10周年のSPコンテンツ!

2013/02/14 デブサミ2013【14-A-2】HBase at Ameba #devsumiA

Developers Summit 2013 Action! http://event.shoeisha.jp/detail/1/ <講演概要> 昨年、「デカグラフ」構想のもとにAmebaのスマートフォンプラットフォームを リリースしました。 続きを読む
devsumi devsumia
1
Developers Summit @devsumi
デブサミ登録・変更は、いよいよ本日18:00までです!泣いても笑っても雪でこけても、ラストチャンスです!まずは登録から! #devsumi http://t.co/WvobJ6BT
Developers Summit @devsumi
デブサミ2013のお申し込みは終了しました。ありがとうございます。登録したセッションは変更画面から確認頂けます。 明日8日金曜15:00に、参加証メールを一斉送信しますので、お手数ですが、当日は印刷して御持ち下さい! #devsumi
ろぼたま。 @Robo_Pitcher
HBase。実運用の話を聞けるってだけでも興味深い。 #devsumiA
猫提督ff/kei @nekoteitoku
次はAmebaの人。恒例のAmeba Waterをいただく。 #devsumiA 14-A-2
そら @the_air_s
技術内容や歴史を淡々と説明していくと、話す側は最後の結論がわかっているので問題ないように思うけど、初めて聞く側は大変もどかしい。 #devsumiA
しまじろう よう 続・社会常識身に付け中 @you_s1025
Hbase はデータのバージョンを持つのか。知らんかった。行単位でできると面白そう。
Takahiro HAMAGUCHI @tk_hamaguchi
HBaseはリージョンとColumnFamilyごとにデータが分割される。#devsumi #devsumiA
Takahiro HAMAGUCHI @tk_hamaguchi
アクセスパターンによってどうColumnFamilyを分けて行くかがポイント#devsumi #devsumiA
Engineer @shirara1
HBaseは列指向。 GoogleのBigQueryも列指向だったな。 #devsumiA
ろぼたま。 @Robo_Pitcher
RowKey, ColumnFamily, Column, TimestampがHBaseのキー。 #devsumiA
Takahiro HAMAGUCHI @tk_hamaguchi
Columnは後からいくらでも追加することができる(データファイル内でエントリが増えるだけ)#devsumi #devsumiA
ろぼたま。 @Robo_Pitcher
ColumnFamilyはあらかじめ定義する必要があるが、Columnは後からでも増やせる #devsumiA
みね @u1mine
【14-A-2】HBase at Ameba 鈴木俊裕さんです! #devsumiA http://t.co/Ytxj48vD
拡大
ろぼたま。 @Robo_Pitcher
HBaseでは、レコードに状態を複数持たせている、という事なのかな。
Takahiro HAMAGUCHI @tk_hamaguchi
HBaseのAPIとしてはGet/Put/Delete/Scan/Increment/CAS(CompareAndSwap:簡単なトランザクション)がある。#devsumi #devsumiA
Takahiro HAMAGUCHI @tk_hamaguchi
RowKeyの範囲でRegionに分割されるため、設計次第では負荷やデータ量が偏る可能性がある。#devsumi #devsumiA
ろぼたま。 @Robo_Pitcher
joinがないので、非正規化がほぼ前提。またクエリーに大してスキーマを決める。データ設計がクエリー設計の後に来る。 #devsumiA
Takahiro HAMAGUCHI @tk_hamaguchi
導入事例:グラフDB「Hornet」のお話 #devsumi #devsumiA
残りを読む(47)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする