「ポストMDGsフォーラム ~2015年以降の世界がめざす新たなゴール」(2013.2.3大阪)

関西の国際協力のお祭り、ワンワールドフェスティバル2013(2/2〜3)で行われた、関西NGO協議会と国際開発学会によるシンポ「ポストMDGsフォーラム~2015年以降の世界がめざす新たなゴール」(2/3)のまとめと、その後に同会場で行われたNGO・外務省定期協議会「2012年度第3回連携推進委員会」の簡単なご紹介。 http://www.kansaingo.net/3618/
国際 NGO O・D・A 国際協力 MDGs SDGs
0
NPO法人 関西NGO協議会 @KNC_ngo
【更新情報】 [2013.2.3]「ポストMDGsフォーラム~2015年以降の世界がめざす新たなゴール~」開催のお知らせ http://t.co/wnssQqMs
NPO法人 関西NGO協議会 @KNC_ngo
【更新情報】 NGO外務省定期協議会2012年度第3回連携推進委員会 http://t.co/660w6v7S
NPO法人 関西NGO協議会 @KNC_ngo
おはようございます。本日のワン・ワールド・フェスティバルでは「ポストMDGsフォーラム~2015年以降の世界がめざす新たなゴール」を開催します。どなたでもご参加いただけますので、国際協力にご関心をお持ちの方、ぜひお越しください!
偽百姓@育休中 @nice100show
参加しています。 RT @KNC_ngo おはようございます。本日のワン・ワールド・フェスティバルでは「ポストMDGsフォーラム~2015年以降の世界がめざす新たなゴール」を開催します。どなたでもご参加いただけますので、国際協力にご関心をお持ちの方、ぜひお越しください!
偽百姓@育休中 @nice100show
まずは「ポストMDGsに関するこれまでの議論の概観」大橋正明(国際開発学会社会連携委員長)さん。現在第2項「日本の市民社会から見たポストMDGs議論のこれまでの流れ」です。
偽百姓@育休中 @nice100show
今回のこの場も、市民と外務省の対話の場として位置づけられている模様。国連は国連で別にも動いている。ハイレベルフォーラムには菅元首相の名前もあるのだとか。
偽百姓@育休中 @nice100show
JANICの提言1.達成されなかった目標の継続 2.人権アプローチの全面的な採用 3.取り残された人々や地域を意識し、格差縮小を明確な目標とすること 4.日本を含めた「責任国」の責任の一層の明確化 (5は書き逃した…)
偽百姓@育休中 @nice100show
6.ポストMDGsと統合予定の「持続可能な開発目標(SDGs)との関係の明確化。1+1が2以上になるのか?反対にマイナスとならないか。
偽百姓@育休中 @nice100show
今後の動きとして、2月から3月に菅元総理との公開討論会が予定されているらしい。日本政府もこの件に関してはイニシアチブをとろうと意欲的になっている。その意見の中身を良くしていけるようにしたい。
偽百姓@育休中 @nice100show
続いて「日本政府によるポストMDGsに関する取組」南博(外務省国際協力局地球規模課題担当参事官・NGO担当大使)さん。MDGsの意義、目標をきちんと決めたことは大きかった。一方で一部の人だけで決めてしまった、という問題点も指摘されている。
偽百姓@育休中 @nice100show
国連事務局を中心に決められた枠組みであったため、途上国が参加できなかった。そのためポストMDGsについては政府間合意で決めよう、という動きがある。先週リベリアで第2回会合、3月中にインドネシアで次回会合があり、5月までにレポートを提出される予定。
偽百姓@育休中 @nice100show
(すみません、遅れて入ったもので、資料がない&前の字が見えにくいもので、重要単語が抜けるというひどい有様…。こんなのでちゅうけいつづけていいのかしらん。
偽百姓@育休中 @nice100show
ポストMDGsの課題。現行のMDGsを基礎とする。目標は明確、簡潔にするべき。しかし全ての意見を取り入れると数はどんどん増えていくことに。国内格差にも目を向けるべき。成長したと言っても格差が拡大しては意味がない。
偽百姓@育休中 @nice100show
ハイレベルパネルが5月末までに報告書を出す。そこまでのインプットは非常に大事。9月までに事務総長報告書が作成され、国連総会MDGs特別イベントに提出される。その後、加盟国間での高尚、国連総会決議を経て、ポストMDGsが決定、という流れ。
偽百姓@育休中 @nice100show
国連の場で行われるオープンワーキンググループ30カ国をどう選ぶのか、というので紛糾した。各地域グループから6カ国としたが、最終的にはアジアアフリカが1枠増に。アジアでは22カ国が手を挙げて、3カ国ずつグループ化して7カ国が出ることに??
偽百姓@育休中 @nice100show
オープンワーキンググループ(リオ+20で生まれたSDGsの話だったようです)では9月に中間報告を出すことになっている。これをどうやってポストMDGsに統合するのか、という課題も。
偽百姓@育休中 @nice100show
京都議定書も2020年までで、その後の枠組みは2015年までに決める、となっている。ポストMDGs、SDGsを含めて、2015年は国際的に大きなことが決まる年になる。パンギムン事務総長が総長としての一定の「成果」を求めることも考えられる。
偽百姓@育休中 @nice100show
ODAを増やせるかどうかは政府が独自に決めるのではなく、市民からの支援が必要。また、民間資金をどうやって流すのか、連帯税などの方法も含めて議論をしていかなければならないだろう。
偽百姓@育休中 @nice100show
人権分野は国連で難しい話になっている。内戦の問題と深くかかわるため。過剰消費の問題。持続可能な消費と生産。こちらはSDGsで議論するべき?でもそちらで何が中身になるべきか、ということもまったく収斂していない。農業、エネルギーで少し見られる程度で、その先は見えてこない。
偽百姓@育休中 @nice100show
先日神奈川県の未就学児~大学生の意見を取りまとめたものを受け取った。貧困削減、乳幼児死亡率、環境、食料自給率、エイズ、マラリアなど感染症の防止などの意見が入っていた。こうした取り組みが自発的になされたことは非常に有難い。今後も意見交換を続けて生きたい。
偽百姓@育休中 @nice100show
続いて「RBA(人権に基づく開発アプローチ)―その概要とMDGsとの関係」川村暁雄(関西NGO協議会提言専門委員)さん。
偽百姓@育休中 @nice100show
ポストMDGsの開発の課題。60年代南北問題、公正な一時三品の貿易への要求。70年代経済成長優占、冷戦の中の援助競争。80年代累積債務と構造調整、90年代援助疲れ、格差貧困の拡大。00年代MDGsで貧困の解決へ国際社会が結集。
偽百姓@育休中 @nice100show
これからの課題として、社会排除のない開発が必要。その中でなぜ人権アプローチが必要なのか。開発のプロセスをどうやって作っていくのかというとき、開かれたプロセスにすればするほど、政府の意見が強くなる。そのときにどうやって弱い立場の人の意見を取り上げるか、そこで重要なのが人権アプローチ
偽百姓@育休中 @nice100show
人権は日本の歴史を見ても、貧困や格差の解消のために役立ってきた。教科書無償化運動然り、障害者支援法改悪に対するアプローチ然り。
偽百姓@育休中 @nice100show
RBAとは「人権基盤型アプローチによる開発とは、規範的に国際人権基準に基づき、実践面で人権の促進と保護につながる人間開発のための枠組み」と定義される。
残りを読む(31)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする