【BL短歌・バレンタイン企画】返歌についての考察

@asa_dさん、@Michelle_1kaさんによる主にBL短歌の「返歌」についての一連のツイートをまとめさせていただきました。
asa_co 2238view 0コメント
2
ログインして広告を非表示にする
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-10 10:04:09
    メモ。今回のBL短歌の評価方法のTwitter性。RTとふぁぼと返歌の違い。本多響乃さんやエヌさんの歌は返歌されない。13日くらいにだらだら垂れ流そう、BL短歌タグほんと面白い
  • mymhnd @mymhnd 2013-02-10 10:38:16
    @asa_d おはようございます。確かに返歌されませんね。わたしの短歌に、返歌しにくい何かがあるのか、わたしがBLの本質をわかっていないのか、いろいろ理由はあると思うのですが。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 03:10:37
    17時間前のこれについて説明します。 RT asa_d メモ。今回のBL短歌の評価方法のTwitter性。RTとふぁぼと返歌の違い。本多響乃さんやエヌさんの歌は返歌されない。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 03:12:40
    前提①私はBL短歌について言及したかったわけではなく、あくまでBL短歌祭りの評価方法が面白いな、という話をするつもりだった 前提②本多さんもエヌさんもすごい人
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 03:18:11
    今回のバレンタインBL短歌祭りはバレンタイン関連の短歌を詠み、それに対する獲得ポイント数を競う企画です。詳しくはhttp://t.co/Gmp1ARgI。①ふぁぼ②RT③返歌、と最大3ポイントまで入れられるわけです。この得点制度がね、とても面白いな、と。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 03:30:53
    【ふぁぼ】ふぁぼの特徴=保存性かな、と。フォロワーさんのTLに流れない。拡散されない。自分のツイートで埋もれてしまわない。いつでもふぁぼ欄を見れば読むことができる。ふぁぼ欄は大切な宝物をしまっておく場所。大事にしたいな、メモしておきたいな、と思った短歌はふぁぼられる。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 03:34:31
    今回はRTする量が多くなってフォロワーさんに迷惑をかけたくないって理由でふぁぼに勤しんでる人も多いだろうな。ふぁぼは3つの投票方法のうち、一番読み手にリスクがない=気軽に投票しやすい=企画に参加しやすい方法だと思う。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 03:35:57
    (HP上で①ふぁぼ②RT③返歌と書かれているので、その順番を守って投票している人もいると思う。ただ、企画概要に目を通さないままTogetterを読んで投票する人、私のように順番は気にせず真っ先に返歌をするような人もいるので、あまりそこら辺は考慮しなくていいんじゃないかな)
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 03:50:05
    【RT】RTの特徴=拡散性。『ウオオオこれは他の人にも読んでほしい……!』とか『これは拡散されるべき』とか思ったらRTされる。企画に目を通していない人でも、RTで回ってきて(おっ、これは上手い)と思ったらRTする。投票するつもりが全くない人でも、知らずに投票できてしまうのが特徴。
  • 輝竜 @KIR248 2013-02-07 07:37:12
    十五日、「チョコうまかった」とだけ君 自慢か嫌味かそれともまさか RT @bkyd :ひとつだけ大事に隠して持ち帰るリボンの掛け方下手で笑える RT@KIR248: かくも君はおモテになるので僕が一つ箱を足しても気付くまい #BL短歌 #VdBL短歌
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 03:59:04
    今RTし直したこれですよ。これね、現時点でかくも君は〜のふぁぼは12、RTは6なんです。でも十五日〜になるとふぁぼ27、RT17になるんですね。返歌がつく度に\ウオオオ何これやばい萌える、フォロワさん読んで読んで!!/って現象が生まれる。これがもうとても面白くて。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 04:13:57
    返歌がついて、文字数が増えて、わかりやすいストーリー性が生まれて、妄想で補完する必要性が薄れて。それがよりキュンキュンくるシチュエーションだった場合、返歌込みの短歌が指示されるのかなあ。多分それだけじゃないけど。元の歌の萌えを損なぬまま萌えを増幅させたもん勝ちというか。うーん。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 04:31:04
    【返歌】バレンタインBL短歌祭りにおいて、短歌が返歌される条件は第一に『付け入る隙があること』かな、と。返歌の特徴は他にも交流とか投票とかありますけど。返歌される歌は、完璧じゃだめなんです。補足したときの面白さ、視点を交換したときに生じる意外性、がある場合に返歌されるのかな、と。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 04:59:04
    ここから本多響乃さんの詠まれた歌に返歌できねー!って思う理由をば。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 05:06:04
    昨日呟きを投下してからね、本多さんにリプいただけたんです……まじビビった……おはようございます。①返歌しにくい何かがある②BLの本質をわかっていない③たましいを揺さぶらない。ものすごく個人的な考えを述べさせていただきますと、圧倒的に①でございます……。今回は庶民の祭りですので。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 05:22:24
    『VdBL短歌祭り』です。企画はかなり話題となっており、今まで短歌を詠んだことのない人、BL成分目当ての人が多く参加していると思われます。短歌を詠む場所は、歌を評論し、研磨しあう会ではない。萌えに枯渇した腐女子が目をギラつかせて群がる縁日のお祭りでの、見せ物のステージなのです。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 05:34:57
    ②について。BLに本質などないと私は思います。昔は、ポーの一族的なあの世界こそがBLの本質だった頃もあったのだと思います。でも現代は違います。BLは多様化し、「これこそBL!」と言えるようなものなどなくなった。言ってみれば、萌えたらそれがその人にとっての本質なんだと思います。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 05:36:02
    ③について。めっちゃ揺さぶられてます。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 05:43:13
    そもそもね、VdBL短歌一つ一つに前後のストーリー付けて!って言われたら付けること出来ますよ私。だって腐女子だもの。BL短歌ってタグが付いてるだけでもう全部ふぁぼりたいくらいなんですよ。だって腐女子だもの。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 05:49:49
    短歌から妄想できた前後のストーリーがよりグッとくるものだったら、ふぁぼやRTに繋がるんでしょう。結局は自分の好みと妄想力次第なんです。短歌の出来を評価しているのではなく、短歌を媒介とした脳内ラブストーリーの出来を評価してるだけなんです(私がそういう風に付けてるだけかもしれない)。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 06:02:19
    で、①の話です。私ね、「ゐ」とか「ぬばたまの」とかね、読み方や用法はわかるけど、でも使えないんです……。短歌の基礎知識である古典文法の過去形とかも、高校のときの国語の授業で止まってて。扱う言葉が違うってことは世界が違うってことです。私は本多さんの短歌の世界に介入できないんです。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 06:11:05
    「う」を「ふ」って書かれるだけで(なんだこれすげぇ……近付けねぇ……)ってなるんです。「ゐ」があるだけで私の中のBL妄想ラブストーリーは急にセピアがかって、まるで映画を見ているように、私の介入できない世界のこととなってしまうんです。返歌なんぞおそれ多くて詠めるはずがないのでした。
  • mymhnd @mymhnd 2013-02-10 22:43:28
    BL短歌、むずかしい。でも、楽しいから作る。短歌定型の力を借りて。BLの人たちからの☆は、わたしの作品への☆ではなく、短歌定型への☆だと思う。こういうTwitter上の短歌イベントがきっかけで、短歌に少しでも、興味をもつひとが増える可能性を信じたい。
  • 新しい朝が来た @asa_d 2013-02-11 06:20:34
    さっき、返歌される条件は『付け入る隙があること』って言ったんですけど。今RTさせていただいたこれが返歌が詠まれない理由かな、と思いました。短歌定型ってきっと、歌人さんたちが長い間ずっと積み重ねて、磨いてきたものですよね。短歌未経験者に非の打ち所などあるわけがなかった!
  • イチカ(堀井千香) @Michelle_1ka 2013-02-09 21:24:41
    .。oO(返歌ってのはアレかね、「オリャアアアア」って斬りかかってきた人を「ドリャアアアア」って迎え撃つイメージで合ってるのかね)

コメント

アプリならコメントをいいね順で見られます。

カテゴリーからまとめを探す

「社会学」に関連するカテゴリー