限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

笑怖箱 -化猫-

猫をテーマにした創作怪談集です。
笑怖箱 電子書籍 化猫 竹の子書房 怪談
1865view 5コメント
3
ねこや堂@「恐怖箱 魍魎百物語」発売中 @nekoyadou
化け猫婆って言われちった。化け猫。怪談書きの私にとっては、褒め言葉にはなっても悪口にはならんのだが。いっそのこと、「笑怖箱 化猫」でも書こうかしら。
雨宮淳司 @J_AMEMIYA
「笑怖箱 化猫」目次:尻尾の気持ち 夜駆ける 塀の上 猫岳出張 銀目のヤス 魚正包囲作戦 遺髭 あなたの膝がいい カノジョと美猫 少しは喋れる お薬ごっくん ボスが死んだ 会議議事録 黒猫の微笑 仔猫大移動 帰ってきたヤス アメショが化けたら 猫雨 大怪猫空中決戦 #tknk
ねこや堂@「恐怖箱 魍魎百物語」発売中 @nekoyadou
「笑怖箱 化猫」、「尻尾の気持ち」行きます。 #tknk
ねこや堂@「恐怖箱 魍魎百物語」発売中 @nekoyadou
ぱたり、ぱたり。尻尾が左右に揺れる。顔を見るのもシャクだから、背中を向けて知らん振り。必死に名前を呼ぶから、尻尾だけで返事する。本当に諦めが悪いわね。待ってるのに。ずっと待ってるのに。ねぇ、いつになったら死ぬの? そんなに弱ってる癖にまだ生きるの? 取り殺す相手、間違えたかしら。
ねこや堂@「恐怖箱 魍魎百物語」発売中 @nekoyadou
とんっ、と軽い音を立て、闇夜を走る。弾丸のように風を切り裂き、軽やかに宙を飛ぶ。雲の切れ間から覗いた月の光に照らされ、漆黒の肢体が滑らかな光沢を踊せる。木々の合間を飛ぶと、反動で枝が顔を叩いた。――ピンポーン 「ただいま」「おかえり……あれ?」「ん? 」「顔に葉っぱ付いてるよ」
ねこや堂@「恐怖箱 魍魎百物語」発売中 @nekoyadou
さて、化猫の続きを書かねば。目次課長のお題は結構難しい。面白いけど。
ねこや堂@「恐怖箱 魍魎百物語」発売中 @nekoyadou
いつもの道。頭の上に妙な気配を感じて立ち止まると、塀の上の大きな猫と目が合った。顔だけが、にやにや笑いながら浮かんでいる。あの童話の猫みたいだ。そう思いながら見とれていると、猫は大きな眼を二、三回瞬かせる。そうして、一際大きく「にぃっ」と笑うと背後の景色に滲むように消えた。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
笑怖箱 化猫 あなたの膝がいい 投下。 #tknk
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
『主ゃ我の言葉が判るかえ』散歩中、近くに来た猫が言った。驚いた顔を返事と見た猫は、突然、膝に乗った。『違うか…すまなんだな』去りかけた猫に意味を訊ねる。離ればなれになった飼主を捜しているのだ。顔も声も忘れたが、膝の感触だけは覚えているという。二つに分かれた尻尾を振り、猫は消えた。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
朝っぱらから笑怖箱 化猫 投入。猫岳出張所。にゃおん #tknk
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
猫岳と言っても猫の形ではない。崖一面に猫が生えているのだ。猫は日がな一日、崖で眠り地中から養分を吸い上げて過ごす。私が着任した出張所は、崖の真下である。出張所には掟があった。大声厳禁。猫への配慮であろう。…試してみようかな。「わぁーっ!」し、しまった!地盤が緩んでいた!猫崩れだ!
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
婆さんが逝っちまったから、これ以上生きていても仕方ない。すまんな、ミィや。お前は孫が面倒看てくれるだろうよ。うん?何でそんなに見つめる。別れが分かるんか。『み…みぃ。じぃちゃんすき』な。なんじゃと!お前、喋れるのか!『じぃちゃんすき』うん。うん。婆さん、もちっとだけ待たせるぞい。
ねこや堂@「恐怖箱 魍魎百物語」発売中 @nekoyadou
「暫く留守にする」夫にそう告げられた。何でも熊本の山の中に出張なのだと言う。かなり厳しい現場だが、この出張から帰ったら昇進が約束されている、と。意気揚々と出掛けていった。年の終わり、夫は帰ってきた。げっそり別人のようにやつれ果てて。怪我をしたのか、耳が裂けたような傷跡があった。
ねこや堂@「恐怖箱 魍魎百物語」発売中 @nekoyadou
「俺に惚れんなよ」そんな言葉が臆面もなく言えてしまう程、ヤスは格好いい。外国の血が混ざっているのか、銀色の髪に青い眼がよく映えた。近隣の娘は皆、ヤスに夢中だった。そのヤスが消えた。道端に夥しい血の跡を残して。以来、街に子猫と子供は生まれなくなった。ヤスの行方は杳として知れない。
ねこや堂@「恐怖箱 魍魎百物語」発売中 @nekoyadou
場末の小さなバーには不釣り合いな美人だった。深く吸い込まれそうな青い眼が印象的だ。この界隈じゃ有名だったのよ、と懐かしむようにマドラーを回す。事故に遭ったのだという。「養い親が心配しちゃってさ」あちこち行かないように手術したのだと。「今の自分も気に入ってるの」そうヤスコは笑った。
絶望系怪談作家・つくね乱蔵 @t_ranzo
通常、猫は雨を嫌う。けれどいつからか、雨と共に我が家を訪れる猫がいた。金の目を持つ黒猫だ。ずぶ濡れで上がり込むのには閉口だが、ある時妻が気づいた。背中の傷、好きな食べ物や場所。全てが去年亡くなった娘そのものだ。娘が逝った日も朝から雨だった。「沙羅」呼び掛けると猫はにゃあと鳴いた。
残りを読む(36)

コメント

神沼三平太💀はもう校正したくない @3peta 2010-09-03 00:44:29
ねこや堂さんの2作を追加しておきました
廻転寿司 @kaitenzushi 2010-09-05 18:04:37
@ts_p 「カノジョと美猫」「少しは喋れる」追加しました。
ねこや堂@「恐怖箱 魍魎百物語」発売中 @nekoyadou 2010-09-08 23:04:39
ねこや堂の「お薬ごっくん」「ボスが死んだ」「会議議事録」「黒猫の微笑」、らんぐら先生の「アメショが化けたら」を追加。
クロミミ @kuromimigen 2010-09-11 14:03:11
ねこや堂さんの「アメショが化けたら」「猫雨」を追加しました。
神沼三平太💀はもう校正したくない @3peta 2010-09-12 01:58:51
t_ranzoさんとnekoyadouさんの「大怪猫空中決戦」を収録しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする