10周年のSPコンテンツ!

2013/1/27 オオバタン散歩鎌倉編(1)〜朝比奈切通から鎌倉へ

オオバタン散歩は今回から鎌倉編に入ります。まず最初は鎌倉を囲む要害となる山を付き切る古道、「朝比奈切通」を通って鎌倉をゴール地点とする散歩です。最初の鎌倉寺鑑賞としては竹の寺・報国寺が登場。
日記
1
皆無 @_caym
オオバタン散歩は今回から鎌倉編である。しかし出発は鎌倉ではなくここ金沢八景駅http://t.co/cic8SUgh
拡大
皆無 @_caym
鎌倉は航空写真でみてもわかるとおり、南は海でそれ以外の方向は山に囲まれた「天然の要害」の中に位置する。山を超える「切通し」の陸路は鎌倉七口などと呼ばれている。 http://t.co/zwzOrsAl
拡大
皆無 @_caym
鎌倉散歩第一回目だが、鎌倉はゴールの目的地というわけである。初めて鎌倉の都を訪れる昔の旅人の気持ちを味わってみたいと思う。(キャプチャは正確な道ではなくだいたいのルート)。 http://t.co/H3tl87OW
拡大
皆無 @_caym
金沢八景駅前。観光客も多いようだがもちろん鎌倉観光客ではないはずだ。 http://t.co/8Do2vUmb
拡大
皆無 @_caym
一応海を確認しておく。平潟湾http://t.co/4pKrkKvd
拡大
皆無 @_caym
先ほどの写真の左に映っていた「枇杷島」。島の形からこの名が取られているとか。 http://t.co/czKXatgL
拡大
皆無 @_caym
すぐ近くに瀬戸神社がある。鎌倉の外港として栄えていたこのあたりの中心的な神社で、伊豆三嶋大社を治承四年(1180)に勧請したのが起源とされる。ここにお参りしてから陸路で鎌倉に向かった人も多かったのではないか。 http://t.co/s3ElgVi5
拡大
皆無 @_caym
鎌倉時代末期の木像など文化財も豊富な神社らしい。 http://t.co/WTePxMie
拡大
皆無 @_caym
背後が崖だというのがこれから進む道の地形を予感させる。 http://t.co/rLn9hImI
拡大
皆無 @_caym
標識に鎌倉の文字が現れた。右に曲がる。 http://t.co/qQmgXpyA
拡大
皆無 @_caym
崖も。この辺は昔は海だったらしいので波による侵食地形も見られるようだ。 http://t.co/2yRPEHuJ
拡大
皆無 @_caym
面白いものが現れた。崖が何と無く人型に彫られている。「鼻欠地蔵」である。高さは4mあり、風化で鼻が欠けたためこの名前になったそうだ。 http://t.co/oUPuu9Dg
拡大
蜜井寿里@次は冬コミ @julimitsui
@_caym ということは、鼻欠け地蔵と呼ばれるようになったのは、大分後世になってからなんですね。
皆無 @_caym
.@julimitsui でしょうね。いつ誰が彫ったのかはわかっていないそうです。
皆無 @_caym
看板には往時を忍ばせる絵が。 http://t.co/SExAkMPP
拡大
皆無 @_caym
六浦道と呼ばれたこの通りは金沢と鎌倉を結ぶ昔からの重要な道で、この地蔵は交通の要所に置かれて信仰を集めていたようだ。庚申塔や一里塚のようなものだろうか。
朝比奈切通
皆無 @_caym
みぎ右端、「朝夷奈切通」の道標。いよいよだ。 http://t.co/znIT7UyJ
拡大
皆無 @_caym
いかにも「切通し」である。 http://t.co/kvWfMT2L
拡大
皆無 @_caym
国史跡 朝夷奈切通」の説明看板と共に山道のような道に入っていく。鎌倉幕府が、先ほどの六浦津との交通路として仁治元年(1240)から作った道。「鎌倉七口中最も険阻」とのことで少し緊張する。 http://t.co/PCk7d3jh
拡大
残りを読む(118)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする