鈴木治行「句読点」シリーズ全曲演奏会 ~ 脱臼す、る時間

■2013年2月15日(金) すみだトリフォニーホール・小ホール
音楽
0
川崎弘二 Kōji Kawasaki @koji_ks
2月15日(金)にすみだトリフォニーで開催の鈴木治行コンサートhttp://t.co/bk30lobQで限定配布予定の小冊子「脱臼す、る時間」(engine books)の編集ちゅう。かなりギリギリのスケジュールで果たして間に合うのか…… http://t.co/YrihlUGB
 拡大
川崎弘二 Kōji Kawasaki @koji_ks
2月15日開催の鈴木治行コンサート、18時40分からプレトークを行うことになりました。聞き手は高橋智子さん http://t.co/aV0tZqzn にお願いすることになりました。まだまだご予約受け付けております!笑 http://t.co/bk30lobQ
川崎弘二 Kōji Kawasaki @koji_ks
そしてさきほど鈴木治行コンサートで限定配布する小冊子、鈴木治行「脱臼す、る時間」を入稿いたしました!大事故がない限り、当日配布できると思います。収録原稿は「『句読点』そ、れは一体何?」「音とイメージ」「『カメラを持った男』に見えてくるもの」「認識の関節はずし」の4本です!
川崎弘二 Kōji Kawasaki @koji_ks
2月15日の鈴木治行個展http://t.co/bk30lobQ店頭で見かけない笑、鈴木CD「比率」を割引販売します。また、ずいぶん前にソールドアウトで入手困難なCD「電子音楽作品集」もごく少数販売予定です。 さらに、アルテスパブリッシングさんが書籍を会場で販売してくださいます!
川崎弘二 Kōji Kawasaki @koji_ks
俺……この鈴木治行コンサートが終わったらアルテス原稿書くんだ…… と死亡フラグが立ちまくってますが(主に前売り枚数のせいで笑)、「鈴木治行『句読点』シリーズ全曲演奏会 ~ 脱臼す、る時間」は来週金曜すみだトリフォニーホールで開催です! http://t.co/bk30lobQ
ama2k46 @ama2k46
鈴木治行《句読点》全演奏会。え!行かないの⁈ってよく云われるけど、行けないんだよ(怒)
鈴木治行 @sharuy
ええっ?! @ama2k46 鈴木治行《句読点》全演奏会、行かないのってよく云われるけど、行けないんだよ(怒)
ama2k46 @ama2k46
@sharuy いやほんと泣きたいですわ。平日じゃなけりゃ強行軍で何とかしたんですが、やっぱ無理でした泣。
川崎弘二 Kōji Kawasaki @koji_ks
2月15日の鈴木治行コンサート、野々村禎彦さんによる解説を紹介します。 http://t.co/oezfZehg
川崎弘二 Kōji Kawasaki @koji_ks
野々村さんは、「戦後前衛の流れを汲む作曲家が求め続けた『新しい音響』は、いまや即興音楽で十分に実現されており」と述べておられます。僕が「日本の電子音楽」という本の表紙に小杉武久さんのドローイングを使ったのも、このあたりに理由があったのかなと思ってます。
川崎弘二 Kōji Kawasaki @koji_ks
続いて野々村さんは、「作曲家が取り組むべきは『新しい時間体験』の構築だ――この姿勢は、即興音楽の尖端で作曲行為を捉え直す杉本拓、宇波拓らとも共通する」と述べています。
川崎弘二 Kōji Kawasaki @koji_ks
この、鈴木治行の追及する「新しい時間体験」とは、「音響体が時間を分節したものと捉えるモダニズムが前提」になっており、今回まとめて演奏される「句読点」というシリーズは、「特徴的な持続(略)に異物を投げ込み句読点を打つ」という作品群です。
川崎弘二 Kōji Kawasaki @koji_ks
特徴的な持続の例として「チェロならばバロック音楽のアンサンブルの要に、トランペットならば帝王マイルスの楽器にふさわしいフレーズ」が挙げられ、そこに何らかの異物が投入されるわけですが、度重なる異物の投入は「リスナーが異物の投入に慣れてそれを『自然』と感じる」ようになってしまいます
川崎弘二 Kōji Kawasaki @koji_ks
そこで「どのような手を打つ」のか。どのように異物のインフレーションを回避して「新しい時間体験」を導くのか。その回避法は作品ごとに違うわけで、ここが今回のコンサートの聴きどころのひとつなのではないかと思います。
川崎弘二 Kōji Kawasaki @koji_ks
録音再生技術を基礎とした電子音楽のような音楽は、「時間」を切り取ることによって記録されたなにものかを、いかにして構築していくか、ということが特徴のひとつとして挙げられると思います。それは野々村さんの言う「新しい時間体験」に深くかかわりがあるのではないかと思います。
川崎弘二 Kōji Kawasaki @koji_ks
ということで、野々村さんの解説は、鈴木治行コンサートにどうして日電音のヒトが関わってるのかということを気付かせてくださいました笑。ご来場お待ちしております。http://t.co/oezfZehg
檜垣智也 Tomonari Higaki @higakito
ということで、電子音楽クラスタにも鈴木治行さんの個展は重要だということらしいです。
川崎弘二 Kōji Kawasaki @koji_ks
的確なアオリ、どうもありがとうございます!笑 RT @higakito: ということで、電子音楽クラスタにも鈴木治行さんの個展は重要だということらしいです。
5n6 @5n6
15日の件、何とか調整したい。 QT @koji_ks 鈴木治行の追及する「新しい時間体験」とは、「音響体が時間を分節したものと捉えるモダニズムが前提」になっており、今回まとめて演奏される「句読点」というシリーズは、「特徴的な持続(略)に異物を投げ込み句読点を打つ」という作品群
Rica Narimoto @_r_i_c_a_
コンサートのお知らせです。2/15(金)愛知県長久手市文化の家にて作品が演奏されます。演奏前に作品についてのプレトークもします。東京方面で強力な裏番組がある日(本当は私も聴きたい)ですが、この日東海地区にいる方、ぜひお越し下さい。沢山の方に聴いていただけるとうれしいです。(続く)
ama2k46 @ama2k46
鈴木治行《句読点》全演奏会は、その話をされると不快になるほど行きたい、いや、絶対行くべきコンサートですよ。東京に住んでてどーしても抜けられない用事がないなら、絶対行くべき。演奏者も達者ぞろいだし。チキショー行きやがれ!!俺は行けないがな!怒。
南波克行 @nanbaincidents
ぼくもどうしても抜けられないミーティングがミーティングがミーティングが…。本当に残念で、申し訳ありません…。“@sharuy: ええっ?! @ama2k46 鈴木治行《句読点》全演奏会、行かないのってよく云われるけど、行けないんだよ(怒)”
鈴木治行 @sharuy
なんだか喉の調子が…。イヤ~な予感。今は困るんだよ、頼むから再来週まで持ちこたえてくれ~!順調に行けば明日には一曲上がる予定というのに。
tomoko oshika @shunkindo
えっ!これ行きたい! 鈴木治行「句読点」シリーズ全曲演奏会 2013年2月15日(金)19時開演 http://t.co/jIt1wrXi
鈴木治行 @sharuy
温かいお心遣いありがとうございます!今のところ喉だけですが、おっしゃるように今日は帰ったらすぐ寝ます。熱さえ出なければ活動には支障ないです。@chihejya
残りを読む(212)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする