出すたびに巻末修正メンドウなら著者ページにリンク貼って売れてる本だけ紹介すればいいだけですしね
山田佳江 @yo4e
@kindouzon 著者ページへのリンクは、『ノウチラスの黒猫』の奥付にもついてるんですけどねえ。いいださんにお願いして機能追加していただきました。
山田佳江 @yo4e
昨日ぞんさんと話していて、思いついたんだけど『山田佳江掌編集』作ろうかな。1冊99円で全20冊。それをKDPセレクトに登録して、5日おきに1冊ずつ順番に無料キャンペーンを開催。100日間で一周するん。
山田佳江 @yo4e
内容は短くていいけど「この作家のもっと読みたい!」と思ってもらえるくらい面白くないといけない。巻末に、著者ページへのリンクを貼っておく。そこから長編の購入につながる動線を作る。
山田佳江 @yo4e
サイトを作っておいて、無料キャンペーンのスケジュールをきちんと告知しておく(KDPセレクトでキャンペーンのスケジュールを組んでおく) 「できるだけ無料で集めてくださいね」という方向で宣伝する。
山田佳江 @yo4e
というのはどうだろう。
余市@月曜東ヒ17a @v416
@yo4e KDPの仕組みをよく知らないのですが、一度逃したとしてもまた無料配布があるだろうという心理が働いて食指が伸びないのではないでしょうか
山田佳江 @yo4e
@v416 無料キャンペーンをぐるぐる回すのは、掌編集(うんとみじかーいやつ)にしといて、「もっと長いのもありますよ」と巻末で宣伝するのはどうかなあと思ったんですー。
余市@月曜東ヒ17a @v416
@yo4e あくまで長編への導入ですね。それなら、最初からずっと無料にはできないのか? という疑問をユーザー側は抱くと思いますが(無料キャンペーンを回す理由がわからない)
山田佳江 @yo4e
@v416 できれば最初から無料にしたいのですが、Kindleストアの本は、90日ごとに5日間しか無料キャンペーンを行えないのですよ(´・ω・`)
余市@月曜東ヒ17a @v416
@yo4e なるほど、システムの都合ですね
山田佳江 @yo4e
この戦いが終わったら、掌編集を作るんだ……(死亡フラグ)

コメント

犬子蓮木@16/52 @sleeping_husky 2013年1月23日
(あれ、もしかして違う掌編を19冊作らなくても同じのを19冊だして回せばいいんじゃないだろうか……。無料期間以外は販売対象区域から除外するとかで検索に出ないようにして……Amazonにスパムとかで怒られるかな)
山田佳江@世界で289882番目のSF作家 @yo4e 2013年1月23日
裏ワザ的にできそうな気もしますし、なんなら5日ごとに削除してもいいんですけど、Amazonさんに怒られそうで怖いw できればまっとうな方向でやりたいですねえ。Kindleストアに無料本を置けないのは、理由あってのことでしょうし。
犬子蓮木@16/52 @sleeping_husky 2013年1月23日
削除しちゃうとリンクやIDが変わってしまうのが嫌ですし、Amazonさんも怖いので、やはり正攻法が一番ですね。
忌川タツヤ @imagawatatsuya 2013年1月23日
>掌編を20冊作って、5日間無料キャンペーンの100日間ローテーション。これ面白いアイデア。実現可能。「山田佳江のヘヴィローテーション」「へびぃろて!」シリーズ。全部終わったら、また1作目から始められる。
犬吠埼一介@ナイン構想 @inbosk_old 2013年1月23日
こういうことができるかもしれないと考えるだけでも楽しいですよね。:) アマゾンの機能をいかに有効に使うか=アマゾンハックなる概念をみんなで共有していけばいいと思います。ちなみに、密林社( http://www.mitsurin.com/ )というところで紙の同人誌のアマゾン委託の委託を行っていて、そこで登録した本がいつのまにかkindle版と紐付いて表示されてました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする