編集可能

暴力は振るわないほうがいいが、「罰」はあってよい。教師が教室を「統治」するための強制力はこれを認めるべき。

加藤AZUKI@ぶつ森最優先の人生(azukiglg)さんの体罰と教育についての一連のツイートをまとめました。 反論や同意されておられる方のツイートについては収録していません。 色々と考えさせられる内容です。 なおタイトルは氏のツイート『よし、整理しよう。暴力は振るわないほうがいいが、「罰」はあってよい。「生徒に恐怖心を与える存在」は必要。生徒が「踏みとどまり、警戒心を持つ対象」はあったほうがいい。教師が教室を「統治」するための強制力はこれを認めるべき。子供が社会に出てからいきなり混乱しないように。』から。
75
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

さて。体罰問題云々については、結局のところ「体罰(=何らかの無理強いを行う)の効能がまったくないなら、体罰を活用する人はそんなに増えないはず」だけど、それがなかなかなくならないということは、「一定の効能がある」と経験から理解している人が一定数いるんだな、と解釈できる。

2013-02-03 16:47:47
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

「原発なくしたいなら代替案が必要」とかと同じで、「原発には一定の効能(収益性や合理性)があるから使われてる」「それをなくすなら、同等程度の効能が得られる手段の提示が必要」みたいな。体罰もまた、「何らかを強制するのに効果がある」から行われやすいのだとするなら、代替手段の提示は必要

2013-02-03 16:49:33
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

で、「予め学内法を定めて、いちいち照らし合わせて違反者に処罰を与える」とか、「生徒と教師から独立した第三者としての学内警察」とか、どうにもラノベくさい設定に(^^;) それはそれとして「逸脱者に対して一定の強制力が必要なのではないか」という理解が体罰の効能を肯定してる面は否めない

2013-02-03 16:50:46
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

「話せば分かる」形式の体罰不要論は、「強制の必要がない生徒」のみを念頭に置くなら正しい。言えば通じるのだから殴る/強制する必要はどこにもない。「できる子」は自分で学ぶから教える必要がない、みたいなもんで、これらに対して何らかの指導や矯正はあまり必要ではない。

2013-02-03 16:52:00
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

問題は「言っても通じない相手」に対する対処については、一定の強制力/強制権限の担保が必要なのではないか、という考え方について、「暴力」を否定する人達の中にあってすら、一定の「強制力の猶予」について理解があるという点。

2013-02-03 16:53:00
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

つまりは、「自主的な改善」が期待できる相手なら、そもそも何らかの強制を試みる必要はないわけだから、自主的な改善が期待できない者を、どう処遇するべきなのか?という話になってく。「家庭の問題だから学校が対処する必要はない」なら、無視して放り出せばよい。が、そうもいかない。

2013-02-03 16:54:01
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

他の生徒が対応できている「秩序への帰順」ができない子について、無視をしない、しかしルールへの帰順はさせなければならない。言って聞かせて通じる子ではなく、「言って聞かせて通じない子」をどのように帰順させるか?については、やはり一定の強制力は必要になる。

2013-02-03 16:55:03
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

その強制力を行使するのが、「学内で、教育の一環として、教師が行う」のを容認してきた結果、教師による暴力=体罰が横行したのが問題である、というのが昨今の体罰批判。暴力以外の方法で強制力を行使すると、立場を利用したパワハラになる、という対抗手段が顕在化しつつある。

2013-02-03 16:56:17
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

つまり、教師は「矯正のための強制力」を喪失しつつある。つまりは、教師に「強制力の行使」をする権限も機会もほとんどなく(なくし)、またそうした権限や権能、指導そのものからも教師を切り離してしまえば、教師による「強制」は不要になる。

2013-02-03 16:57:27
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

なるけれども、それでは「強制を受けず、他の子供が帰順するルールにも同化できない」という異端の子は、本人が自力で気付けない限り、そのコミュニティのルールに戻ることが出来なくなる。例えば、「さすまたで押さえて警察へ突き出す」で、警察が進出してくるなら、「強制の権限は警察に移る」ことに

2013-02-03 16:58:36
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

結局のところ、教師には強制力は持たせず、強制や取り押さえるための「暴力」の行使は警察に依存する形になる。警察官を各校に常駐というのは人材規模的に不可能なので、「通報に基づいて駆け付け、言うことを聞かない子をお巡りさんが連れて行く」という図式に。

2013-02-03 16:59:34
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

つまり、「教育は警察という強制力に敗北する」みたいな感じ。まあ、教師から強制力(指導の権限と機会)を完全に奪えば少なくとも【教師による強制(暴力)】は解消できるので、それはそれでOKかもしれない。警察に連れて行かれた子供のメンタルをどうするかは、警察と家庭が考えろ。

2013-02-03 17:00:52
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

いや、それでいいのかしらん(´・ω・`) それじゃあ、教育って何?

2013-02-03 17:01:05
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

塾化ですねー QT @sekkyonsan: @azukiglg 今のご時勢だと「志望校に受かるだけの学力だけ」詰め込めばいいんじゃないすかね<教育

2013-02-03 17:02:07
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

学校を塾/予備校化させた上で、「子供を社会の現実に適応/順応させるための機会」は別に設けるとかってのはありかもしれない。まあ、「家庭の躾」がそれをすべきだろうけど、家庭の躾は学校が求める十分なレベルに答えるくらい、親が均質な能力を持てるとは思えない(´・ω・`)

2013-02-03 17:03:18
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

学校では躾は担当しない、と完全に割切るなら、逆に「家庭での躾」に関して親は何らかの均質なガイド/指針/研修を受けるべきではないか、という気もしてきます QT @SudokuSmith: 多分、教育としつけをごっちゃにしてしまった?教育とは何ぞやと言う話に戻る。“

2013-02-03 17:04:06
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

どっちにせよ、どんな案にせよ、「それをするコスト/リソースがあるか」「それは合理性があるか」「停止する別の手段によってもたらされていたのと同等程度の効果が見込めるか」というのを合わせて提示できなければ画餅にすぎないのは確かだし、代替案のない廃止案は「すぐに元に戻る」だけだと思う。

2013-02-03 17:06:24
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

そうなると、「入学以前の段階でその後の学習機会の格差が生まれてくる」というような、別の社会問題は出て来ますね。そうした躾を学校で「習得」できなくなるわけだから QT @SudokuSmith: 躾の出来ていない子供は入学できない。と言うことになるのでは。“@azukiglg: 学

2013-02-03 17:07:45
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

「工夫次第でなんとかなる」「頑張ればなんとかなる」「奉仕すればなんとかなる」「誰かが熱意を持って携わればなんとかなる」これ全部ブラックだからね。解決策でも画期的な対応策でもない。

2013-02-03 17:08:57
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

ここまでまた少し振り返る事になるけど、「体罰やパワハラ」については、「指導する立場の教員が、指導される側に対して、口頭以外の手段による何らかの強制を行うことを是とするか非とするか」、まずこの点についてのすり合わせがないと先に進まない話なような気はする。

2013-02-03 17:11:24
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

「禁止されていても体罰がなくならないのはなぜか?」というのを、単純に「教師が無能」と切り捨ててる間は、無能な者が教師にならないようにする、という排除策/淘汰策を講じることもままならないし、【隠れて体罰をする】【体罰と判断されないギリギリの体罰の開発が進む】に過ぎないだろう。

2013-02-03 17:12:55
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

例えば、平手は体罰。ゲンコツは体罰。ローキックは体罰。これ全て暴力。廊下に立ってろは体罰?正座は体罰?教室に立たされて口を利かない、無視される、これは体罰?ことある事にねちねちねちねち皮肉言われ続けるのは体罰?いじめ?指導?みたいな。

2013-02-03 17:14:14
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

「手を挙げていません。身体的苦痛も与えていません。指導はしましたがやり過ぎが合ったとは考えていません」と言えば、隠蔽できてしまうような、「今までにない形の強制スタイル」が新たに出てきたり、てな感じになるんじゃないかな。結局、いたちごっこになる。むしろ水面下に入って見つけにくくなる

2013-02-03 17:15:17
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

同じ班の生徒から「総括」を求められるとか QT @pianist_danna: @azukiglg 腕を上げっぱなしにするとか空気椅子とか

2013-02-03 17:17:01
加藤AZUKI@追悼奇譚 禊萩/「忌」怖い話 小祥忌/「弩」怖い話 薄葬 @azukiglg

体罰とシゴキと指導のボーダーが曖昧だったりするのは、いずれもが「指導者が指導される側に何らかの強制を行う」ということそのものが否定まではされてないからかもしれない。そこをはっきりと、「指導者は口頭での指導以上指導、生徒が受け入れない強制はしてはいけない」とやるとか。

2013-02-03 17:18:47
残りを読む(69)

コメント

青空ぷらす @aozorapurasu 2013年2月3日
一番の問題は、内容がバラバラの個別な問題を「体罰」の括りで一まとめにしてシステムの問題として語られちゃう事じゃないかな。問題が起こるたびヒステリックに一掃しようとするんじゃなくて一つ一つ精査して対応するしかないと思うけどね。
10
三十郎 @sanjuro2 2013年2月3日
小中高で統治方法も変わるし、変えるべきなのでこの手の議論は教育論としてキチンと語られるべきなんだが、ついぞ見たことがない。 教師の手足を縛って顔を踏みつけるような現状は何とかすべき。家庭のしつけの問題まで学校に丸投げしている親がいる現状は本気で変えないと、本気で教師が詰む。
4
Futoshi Kawashima @F_kawasy 2013年2月3日
そうだよな。「小学生がギャースカ暴れてるのを制御する」事と、「トップアスリートへの指導方法」はまったく別物なのに、同じ括りで語られてるもんなぁ。
11
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2013年2月4日
その「体罰でない罰」を認めたとして、その罰をどうやって強制するんです?書き取りでも校庭10周でも、サボられたらおしまいだと思うのですが。やはり、法律がそうであるように、何らかの暴力装置がないと強制なんてできない気が。「悪い子にしてると人さらいがつれていくよ」という脅しが有効ならばそれでもいいんですけど。
3
うにら @riafeed 2013年2月4日
暴力ではなく、停学なり退学なりで粛々と排除すればいいのでは。
3
hamp@横浜山中 @32hamp 2013年2月4日
↑排除は教育では無いです。 懲役なんか無駄、有罪者は全員死刑にしろと言ってるようなもの。
8
うにら @riafeed 2013年2月4日
するほうもされるほうも基準がどこまでも曖昧な体罰よりはよほどマシでしょう、排除されてしかるべき行動をとってしまったのなら当然排除されるべきです。
2
うにら @riafeed 2013年2月4日
足元を見て何を言っても聞かない生徒が出てくるのはそれ相応のペナルティがないから。それを体罰という名の暴力で埋めようとしても結局する方かもしくは止める方の抑制がきなかくなって上手くいかない
1
ゴイスー @goisup 2013年2月4日
もうコメ欄で錯綜してるw 少なくとも「生活指導」と「部活のコーチング」くらい分けろや
2
うにら @riafeed 2013年2月4日
要はコーチングにせよ生活指導にせよ何を言っても聞かない生徒に対して体罰を用いてでも聞かせようとすることは是か非かの問題で、それ相応のペナルティを用意して行使できるようにすれば体罰はいらないはずと言っているつもり
1
R・こばやし/dion軍 @R_Kobayashi 2013年2月4日
とりあえず未就学児の頃に必要になる「躾」を学校にアウトソーシングしなくなるだけでも違うと思うんだけどねえ。
5
sesamechang @sesamecake 2013年2月4日
市民、教育は義務ですZAPZAP
2
nekosencho @Neko_Sencho 2013年2月4日
ちょっとまて、現状「体罰は禁止」なはずなのにこれだけ体罰が行われてるのを忘れてるぞ!
6
hamp@横浜山中 @32hamp 2013年2月4日
@riafeed 対象の年齢相が定義されていないので議論が食い違うぽいですね。 ぶっちゃけ「排除される意味がわかる、排除がデメリットと真に感じる精神年齢」が、あなたの論拠だと思いますが、元発言は児童から生徒まで包括した話と思いますので、
0
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2013年2月4日
学校で教師に従うなんていうのは躾の問題なのであって、教育機関たる学校が担うことじゃない。いうことを聞かない子供を叱りつけてケツを叩くのは親の仕事であって、教師がすることではない。だから学校の統治のための暴力は教師に必要ないはずだ。というのが体罰禁止の前提だと考えられるので、親が躾をアウトソーシングする事を求めるなら、尻叩きも移管されるべきだと思う。
8
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2013年2月4日
教育機関たる学校が、「できない子」をすぐに放り出すようじゃいかんでしょう。大学までいくと研究機関の面もあるし年齢も年齢なので問題行動即除籍は絶対に駄目といえないけど、高校ぐらいまでは頑張って駄目な子も面倒見るべきでないですかね。公立小中は当然として私学でも。
1
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2013年2月4日
頭部の殴打は障害が残る可能性があるから10才までは尻たたき一回のみ、10才以降は竹刀で三回まで叩いていいと思うがな。体罰した後で報告書はあげるべきかもしれんが。
0
小川靖浩 @olfey0506 2013年2月4日
本来は「教師の手法」+「対象の生徒の手法への相性」という千変万化する物に対する話なのにざっくりと「簡単に」考えすぎてケースA、B、C…と状況を広げていくと不適合例が出てくるってのが厄介な話なわけで。「羹に懲りて膾を吹く」状況が本当に正しいのかも検証しないとねぇ
3
赤木智弘@こんにちわ、ギーアカです @T_akagi 2013年2月4日
学校なんて、もう完全に「企業に人間を送り込むだけの装置」なんだから、教育なんてどうでもいいじゃん。うるさい奴は停学退学で排除。それしか求められて無いでしょ。日本では。
3
. @_AZ_UME_ 2013年2月4日
体罰禁止なんていう馬鹿な決まりをまず元に戻す。体罰は肯定、暴力は反対、それだけだ。言って通じるならそれで済ませる、言って聞かないのなら軽度の制裁を。怪我をさせてはいけない。後遺症が残るようなやりすぎはいけない。愛を持って躾(体罰)を。本来家庭でそういうのはやるものだけど出来なくて学校に任せてるんだからそこは妥協しないとね。高校は停学や退学っていう処分でいいけど小中学校はやっぱりその場でちょっとの痛みを与えてそれでチャラにさせてあげないと逆にかわいそうでしょう??
4
ephemera @ephemerawww 2013年2月4日
32hamp それをいうなら子供の躾は学校の仕事ではありません。親の仕事です。本来家庭が果たすべき躾という最低限の教育を施されていない「獣」を押し付けられた学校はたまったものではない。排除するのは他のまともな子供達のためであって適切です。子供がそんなに教育を受けたければ、教育を受ける態度を身につけてから学校に来るのが「筋」です
4
ephemera @ephemerawww 2013年2月4日
学校に教育のすべてを押し付けている現状が間違ってます。根本に立ち返れば子供にとって教育を受けることは権利ですから、子供が教育を受けたくないというなら受けなくていい。義務を負ってるのは親と行政だけです。行政は学校というサービスを提供している時点で義務を果たしている。唯一義務を果たしていないのは親です。学校という小社会に適応するマナーを身につけてから送り出すのは親、家庭の努めです。学校は秩序を破壊する子供は粛々として排除すればよいのです
3
ephemera @ephemerawww 2013年2月4日
子供は別に先生の言うことを聞きたくないならきかなくていい。ただしそのような狼藉者は他の子供への教育妨害ですから、学校は断じてその子供を学校から排除すべきです。他の生徒に有害な子供の排除は他の多くのまともな生徒に教育する義務を負う行政の義務です。そこに体罰は必要ではないでしょう。ただ書類で除籍を申しつければいいだけです。一切の温情をかけずに淡々と、粛々と。それこそが「恐怖」「強制力」になるでしょう
3
ephemera @ephemerawww 2013年2月4日
つまりまとめると、教師に注意されること=除籍される警告、という暗黙のルールを慣習化すれば、もはや体罰は必要ではありません。無学な馬鹿が社会に増えるかもしれませんが、それは安価な労働力として社会に還元すればいいだけのことで、外国人労働者などを雇うより遥かにいいでしょう。学歴によって最低賃金を変えるような法律もあるといいかもしれません。子供も親も、教育は受けて当然のサービスなどとは考えないで、意義を理解し目的意識を持つようにすべきです
3
鐵太郎@ただの怠け者 @Tetsutaro2008 2013年2月4日
ephemerawww 知識も経験も充分でない未成年が、面白くないと「学校なんてやめてやる!」と言う事を容認することを慣習化するのでしょうか? 30年後の日本は馬鹿な若年層労働力だらけになってもいいと? 教育ってそんなものでしょうか?
1
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2013年2月4日
ephemerawww 仰ることは「義務教育の完全否定」を意味しますが、それで良いんですか?
3
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2013年2月4日
ephemerawww それに、教育の場で「すら」不適合者になるということは、社会の場でも不適合者になることを意味します。そんな社会不適合者はそもそも「安価な労働力」にはなり得ませんし、安価な労働力に「する努力」を雇用者に押しつけることになります。
3
鐵太郎@ただの怠け者 @Tetsutaro2008 2013年2月4日
「教師に注意されること=除籍される警告」それはすなわち、教育的な指導ではなく、言葉の暴力にも等しい恐喝、パワハラ行為のように見える。教師はそこまで無力なのかな。
1
うにら @riafeed 2013年2月4日
32hamp 排除に至るなら(精神)年齢は関係ありません。伝わらないと考えるのであれば親に言えばいいのですし
1
よろりん @yororins 2013年2月4日
躾すらまともに出来ないバカ親が急増していますからね。(挨拶さえ教えてもらえない)だから、親に言ったら逆ギレして余計話がややこしくなってしまいそうです。躾が不十分なまま小学校に入れた親が問題だと思う(だから、子供が馴染めなくなる)。そんな状態なのだから、先生に躾の足りない分を補う多少の力は必要じゃないかな。
0
A_Z_0_9 @A_Z_0_9 2013年2月4日
とりあえず「学校教育法 体罰」で検索して何が「体罰」と定義されているかを知るべきだと思う。
1
うにら @riafeed 2013年2月4日
yororins ですから、そういう逆ギレ等に囚われずに粛々と処分できる体制が必要
1
よろりん @yororins 2013年2月4日
riafeed 最近の親は何するか分からないですよね・・・ まぁ、教育側の体制もいるでしょうけど、親の指導も要るって事ですよね。
0
hamp@横浜山中 @32hamp 2013年2月4日
@riafeed どうも話が噛み合っていないような…… そちらがされているのは、教育現場の治安維持の話であって、教育の話では無いですよね?
1
游鯤 @yusparkersp 2013年2月4日
各生徒に合わせて細やかに対応しろってセンセ達が大変すぎるだろ。学校の塾化もやむを得ないと思うよ。憲法には「その能力に応じて」ひとしく教育を受ける権利を有する、とあるが今の時代は「躾されていること」がその能力なんだと思う。
0
Toshi Motooka @toshi_moto 2013年2月4日
@riafeed 仰らんとすることはわかるのですが、それを厳密に解釈していくと「注意されること=除籍される警告」すらパワハラになりかねませんから、何らかの法なり、ルールなりを設定したら(一回ぐらいは説明が必要かもしれませんが)、それ以降は一度でも違反をしたらOUTという形にしないと整合性が取れません。もちろん教師の方も体罰ならば暴行傷害、口頭での注意ならば(例えば)脅迫強要などで一般の方によって裁かれる必要が出てきます。
1
Toshi Motooka @toshi_moto 2013年2月4日
で、まとめの中でも述べられているように、それなら本当に一般社会の中と同様ということになるんですが、教育の中にある「社会にでるための準備段階」という意味合いは完全に消えてしまうので「それは果たして教育ですか?」「教育って何?」ってことになるんだと思います。
1
Toshi Motooka @toshi_moto 2013年2月4日
しつけのレベルのものまで学校の領域に入れられてしまうという憤りは私も理解できるのですが、教師が社会的なルールを教えるという部分を放棄、あるいは外部に委託してしまうと、教師と生徒は全く同格になってしまうということも忘れないほうが良いような気がします。知識を与えているという部分がある反面、教師は(間接的にではあるにせよ)生徒に雇われているわけですから。
1
Toshi Motooka @toshi_moto 2013年2月4日
大学においてならばおっしゃっておられることは全く正論だと思います。高校でもありかなと私は思います。中学だとちょいと厳しすぎる。小学校においてこれを厳密に適用した場合、無事卒業できる人間はあまりいないでしょう。社会人レベルならそれ以前の問題。だからこそ、コメント欄で多くの人がアスリートへの指導と学校教育をいっしょにするなといっておられるのだと思うんですよね。
1
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2013年2月4日
書き取りが罰になるレベルの児童生徒が、自ら望んで学校に行っているとは思えないんだが。彼らは喜んで排除されるだろうよ。そうなった時、子供を叱る親なら、教師に従わなかった時点で叱ってる。単純な排除は一部の上澄みを純化するには効率的だが、底上げを目的とした義務教育にはそぐわんよ。
3
うにら @riafeed 2013年2月4日
32hamp 体罰がかろうじて正当化できなくもない唯一の状況が(足下を見て)何を言っても一切言うことを聞かないタイプの人間に対する対処ですから、治安維持の話になるのは当然というかその点しか考えていません。そこを退学を含む相応のペナルティを与えられれば体罰は不要という考えを言ってるだけです。
1
neologcutter @neologcuter 2013年2月4日
つーか「うっせーハゲ!バーカ!!バーカ!!」とリアルで罵られて、殴らない人間がどれだけいるんだろうね?
3
nmnnkanjinno @nmnnkanjinno 2013年2月4日
いまの教師は凄く多忙っぽいし、「話して分からせる」んならすくなくとも教師の増員は必須なんじゃないかな。悪ガキを竹刀で叩くだけなら数秒もかからないけど。
4
小川靖浩 @olfey0506 2013年2月4日
面倒くさいのが体罰をただ「暴力」とすることで「罰」としての側面を逆に覆い隠している状況が見えるんだよね。本来は「罰」に対する「罪」が発生しており、しかも「体罰が行われる状況」ってのはすなわち「高頻度(含常習)で起こる罪」に対する加重罰の傾向も含まれるわけで。一発退場も乱用すると今度は罰に対して重い罪が軽くなるしねぇ…
3
女子高生実話怪談作家@芸歴三十年 @azukiglg 2013年2月5日
この話の続き、【教育における体罰ではないペナルティとは何か?】 http://togetter.com/li/450608
0
hamp@横浜山中 @32hamp 2013年2月5日
@ephemerawww いやぁ、下級児童の場合は「社会性の躾」の方が勉学より比率大きいですよ。学校でしか出来ない躾もあります。
2
ひかりびっと@サムライジャパンお疲れさん @hikaribit 2013年2月6日
アメリカのように義務教育でも退学制度を日本でも設けた方がいいのかもしれない。
1
セルフ執事 @SF_yomi 2013年2月7日
国語教師と体育教師を死刑にする法律作って、死刑にした後、他者及び自己へ危害を加える(身体的・精神的)子供に関しては有形力での抑止を認めるって事にすれば良いと思う。国語教師や体育教師が存在してると練習をサボる=自己への危害だと言って体罰が野放しになるので、死刑にしちゃえば良いと思う。
0
セルフ執事 @SF_yomi 2013年2月7日
つまり、国語教師が卑怯者だから体育教師が馬鹿なのに、卑怯の手習いやって教育学部が無茶苦茶になって、警察官が暴行しまくりって事に日本の社会はなっちゃってると思うんだよね。根っこから断つのと、矯正不可能な国語教師(根っこ)体育教師(矯正不可)を死刑にする法律作って断腸の思いで社会から排除するのもやむおえないと思うんだ。
0
sahama @sahama 2019年6月30日
これ、代替案は必要だね
0