89
PDF版のまとめ

PDF版で読みたい方はこちら(@king_TEGAさんによるまとめ)

アップローダー(uploader.jp)
http://bit.ly/XKTqsg

エリオット @king_TEGA
おはようございます。 「聴覚障がい者について」をまとめたPDFアップローダー配布者です アップロードしたPDFは完全公開していますが、「記載・保存OK」ですが、書き換えは許しませんので、どうぞご了承よろしくお願い申し上げます。一言ですがダウンロードして頂き誠にありがとうございます
はじめに
シン・ハルコ @tamalovepoaro
(´-`).。oO(くつろぎタイムに失礼します。ずーっと物申したいと思っていたことがございまして、これから連投ツイートさせていただきたいと思います)
シン・ハルコ @tamalovepoaro
(´-`).。oO(これはかねてより腹に据えかねているある問題について言及しようとするものです。あまり知られていないことかもしれません... また、私の聴覚障害に深く関わることです。まず、長文ツイートでTLをお目汚ししてしまうことをお詫びします。 よかったら読んでください)
シン・ハルコ @tamalovepoaro
(´-`).。oO(これから連投させていただきますが、文頭に【1】と番号を振っていくので繋げて読んでいただければ幸いです。 よろしくお願いいたします)
シン・ハルコ @tamalovepoaro
(´-`).。oO(それか、タグをつけた方がいいのかな。とりあえず、番号を振っていくことにします。だらだらとすみません。勇気がいることなので、落ち着いてスタートします)
聴覚障害者となりすまし
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【1】これから述べることは私いち個人の考えと、事実のみです。それを念頭に読んでいただけるよう、お願いいたします。賛否両論があることも百も承知です。さて、私が問題提起したいと思っていることは、【聴覚障害者となりすまし】についてです。
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【2】ご存じの方もいるかと思いますが、私は重度の聴覚障害者です。どのくらい重度かというと、数値で125dB以上、音で言うなら飛行機の着陸時の爆音がやっと音として届くレベルです。 聴覚障害者であることを示すために、補聴器を常時つけていますが、 補聴器でも音を理解することはできません
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【3】言うなれば、私は『あ』と音として捉えたことは、18年間生きてきて一度もございません。体を研ぎ澄ませて耳の内部の音波の震えをわずかにとらえて、『あっ、今音が入っているのか』と理解する...このような感じなので、音では会話が成立しません。このため、会話は手話を用いています
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【4】なぜこのようなことをお話しししているかというと、私の身をもって聴覚障害者の一例を紹介するためです。実際には、聴覚障害者といっても千差万別あり、先天性と後天性と大きく分けても異なります。更に、難聴など音の高低によって聞こえる領域と聞こえない領域がある場合もあります。
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【5】更に環境面において、親の教育法にも大きく影響を受けます。口話で支障ないレベルで生活できる人もいます。逆に私のように音に一切頼る事が不可能な人もいます。つまりは千差万別なのです。当たり前だろと思う人もおられるかもしれません。しかし、『聞こえない』にも色々あるという認識が重要。
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【6】どのような状態の聴覚障害を持っているにせよ、生活面では多くの苦労を強いられます。(程度が極度に軽く口話で支障なく生活できる人もいますが) 生活のために費用も多くかかります。例えば前述の補聴器、いくらかかるかご存知ですか?私の場合、両耳の補聴器で合計55万円かかっています。
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【7】補聴器以外にも生活上でたくさん困ることがあります。バイトも求職もかなり制限があり、バイトを探すのも簡単ではありません。一度首になれば、再雇用はかなり厳しいです。その費用や苦労を補うために、国から障害者年金などの補助金が、あるのです。これを忘れないでほしいです。
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【8】援助には、市営バス電車無料乗車証など様々な形態のものがあります。(都道府県によります) 私たちにとってはなくてはならないものです。普通に費用をすべて負担するととんでもない額になります。私が憤りを覚えるのは、これら援助を受けとる【聴覚障害者のなりすましをする健常者】です。
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【9】耳の聴覚が正常であるかを調べるために聴覚検査等がありますね。皆さんもうけたことがあると思います。私も年に二度うけています。しかし、私の場合、あまりにも重すぎて検査器の音に一度も反応することができず終わることもしばしばです。ここで、考えてほしいのです。
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【10】もし、この一連の検査で健常者がわざと『聞こえない』状態を続けると、どうなるでしょうか。もし、この検査に問題ありとなり、聴覚障害者と認定を受けたら私たちと同じ区分になり、援助金を受けられるようになります。 もちろん違法です。不正受給ですね。このような事が、過去にありました
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【11】私の通院している病院でも、障害者認定を受けた後に発覚した事があるそうです。私は、これに対して強い悲しみと憤りを覚えます。4年くらい前に、障害者自立支援法と今までの法律と名称が変わり受給認定範囲が狭まりました。これにはなりすましの報告増加も一因とされています。
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【12】この法律の改正で、聴覚障害と重複障害を持つ友人が毎月7万円の医療費を払う必要が出てきたと悩んでいました。その人は障害を理由に就職ができず年金を頼りにしています。これは一例ですが、同じようなひとも多くいるだろうと思います。複合障害を持つ人はたくさんいます。
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【13】もちろん、法律改正の理由には財源の不足など様々な要因があります。しかし、【なりすまし】をして大切なお金を堂々と受け取っている人がこの日本のなかにいると思うと、激しい怒りを覚えます。この思いは、障害者だからではありません。一人の人間として、許せないと思っています。
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【14】生活保護の不正受給などを報じるものを見ると、その人もなんらかの事情があるのかもしれません。しかし、障害は一生涯向き合うものであり、障害がなければ背負う必要のない多くの事を背負わなければならない一面もあります。日本には差別はないとは言わせません。差別もあります。
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【15】障害者優先たれとはいう気はありません。しかし、そのような卑怯な方法が行われた結果、法律改正にいたり、更に圧迫を受けている人がいるのです。こういう行為をすればするほど、国としても制度を見直しを迫られます。 その結果、掬えるものであるはずのものもこぼれ落ちていくのです。
シン・ハルコ @tamalovepoaro
【15】だから、私は言いたい。どのような理由であれ、【なりすまし】はやめてほしい。 また、そういうことをする人をやすやすと許してはならないと思います。
残りを読む(34)

コメント

ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2013年1月31日
何処も身体が悪くないのに悪いフリして障がい者手帳をゲットするクソは現実に存在する。知人に一人居て、縁切った。今思えば、その時にちゃんと通報するべきだったと未だに後悔してる。
安東 @andou0725 2013年1月31日
医者側からの不正事例が北海道でちょっと前にあったので、興味がありましたら「聴覚障害事件 北海道新聞」で検索して頂けると。 ※記事数が多すぎるのでURL貼れないです
cinefuk 🌀 @cinefuk 2013年1月31日
『聴覚障害者のなりすまし』:障害者手帳詐取のために悪い事をする奴が居て、結果障害者福祉予算全体を絞る羽目に。生活保護詐取問題とも共通するけど、取り締まるコストが馬鹿にならないのだろうね。
Wata© @Wata_kili 2013年1月31日
上の「andou0725」さんのおっしゃっていた、北海道新聞の特集のトップページのリンクを貼っておきます。このURLから、特集の全記事を読むことができますよ。 http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/choukakusyougai-gisou/
安東 @andou0725 2013年1月31日
Wata_kili おお、そのページは見つけられませんでした。ありがとうございます。
sakanaya@こんぺん @sakanaya701 2013年1月31日
成りすましの動機に不必要に差別などを強調したり、その利権で喰ってる人の存在が大きいんじゃないかな。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2013年1月31日
まとめの最後にもあるように、どう制度をいじってもやる奴はやる。聴覚障害者のみに利益のある補助内容では、多分不十分だろうし。感情的な嫌悪はともかく、不正者を絞るより、より多くをすくい上げる方に注力すべきなんだろうが原資が足りないというあたりは、生活保護なども抱える共通の問題なのだろう。理想は、支援の制度がなくても不自由なく生きていける社会ではあるんだけども……。
司城肥後介誠治 @opinel432 2013年1月31日
制度で救ってもらわなければならないほどではないけれど、軽い聴覚障害(片耳の聴力が半分程度)はあるから『なりすまし』をするような人間は確かに許したくない。いつか悪化するかもしれないという心配があるからなおさら(以下言葉が汚くなるので自粛)
シン・ハルコ @tamalovepoaro 2013年1月31日
ご一読ありがとうございます、この一連ツイートを書いた内田晴子(@tamalove019)です。ご意見などありましたらぜひ教えて下さい。まだまだ若輩者なので、これからも精進していかなければ・・・。
Sebastian KOBAYASHI @Dongpo_Jushi 2013年1月31日
反射反応とかテストできないかな?いきなりおどかすのはまずいだろうけど。
松尾義之 @digitkappa 2013年1月31日
脳波と合わせて検査したら虚偽の申請を見抜けないだろうか。コストは上がるかもしれないが。そんなことしなければならないのは残念だが、性善説に拠っていてはやはり財源に限界はあると思う。。。
KangKim 김 강 @SleipnirAtNet 2013年1月31日
皆さんこんにちは。まとめの下の方でお話しさせていただきましたKimという名の神経内科医です。耳鼻咽喉科領域に関しては最新の知見を有しているわけではありませんが、聴覚障害に関しては部分的にではありますが私の専門領域にも重なりますし、また障害者認定などを通じてこのような問題に関わることもあります。皆様のコメントを受けまして、この場をお借りしまして少しばかり補足させていただきます。
KangKim 김 강 @SleipnirAtNet 2013年1月31日
コメントでも言及しましたABR(Auditory Brain-stem Response:聴性脳幹反応)は「脳波」ですので、客観的指標の一つにはなると思われます。検査自体も患者さんにはさほど負担のかからない(侵襲度の低い、痛くない)ものです。ただ、この検査は機器が非常に高価であるいっぽうで保険点数は低く、施行も解析もかなり手間がかかるものです。従って、聴覚障害に関する医師の診断書・意見書(ネット上でも検索すればテンプレートを閲覧可能です)の作成項目にもなっていません。
KangKim 김 강 @SleipnirAtNet 2013年1月31日
現状で聴覚障害に関して認定を受けている患者さんの数に関しては手元に資料がありませんので何とも申し上げられないところがありますが、ABRのような検査を全例において施行するのは現実的には(というか今の時点では)非常に困難であると私は理解しています。ABRを全例に施行し「なりすまし」を排除して得られる利得とコストはまず釣り合わないとみて間違いないと思います。
KangKim 김 강 @SleipnirAtNet 2013年1月31日
それからいわゆる「なりすまし」がどの程度の比率でいるのかが問題となると思いますが、これについても正確な数値は(私は)把握していません。ただ、診断書・意見書の作成に関する条件(作成医師は1種類の障害につき病院ごとに原則1名だけです)や審査現場での状況からみて、かなり少数であると推測されます。患者さんへの補助となる財源を圧迫するほどの不正がまかり通っているという印象は現場では感じられません。
KangKim 김 강 @SleipnirAtNet 2013年1月31日
しかしながらいっぽうで、障害認定や特定疾患などの審査に関しては年々厳しくなってきているのが実情です。私の専門領域のお話ですが、パーキンソン病など難病認定に関しては、これまで問題なく受給できていた患者さんが認定を取り消されるケースが散見されるようになっています(原則として改善が望めない「難病」であるにもかかわらずです)。
KangKim 김 강 @SleipnirAtNet 2013年1月31日
これは、受給者数が増加し、またいっぽうで景気の悪化などで財源が逼迫しているなどの事情によるもので、医療現場においてもそれは公式にアナウンスされることもあり、私自身もそのように理解しています。「不正受給が多いから審査を厳しくせよ」という「お達し」は、私の把握している範囲ではまだありません。
KangKim 김 강 @SleipnirAtNet 2013年1月31日
私個人は医療政策を云々する偉い方々からはとても離れた位置にいますので、大局が見えているわけではないと思いますが、現場の状況は概ね以上のとおりです。皆さんもお感じのように「なりすまし」は許し難い不正であると思いますが、診断書や意見書を作成する立場では「不正を防ぎ貴重な社会的資源を節約する」よりは「より多くの患者さんを救出する」ことを優先します。
KangKim 김 강 @SleipnirAtNet 2013年1月31日
以上のとおりです。もう少しシンプルにまとめられればよかったのですが、かなり冗長になってしまいました。昨年問題になった生活保護における不正受給問題(財源に及ぼす影響は極めて限定的とされています)に関することなど、まだ述べておくべきこともあろうかとは思いますが、それはまたおりをみてということにします。また宜しくお願いいたします。
マルンボーリ @tandaji 2014年2月13日
ABRの測定装置ってどれくらいの値段なのか調べたら、下は70万から上は大体480万くらいと幅広かった。小さいとこだと70万~480万の導入コストは正直辛い?のかな…。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする