10周年のSPコンテンツ!
0
Developers Summit @devsumi
デブサミ登録・変更は、いよいよ本日18:00までです!泣いても笑っても雪でこけても、ラストチャンスです!まずは登録から! #devsumi http://t.co/WvobJ6BT
いわきり @kohsei
blog書きました⇒[デブサミ]デベロッパーの皆さんのポッセになりたくて http://t.co/eeuHv5c7 #devsumi
Takehiko YOSHIDA @chihayafuru
『Ruby開発者のみなさん、mrubyで楽しく快適な組み込みアプリの開発を始めませんか?』 東京RubyKaigiでは大雪のため、そう寝坊ではなく大雪のために聞きそびれた内容なので今日こそはバッチリスタンバイ! ^_^; #devsumiE
Takahiro HAMAGUCHI @tk_hamaguchi
【15-E-2】Ruby開発者のみなさん、mrubyで楽しく快適な組み込みアプリ開発を始めませんか? #devsumi #devsumiE
みよひで画伯 @miyohide
Ruby開発者のみなさん、mrubyで楽しく快適な組込みアプリ開発を始めませんか?!という発表が始まります。 #devsumi #devsumiE
みよひで画伯 @miyohide
曽我部「自己紹介。IIJで企業向けルータの開発などに従事しています。最近はmrubyそのものの開発や、openstackのコントリビュータを始めました。」#devsumi #devsumiE
みよひで画伯 @miyohide
曽我部「IIJではSEIL(ザイル)という企業向けアクセスルータを作っている。Firmwareは自社開発。ハードウェアは国内製造。仮想化環境でも動くようになっている。」#devsumi #devsumiE
mya hal @mya_hal
B会場はダメだったけどE会場はWiMAX入るわね。自分がどこにいるか、だんだんわからなくなってくる #devsumiE
みよひで画伯 @miyohide
曽我部「SEILのアーキテクチャ。NetBSDベースでルーティングエンジンやコンフィく管理システム(CLI、WebUI)を組み込んでいる。」#devsumi #devsumiE
Takehiko YOSHIDA @chihayafuru
ネットワークルーター SEIL のアーキテクチャ。NetBSDをベースに構築。 #devsumiE
みよひで画伯 @miyohide
曽我部「mrubyとの出会いについて。2011年8月ごろに先輩の前橋さん( @tmeb4 )にmrubyの存在を教えてもらう。その後、2011年12月にソースを入手し、SEIL上でもmrubyが動くことを確認。」#devsumi #devsumiE
Takehiko YOSHIDA @chihayafuru
『mrubyの夕べ』では参加者の中の組み込み開発者比率は1/3程度だっだのですが、今日のデブサミのセッションのでは半分弱と、ちょっと多いみたいですね。 #devsumiE
mya hal @mya_hal
mrubyの夕べと話が微妙にかぶってるかしら #devsumiE
みよひで画伯 @miyohide
曽我部「C言語でコード書くのは結構大変。エラー処理のコードが煩雑。文字列処理が大変(文字列領域の踏抜き、メモリリーク、FDリーク、などなど)。」#devsumi #devsumiE
teyamagu @teyamagu
mrubyの話聞きに来た.SEILの話しなのね. #devsumi #devsumiE
Takehiko YOSHIDA @chihayafuru
C言語でソフトウェアを開発するのは大変。文字列処理一つとってもメモリーリークやバッファーオーバーフローなど地雷が一杯! ^_^; #devsumiE
みよひで画伯 @miyohide
曽我部「mrubyとは。経産省の地域イノベーション創出研究開発事業として開発が進められた家電製品などの開発生産性を向上させることを目的としたRuby。現在MITライセンスとしてgithub上に公開されている。」#devsumi #devsumiE
みよひで画伯 @miyohide
曽我部「mrubyの特徴。Ruby処理系に必要な資源(メモリ)の削減、実行速度の向上、リアルタイム性の向上、ソースコードのバイナリ化(ソースコード丸見えを防ぐ)」#devsumi #devsumiE
Takahiro HAMAGUCHI @tk_hamaguchi
IIJが開発しているNetBSDベースのルーターのコンフィグ管理システムにmrubyを適用しようと検討している。#devsumi #devsumiE
みよひで画伯 @miyohide
曽我部「mrubyを使って嬉しいところ。SEILではコンフィグ管理システムの部分。システムプログラミングなどは(現在では)C言語が必要かなと思っている。」#devsumi #devsumiE
Kazuyuki Koishikawa @naghbIQtIqHom
SEILのFirm開発で文字列処理が多いConfigurationの部分にmrubyを使用。systemやkernel部分はC。 #devsumiE
みよひで画伯 @miyohide
曽我部「mrubyはコンパクト。利用者は必要なものだけを選んで組み込むことができる。不要なものは入れなくて済むため、コンパクトになる。」#devsumi #devsumiE
teyamagu @teyamagu
うーん,管理システム部分に適用か.文字列処理多いから適用なのはわかるがなぁ.そもそも,そこの部分をなぜC言語で作ったのかなぁ #devsumi #devsumiE
残りを読む(46)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする