10周年のSPコンテンツ!

後藤寿庵先生の「ユダヤがらみ」の話をしよう

漫画家の後藤寿庵(@juangotoh)先生が丑三つ時につぶやいていたものをまとめました。 教科書や難しい本で勉強するのが苦手な人も140文字以内で収められたものなら楽しめるのではないかと思います。 今後聖書を読むとより味わい深いものになるかもしれないまとめです。
後藤寿庵 グノーシス主義 聖書 漫画家 ユダの福音書 ユダヤ ゆうきまさみ
88
後藤寿庵 @juangotoh
ユダヤがらみの話、もうちょっとやってみようかな
後藤寿庵 @juangotoh
ルカ福音書に有名な「良きサマリア人のたとえ」というエピソードがある。律法学者がイエスに「永遠の命を得るために何をしたらいいでしょう」と聞く。イエスは「律法には何と書いてある?と聞き返す。
後藤寿庵 @juangotoh
「心を尽くし精神を尽くし、力を尽くし思いを尽くして主たる神を愛すべし、また己のごとく隣人を愛すべし」と答えた学者にイエスは「あなたの答えは正しい。そのようにしなさい」と伝える。
後藤寿庵 @juangotoh
すると彼は「隣人とは誰でしょうか」と聞く。それに答えてイエスはたとえ話をする。
後藤寿庵 @juangotoh
ある人がエルサレムからエリコへ行く途中強盗に襲われ、半殺しにされる。そこに祭司が通りかかるが、彼を見ると道をさけて通り過ぎる。次にレビ人が通りかかるが、やはり傷ついた人を放置して通りかかる。
後藤寿庵 @juangotoh
その後その場所をサマリア人が通りかかる。彼は旅人をあわれみ、治療を施して自分が乗ってきたロバに乗せて宿屋へ連れて行き介抱する。翌日サマリア人は十分なお金を宿の主人に渡して「この人を介抱してください。このお金で足りなければ帰りに払います」と言い置いていく。
後藤寿庵 @juangotoh
この三人の内誰が旅人の隣人であるかとイエスは問う。律法学者は「そのひとに憐憫を施した人が隣人です」と答える。イエスは言う「あなたも行ってそのようにしなさい」
後藤寿庵 @juangotoh
このエピソードは有名だが、ルカ福音書にしか記録されていない。ルカは物語作家として以上にレベルが高くて、読むと非信者であってものめり込んでしまうのだけど、まあその話はいい
後藤寿庵 @juangotoh
律法学者はこのとき「サマリア人です」とは答えない。あくまで「あわれみを施した人」という言い方をする。当時のユダヤ人にとってサマリア人というのはその名を呼ぶのもはばかられる存在だった。なぜか
後藤寿庵 @juangotoh
サマリアというのは、場所的にはヨルダン川西岸地域。もともとはイスラエル王国があった場所だ。ユダヤはダビデの時代に一つの王国になるが、ソロモン王のあと二つに分裂する。北のイスラエル王国と南のユダ王国だ
後藤寿庵 @juangotoh
ユダヤ民族は12の部族からなるが、そのうち10部族が北のイスラエル、二部族が南のユダ王国を支配したと言われている。
後藤寿庵 @juangotoh
紀元前721年、サルゴン2世率いるアッシリアがイスラエルを侵略する。イスラエル王国首都サマリアは陥落し、指導者層は連れ去られ、アッシリア支配地域からの移民が入植する。アッシリアは民族を混交させて支配する方法をとった
後藤寿庵 @juangotoh
このとき南のユダ王国はアッシリアに逆らわず貢納国として生き残る。
後藤寿庵 @juangotoh
北のイスラエルが滅びたことで、12部族の内10部族が失われる。これrが今に続く「ユダヤの失われた10枝族となる
後藤寿庵 @juangotoh
アッシリアが新バビロニアに滅ぼされ、これでもとの王国が再建できるかと思いきや、今度はバビロニアの侵略でユダ王国の有力者が連れ去られることになる。
後藤寿庵 @juangotoh
アッシリアとバビロニアの支配方法の違いが運命を分けた。アッシリアは支配地域の住民をどんどん混交させてアイデンティティを失わせたが、バビロニアは捕虜をまとめて住まわせたので、アイデンティティの喪失を免れることになる
後藤寿庵 @juangotoh
この時期に虜囚先でユダヤ教はせんれんされていく
後藤寿庵 @juangotoh
さて、アケメネス朝ペルシャによって新バビロニアが滅ぶと、ユダヤ人の指導者層は帰国できることになる。
後藤寿庵 @juangotoh
このころには北の旧イスラエル王国地域は混血が進み、宗教的にも習合が起こってしまっていた。バビロニアで信仰を純化させたユダ王国の指導者層にとっては異教よりもやっかいな異端の連中が住む地になってしまった。
後藤寿庵 @juangotoh
北のサマリア地方では南とは違う独自のモーゼ五書をもち、カナンのメジャーな神であるバアル信仰までまざっていたらしい
後藤寿庵 @juangotoh
帰還したユダヤ人にとって、サマリア人とは汚れに他ならなかった
後藤寿庵 @juangotoh
さて、実際のところ、北王国の故地に住む人々は混交したイスラエル人に他ならない。つまり、そこには10枝族がそのまま残っていたはずなのだ
後藤寿庵 @juangotoh
「失われた枝族」と行ってインドやらあちこちに名残を探す後世の作業は現地の子孫に大変失礼なことではないだろうか
後藤寿庵 @juangotoh
×枝族→○支族でしたwww
後藤寿庵 @juangotoh
ともかく再建したユダヤ王国は、北のサマリアを汚れた連中と見なしていた。それはイエスの時代まで続くことになる
残りを読む(19)

コメント

後藤寿庵 @juangotoh 2010年8月27日
あー、ちなみに僕は高校時代世界史のテストで38点取って落第しかけましたwww
岡一輝 @okaikki 2011年2月23日
ずいぶん前にユダは近代人の自我をもっていたのではとかそんなような事を考えた記憶があるがもう覚えてないや。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする